Interview & Writing
六車 優花
Photo
中島 真美

今回インタビューしたのは、ポップアップを中心に展開する出張タコス屋<TACOS VARIAR>のナホさん。ブロガーや読者モデルとして活躍していた過去を持つ彼女は、9月に開催される『GREENJAM』の運営メンバーであり、さらには間借りのおばんざい屋『おばんざい 熊猫(パンダ)』の女将も務める……、というバイタリティ溢れる性格の持ち主。好奇心の赴くままにさまざまなことにトライし、人生を全力で楽しむナホさんに、これまでのことやご自身の生き方について伺いました。明るくてポジティブ、そして興味のあることをとことん突き詰めるエネルギッシュな人柄に、みなさんもぜひ会ってみたいと思うはず!記事を読んで気になった方は、ぜひナホさんのInstagramをチェックして<TACOS VARIAR>が参加しているイベントに足を運んでみてください‼︎

15歳にして念願だった古着屋のスタッフに。興味の赴くままに、気になることがあればとことん追求しています。

ナホさんはいろんなイベントで、出張タコスをされていますよね。私は学生時代に読んでいた『ガールズスタイル』で読者モデルとしてナホさんをお見かけしていて、ファッションではなく飲食をフックに取材させていただくのが少し意外な気もします。

確かに以前はファッションが活動の軸だったかも。15歳の頃からアメ村の古着屋で働いて、19歳までいろんな古着屋を転々としていました。最初に働いたのは、「I♡NY」のショッパーが有名な『ビッグアップル』で、そこでは店長も経験しました。あとは『マグネッツ』や『ポコ』っていう古着屋とか……。とにかく古着が大好きでした。

15歳から古着屋で働かれていたと。ショップスタッフとしては、かなり早いスタートですね。

通信制の高校に通いながら働いていたんです。中学生の頃から絶対に古着屋で働こうと思っていて、はなから高校には行かないって決めていました。

どんなことに影響を受けて古着を好きになったんですか?

雑誌『Zipper』のモデルとして活躍していたYOPPYが大好きだったんです。超カリスマって感じで憧れていて、私もYOPPYになりたい!と追いかけていくうちに、彼女の行きつけだった『無国籍百貨』という古着屋を知ったんです。

ー『無国籍百貨』は、MARZELでも以前取材させていただいたモマさんが働いていた古着屋ですね。

そうなんです。中学もあまり行かずに通ってたら、当時スタッフだったまいふぉん(=モマさん)と仲良くなって。YOPPYとまいふぉんは、私にとってスーパーカリスマ。この人たちみたいになりたいと強く思っていました。特にまいふぉんは、いろんな友達を紹介してくれて、『ビッグアップル』も彼女の紹介で働くことになったんです。幼かった私の世界を広げてくれて、本当に感謝しています。

お2人が友人だとは知ってましたが、まさかそんなに長いとは。びっくりしました。

その後もいろんな古着屋を転々として20歳で結婚・出産し、大手のアパレルに10年ほど勤めました。本当は古着屋を続けたかったけど、シフト的に無理があったので断念したんです。

アパレルに少しずつ飽きてきた頃かな。地元であり、ずっと住んでいる伊丹で、『GREENJAM』という音楽イベントがあることを知ったんです。直感でおもしろそう!仲間に入りたい!と思って。アパレルを辞めて、イベントを運営している人と関われるよう考えて、そしたら今日の取材場所でもある『もぐらカフェ』に辿り着きました。このビルは<GREENJAM>の方が運営していて、カフェはその共同代表が店長をしているんです。誰も知り合いがいなかったから、5年前くらいから1人で飲みに来て、3年前に運営メンバーの一員になりました。タコスのポップアップもその頃からスタートしたんです。

今回取材場所として使わせていただいた『もぐらカフェ』。<GREENJAM>メンバーたちの憩いの場でもあるそう。普段は日替わりの間借りのカフェとして営業中。

すごい行動力ですね。新しい世界に踏み出すことへの躊躇はなかったんですか?

その時、子どものバスケクラブやPTAの役員をしていたんですが、そろそろ自分のために時間使いたいなと。興味がいろんな方に向いてる時期で、好奇心しかなかったかな。古着の卸もやったし、アパレルがお休みの日はカフェやスロット専門店でも働きました。なんせ暇が嫌いで。

スロット専門店が気になるところですが……(笑)。とりあえずめちゃくちゃ忙しくされてたんですね。

その頃から、忙しくないと逆に落ち着かない体になっていました。以前は仕事を休みたいとか1日中寝てたいとか考えることもあったけど、いつの間にか自分の世界が開けてきて、とにかく今日を無駄にしたくないと思うようになったんです。今は一瞬一瞬を全力で生きていて、まさに毎日がメモリアルって感じ。

毎日がメモリアル、とっても良い言葉ですね。具体的に、世界が開けた瞬間はあったんですか?

ターニングポイントは何度かあるけど、子どもが生まれて2年目くらいから読者モデルをやっていて、その影響もあると思います。いろんな経験させてもらう中で、もう少し自分を試したいと思うようになって、とりあえずやってみようっていう“試し癖”がついたんです。

“試し癖”とは?その頃、他に何かトライされたんですか?

こちらはブログをされていた頃、<モマパッチワーク>のモデルをされた時の一枚。

気になったら躊躇せず、なんでもやってみていました。昔ゾゾタウンが運営していたゾゾピープルっていうブログを誰にも言わず始めるとか。今考えると、自己承認欲求の塊みたいなブログだったけど(笑)。そしたら全国の人気ブログランキングで上位になって、おかげでスタイリストや古着コーディネーターの仕事をいただきました。

ママ読モをしていた頃の一枚。とっても可愛いです〜!
古着をMIXしたスタイリングを組んでECサイトで販売する「古着コーディネーター」としても活躍。

ゾゾピープルは知っています。私もナホさんのブログを読んでましたよ!

え!めちゃ古参ですやん(笑)。ありがとうございます。その時知り合った方もたくさんいらっしゃいますし、やっぱりやってて良かったなぁ。ママ雑誌の『HugMug』や『nina’s』のスナップや企画にも呼んでもらって、もっといろいろできるんちゃうかって思ったんです。それと同時に、「別にファッションにこだわる必要はないのかも」とも考えていました。アパレルで働きながら、普段は別のファッションを楽しむのってお金がかかるし。そう考えた結果、飲食や!フェスや!音楽や!って。ファッションとは違う方向に振り切ることにしたんです。<GREENJAM>の運営メンバーになったのもその頃で、おもしろいと思う自分の直感を信じて、興味の赴くままに行動しました。

イベントにマッチするタコス作りがコンセプト。最近は間借りのおばんざい屋も始めました。

ナホさんが<TACOS VARIAR>のポップアップを始めたきっかけを教えてください。

3年くらい前に塚口のハンバーガーショップ『ジャックスバーガー』で働いたことをきっかけに、ストリートフードっておもしろいと思ったんです。

ストリートフードってたくさんありますが、どうしてタコスに?

『ジャックスバーガー』のスタッフに、たまたま「タコス作ってみてや」って言われて。最初は業務スーパーのトルティーヤを買って、普通のミンチ肉を使った日本人向けのタコスを作っていました。それが意外と好評で、週一でお店にも出すようになったんです。みんなの反応も直接見られるから楽しくて。それがちょうどコロナが流行り始めた時期で、おうちで過ごす時間も長かったから、トウモロコシ粉を買ってトルティーヤを作って研究しました。そして、お店を辞めた1ヶ月後の20年8月に、初めて<TACOS VARIAR>としてイベントに出店したんです。芦原橋の古着屋『EXTRAOVER』の周年イベントだったんですが、最初はほんまにできるのか不安でいっぱいでしたね。だけどコロナで仕事もなかったし、とにかく自分にできることを頑張らなくちゃと必死でした。

ちなみにナホさんのタコスの特徴は?

トウモロコシ粉100%の生地を手ごねして、ハンドプレス機で1枚1枚焼き上げたトルティーヤを使っています。自分のお店を持ってる人だとコスパ的に厳しいけど、逆にポップアップだと特別感があっていいのかなと。手間はかかるけど、やっぱりその分おいしいんです。

真剣な表情でタコスを作るナホさん。

市販のトルティーヤとの違いはどういうところなんでしょうか?

一般的に流通しているトルティーヤは小麦粉をブレンドしているものが多いので、よりトウモロコシの風味を感じてもらえると思います。あとは参加するイベントに寄せた具材を使っているのが強み。レゲエ関係のイベントにはジャークチキンタコス、女性限定のイベントにはピンクのトルティーヤを使ったタコスとか。特にイベントのカラーがなければ、主催の方の好きな食べ物をアレンジしています。イベントに合わせたタコス作りが私のスタイルかな。

この日のタコスは、タンドリーチキンと白身魚のフライを使用。見た目も華やかでめちゃくちゃおいしかったです!

コロナ禍でなかなかイベントがない時期もあったので、実は通販キットも作ってみたんです。だけど、あんまり自分に向いてないかもと思っちゃって。私は人が好きやから、相手の顔を見てできることがいいのかなと。毎回違う場所に足を運んだり音楽を聞きながら販売したり、そういうシチュエーションに魅力を感じるんです。

通販で購入できるのも嬉しいけど、直接会った方がナホさんの魅力が伝わると思います。どれくらいのペースで出店されているんでしょうか?

今は月に3回くらいだけど、まだ全然余力ありです。第2&4木曜日はタコス屋、毎週月曜はおばんざいの飲み屋『おばんざい屋 熊猫』を、『もぐらカフェ』を間借りしてやらせてもらっていて。おかげで新しいタコスも試せるから助かっていますね。お客さんとお喋りしつつマイペースに営業できるので、とっても楽しいです。

『モグラカフェ』の店内にさりげなくディスプレイされたナホさんの似顔絵。みんなに愛されている人柄が伝わります。

タコスだけじゃなく、おばんざい屋を始めたのはどういう経緯でしょうか?

タコスばかり作って飽きちゃったのが正直なところ(笑)。全然違うジャンルの飲食店をやりたくて、10ヶ月くらい前からスタートしました。あとは、コロナ禍で『もぐらカフェ』の集客も難しいから、私も何かサポートできればなと。ここは曜日ごとにいろんな人が間借りをしていて、メンバーが集まる憩いの場でもあるので、今後も存続していきたいんです。今は伊丹のお客さんが多いけど、大阪からわざわざ来てくれる方が増えたら嬉しいな。

穴が空くほど『カジカジ』を読んでた私にとって、アメ村は有名人だらけの街でした。常に自分の好奇心に忠実でいたいと考えています。

個人的にナホさんのファッションに興味があって、10代の頃からの変化を知りたいです。

10代の頃は民族系のファッションがとにかく好きで、『無国籍百貨』や『マリジュン』に通っていました。ちなみに、今日着ているワンピースは17歳の時に着ていたもの。ずっとまいふぉんの大ファンやから、彼女に影響を受けてる部分も多くて、パッチワークを使ったヒッピー系の服も好きでした。当時は、小さめのヴィンテージTシャツに刺繍のスカートを合わせてモカシンを履くスタイルが定番で。『マグネッツ』で働いてた頃はヴィンテージが好きで、ビッグEを穿いて染み込みのスウェットを着て……、リーバイスのセカンドもよく着ていました。古ければ古いほど良い!っていうモードでしたね。

当時の服は、今も持ってらっしゃるんですね。

だんだん似合わへんくなって売っちゃったものもあるけど、大切な服は厳選して保管しています。

これらはナホさんがかつてお世話になった方が手がけたオリジナル。「偉大なカリスマたちの服は、ずっと大事にしています」
「まいふぉんからもらったヴィンテージのペインターパンツは宝物です」。バックのポケット部分に付いたワッペンが可愛い!

今はどんな系統のファッションを?

年齢を重ねて似合うものが変わってきて、今は黒い服ばっかり着てるけど、メルカリでも買うし新品も着るし、いろいろ彷徨ってますね。最近は古着屋『jammru』さんと遊ぶようになって、ボロボロのグランジっぽい格好も好きになりました。出先に合わせて服を変えてるから、これっていう明確なベースはないかもしれません。

おばんざい屋の日は、割と可愛らしい格好をしてみたりもするんです。スケスケのシースルートップスを着てイヤーカフを付けるとか。音楽イベントの日はストリートっぽくもするし、ちょっとしたコスプレ感覚でファッションを楽しんでいます。

タコス同様、ファッションもシーンによって変えてるんですね。今日はそんなナホさんを形成するカルチャーが知りたくて、思い入れのある物を持ってきてもらいました。こちらのレコードは、ナホさんにとってどんなものなんですか?

私のクラブデビューは15歳なんですが、アメ村で遊んでいる時に「イベントに来ませんか?」と声をかけられて。まだクラブとか知らへんから、学校の文化祭みたいなもんかな?ってワクワクしながら行ってみたんです。お昼にやってた1,500円くらいの音楽イベントだったんですけど、実際に足を踏み入れると、これが噂のクラブか!と衝撃を受けて。

15歳でクラブデビュー!これまた早いですね(笑)

そのインパクトがずっと忘れられなくて、「私らもこんなイベント絶対やろうな」って友人と話して、中3くらいからレコードを買いに行ってました。当時はレコード1枚7,000円ほどで、中学生には金銭的にかなりキツかったけど……。いつか自分たちでイベントをやりたいという思いがあって、「この曲ないと盛り上がらんやろ!」と頑張って買ってました。これはその時に買っていたレコードです。実際にその友達とはクラブイベントの主宰もして、それは結婚してからも続けていましたね。その時はよくイベントでカレー作って売っていて、「ママはなんで夜にカレー売りに行くん?」とよく息子に聞かれていました(笑)

お子さんが小さかった時期ですもんね(笑)。DJとかもされるんですか?

以前はやってたけど、今は緊張で顔もこわばるし、こんなのでDJなんておこがましいです。『もぐらカフェ』は伊丹で唯一音楽イベントができるハコやから、たまに練習がてら回すこともありますね。

音楽関係だと、<Hi-STANDARD>が大好きで。ハイスタ嫌いな人とは合わないって本気で思ってました。すでに聴きすぎてジャケットがバキバキやけど、未だにApple Musicの今年の一番聴いたプレイリストにも入ってるくらい好き。いろいろ持ってるけど、これは特に名盤ですね。

『ちびまる子ちゃん』も気になりました。集めていらっしゃるんですか?

マンガを全巻持っていて、しょうもないことで悩んだり笑ったり、彼女のような自然体の生き方に魅力を感じます。マンガは好きやから他も候補はたくさんあったけど、自分の軸って考えると『ちびまる子ちゃん』になりました。あえて1巻を持ってきたところがポイントで、お母さんやお姉ちゃんのキャラ設定も今と全然違うし、おじいちゃんはずっと鼻水垂らしてるし……(笑)。絵のタッチもかなり変わってるから、今との違いを楽しむのもおもしろいですよ。

『カジカジ』はいかがでしょうか?

昔から『カジカジ』が本当に大好きで、どれにするか迷って2008年のスタコレ号にしました。この号が特別好きってわけじゃなく、なんとなく選んだんですけど。酸いも甘いも『カジカジ』が教えてくれたって感じ。ほんまに好きすぎて穴が空くくらい見てたから、載ってる人の顔と名前をほとんど覚えてましたもん。これを読んでいたおかげで、アメ村は私にとって有名人だらけの街だったんですよ。昔からカリスマを追いかける節があるから、そことリンクしているような気もしますね(笑)

めちゃくちゃ読み込んでいたんですね。スタコレに載るって、やっぱりすごく特別なんですか?

めっちゃ特別(即答)。私にとって影響力の塊でしたもん。『カジカジ』は、今の自分を形成してくれてた大切な存在です。英語からカタカナ表記に変わった時期から毎号買っていて、あまりの重みに耐えきれず本棚が壊れたこともありました。さすがにこれはヤバイって思ったから途中で整理したけど、買わない号はなかったですね。

今のナホさんにとってカリスマ的な人はいるんですか?

<JUDY&MARY>のYUKIちゃんや<モマパッチワーク>のまいふぉん、『jammru』のyu-coさんは、昔から変わらず憧れだけど、これっていう新しい人はいないかも。雑誌を読んでると知らない人も自然と目に入って、そこから新しい世界が広がってたけど、今は良くも悪くも自分の興味のあることにしかリーチしないというか。興味を広げていくのが逆に難しくなっているような気がします。

「これは憧れのYOPPYと一緒に古着屋『jammru』のファッションショーに出た時の写真。幸せすぎました」

私もそれは感じます。趣味や嗜好が似ているコミュニティには届きやすくなったけど、全く知らないジャンルはわざわざ自分から調べないと届かないですもんね。

新しい人に届かないのは、ちょっともったいないですよね。小学生くらいからイメチェン願望みたいなのがあって、それこそ服を好きになったのも、その服を着ると憧れの人になれるんじゃないかって思っていたから。私はいろんなメディアやSNSを見て、次はこういう人になりたいと思える人を無意識に探しているのかもしれないですね。

今後はどのような活動をされるのでしょうか?何か思い描いているビジョンはありますか?

もちろんタコスもおばんざいも楽しいから続けていきたいけど、素直に興味のある方向に向いていきたいなって。いつか叶えたい夢は、セブンルールに出ることと大好きな浜田雅功さんと対談することですね。あとは金八先生が大好きだから、1日でいいので桜中学の生徒として学びを得たいです!

2つ目、3つ目は強烈ですね(笑)。ナホさんの話を聞いていると、常に好奇心のアンテナを立てて生活しているのが伝わってきます。

自分がおもしろいと感じることに対して、とにかく前のめりな姿勢でいたいんです。自分の繋がりを生かして、今後は楽しいイベントもどんどん企画したいですね。“明日死ぬかのように生きよ。永遠に生きるかのように学べ。”というガンジーの言葉がモットー。常に自分の好奇心に忠実に、遊びや人生を全力で楽しみたいと思います。

『もぐらカフェ』で定期的に開催している仮装イベントでの写真。狐巫女、見取り図の鉄板ネタ「南大阪のカスカップル」のリリーさんのコスプレ、スケバンなど。「みんな全力で仮装してくるからめちゃくちゃ楽しいんですよ」

<ナホさんがお気に入りのお店>

jammru(大阪市中央区東心斎橋)
タコス活動初期から支えてくれている古着屋さん。タコバリのデザインはすべてオーナーのyu-coさんにお願いしていて、パンクやグランジなどの音楽的要素に加え、ストリートからモードまで幅広いスタイルをMIXした独自のラインナップが圧巻です。

addict(大阪市浪速区幸町)
2階が知り合いの美容室、3階がポップアップ&DJブース、4階がバー&DJスペースになっていて、服やレコード、映画のポスター、おもちゃなどオーナーの趣味を濃縮したカルチャーまみれのビル。私もよく主宰イベントや出店をさせてもらっています!

AHSO(兵庫県宝塚市清荒神)
<mojo.me>&<爆発メルヘンCity>のますみちゃんと、<ヅカデン>のロビンさんが手がける体感型イベントスペース。タコバリもよく出店させてもらってて、毎月どんなイベントが開催されるかワクワクさせてくれる宝塚のニュースポット!

Profile

ナホ

伊丹市出身&在住、高校2年生の息子を持つママ。15歳からアメリカ村の古着屋で働きながら、ディープなカルチャーにどっぷり浸かった日々を送る。結婚後は子育てをしつつ、ブロガーやファッション誌の読者モデルとして活躍。やがてストリートフードに興味を持ち、さまざまなイベントで出張タコス<TACOS VARIAR>を展開。最近は伊丹『モグラカフェ』を間借りして、第2&4木曜日にタコス、毎週月曜に『おばんざい屋 熊猫』もスタート。

Shop Data

TACOS VARIAR(通称:タコバリ)

ナホさんが手がけるイベント出店限定のタコスショップ。トウモロコシ粉100%の自家製トルティーヤを使用し、その時々の音楽や主催者の好物に合わせた逸品をサーブ。出店やケータリングの依頼はInstagramのDMから。

Shop Data

もぐらカフェ

伊丹のサンロード商店街に面したレトロビルの2階に佇む、<GREENJAM>が運営するカフェ&バー。曜日によって店長が変わる間借り営業を行っており、訪れるたびいろんな出会いがあるのも楽しい。DJブースを設置し、音楽イベントなども実施。

兵庫県伊丹市中央4-5-10 GREENJAM BUILDING 2F
TEL/072-764-6532

share

TWITTER
FACEBOOK
LINE