Interview & Writing
六車 優花
Photo
いのうえまさお

「AでもBでもなく、じつはそのふたつの間に豊かなものがある、と。AかBを見つけるのではなく、その間にある無数のいろいろに気づくということ。……ふたつの間にある、無数のいろいろのために さりげなく、はじめたいと思います」と綴られたサイト紹介。今回取材したのは、京都の出版社『さりげなく』の代表・稲垣佳乃子さん。左京区下鴨にあるシェアスペース「花辺」の一角に設けた小さな事務所には、木と本の心地いい香りがほのかに漂います。彼女は2019年に出版社を立ち上げ、約3年間で11冊の書籍や雑誌を刊行(ちなみにMARZELでも紹介したあの『納豆マガジン』も、『さりげなく』から発行されたもの!)。「世の中に気になることが多すぎるんです」と、自分の興味が赴くままに走り続ける稲垣さんに、出版社をスタートするまでの経緯や本作りへの思いをお聞きしました。稲垣さんの頭の中に渦巻くさまざまな思考を、ちょこっと覗き見できるようなインタビュー。ぜひ読んでみてくださいね!

新卒で入社したのはとっても変わった会社。とある短歌に出合ったことが、出版社を立ち上げるきっかけに。

今日はよろしくお願いします。『さりげなく』が入居する「花辺」は、緑に囲まれたとっても穏やかな場所ですね。

ここはシェアスペースになっていて、出版社『さりげなく』のほか、喫茶室とハーブティー&調香のお店『maka』が入っています。ゆったりとした時間の流れを感じられる、気持ちいい場所ですね。

今日は稲垣さんお一人ですが、他のメンバーはどちらにいらっしゃるのでしょうか?

装丁部、デザイン部、納豆部(納豆マガジン 村上さん)、経理部がいて、私を含め5人が『さりげなく』のメンバーです。みんな所属はしているけど、リモートで作業をしたり別の会社に所属したりもしていて、基本オフィスは私が一人で使っています。経理を担当しているのは私の母親で、本屋さんなどへの営業は私とデザイン部の梅さんが担当しています。

そういうことなのですね。稲垣さんは26歳で出版社『さりげなく』を立ち上げたとお聞きしています。そんな稲垣さんの、これまでのことを教えてください。

幼い頃からとっても好奇心旺盛で、気になったことはなんでも知りたがる子どもでした。高校卒業後は同志社大学に進学し、いろんな大学と共同でフリーペーパーを作る学生団体に入ったことで、企画・編集のおもしろさに目覚めたんです。学生時代は、企画・編集・デザインを行う「ふたり」というユニットを友人と組んでいて、そこからずっと制作活動を続けていますね。その子は『さりげなく』の現役メンバーでもあるんですよ。今考えると興味のあることを突き詰めるという根本的な性質はずっと変わってなくて、今も自分の好奇心に素直に従って、作りたい本を作っています。

大学卒業後はどのような進路を選んだのでしょうか?

東京の『アソブロック』という企画・制作・イベント運営の会社に就職しました。代表がもともと関西の人で、東京なのにみんな関西弁を喋っている楽しい会社でしたね。一人ひとりに裁量を任せてもらえて、フリーランスのような働き方ができる変わった会社でした。

どんな会社か気になります。そこではどんな仕事を任されていたんですか?

当時はWEB媒体を中心に、企画から編集、ライティングまでセットでこなしていて、年間400本くらい記事を書いていました。正直思い出すだけでゾッとします(笑)。UターンやIターンをした人を取材したり、リクルート系のインタビューでおもしろいバイトを紹介したり。初めてのことだらけで、確かにしんどいこともあったけど、楽しかったです。

採用方法もかなり変わっていて。私は先ほどもお話しした「ふたり」というユニットで課題や面接をこなして、2人一緒に採用される“コンビ採用”で2017年に入社しました。相方は一個上で、すでにデザイン事務所で働いていたのですが、私の就活中にたまたま『アソブロック』のコンビ採用を知って、「おもしろそうだから一緒に受けてみる?」と誘ってくれたんです。相方は新卒のフリをしてくれました(笑)。コンビで企画を考えるという課題も楽しくクリアして、かなり早い段階の面接に代表が現れたんです。そこで「さすがに正直に言わないとやばい!」と考えて、「すみません。片方はもう就職しております」と伝えてペコッと頭を下げました。ありがたいことに、代表はそれも含めておもしろいと思ってくださって。私は新卒で、相方は副業という形で『アソブロック』に入社しました。

取材中、“いつもの卵”を届けてくれるオーナーさんが事務所を訪問。

関西を拠点にされてからは、どんな感じでお仕事をされていたんですか?

アソブロックの2年目から復業させてもらっていた『KUUMA』や『LANCH』で紙媒体の編集や取材を担当したり、食関連のイベントを企画したりしていました。今はその復業も全部卒業して、案件ベースで一緒に組んでプロジェクトをしています。

そこからどうやって出版社を始めることに?

最初に本を作りたいと思ったのは、大学時代から親交があった仲西森奈さんの短歌を読んだ時ですね。普段は小説を書かれる方なので短歌は初めて読んだのですが、むっちゃいいやん!と感動して。このままだと別の出版社から出しちゃうかもと思った時、じゃあ自分で作ればいいじゃんと思ったんです。仲西さん自身も出版社を通して作品を出そうとは考えてなかったみたいで、私が短歌の本を作りたいと声をかけた時びっくりしていました。

よほど魅力的だったんですね。些細なきっかけから出版社まで立ち上げるとは、すごい行動力だと思います。

大学生の頃は「ふたり」でZINEを作って、本屋さんに置いてもらえるよう営業もしていたので、一応出版業ができるノウハウはコツコツ学ばせてもらっていました。ただ、ZINEは私たちの企画を形にするものだから、どんなふうにあしらわれてもいいやって思ってたけど、本は作家さんのものだから気を抜けないなとは思いました。しかも、仲西さんが手がける初めての本だったので、今後の作家活動にも絶対影響する大切な一冊になるぞと。そんな流れで、『さりげなく』を創業した2019年に、仲西さんの短歌集『起こさないでください』を出版しました。『さりげなく』にとっても記念すべき第一号です。

『さりげなく』が入居する花辺の建物。
お話にも出てきた『アソブロック』に関する書籍も出ているそう。『さりげなく』の本ではないですが、気になる人はぜひ読んでみて!

読む人が勝手に解釈できるのが本の魅力。だからこそ、いろんな解釈が生まれるわかりづらい本を作りたい。

『さりげなく』のオフィスで作業をする稲垣さん。「在庫もすべて置いてあるのでスペースがパンパンです(笑)」

『さりげなく』では、これまで11冊の書籍や雑誌を刊行していますが、作家さんには稲垣さんからオファーされるんですか?

そうですね、「本を作らせてください」とオファーしています。どんな本を作りたいか企画書を作ってお伝えして、OKが出たら作りましょうとなるんですが、オファーする時が一番緊張しますね。いつメールや手紙が帰ってくるか、毎回ハラハラドキドキしています。

『さりげなく』の本は、大きさや形もバラバラですよね。何か意図はあるのでしょうか?

作家の土台になれるような出版社に、と考えたのが『さりげなく』を立ち上げたきっかけでした。私は「この人の隣に誰かがいれば」と感じた人と一緒に本作りをしたいと思っています。すでにたくさん本を出している作家さんは、別にうちから出版する必要はないんじゃないのかなと。なので『さりげなく』から発刊する本は、そのほとんどが作家さんにとっての最初の作品。だからこそ、中身が滲み出るようなデザインや装丁にこだわっていて。ベストを突き詰めていくと、やっぱり変わったものが多くなってきます。

ちなみに、今年10月1日に発行された平田基さんの『雲煙模糊漫画集 居心地のわるい泡』についてはいかがでしょうか?

これはすべて鉛筆の線画で描かれた漫画本です。知り合いのグループ展で基さんの線画を見て、これはすごすぎる!と衝撃を受けました。帰りに興奮して、「絶対本にしたい」と『さりげなく』メンバーに電話したのを覚えてます。基さんは油絵の作家で、その時は展示に合わせて鉛筆で描いていたとのことでした。それもあって、最初は「線画で短編漫画を描いていただけませんか」と依頼し、エッセイや漫画、対談などさまざまな表現で思考を可視化した雑誌『思考紀』に寄稿してもらいました。漫画を送る際、文章もつけてくださって。当初は漫画だけの予定だったけど、その文章もすごく良かったから一緒に掲載させてもらい、さらに基さんの作品が好きになりました。そして、基さんに「本を作りませんか」とお声がけしたんです。

『雲煙模糊漫画集 居心地のわるい泡』平田基/¥2,200
『思考記』で平田基さんが担当したページはこんな感じ。

基さんとはどんな風に本作りを進めていったんですか?

一緒に作りませんかとお声がけして、絵を描くまで3〜4ヶ月ずっと2人でお茶会をしていました。なんで人間はお金を使うのかとか、死んだらどうなるかとか、答えがないような話をひたすらしていましたね。

喫茶店での何気ないお話が本になるなんて、編集者って素敵ですね。

短歌集を一緒に作った仲西さんは、「編集者が入る時点で私だけの作品じゃない」とよく仰るんです。ストーリーの良し悪しへの介入とかコメントの量の問題じゃなくて、一緒に作ろうとした時点で、これは私だけのものじゃないからっていう。例え、言葉を発しなくても一緒に作っている感覚っていうのかな。

仲西さんは、『さりげなく』から小説も刊行されていますよね。

『そのときどきで思い思いにアンカーを打つ』という手のひらサイズの小説です。最初に原稿を読んだ時、実家に置いていた持ち運び用のハンディ英和辞書が浮かんできて、「絶対この装丁しかない!」と思いついたんです。これは短編よりもっと短い掌編小説で、まさに手のひらに収まる装丁やからぴったりでした。毎年1冊ずつ20年間出版する予定になっていて、これは第1巻目。実は他にも仕掛けがあって、20巻分を並べてタイトルを最後の号から読んでいくと、文章になるよう考えられていて。そこには彼女自身のテーマというか、ずっと大事にしている言葉が綴られています

この掌編小説にはショートスパンコールというシリーズ名を付けていて、短い小説という意味の“ショート”と20年続くという意味の“スパン”、それぞれのお話や登場人物がきらめいているという意味を込めた“スパンコール”。ショートスパンコールはそれらを繋げて仲西さんが考えた造語で、まさにこの作品にぴったりなんです。

そういう仕掛けについて本の中でどこまで言及すべきかも考えましたが、結局20巻並べるとどうなるかも載せてないし、ショートスパンコールの言葉の意味も載せていません。ただこのシリーズは20巻続くということを、あらすじのところに書いているだけです。

稲垣さんは本を作る際、“わかりづらさ”を大切にしているとよく聞きます。なぜ“伝えやすさ”をではなく、“わかりづらさ”を重視されるんですか?

よく作家のみなさんやメンバーと話すのですが、本になった時点で、これは作家のものでも編集者のものでも、はたまた出版社のものでもなく、読者のものになる。人に届いて読まれることでようやく本の役割を果たすというか、価値のあるものとして意味を発揮する。これがどんな本になっていくか、その行先はわかんないんですよね。『さりげなく』の本だけじゃなく、世の中にあるすべての本が読者にどう読まれているかなんてわからなくて。たった一行だけをひたすら読む人もいれば、読んでないけど本棚にずっと並べている人、一回読んで満足できたから捨てちゃう人もいて。私はその人なりの楽しみ方があると思うから、「こう伝わるだろう」と決め付けず、感じ方は読者に委ねるようにしています。逆に、こちらがもっている願望は届かないかもっていう諦めがあるのかもしれません。人ってその時々で感じ方も変わるから、ずっと寄り添えるわけじゃないし、届かないこともあるだろうと思うんです。

確かに、ある時読んでめちゃくちゃ共感した本も、何年か経つと「あれ?」と思うことってありますね。

こうあってほしいという想いはもちろん込めるけど、それが強すぎちゃうと読者のものにならないと思うんです。作家や編集者側のものでしかないというか、それってあんまり幸せじゃないような気がしていて。夏目漱石の『坊ちゃん』なんかを読むと、作る人と読む人の間にきちんとその作品が存在していて、時代背景も今と違うからいろんな解釈が生まれる。私は勝手に解釈できるところが本の良さだと思うから、自分の作る本もわかりづらくていいというか、そういう意味でいろんな解釈が生まれるものになればいいなと考えています。

次に作りたいのは“ご自愛”をテーマにした本。自分をもっと大切にできたら、いろんなことに優しくなれるはず。

取材時、花辺内のカフェ『花辺喫茶部』では平田基さんの新刊の出版を記念した展示が行われていました。

ちなみに直近で興味を持っていることは?

今は仏教ですかね。世の中に気になることが多すぎて、石とか地層のこととかゴリラと人間の違いとか、言い始めるとキリがないですね。最近、会社の経営のことを考えてたらすごく不安になって、いろいろ考えているうちに、不安って一体何の感情なんだろうとふと思ったんです。だって、喜怒哀楽の中に不安っていう言葉がないんですよ。だけど実際、不安という感情が経済のほとんどを回しているのでは?とか気になって。それなら一体どこから不安が生まれたんだと考えて。例えば、戦国時代や江戸よりもっと前に遡ると、人間は不安を感じるより先に死が身近だったんじゃないのかと思うんです。だから死後の世界まで想像が膨らんで、宗教が広まったんじゃないのかなと。今は医療が発達してそこまで死が身近なものじゃなくなったから、怖さや恐れがより日常に根ざしたものになったと考えると……。なんだかすごくおもしろくなってきちゃって。そこから仏教にも興味が湧きました。

人間にも感情の進化があるんですかね。死とはまた違う、底知れない不安が大きくなっているのかもしれません。

自分を見つめる手段として瞑想があったり、アプリや書籍がたくさん出ていたりするけど、それは解決策の一つとしてあるだけで、不安がなぜ醸成されているのかという根本的なところは疑問のままなのかも。そんな風に考えていると、次の本のテーマになったりするんですよね。答えのないことをずっと考えてしまうんです。考えすぎて煮詰まって、夢なのか考えているのかわかんなくなったりして。

これから作ってみたい本はありますか?

えー、ありすぎてわかんないなぁ。だけど今一番作ろうと思っているのは、ご自愛をテーマにした本です。字の如く自分を大事にする。自分を大事にしたら、自分にも、見えない人にも優しくできるんじゃないかなと。この世の中、自分に鞭を打って我慢をしている人が多すぎるんじゃないかと思うんです。それがダメっていうわけじゃなく、そういう時期だからしんどい思いをしているのかもしれないけど、できれば心地いい状態で生きていた方がいい。まだ漠然としていますが、それを本にできればなぁって。最近そういう本も多いけど、それを静かに伝える本を作りたいと思っています。あの星野源さんも、嫌なことからはすぐ逃げていいんだよ!って言っていますし。星野源さんが言うなら間違いないですよね(笑)

ご自愛の本、すごくいいですね。私も最近、心地いい生き方について考えることが多いです。

スピリチュアル的なことではないですが、例えば寝る時って布団や枕が自分を守ってくれているなと思ったら、安心して眠れますよね。自分はいろんなものに守られていると気付くことができれば、きっとご自愛しやすくなると思うんです。私は21年の11月から花辺に事務所を構えて、その気持ちが一層強くなりました。自分に優しくしてないと、作家さんと本なんか作れないというか。作家さんを煽り立てたり言葉もキツくなったりするのかなって。それまでは自宅で作業をしていて、もっともっとやらなきゃと日々自分を追い込んでしまうことが多かったんです。だけどここに来てから、その焦る気持ちも不思議となくなりました。きっと安心感に包まれた温かい場所だから、安心して本が作れるんだろうな。場所や人、空間に、それを教えてもらった気がします。ここを見つけられて本当に良かった。

自分に優しくすることって大切なんですね。私もご自愛の本、楽しみにしています。ありがとうございました!

花辺で過ごす日常のヒトコマ。ここにはゆったりとした温かい時間が流れています。
Profile

稲垣 佳乃子

1993年生まれ。双子座。大学時代にフリーペーパーを制作したことをきっかけに企画・編集のおもしろさに魅了され、以来媒体を問わず常に何かを生み出し続ける。2019年に出版社「さりげなく」を創業し、2021年に株式会社化。今年10月に発売されたばかりの平田基による漫画本『雲煙模糊漫画集 居心地のわるい泡』も好評。

出版社 さりげなく WEBサイト / オンラインショップ

share

TWITTER
FACEBOOK
LINE