Interview & Writing
前出 明弘
Photo
小林 俊史

アメリカへの買い付けにスポンサーを付けて行くという、前代未聞とも言える発表から約1ヶ月。『モンゴリ道中膝栗毛USA 2022』と題した買い付けツアーを終え、無事帰国した<THEモンゴリアンチョップス>の安藤さんと山本さん、そして今回の買い付けをスポンサードした『ウンコちゃんの家具屋さん』の大町社長に集まっていただき、その全容を聞いてきました!そもそもなぜスポンサーを付けたのか、どうして了承したのかっていう根本の部分から、アメリカでのエピソードや買い付けアイテムのチラ見せまで、『モンゴリ道中膝栗毛USA 2022』を大解剖するインタビュー。TMCの2人が買い付け中に発信してたインスタを見てた人は、多分「おっ!」となるはずです。そんな『モンゴリ道中膝栗毛USA 2022』のPOP UPは、9月17日(土)から9月25日(日)まで!アメリカで買い付けたおもしろアイテムがズラリと並ぶから、CHECK CHECKでお願いします。MARZEL限定のスペシャルな読者プレゼントもあるので、お見逃しなく!!

スポンサードしてもらうことで、僕らとしてもイイ意味で枷を付けることができるし、他の人が見た時に「買い付けやのにスポンサーが付くんや!?」みたいな、新たな引っ掛かりも生まれる。そうなれば、本当にアメリカまで行く意味もあるかなと。

今回、スポンサーを付けてアメリカへ買い付けに行くという前代未聞の行動をとったわけですが、まずはその経緯から教えていただければと!

山本:アメリカにはずっと行きたかったんですが、世の中の状況や隔離期間もあるし、そもそも僕らは古着屋さんでもないから無理して行く必要はなかったんです。でも、これまでの買い付けも含めてアメリカに行くと、やっぱり得るものがある。そんな葛藤の中でようやくいろんなことが緩和され、「行こう!」となったのが3年ぶりとなるこのタイミングでした。

なぜスポンサーを付けようと思ったんですが?

山本:僕らだけの力でも行くことはできますけど、いつも通り自由に買い付けして帰って来るだけなら、いろんな意味で元が取れへんのちゃうかなと。大町社長とは出会って4〜5年で、『ウンコちゃんの家具屋さん』が15周年の時に<BOKU HA TANOSII>でTシャツを作らせてもらいました。プライベートでもお世話になってて、普段から「何かあったら応援するで!」と言っていただいてたので、僕らの中で勝手に紐付けていったんです。アパレルとは異なるジャンルの企業にスポンサードしてもらうことで、僕らとしてもイイ意味で枷を付けることができるし、他の人が見た時に「買い付けやのにスポンサーが付くんや!?」みたいな、新たな引っ掛かりも生まれる。そうなれば、本当にアメリカまで行く意味もあるかなと思って。

<THEモンゴリアンチョップス>の山本さん。

それで大町社長にお願いしたと。

山本:実は『ウンコちゃんの家具屋さん』とコラボして<BOKU HA TANOSII>のファニチャーラインを立ち上げるプロジェクトがあって、その打ち合わせの時に「実はちょっと聞いていただきたい話があって…」と切り出しました。

特にジャブを打つわけでもなく、いきなりやったんですね。

山本:打ち合わせをイイ感じに盛り上げたタイミングで伝えました(笑)

その盛り上げ感は重要ですよね。で、いきなり言われたわけですが、大町社長としてはどう感じました?

大町:うちのスタッフを通じて知り合ったんですが、『カジカジ』を読んでたので存在は知ってたんです。しかもヤマケン君が八尾本店のことも知ってくれてて、その頃からモンゴリの服を買わせてもらったり、展示会にもお邪魔させてもらってました。コラボでTシャツやシャワーサンダルも作らせてもらってたので、何か声かけてくれたらやりたいとは思ってたんです。だから、正直めちゃうれしかった。やっと声かけてくれたなと。僕から言うのもやらしいし、変なタニマチみたいになるのもイヤでしたからね(笑)

今回の『モンゴリ道中膝栗毛USA 2022』をスポンサードした『ウンコちゃんの家具屋さん』の大町社長。

お互いの想いが結ばれたんですね。

大町:僕自身も若い時はアメリカに留学してたし、アツい想いを持った2人がかっこいいなと。30代半ばで馬力があって、毎日ハンバーガーとか食いながら買い付けに回るっていうのもイイ。そんな2人やからこそ、応援したかったんですよ。「2人が買い付けた商品を並べたらおもろいやろな」って話も以前にしたことがあったので、僕としても夢が叶ったような感覚でしたね。

じゃ、話を聞いて即答したってことですか?

山本:即答でしたね。僕らとしても道筋を作りながらのお願いでしたが、ほんま男気があるなと。「マジですか!?ありがとうございます!」みたいな感じでした。応援してもらえるのがうれしかったですし、大町社長が最後に僕らの背中を押してくれた感じです。

あのスポンサーTシャツも最初から作るつもりだったんですか?

山本:提案する段階で考えてて、OKいただいたらすぐに作るつもりでしたね。

大町:思ってた以上に派手やからビックリしたけど(笑)

山本:やっぱり『ウンコちゃんの家具屋さん』が前面に出ないと意味がないし、そこはやりきらないとアカンなと。

あのTシャツはアメリカでも目立ったでしょうね。

山本:スリフトとかで「君たちは何かの選手か!?」と、けっこう声かけられましたね(笑)

インスタもたくさんの人が見てくれてて、「ロードムービーみたい!」とか「アメリカに行った気分になる!」とか、帰って来てからもめちゃ言われます。

晴れて3年ぶりのアメリカ買い付けツアーが始まったわけですが、どの辺りを回ったんですか?

山本:安藤が古着屋時代に買い付けに行ってたので、ルートなどは全て任せてたんです。

安藤:LAからサクラメント、サンフランシスコ、サンディエゴを回って、またLAに戻って来るルートでした。このルートは山本と初めて買い付けに行った時と同じなんです。3年ぶりってことで、もう一度そのルートを辿りたいと思って。

実際3年ぶりともなると、買い付け事情なども変わってました?

安藤:だいぶ変わってましたね。モノがなくなってるし、値段も上がってる。為替の状況もあるので、想像してたよりも苦労しました。

山本:イージーではなかったですね。

<THEモンゴリアンチョップス>の安藤さん。

現地の人も古着の価値を理解し始めてるって聞きますし。

安藤:スリフトで買ったものをインスタとかにアップして売ることが、現地でもポピュラーになってますからね。SNSが普及したおかけで何が価値のあるモノかもすぐ分かる状況だし、とにかくライバルが多いんですよ。スリフトは誰でも入れる上、僕ら日本人が行くと為替の影響もあって、現地の人と同じような感覚ではなかなか買えなくて。1ドル100円で考えてた時の1.4倍だし、物価は1.5倍くらいになってる。肌感覚で言えば、2倍くらいになってるなと。

確かに、今の為替だとなかなか大変ですよね。でも、そういった現地の状況含めて『モンゴリ道中膝栗毛USA 2022』としてインスタでいろいろ発信されてました。これはあくまでも僕の主観なんですが、スポンサードされたことで買い付けがエンタメ化したと言うか、ドキュメンタリーな側面もできたのかなと。

山本:知り合いにも「スポンサーを付けて買い付けに行ってくる!」と言ってたんですが、みんな「何それ!?」って(笑)。インスタもたくさんの人が見てくれてて、「ロードムービーみたい!」とか「アメリカに行った気分になる!」とか、帰って来てからもめちゃ言われますね。

まさに、モンゴリ道中膝栗毛そのものですね。

山本:今までは買い付けがメインなので意図的に景色を撮ったりすることもなかったけど、今回はそこを意識してると見せたい景色がどんどんあふれてくる感じでした。帰って来てインスタのストーリーを見返してたんですけど、「これは何回も見れるな」って思えるほど。

大町:ハイウェイ走りながらインスタライブもしてたけど、質問に答えたり答えへんかったりするのも、2人の空気感が出てておもろかった。「いや、答えへんのかい!?」って。

おば膝をすごく懐かしく感じましたよ(笑)

山本:イメージはその感じですね。時差もあるからどのタイミングでインスタライブするか考えてたんですけど、結果的にはそこまでできずで…。

大町:特に告知もなくいきなり始まってたもんね。僕も全部見れてないし。

安藤:残すこともできたんですけど、あまりにも生々しすぎて(笑)

大町:夜勤中の友だちも見てくれてたもんな(笑)

山本:ワカサですね。

大町:そうそう、「ワカサって誰?」と思ったし、夜勤してるって言うてたから仕事中に見てるんかいって(笑)

山本:うちの第1号のお客さんなんですよ。

アメリカにいるのに超ローカルな話が出てくるのも、2人らしいですね(笑)。途中に車のアクシデントもありましたよね?

安藤:3日目の朝でしたね、あのアクシデントは。前日からメーターパネルに注意マークが出てたんです。でも、日本とは違うからよく分からないままにしてたんですけど、翌日の朝にヤバいってことが発覚して…。山本が毎朝モンスターを買うのが恒例だったので、いつものようにガソスタに寄ったんですよ。

山本:そこの品揃えがカスだったんで、先に戻ってたまたま車を見たら後ろのタイヤが沈んでたんです。気になってエンジンかけたら一瞬だけ「タイヤのプレッシャーが何とかかんとか」ってメッセージが出て、ようやく原因が分かりました。安藤にも伝えて「このまま行こか?」と言ったんですが、猛烈に反対されちゃって(笑)

安藤:3時間のドライブが待ってたから、さすがにヤバいなと。しかも空気入れたら、「プシュー」って音もしてましたからね(笑)。完全にパンクでした。偶然にもすぐ近くに空港があって借りてるレンタカー屋の支店もあったから、寄ることにしたんですよ。

そのまま走ってたら完全にバーストしてヤバかったでしょうね…。

山本:深く考えずに行動するタイプだから、マジで行かなくてよかったです(笑)

安藤:でも、代車がなくて修理してもらうことになったんですが、結局修理もできないことになって困ってたら、奥から偉いさんっぽい太った女性が出てきて「代車を持ってくるから待っとけ」と。めちゃラッキーやったんですけど、新たな車の見た目は借りてたのと同じなのに、ラゲッジスペースの広さが半分くらいだったんですよ。しかもフルフラットにできないタイプだから、荷物で一瞬のうちにパンパンになってしまって。

山本:結果的に2〜3時間のロスで済んだんですが、その日が買い付けのメインで考えてたから大変でしたね。

安藤:いきなり出鼻を挫かれるという…。

山本:僕らとしてもとりあえず急いで向かいたくて荷物を積み替えてたんですが、その間にインスタライブで使ってた三脚が行方不明になってしまったんです。3日目にしてインスタライブができなくなった理由が、これでした。ただ、帰国する際にシートを上げたら三脚が挟まってて、「ここにあったんかい!」と。

まぁ、大きなアクシデントにならずでよかったです。

安藤:でも、代車もまた変なランプがずっと点いてたんですけどね(笑)

マジっすか!?

安藤:タイヤの空気圧が低くて点灯してたみたいで、走ってるうちに空気圧は正常になってましたが、ずっとランプは点いてました。

山本:モヤモヤと言うか、気持ち悪〜い感じで走ってたんですよ(笑)

お客さんも実物見たら、「アレや!」ってなるかもね。インスタライブで映像ガビらせたメッセージドールやって(笑)

今回はLAやサクラメント、サンフランシスコ、サンディエゴを回ったそうですが、収穫はどうでした?

安藤:Tシャツなどのウェア類もたっぷりありますが、今回は『ウンコちゃんの家具屋さん』でPOP UPさせてもらうので、雑貨系をメインに買い付けてきました。雑貨系は約160点ほどありますね。

では、今回買い付けたアイテムをいくつかピックアップして紹介していただければと。まずは、この<GREGORY>の旧タグのバックパックからお願いします。けっこうレアですよね?

安藤:僕らはスリフトショップの『GOODWILL』が好きなんですが、店頭には並べられないモノが揃うアウトレットがあって、そこで見つけたんです。状態もそれなりにイイし、このバックパックは今回見つけたヴィンテージの中でもかなりうれしかったアイテム!

山本:アウトレットでヴィンテージを見つけるのはすごく稀なんですよ。まさにお宝探し的な感覚なので、これが出てきたのは僕らとしても大収穫でしたね。

旧タグはもちろんですが、色もイイですよねー。では続いて、このメッセージドールについては?

安藤:1970年代のモノで、僕が古着屋で買い付けに来てる時は、スリフトに行けばけっこうな確率で見つたんですが、今回はめちゃ苦労しました。

山本:昔のメッセージドールはかなりなくなりつつありますね。別に僕らもすごく興味があったわけじゃないんですが、実は以前の買い付けで幸運をもたらしてくれたんです。

そのエピソードも聞かせてください!

山本:その時はTシャツを大量に買ってて、たまたま見つけたメッセージドールもカートに入れてレジに並んでました。すると後ろにいた老夫婦のおばあちゃんが僕らのメッセージドールを見て「すごく可愛い!」と言ってたので、別に僕らも探してたわけじゃないから譲ることにしたんです。で、「譲ってくれてありがとう!」みたいな会話をしてたら、レジのお姉さんがウィンクしてきて、レジをまだ通してなかったTシャツを全部タダにしてくれたんですよ!

わお!アメリカっぽい粋な計らいですね。

山本:以来、メッセージドールは僕らの幸運のアイテムになってるので、買い付けに来る度に集めてたんです。今回もまずは1個ゲットしたいと思ってたんですが、マジで出会えなくて。

安藤:毎回何個かは見つけてたんですけどね。だから今回も、スリフトに入ったらまずメッセージドールがありそうなコーナーをチェックしてましたが、ほんまになくて。正直、もう無理かなと思ってました。

山本:でも、見つけた時は、「あったー!!!」って(笑)。そんな大したもんじゃないけど僕らの中では幸運のアイテムだから、見つけてからは車のダッシュボードに置いてました。

安藤:ただ目がちょっと怖いし、運転中も見られてる感があったから、途中からは向きを変えましたけどね(笑)

大町:インスタライブしててメッセージドールが映った瞬間に映像がガビったから、コメントでも「映像がガビる!」って言われてたよね。2人はそのコメントもスルーしてたけど(笑)

山本:運転とか次に行く場所のこと考えてて、それどころじゃなかったっす(笑)。映像をガビらすほどの力があるかどうか分かりませんけど、今回のPOP UPでは僕らが今まで集めたメッセージドールを全部出します!

安藤:店頭とかにも置いてますが、幸いにもほとんど売れてないので(笑)

山本:まぁ、メッセージドールが適した店なら売れてるかもですが、僕らの店ではわざわざメッセージドールを買いに来ませんからね(笑)

安藤:でも価値は上がってるもんな。

山本:まさに今がタイミングです。世の中の相場よりもちょっと安く出品するので、楽しみにしてください!

大町:お客さんも実物見たら、「アレや!」ってなるかもね。インスタライブで映像ガビらせたメッセージドールやって(笑)

山本:そう思ってもらえたらうれしいです。

アイテムそれぞれにエピソードあるのがイイですよね。ちなみに、このライトみたいなのは?

山本:これは、グーニーズという映画に出てきそうなやつ。最初の方のシーンで主人公の家の屋根裏に行くんですが、こんな感じのライトが出てくるんですよ。スリフトで見つけた瞬間に「うわ!」ってなりましたね。

懐かしいですね、グーニーズ!

山本:『ウンコちゃんの家具屋さん』でPOP UPさせていただくので、ライト系はいろいろ買い付けてきたんですが、その中でも僕ら的に映えるやつがこれなんですよ。

大町:プロフェッサー感がハンパないね。

山本:子どもたちにも楽しんでもらえるアイテムかなと。

子どもだけじゃなく、大人でも絶対に触りたくなりますよこれは!

POP UPは9月17日(土)から!おもしろアイテムがたっぷりで、2人のアメリカエピソードを聞ける機会にもなるのでぜひ!!

この銃みたいなやつは何ですか?

山本:フリマでゲットした超私的なやつです。アメリカのアニメが大好きなんですが、これは『リック・アンド・モーティ』に出てくるポータルガン!見つけた瞬間、めちゃくちゃテンション上がりましたね。

自分の好きなモノが偶然出てくるから、やめられませんよね。

山本:主人公が使う次元移動装置みたいなモノで、これを使ってどんどん別次元の世界に行くんですよ。壁に当てると時空が歪んだみたいな穴が出てくるし、音もなるし、売れ残ったら完全にも僕のモノになります!

アメリカらしいおもちゃですね。ファンにはたまらんアイテムかも!

大町:2人の話を聞いてるだけでも、行った気持ちになるなー。お客さんも商品を見たら「あの時のやつや!欲しい!」ってなるやろうし、僕らが『カジカジ』とか『Boon』を見て「このアイテム買いたい!」と思った感覚と似てるかも。

その感覚はありますよね。2人のファンやインスタを見てた人なら、現物を見るとテンション上がる気がします。実際、最後に説明してもらう伯爵を今見て、「生伯爵や!」と思ってしまいましたし(笑)

山本:では、大トリを務めるのはこの伯爵です。顔の表情、足のエグさ、踵のグロさがポイント(笑)。伯爵と出会ったのはシッピングを済ませた最終日で、キャリーケースに入るくらいのモノがあればイイなと思ってたんですよ。逆に大きいモノは持って帰れないから出会いたくないと思ってたほどで、そんな時に現れたのが勇ましく立つ伯爵でした。

大町:インスタでも見てたし、最後にめちゃくちゃ推してたやつ!

山本:インスタの最後の締めも、なぜか伯爵でしたからね。尻尾が取れてパンツも穿いてないB品ですけど、推してます(笑)

大町:伯爵に関しては、ヤマケン君の説明なくてもインスタ見てる人なら分かるはず(笑)

山本:この伯爵は、MARZELの読者プレゼントなのでお楽しみに!!POP UP期間中は展示してるので、伯爵の勇ましい姿をぜひ拝んでくださいね(笑)

マジですか!?ありがとうございます。めちゃくちゃうれしいです!!先ほど大町社長も言ってましたけど、聞いてるだけでやっぱり楽しい。買い付けたアイテムそれぞれにストーリーがあるから、POP UPに来たお客さんもいろんな楽しみ方ができそうですよね。

安藤:それぞれのアイテムについて質問してもらえれば、ガッツリ答えられるだけの話はありますね。ぜひぜひ、気軽に聞いてください!

山本:POP UPは9月17日(土)から9月25日(日)までです。僕らは初日の17日と最終日の25日はずっと店頭にいるので、ぜひ!喋り出したら止まらなくなるかもですが(笑)

安藤:場所は、尼崎にある『ウンコちゃんの雑貨屋さん』の2階です!同じ期間中に、すぐ隣にある『ウンコちゃんの家具屋さん尼崎店』では、<BOKU HA TANOSII>のPOP UPも同時開催するので、そっちも楽しんでもらえれば!!

ダブル展開なんですね。場所はコストコの目の前なので、まさにアメリカンな感じです。では最後に、大町社長からこのPOP UPの意気込みをお願いします!

大町:『ウンコちゃんの家具屋さん』は創業して18年になりますが、POP UPは初めての試みなんですよ。<THEモンゴリアンチョップス>は大人気ブランドだけど、うちのお客さんの中には知らない人もいるだろうし、それは逆もしかりで、お互いの存在を知ってもらえるイイ機会になればと思ってます。他の家具屋さんでもこんなカタチのPOP UPは聞いたことないから、僕としても1つ夢が叶ったかなと。それもアンドゥー君とヤマケン君のおかげだし、とりあえずおもしろアイテムがたっぷりで、2人のアメリカエピソードを聞ける機会にもなるのでぜひお越しください!!僕自身も、めっちゃ楽しみにしてます!

 


<INFORMATION>

モンゴリ道中膝栗毛USA 2022

期間: 9月17日(土)〜9月25日(日)
時間: 10:00〜19:00
場所: 兵庫県尼崎市次屋3-14-24(ウンコちゃんの雑貨屋さん)
休み: 火曜・水曜

9月17日(土)と9月25日(日)は、<THEモンゴリアンチョップス>の安藤さんと山本さんが店頭に立つのでぜひ。期間中はすぐ隣の『ウンコちゃんの家具屋さん尼崎店』で<BOKU HA TANOSII>のPOP UPも同時開催!

https://unkochan.com/
Instagram:@unkochan.generalstore
Instagram:@unkochan_amagasaki


<読者プレゼント>

『モンゴリ道中膝栗毛USA 2022』のラストを飾った、あの伯爵をプレゼント!!

【応募方法】

『MARZEL』のインスタグラムまたはツイッターのプレゼント企画の投稿に“いいね”を押していただいた方の中から抽選で1名様に、伯爵をプレゼント!
応募期間:2022年9月25日(日)23:59まで

当選者の方には『MARZEL』のアカウントからダイレクトメッセージでご連絡いたしますので、インスタグラムまたはツイッターをフォローしておいてください。
皆さまのご応募をお待ちしております!!

Profile

THEモンゴリアンチョップス

安藤 仁彦(右) 山本 健太(左)

大阪が誇るGOING MY WAYなブランドとして熱狂的なファンを抱え、自分たちの概念をそのままブランドにした<BOKU HA TANOSII>や、バス釣り好きが興じてスタートした<TASF>などを展開。今回のスポンサーを付けて買い付けに行くという大胆なチャレンジも、まさに2人ならではの試み。今年の正月から伸ばし続けてる髪の行先も、気になってしょうがない。
https://themongolianchoppsss.com/

Profile

大町 圭司

八尾や門真、尼崎で『ウンコちゃんの家具屋さん』を展開する株式会社木楽家本舗の代表。良質でリーズナブルな新品&アウトレット家具やアメリカン雑貨などが大人気で、数多くのテレビにも出演してきた名物社長。トークの切れ味とパフォーマンス力は、まさに芸人さんさながら(今回の撮影ではマイルド気味にしていただきました)。
https://unkochan.com/

share

TWITTER
FACEBOOK
LINE