Interview & Writing
六車 優花
Photo
中島 真美

アメリカ古着やヴィンテージのファブリックをベースに、国内外の素材をミクスチャーして新たなプロダクトを生み出す<モマパッチワーク>のモマさん。くりんくりんのアフロヘアと個性溢れるファッションが印象的な彼女が手がける作品には、さまざまな色や柄が散りばめられ、眺めているだけでハッピーな気分になれます。ストリートの全盛期といわれる90年代後半にアメ村の古着屋で働いていたモマさんは、生粋の古着っ子であると同時に、海外での暮らしを経た今も「大阪が一番!」と豪語する大阪大好きっ子。今回は、<モマパッチワーク>としての活動やご自身のファッション、そして当時のアメ村のことについて伺いました。チャーミングな笑顔と明るい人柄に、惹き込まれてしまうこと間違いなしです!

大阪に住み始めたことをきっかけにデザインが変化。さまざまな経験を積んで、古着を大改造できるようになりました。

まずは、モマさんのこれまでのことを教えてください。

高校を卒業して、20歳くらいまでアメ村の古着屋『無国籍百貨』で働いてました。その頃もめっちゃ派手なアフロヘアの店員さんでした。

そこは今も健在なんですね(笑)

そうですね。ちょっと大人になっただけで、あまり変わってないです。

その頃のアメ村には、アフロヘアの人がたくさんいたんですか?

アフロもだけどカーリー、ドレッドもたくさんいましたよ。とにかくハードなヘアスタイルが多くて、そのなかでも私が一番大きなアフロでした(笑)

アフロって大きければ大きいほど良しとされるものなんでしょうか?

大きさより丸さが大事かなぁ。

丸さが大事なんですね、それは知らなかったです(笑)

その後21歳から23歳くらいまで『フールザハーミット』というヒッピーテイストのお店で働いて、そこで店長の友達のアメリカ人と知り合って結婚したんです。当時海外の方と結婚するのってめっちゃ大変で、23歳で婚約したんですが、2年くらいかかってようやく結婚できました。婚約中は遠距離恋愛をしながらカリフォルニアと日本を行き来していて、結婚後はハワイに住んでいたんです。彼の仕事に合わせて、色んな土地を転々としていました。

しばらく海外で生活されてたんですね。ハンドメイドの作品を作り始めたきっかけはありますか?

カリフォルニアに住んでいた時、就労ビザがなかったので販売員ができなくて。「外で働けないから家で縫い物をしよう!」と服を作り始めました。

当時はどんなものを作ってたんですか?

コーデュロイ素材のパッチワークをたくさん作っていました。アメリカのロックバンド<PHISH>が好きで、ツアーの追っかけをしていたんですが、ライブ会場の駐車場でハンドメイドの作品をみんなが販売していたんです。

これは22歳の時に行ったライブでの写真です。ファンの子たちは夏のツアーを1ヶ月、秋と冬のツアーを1週間ずっと追いかけるから、その期間は仕事やバイトができなくて。自分で作った花輪やヘンプのネックレス、パッチワークの洋服を売って、そのお金でチケットを譲ってもらってライブを観るという生活をしていたんです。私は日本に作品を送っていたんですけど、このカルチャーからかなり影響を受けて、パッチワークが大好きになりました。

めちゃくちゃ楽しそうですね。もともと手芸は得意だったんですか?

幼稚園の頃からおばあちゃんに教えてもらってました。学生時代に『Zipper』を読んでいて、欲しいと思ったものが買えないから自分で作ってみるとか。専門学校も行ってないので、こんな感じかなと独学で作っていたんです。逆に習ってないからこそ、大胆なモノ作りができるというのもあると思います。いつも無茶なリメイクをしてるから、教えてもらっていたら神経質になってできないかも(笑)

日本に帰国されたのはいつ頃なんですか?

2008年くらいかな。帰国した時にはすでに<モマパッチワーク>を立ち上げていて、ミナミにある子ども服やレディースのアパレルに勤めながら制作活動をしていました。そこで改めてミナミの個人経営のお店って楽しいなと感じて、2012年にショップ兼アトリエを堀江にオープンしたんです。2018年に阿波座に移転してからは百貨店への出展が増えて、徐々にポップアップが主体になりました。今は実店舗としての機能を完全になくして、ポップアップオンリーで活動しています。

初期の<モマパッチワーク>では、どんな作品を制作されてたんですか?

古着とヴィンテージのファブリックを組み合わせたエプロンやターバンですね。ターバンは古着のシャツを、エプロンは凸凹のパッチワークをベースに作っています。アメリカで山や緑に囲まれた暮らしをしていた頃はアースカラーのパッチワークが多かったんですが、大阪に住み始めるとかなり派手でガチャガチャしたデザインになりました。立体的なパッチワークも、大阪に帰ってきてから急にやり始めたんです。ちょっと不思議なんですけど、街の影響かもしれないですね(笑)

大阪に帰って来て急に思い付いたという凸凹のパッチワーク。カラフルな色使いと立体感がかわいい!

暮らしの環境とともに作風も変化したんですね、とても興味深いです。ブランド名にも“パッチワーク”を使われていますし、やっぱりパッチワークが好きという想いがブランドの原点なのでしょうか?

そうですね。パッチワークは本当に飽きたことがなくて、作るのはもちろん眺めるのも大好きです。

作風はそこからかなり変わってきていますか?

どんどん変わっていってますね。ここ数年で古着のグレードも上がったと思います。材料もヴィンテージまではいかないけど、リサイクル古着じゃなくきちんと古着屋さんに並んでるような質のいいものになってきました。アレンジの仕方も年々変わってきていて、技術が少しずつ向上している気はします。

古着そのものとしての良さもあるわけで、アレンジの仕方が変わってきたというのは、大胆に作り替える怖さがなくなったようなイメージですか?

それもあります。以前はジーパンをスカートにしたり、ジーパンのサイドにパッチワークをあしらったり、もの自体の形を大幅に変えるようなリメイクはしてなかったんです。最近はモノの形自体を簡単に変えちゃうようになりました。ベースを基にリメイクするだけじゃなくて、自由に大改造できるようになりましたね。いつも設計図もなく無計画に作るんですが、潔くカットして贅沢に古着を使えるようになりました。

短めの丈感とフリルデザインが素敵なラガーシャツ。
初期の頃制作していたスウェットワンピ。

よく見るとほんとに大胆ですね。新作のラガーシャツもかわいいです。

ありがとうございます。最近ラガーシャツが古着屋で全然売れへんっていうのを聞いて、考案した作品が若干当たってるんです(笑)。最初はスウェットを切ってスカートを付ける、みたいなベースの形から想像できるリメイクだったのが、少しずつ進化して今まで見たことないようなものを作れるようになりました。めちゃくちゃ良い服はさすがに切らないですが、以前だともったいないと思ったり古着の価値を下げたらあかんっていうプレッシャーがあったりしたんです。そこを乗り越えることで、新たなステップに進んだ感じですね。ますますリメイクが楽しくなりました。

以前はみんなもっと前のめりに生きてました(笑)。「この人いいな」と思ったら、同じ目線になろうと自分を磨いてすぐ友達になってましたね。

モマさん自身のファッションは20代の頃と変わりましたか?

かなり変わったと思いますよ。ただ、好きなシルエットは変わっていないことに最近気付きました。いろいろ着るけど、ヒッピー系のシルエットに結局戻ってくるんです。ダボっとしたパンツ×エプロントップスの組み合わせは、昔から変わらず好きですね。

フリフリのエプロンにボーダーのタイツを合わせるアンちゃんのファッションも好きで、甘そうに見えて甘すぎないところがツボなんです。アンちゃんって甘くてカントリーなイメージだけど、実はそれだけじゃないんですよ。昔アメ村に『スイミー』と『エルカミーノ』というガーリーな古着とリメイクのお店があったんですが、そこがめちゃくちゃかわいくて。コーデュロイのパッチワークを使ったヒッピー系のファッションとアンちゃんのスタイルが、自分のルーツかなと思います。

お気に入りのアンちゃんやテディベアのぬいぐるみと一緒にパシャリ。この日の洋服もご自身の手作りだそう。

モマさんが20代の頃のアメ村ってどんな街だったんですか?

多種多様な人がいる混沌とした街でした。個人個人がだいぶヤバくて、インパクトのあるファッションを楽しんでいる人が多かったですね。当時の『カジカジ』の「街の眼」からも察する部分があるかもですが、ファッションのスタイルでそれぞれの主張をぶつけているような場所でした。だってインディアンもいましたもん。私はインディアンと毎日ごはんを食べてました(笑)

え、そんな方がおられたんですか?

新町のシルバーショップ『パインリッジ』のアリくんです。今はインディアンじゃなくて、ただただ怖そうなおじさんやけど(笑)。顔に赤いペイントとかして歩いてました。

とっても個性的ですね。昔はアメ村の古着屋って怖いところだったと聞いたことあって。若いと全然相手にしてくれないし、値段聞いても無視されてたという話だったんですが、実際はどうでしたか?

私の周りではそんなことなかったけど、もしかするとあったかもしれないです。女子にはみんな優しかったけど、若い男性で生意気やったらシバかれてたから。むちゃくちゃ怖い先輩とかもいて、今考えるとめっちゃ縦社会やったなぁ。アメ村にはすぐ血が流れてました。

血ですか???!!

気がついたらみんなバーで殴り合ってるような時代でしたから。ヤンキーが学生時代におった世代の人らやから仕方ないかもですね。

すごい時代ですね。今もアメ村にはよく行かれるんですか?

最近は古くからある店しか行ってないけど、たまに行きますよ!私たちの世代からはすごくみんな優しくなってるから、もう血が流れるようなことはないでしょうね。

アンちゃんをオマージュしたテディベアは海外の通販サイトでひと目惚れ。「エプロンは手作りで、今日の私とお揃いです」

あの頃はアメ村を歩けば友達に会うって感じで、仕事の休憩時間もほとんど友達の店で買い物をしてました。ほんまにいい古着屋さんがいっぱいあったし、店もギュッと集まってたから、みんな休憩時間も休みの日も買い物ばっかりしてたんちゃうかな。

ちなみに血を流してる現場は見たことありますか?

一度先輩が血流してるのを見ました(笑)。みんな尖ってたんで、お店同士のオーナーがケンカしてたっていう話は結構ありましたね。

今ってインフルエンサーがいたり、SNSを見て「この人みたいになりたい!」っていう“憧れの文化”があるのかなと思っていて。モマさんが憧れてたカリスマ的な人はいたんですか?

うーん、ヒッピー系の人に憧れはあったけど、アメ村にいる人に対して憧れはなかったかも。当時は人に憧れるとかじゃなくて、「ワシや!」みたいなグイグイ感があって。みんな自分が自分がって前のめりな感じ。いいなと思ったら、すぐ友達になっていました。だって憧れてる時点で上下関係が決まってしまうから、その人と仲良くなれないじゃないですか。同じ目線で喋れるよう、自分をもっと磨こうと考えてましたね。

私はほかに合う場所が見つからないと感じるほどの大阪人間。今後は自分の原点でもあるアメ村を、もっと盛り上げていきたい。

作品のインスピレーションの元を教えてください。

やっぱり大好きなアンちゃんのファッションですね。今は大阪の街やライフスタイルにマッチしたものを、型を決めずに自由に作っています。今後大阪から引越すことがあれば、作品のスタイルも変わるかもしれないですね。

今後住んでみたい街はあるんですか?

ほかの街をあまり知らないのですが、日本だったら断然大阪がいいです。アメリカだったらオレゴンの森の中とか、音楽の文化がかっこいいセントルイスにも住んでみたいなと。とはいえ、結局日本にいる気がするんです。もともと海外に住むつもりだったけど、結局日本ってめっちゃエエやんって思うことが多くて。ほかに合う場所が見つからないんじゃないかと感じるくらい、私は大阪人間なんです。

ご自身のどういう部分に対してそう感じるんですか?

大阪ってよく喋る人が多いですよね。たぶん、関西以外の地域の人に「道知ってるから教えたるで」って勝手に道を教えても、聞いてくれないと思うんです。それを当たり前に受け入れてくれる大阪の街が好きで、自分に合ってるんやろうなぁと。単純に英語がそんなに達者じゃないんで、人と喋るのが好きやからもっと喋りたいっていうのもあります(笑)。買い物も好きやから、ふらっと出て行って買い物できる環境もちょうど良くて。アメリカの田舎だと、家にこもって生活してる人も多いんです。空いた時間にゆったり森を散歩するのもいいけど、私は動物と話されへんからちょっとしんどいかもなって(笑)

なんだかすごくモマさんっぽいですね(笑)。<モマパッチワーク>には、「地球に優しく」というコンセプトがありますが、環境に配慮することへの想いを教えて欲しいです。

もともと服のどこかにシミがあるとか、フォルムが身体に合わないっていうのを直すために立ち上げたブランドやから、今ある資源をどうすれば再生できるかを考えながら制作しています。<モマパッチワーク>らしいスタイルで、古着を新しく生まれ変わらせることができたらいいなと。

サイズが小さくて着られないけどプリントはかわいいTシャツの身幅を広げるとか、プリントがフロントにあると恥ずかしいから切って別の服のアームに使うとか。そうやって手を加えることで、年齢を重ねても着られる人が増えるんです。私も年々そういう引き出しは増えてきてて。最近は古着を使っていない新品も作っていますが、古着を再利用するリメイクシリーズはずっと続けていきたいですね。

作品に使用している材料は、ほとんどがアメリカ古着なんですか?

日本の生地を使うこともありますが、メインはアメリカ古着やアメリカンコットンかな。最近は現地に仕入れに行けないので、古着屋さんに譲ってもらうことが多いですね。シャツ、ドレス、スウェット……、色んな服の切れ端を組み合わせつつ、今後も使えそうなものは残しています。とはいえほとんどのものが使えてしまうから、材料が増えて増えて困っています(笑)

(笑)。大切に残してる古着や印象的な作品はあるんですか?

実はモノに対する執着心がそこまでなくて。気に入った作品はすぐ売れちゃうし、あんまり覚えてないんですよね。昔集めてた古着のドレスも似合わなくなってきたから、今後の作品にしようと思ってるくらいやし(笑)

だけど、このモンスターシリーズには思い入れがあって。服はタグを付けないとダメだから付けてるけど、モンスターには一切付けてないんです。というのも、これを70’sのプロダクトだと間違ってくれたらおもしろいなって。何年後かに誰かが古着としてこれを見つけた時に、「もしかしたら70’sのモノなのか?」って考えて、それについて話し合ってくれたらおもしろいなぁと。タグを付けなくていいものは、年代のわかるような証拠をできるだけ残さないようにしてるんです。

そのシーンを想像するとおもしろすぎます(笑)。可能性ありますもんね。モンスターシリーズはどういうきっかけで作ったんですか?

ぬいぐるみを持って歩くのが好きなんですけど、大人やしヤバい人やと思われたら嫌やから、持って歩かれへんってなって。大人でも堂々と持ち歩けるぬいぐるみがほしいと思って作りました。

ふさふさの毛並みとキョロ目が愛らしいモンスターシリーズのバッグとポーチ、手帳ケース。

確かにこれなら一緒に歩けそう。かわいいですね。

動物とかじゃないから案外大人も持ちやすいんですよ。目のパーツは日本製にこだわっていて、アメリカの素材はブランドのテイストや憧れがあるからもちろん使うけど、代用できる場合は可能な限り潰れにくいメイドインジャパンを選んでいます。中国産で安く仕入れても、潰れて捨てられると結局ゴミになっちゃうから。

日本の雇用のことも少し意識をしていて、うちは縫い子さんもいるんですが、海外に委託せず日本で作るようにしています。「できるだけ自分にとって身近な大阪のものを買いたい」という気持ちもあって、お菓子1つにしても大阪の会社のものを買っていますね。

素敵な考え方ですね。これから作ってみたいものってありますか?

今の作品とはまったく関係ないけど、陶芸をやってみたいです。全然人に教えてもらう姿勢がないので、いつになるかわからないけど、優しい先生を募集中です。こんなものを作りたいっていうイメージはあるんですけど、なかなか自由にやらせてくれる人っていなくて。基本的なことを教わって、あとは自由にできたら嬉しいな。この場を借りて教えてくれる方を募集したいです(笑)

モマさんの陶芸、絶対かわいいと思います。服だけじゃなく、色んなジャンルにセンスを生かしてほしいです。よく阪急百貨店でポップアップなどもされていますが。今後やってみたいイベントってありますか?

最近自分でテーマを決めて企画することが増えて、すでにいろいろやらせてもらっていて。大体2~3ヶ月に一度は出店させていただいてますね。本当は誘ってほしいんですが、いつの間にか誘う側になっちゃいました。作家さんの知り合いも増えたので、「この人とこの人を合わせたらおもしろそう!」と考えて、イベントで引き合わせるのは楽しいです。

欲を言えば、今は手仕事やハンドメイドのフィールドがメインなので、もう一度ミナミに戻りたいという気持ちはありますね。やっぱりアメ村が私の原点なので。古着屋さんと関わったイベントって、売り上げ云々じゃなくすごく楽しいんですよね。アメ村の町おこしって言うとおかしいかもですが、アメ村をもっと盛り上げるような何かを仕掛けられたらと思っています。古着女子も少なくなってるように思うので、そこにフォーカスできたらいいですね。

その際はぜひお手伝いさせてください!貴重なお話をありがとうございました!


<ポップアップ情報>

「デニムと〇〇」
会期:5月18日(水)〜24日(火)
場所:阪急うめだ本店10F スーク中央街区パーク

「Tシャツ展」
会期:6月15日(水)〜21日(火)
場所:阪急うめだ本店10Fスーク中央街区7番小屋


<モマさんがお気に入りのお店>

DELI(大阪市西区立売堀)
アート、ファッション、音楽、食、すべて揃った不思議なお店。個性的なオーナー家族に会えるのも魅力のひとつ♡

Bonny’s bake shop(大阪市中央区王手通)
アメリカに住んでいた頃を思い出させてくれる、パイやクッキーなど焼き菓子のお店。お散歩がてら、天気のいい日に買いに行くのが最近の癒やしです。

Profile

モマ

大阪出身。高校卒業後、アメリカ村の古着店やアパレルで働いたのち、結婚してさまざまな国を転々としながら過ごす。その間アメリカのヒッピーカルチャーに影響を受け、US古着やファブリックを用いたブランド<モマパッチワーク>をスタート。帰国後は大阪市内にアトリエ兼ショップをオープンし、現在はポップアップオンリーにシフト。

https://moma.ocnk.net/

Profile

MOMA PATCHWORK

「地球に優しく・自然と仲良く」をモットーに、古着や古布、国内外のさまざまな素材を用いた洋服やターバン、帽子などを展開。色や柄をふんだんに散りばめたパッチワークには、独自のセンスと感性、そしてモマさんがこれまで見てきたさまざまなカルチャーが詰め込まれている。

share

TWITTER
FACEBOOK
LINE