Interview & Writing
六車 優花
Photo
中島 真美

今回インタビューしたのは、ポップアップを中心とした大阪発のアクセサリーブランド<リリバイセリ>のデザイナー・田中芹さん。昨年7月に実施したイーグルチャレンジにも協力してもらった彼女が手がける作品は、愛らしさのなかにほんのり毒っ気が入り混じるデザインが特徴。存在感のある大ぶりサイズながら、それぞれのファッションにすんなり馴染んでくれるんです。そんな彼女の素性に迫るべく、アクセサリー作りを始めたきっかけや制作におけるインスピレーションについて伺いました。独特の世界観を投影したインテリアにも注目してください!

2足の草鞋スタイルで活動していた古着屋&OL時代。一昨年に会社を辞めて、アクセサリー作家として本格的に始動しました。

この日のトップスはパッチワークのラグをリメイクしたもの。古着屋さんで購入したそう。

芹さんのこれまでのことを聞かせてください。アクセサリー作家として活動される前は、どんなことをされていたんですか?

学生時代からずっと古着が好きで。服飾短期大学を卒業して手芸屋さんに勤めていたんですが、いつか自分で古着屋をやりたいという思いがあって、当時中崎町にあった古着屋『キークロージング(現在は北堀江に移転)』で働き始めました。だけど実際に店頭に立つうちに、接客があんまり得意じゃないということに気付いて、3ヶ月くらいで辞めて会社に勤めるようになったんです。その頃から空いた時間を使ってアクセサリー制作をしていました。

それが<リリバイセリ>のスタートなんですね。

そうそう、確か2015年のことだったかな。会社員と制作活動を両立しつつ生活していたんですが、南船場の古着屋『フロア』のオーナーさんが声を掛けてくれて、また古着の世界で働くことになりました。1年半くらい働いてまた会社員に戻るんですけど、少しずつブランドのポップアップの機会が増えて、制作活動との両立が厳しくなってきたんです。そこで20年に思い切って退社して、アクセサリー作家として本格始動することにしました。

古着屋と会社員とを交互に経験されてきたんですね。

ほんとはずっと古着屋になりたかったんです。だけど働いているうちに、私は結局服が好きなだけで、その良さを誰かに伝えたり共有したりするのは違うのかもと思うようになって。それで会社員になったんですが、なんだか退屈に感じて。もともと自分で何かやりたいっていう気持ちは強かったので、ちょっとした趣味のつもりでアクセサリー作りを始めました。

お話を聞いていると、最初は本業と両立しながら活動されていたと。会社に勤めながら制作するのは大変だったんじゃないですか?

結構苦労しましたね。平日は8時間ガッツリ働いてたからほとんど時間がなくて、休日にまとめて制作することが多かったです。とはいえ遊ぶ時間も欲しかったし、今思えばかなり忙しくしていました。会社員時代からポップアップもしていましたし、よく準備できていたなと思います。

安定した収入のある会社員を辞めて作家活動一本に絞るのは、かなり勇気のある決断だったのでは?

大きな決断でしたね。だけど知り合いの作家さんに声をかけてもらってグループで出展する機会も増えて、だんだん会社員との両立が難しくなっていったんです。いずれはアクセサリー作家として自分でやっていきたい気持ちもあって、思い切って辞めたのが1年半前。古着の接客は少し苦手だったけど、自分の作品を発信することは全然苦じゃなくて、むしろめちゃくちゃ楽しかった。この1年半はガムシャラに頑張ってきたつもりだけど、周りのサポートがあってこそだし、ここまでできるとは思ってなかったですね。

<リリバイセリ>はポップアップで広まったブランドだと思いますが、お声がかかるようになったきっかけってあるんですか?

やっぱりインスタグラムですかね。ただ作品を載せるんじゃなく、きちんと世界観を作り込んで撮影した写真を投稿するようにしていて。それを見た知り合いから「可愛い」「欲しい」という声を結構もらっていたんです。始めは古着屋繋がりのお客さんが多かったんですが、徐々に知らない方からもDMで仕事の連絡をいただくことが増えて。自分の世界観を表現するって大事なことなんだと思いました。

ここまで一年半やってきて手応えはどうでしょうか?

一歩一歩着実に階段を上がっている感覚はあって。仕事を辞めたことで制作に集中できるようになったし、美術館や展覧会に行く機会も増えて、自分の感性も少しずつ磨かれているような気はします。ポップアップに向き合う姿勢も変化して、これまでより責任感が強くなりましたね。以前は他で収入もあるし、多少納品数が少なくてもあんまり売れなくてもいいやと思っていたんです。

でも今はとにかく作って売らないと、ほんまに生きていかれへんから。誇張するわけじゃないけど、生きることにきちんと向き合うようになった。もともと真面目なタイプじゃないから、会社員時代は仕事中にこっそり携帯を触ったりサボったりもしてたんです。だけど今はとにかく動き続けないと、お客さんにそのニュアンスが伝わっちゃう。ポップアップの準備を一生懸命やったぶんだけ結果が付いてくるんだと気付いて、日々本気で向き合っています。

普段の制作活動が生活に直結しますもんね。作家活動をするようになって、人との関わり方は変化しましたか?

古着屋で働いていたときの人脈は、今の仕事にめちゃくちゃ繋がっている気がします。去年モデルをお願いしたイーグルくんも、最初に働いてた古着屋さんでたまたま一緒になって、今ではめちゃくちゃ仲良しやし。古着屋になる夢は挫折したけど、あの時の経験は自分にとって必要不可欠なものなんだと。

少し前に『フリークスストア』でポップアップをしたんですけど、スタッフさんがすごく協力的で色んなサポートをしてくれて。いつも買ってくれるお客さんもそうだけど、今の自分がいるのは助けてくれたり目をかけてくれたりする人たちがいたからなんだなって実感しました。周りの人たちにはほんまに感謝しています。

いろんな人が助けてくれるのは、芹さんの人柄があってこそだと思います。セレクトショップやアパレルに自分からアプローチすることはあるんですか?

最近はなかなかできないけど、お酒の席で「こんなんやってます」っていうことはあるかな。ガツガツきてくれて嬉しい人もいれば、「ウチの店のカラーには合わないな」って感じる人もいるやろうし。私も好きなものがあるからわかるけど、自分の芯とかこだわりを持ってお店をしている人が多いだろうから、無理に売り込むようなことはしたくないんです。

それは自分の芯をしっかり持って活動されてるからこそわかることですよね。最近はどれくらいの頻度でポップアップを開催しているんですか?

昨年は大体月に1、2回。多いときで3、4回ですね。

かなり頻繁に開催されていたんですね。びっくりです。

実を言うと多すぎたんです(笑)。スケジュールが丸かぶりだとさすがに断ることもあるけど、去年はもらった仕事を全部引き受けるつもりで頑張りました。すごくありがたかったけど、めっちゃ大変でしたね。去年は<リリバイセリ>の知名度が上がって、「こんなブランドあるんや」っていうので興味を持ってもらえることが多かったと思うんです。一気に広まったぶん、今年は少し落ち着くのかなと想定していて。しかもポップアップをやりすぎると準備期間が十分に取れなくて、一つひとつのイベントのクオリティが下がっちゃうんですよね。去年はそれに気付けたので、今年は一つひとつのイベントをきちんとこなして、新しいものをもっと生み出したいと思っています。

ウッドフープピアス&イヤリング 各¥6,600
(左上)ウッドフラワーフープピアス&イヤリング ¥6,600
(左下)フチドリピアス&イヤリング ¥7,920
(右)フラワードローイングピアス&イヤリング ¥7,590

アイデアは突然降ってくるもの。人と被らないものを追求する古着好きのマインドが、制作活動に色濃く影響しています。

部屋の一角のディスプレイをパシャリ。アンティークのぬいぐるみ(特にテディベア)をコレクションしているそう。

芹さんが新しいものを生み出すとき、アイデアソースになっているものはありますか?

私の場合はアイデアが突然降ってくるんです。家にいるだけじゃ何も生み出せないから、常にアンテナを立てていろんなものを見るようにしています。身の回りにあるものの造形に注目したり、映画やアートなどファッションに近しいものになるべく触れるようにしたり。普段から意識しているうちに自然と浮かんでくるんですよね。

この前は電車の吊革を見てビビッときました。制作するときはデザイン画を描かずに、作って壊して作って壊してようやく出来上がる感じかな。

今はSNSをチェックしていると、びっくりするほど情報が入ってきますよね。自分で発信できる場所ができたぶん、ハンドメイド作家さんも増えているし、どこかで見たことのあるようなものも多いと思うんです。だけど芹さんの作るアクセサリーはどれも出合ったことのないデザインだし、すごく独特な気がします。

そもそも私が制作活動を始めたのが、“ハンドメイドアクセサリーが好き”じゃなくて、“古着が好き”からスタートしているからだと思います。古着が好きな人って誰かと被るのが嫌っていう人多いですよね。私もそう思うし、その概念が根底にあって作り始めたものやからかも。

私が手芸屋で勤めていた頃がちょうどハンドメイドブームで、似たり寄ったりの作品がいっぱいあったんです。でもその良さを私はわからなくて、人と被らないものが欲しいなと考えた結果、こういう形になりました。

古着がお好きということですが、ハマったのはいつからなんですか?

小さい頃からおしゃれが好きで、アメ村の古着屋さんで服を買うようになったのは中学生の頃。ビーズの付いたカーディガンを買ったことをきっかけに古着にハマりました。古着屋に勤めていたときにヴィンテージの奥深さを教えてもらって、熱がさらに加速した感じです。ヴィンテージに限らず、面白いデザインの古着とかグッドレギュラーも好き。

だけど最近着たときのしっくり感が以前と変わって、新品の服も好きになってきました。だから古着好きは変わらないですが、新品の服も見るようにしています。

私も同世代の古着好きなので、その気持ちはすごくわかります。年齢を重ねると似合う形や色味が少しずつ変わってきますよね。古着にこだわらず、いろいろ組み合わせたくなりますし。

そうそう。古着に飽きたわけじゃないけど、そこに何かを加えてアップデートして着るのが気分。最近買ったのは、<Chopova Lowena>のスカートや<SIILON>の帽子。インポートやデザイナーズを買うことが増えました。だけど今まで古着屋さんばかりだったから、新品のお店の見方がわからなくて、買うものをしっかり決めてから行くことがほとんど。古着はビビッとくる服を探すのが楽しいから足を運ぶけど、新品だと「このブランドのこれ!」って欲しいものが決まっているから、オンラインで買うことも多いですね。

以前と比べて服の系統に変化はありますか?

変わってはいないけど、好きなものが明確になったと思います。大きな襟とかパッチワーク、ボリュームたっぷりのフリルとか、可愛いものがずっと好き。割とラブリーなものを身につけることが多いですね。

自分の本当に好きなものは、いつまでも変わらない気がする。可愛すぎるかなと思ってシュッとした服を着ていたこともあるけど、しっくりくるのはやっぱりこっちだし、無理せず好きなものを着るのが一番かなって。

服への愛がギュウギュウに詰まった芹さんのクローゼット。
最近購入したという<SIILON>の帽子。
部屋の随所に芹さんらしさが光ります。なんだか真似したくなりますね。

今年の目標は自分主導のイベントを実施すること。お客さんとの対話を大切にして、<リリバイセリ>をもっと好きになってほしい。

直近で挑戦してみたいことはありますか?

今までは誘ってもらって出展することが多かったけど、もっと自分発信でいろいろできたらいいなと思っています。お客さんとお話しながら販売したくて、ギャラリーを借りて展示会をするのも一つかなと。今はオンラインが主流だけど、本当は店舗で直接買うのがベストだと思うんです。

昨年末名古屋でポップアップをしたとき、「店頭でお話しながら直接買うと満足度が全然違いますね」とお客さんが言ってくださって、それがすごく嬉しかったんです。これまでは誘ってもらったポップアップを中心に頑張ってきたけど、今年は自分主導でイベントができたらいいですね。あとはコロナが落ち着いたら海外にも行きたいです。現地で仕事をするのか材料を集めに行くのかは全然わからないけど、とにかく海外に行っていろんなものを見たいと思っています。

いつか自分のお店を持ちたいという思いはありますか?

今はないんですけど、それこそ自分で場所を借りて何かするようになったら考え方も変わるかも。さっきも言ったけど、私はそんなに真面目じゃないんです(笑)。毎日は絶対開けられへんと思うから、月何日間か営業してあとはアトリエとして使うとか。「お店を持たないんですか?」ってよく聞かれるんですけど、持ったら速攻潰しちゃうかも……。一つの場所に毎日通うのが苦手で、今は自宅が職場だからなんとか成り立っているんです。

アトリエがあったら素敵だと思います(笑)。<リリバイセリ>として将来の目標はありますか?

一人だとどうしても限界があるから、ゆくゆくはスタッフを雇いたいです。制作面じゃなくて営業やプロモーション、事務作業をフォローしてもらいつつ、一緒に<リリバイセリ>を盛り上げていけたらいいな。私の性格やブランドの世界観を汲み取ってくれる仲間がほしくて、いつかそれぞれのプロと一緒に仕事ができたら最高ですね。

今年31歳になるんですけど、将来のことをぼんやり考えていて。例えブランドが成功しなくても、好きな人と結婚して親友の家の近くに住んで、居心地のいい人たちと楽しく過ごせたらいいなって。<リリバイセリ>としてどこまでできるかわからないけど、大きなことは望まないから、大好きな人と一緒に美味しくお酒を飲んで笑っていられたら、私はとっても幸せだと思います。

作業台でアクセサリーを制作する芹さん。よく見ると使っているトレイやピンクッションも可愛い。

●ポップアップ情報
「HOT RATS」

阪急うめだ本店10F
2022年2月9日(水)〜15日(火)

Profile

田中 芹

1991年生まれ、大阪府出身。“リリという寂しがり屋の女の子がつくるアクセサリー”をテーマにしたアクセサリーブランド<リリバイセリ>のデザイナー。ファッションとお酒が大好き。

Profile

リリバイセリ

ポップアップを中心に展開するアクセサリーブランド。デザイナーの田中芹さんがこよなく愛する古着からインスピレーションを得たデザインは、個性的ながらもファッションにすんなり馴染み、その人らしさを引き立てる。

https://store.qui.tokyo/collections/lilibyseri

share

TWITTER
FACEBOOK
LINE