Interview & Writing
前出 明弘
Photo
依藤 寛人

長編初監督作品となる『虹が落ちる前に』が国内外のさまざまな映画祭で受賞し、門真国際映画祭2021では最優秀作品賞、ハンブルグ日本映画祭では特別芸術賞と映画賞をダブルで受賞するなど、新人監督として今大きな注目を集めてるKoji Ueharaさん。大阪での再上映が決定したということで、いろいろ話を聞いてきました!アメ村で青春時代をくぐり抜け、バンド活動を続けながらずっと抱いてた映画作りへの想い、葛藤、そこから生まれた『虹が落ちる前に』への熱量など、生粋のストリート育ちであるKojiさんが歩んできた道や思考には、今を切り拓いてくヒントがいっぱいあるように思えるんです。それに、夢中になれるものがあるって、やっぱ最高だなと。
『虹が落ちる前に』は、9月16日(金)から9月22日(木)までアメ村のBIGSTEPにある『シネマート心斎橋』で上映されるので、ぜひぜひ観に行ってください。Kojiさんや役者の方々が紡ぎ出す世界観、空気感、言葉に、マジでシビれますから!

『虹が落ちる前に』は、自分の頭の中でずっと描いてたラストシーンを引き伸ばすようにして生まれた映画。

『虹が落ちる前に』はKojiさんの長編初監督作品ですが、バンド活動もされてる中で、映画を撮ろうと思ったきっかけの部分から聞かせてください。

まずはシンプルに昔から映画が好きだったのと、役者の知り合いも多くて、自分の中ではいつか映画を撮りたいという想いがあったんです。ずっと想いだけで留まってたんですが、それが沸々と高まってきたのがきっかけ。バンド活動は続けてましたがコロナの影響で思うように動けず、下を向くよりは逆に今までやれなかったこと、やらなかったことをやるべきだなと思うようになったんです。

バンドでの表現とはまた違うカタチで、これまでの想いや出会いが必然性を増していったんですね。

実は友だちから教えてもらったんですが、中学の卒業文集には「将来の夢は映画監督!」と書いてたみたいで(笑)。多分、書くこともなくて書いてただけだと思うし、全然覚えてなかったんですけどね。

でも、書くってことは、潜在的にも映画が相当好きだったんでしょうね。

親父がかなりの映画好きで、内容も分からないのに観せてもらってた記憶はあります。寝る前には必ず映画を観てたし、日常の中に当たり前のように映画があったんです。

ちなみに幼いながらにも印象に残ってる映画はありますか?

武田鉄矢さんの『刑事物語』ですね。

シブ過ぎますね(笑)

深い意味なんて当然分かってないですけど、「男って、こういうもんなんかなー」って感じてたのは覚えてます(笑)。アニメとかよりも、『刑事物語』の方がすごく印象深かったなと。

愛とか人間模様とか男の縮図的なやつ、いいですよね。そうしていざ映画を制作することになるわけですが、Kojiさん自身はバンドのMVも制作されてたとはいえ、長編となると全くの別物だと思います。『虹が落ちる前に』は、どこから着想したんですか?

ストーリーの内容はちょっと控えますが、ラストシーンの絵が頭の中に強く描かれてたんです。その場所自体を自分がすごく好きだったし、雰囲気もいい。ここでいい絵を撮りたいという想いが最初からありました。それをMVで使うのか、短編か、どれで実現するかは今まで決めてなかったけど、自分の頭の中にある絵を引き伸ばしたら長編でもいけるんじゃないかと思ったんです。だから、『虹が落ちる前に』はラストシーンから生まれた映画なんです。

『虹が落ちる前に』の1シーンより。

なるほど。Kojiさんの頭の中にあったラストシーンからストーリーを組み立てていったんですね。

そうですね。どんなストーリーかは決まってなかったですが、ラストシーンだけは明確にあったので。そこから自分の経験、見てきたことや聞いたことをブレンドさせてストーリーを作っていったんです。

でも、いきなり2時間近い長編の脚本を作るのって、めちゃくちゃ難しくないですか?

難しいというか、そもそも脚本家でもないし、2時間の映画に必要な脚本のボリュームすら分からない状態。ただ、『虹が落ちる前に』を制作する前に実験的に短編も撮ってたので、肌感として何となくは分かってた部分もありましたが、やっぱり脚本作りには一番苦労しましたね。

で、実際にはどのように脚本を作っていったんですか?

最初はすごく原始的で、自分で喋りながら時間を計ってましたね。「あ、このシーンでこれくらいの時間がかかるのか」って感じで。それを繰り返しながら、後は想像で作っていきました。当初からなるべく2時間以内で仕上げたいと思ってたんですが、結果的にどのシーンも丸ごとカットすることなく今の尺になったのでよかったなと。2時間の映画に必要な脚本のボリュームも、今となってようやく分かることができましたね(笑)

「嘘に近づいてる」ってセリフも、別にこの映画のために作った言葉ではない。自分の中で潜在的にあった言葉であり、自分にも言い聞かしてる言葉だった。

試写を観させていただきましたが、登場人物も多様だし、それぞれが抱えてる感情だったり葛藤がすごく生々しいというか、リアリティがあるなと思いました。

生々しさとかリアリティの部分については別に意識はしてなくて、自分のやりたいこと、見てきたことや聞いたことをなるべく忠実に表現したらそうなったのかなと。

フィクションだけどノンフィクションのような感覚もありました。忠実に表現するという部分では、Kojiさんが役者の方々に演技をレクチャーすることもあったんですか?

1回だけですね。主演の守山君のシーンでちょっとオーバー気味の演技があったので、その時だけ「ちょっと抑えよう」と伝えました。それ以外は役者の子たちに「あーして、こーして」なんて言ったことはなかったですね。クランクインの後から参加する子には先に撮影したシーンを見せながら、「この温度感でこの世界観ができてるから、これを見た上で想像して!」と話してたかな。そもそも自分は役者じゃないから演技のことを偉そうに言える立場でもないし、それよりも空気感を伝えることが大事だなと。「こんな絵が撮りたいから、こんな風に動いてほしい」とは伝えてましたが、演技についてはお任せでしたね。

ちなみにKojiさんは、役者の方々との距離感はどんな感じでしたか?あえて距離を置くという監督もいると思いますが。

実は今日も取材の前に主演の守山君からたまたま電話があって、プライベートの話を相談されてたんですよ。僕は、別に距離を詰めることが正解とも思わないし、距離を置くことが不正解とも思ってない。あくまでも人間の付き合いなんで、その部分についてはすごくナチュラルにしてますね。撮影中は僕も役者と一緒にずっと寝食を共にしてましたし。

確かに、人間同士の付き合いに立場は関係ないですもんね。

それこそ、今日取材してもらってるこの場所で寝泊まりしてましたよ。ここに布団敷いて、多い時は8〜9人いましたからね。

合宿みたいだし、楽しそう。

そんな状態だったから仲良くなったのもあるし、あえて仲良くなろうとか、距離を置こうとか、僕自身がそもそも人間の距離や関係値を意識してないんですよ。だから、自然とそうなったのかもしれませんね。みんなと飲みに行って和気あいあいとしてるのが最高とも思わないけど、単純にそれが楽しいと思えてる。別にそれでいいかなと思うんです。

Kojiさんのスタイルに、役者の方々も惹き込まれたのかもしれませんね。

あーだこーだ話しながら毎晩飲んでましたし、再上映などもあってプロジェクト自体がまだ続いてるので、役者の子らとは今でもよく飲みに行ってますよ。

いいチームですね。役者の子たちとの何かエピソードはありますか?

1つ挙げるとしたら、クランクアップしてみんなでメシに行った時の話です。僕が喋るひと言、ひと言に男性陣はアツくなって泣いていくんですよ。例えば「お前らと会えてよかったわ!」とか言ったらピーピー泣き出して、でも女性陣はみんなあっけらかん(笑)。男性陣におしぼりを渡して、「はいはい」みたいな感じでいる光景がおもしろくてね。女は強いなって思いましたね。

その対比、めちゃおもしろいです。でも、それだけKojiさんの言葉が響いたんだろうし、いろんな想いが交錯しての涙だったんでしょうね。言葉と言えば、映画の中で発せられるセリフもすごく印象的でした。個人的には守山さんの「僕は嘘に近づいてるのは分かってたんだ」というセリフは、すごく好きです。あの言い回しは、脚本を作ってる時にふと思いついたものなんですか?

ちょっと洒落た言い方になりますけど、普段から常に“何か”を考えるようにしてるんです。考えてると人間って不思議なもので、考えれば考えるほど答えに近づくヒントが出てくる。それを書き残すようにしてて、「嘘に近づいてる」ってセリフも、別にこの映画のために作った言葉ではないんです。自分の中で潜在的にあった言葉であり、自分にも言い聞かしてる言葉でした。

なるほど、Kojiさんの中にあった言葉だったんですね。

何十年も前から「いつか映画を撮りたい」と言ってたけど、やらない自分がずっといましたから。日々考える中でいつしかそのやらない理由も考えるようになり、お金の問題だけじゃなくて、やると言ってて全然やらないことにも嫌気がさしてきたんです。そんな思考を繰り返してると、あんな言葉も生まれてくるのかなと。

だからなのか、すごく重くて響く言葉でした。

画角とか動くスピードとか、僕の感覚ではすごく意識してたこと。映画祭で芸術賞をいただけたことで、その意識は間違ってなかったんだなと。

映画が完成後、さまざまな映画祭に出品されてましたよね。中でも門真国際映画祭2021では最優秀作品賞を受賞されましたし、ハンブルグ日本映画祭では特別芸術賞と映画賞のダブル受賞!他にもいろいろありますが、その率直な感想は?

すごくありがたいですし、正直にうれしいです。昔から賞なんかもらったことなかったですから。でも、別に審査員に向けて作ってたわけじゃないし、受賞を目指してたわけでもないっていう、変な反骨心もあって。「もらえたらいいな」ぐらいの感覚だったので、ここまで受賞できるとは思ってませんでした。それに、門真国際映画祭2021では、出演したメインの3人も受賞できたのもうれしかった。いろんな賞をいただけたことで「所詮、チンピラが作った映画やろ!」とは思われない見え方になったかなと(笑)

(笑)。やはり周囲からの見え方も変わったと。

それはありますね。ドイツの映画祭で芸術賞を獲ってるとなれば、それなりの見方をされるようになりますし。言い方は悪いですが、そういう意味ではハッタリとかもかませるかなと。ほんと、ありがたい話ですけど。

しかも長編初監督作品での受賞ですしね。芸術性の高さが評価された証ですが、Kojiさん自身は映像美の部分もかなり意識はしてたんですか?

おこがましい言い方になりますけど、昔からいろんな日本映画を観てて、ポピュラーな映画ほど妙に役者のアップが多いなと感じてました。役者の顔だけが映ってるから、そのシーンだけを切り抜くと絵になってないと思うことがよくあって、自分が映画を撮る時は1シーン、1シーンがパネルになることを意識してたんです。パネルにされた時、その1枚からいろんなことが想像できるような絵作りを考え、丁寧に繋ぎ合わせたものにしたいなと思ってましたね。

画角や視点、映画そのものの捉え方がKojiさんならではですよね。確かに『虹が落ちる前に』でも、普通なら守山さんがクローズアップされるであろうシーンなのに、全然そうじゃないシーンもありましたし。

そこはかなり意識してました。その人を映すよりも、その世界で今何が起こってるかを伝える方が絶対に大事だと思ってるので。

だからこそ、この映画の世界観に引き込まれるし、空気感の微妙な変化とかも感じ取れる。

それに絵がキレイとよく言われるんですが、カラコレじゃなくて画角とか動くスピードとか、その部分はめちゃくちゃ考えないと美しいと言われるのは難しいと思ってたんです。僕の感覚ではすごく意識してたことだから、芸術賞をいただけたことで、間違ってなかったんだなと。「これでよかった!」という安心感はありましたね。

映像の色彩を補正する作業。カラーコレクションの略。

意識してこだわった部分だからこそ、芸術賞という評価はうれしいですよね。『虹が落ちる前に』は2022年3月19日から全国で順次公開され、大阪でも9月16日(金)から再上映されることが決定しました。地元の大阪で再上映されるということで、心待ちにしてる方々にメッセージをお願いできればと!

前回は九条の『シネ・ヌーヴォ』で上映していただき、今回はアメ村のBIG STEPにある『シネマート心斎橋』で9月16日(金)から9月22日(木)まで上映していただきます。『シネ・ヌーヴォ』も大阪が誇る由緒ある映画館でしたが、僕自身がアメ村のカルチャーと共に青春時代を過ごしてきたので、今回の再上映はすごく感慨深いというか…。自分の映画がアメ村で上映されることを、どう表現したらいいかも分からないくらいです。うれしさや興奮よりも、自分の作ったものに何か意味ができたなと。

何十年も前に「いつか映画を撮りたい」と語ってたことが実現し、しかもKojiさん自身が青春時代を過ごしてきたアメ村で上映されるんですもんね。昔からの友だちもすごく楽しみにしてるんじゃないでしょうか。

映画に興味のある人はもちろんですが、アメ村とかでスケボーして遊んでる子たちにも観てもらえるような場所ですし、昔からの知り合いも含めて、いろんな人に観てもらえたらなと。観る人を絞って作った映画じゃないし、自分の中では音楽映画とも思ってない。映画を楽しむという意味では間口を広くして作ったので、そう思って観に来てもらえたらうれしいですね!!

9月16日(金)から9月22日(木)の7日間全て、上映後に出演者やゲストを迎え、Kojiさんとのトークショーもあるので皆さんぜひ!!

自分もバンドのフロントマンとしてフォーカスされてきたから、役者の子たちのプレッシャーや苦しみも分かるんです。

アメ村での凱旋上映ということで、Kojiさんにとってのアメ村とはどんな場所なんでしょうか?

10代の後半からアメ村で夜な夜な遊んでたんですが、20代の頃に生粋のハードコアバンドを組んでライブで大暴れしたり、ソロ活動でもいろんなクラブでステージを重ねてたので、とにかく思い出があり過ぎる場所ですね。最近は何となく元気がないように感じてしまうのが、ちょっと寂しくもあります。

ディープ感が削ぎ落とされて、いい意味で楽しめる観光地になってますからね。

怪しい雑居ビルにもおもしろい店がいっぱいあったし、それこそ『無国籍百貨店』とかね。若い子にそんな話をしても、「アメ村でそのイメージが湧かない」って言われますから。混沌としたアメ村で青春時代を過ごせたのは、よかったなと思います。

怪しさ、恐さ、楽しさ、未知さが全て表裏一体でしたもんね。Kojiさんは現在もクリスマスを冠した某バンドで活動されてますが、映画とバンドの両軸があることについてはどう考えられてるんですか?

それを考えた時にまず思ったのが、バンドに関しては自分がヴォーカルだし、常にフロントでフォーカスされる位置。役者で言えばメイン的な存在で、人の視線を一番集める立ち位置だからこそ、プレッシャーだったり、苦しみも分かるんです。映画は自分が出演するわけじゃないし、監督として役者を撮ってるので、その両方の立場を知ってるのはよかったと思ってます。

役者の心情も理解できると。

若い役者の子たちの今に至るまでの悔しさとか、想いとかもまとめて聞いてあげれるかなと。例えば、エキストラに行った時にゴミのような扱いをされたとか。そんな話も自分が表に立ってきた一面があることで、理解できるんです。僕もいろいろ悔しい経験はありましたから。

例えばどんな?

ハードコアバンド時代の話で、ニューヨークの超大物ハードコアバンド『HATEBREED』 が来日した時に前座をしたんですが、担当のイベンターが僕らのことを「前座のバンドさ〜ん」って呼ぶんですよ。絶対に意図的だと分かるくらい何回も言うから、さすがに腹立ってきてね。ステージに出た時に「誰が前座のバンドさんやねん、コラァ!」ってキレて、演奏を始めました(笑)。まぁ、僕も若かったです。

さすがに胸糞が悪いですよね、それは…。

自分が表に立ってきたからできた経験だし、今、役者として表に立ってる子たちの気持ちも理解できるかなと。こっちの本意だけで映画を作らないような柔軟性は、自分の中にはあるなと思ってますね。

役者の方々の想い、バックボーンまで受け入れることができるってことですね。

ここでこんな風に扱われたら悔しいだろうなとか、役者の子たちのことを常に考え、見てるつもりです。だから、映画を作る上でちょっと厳しいことを言っても、みんな分かってくれるのかもしれませんね。

やっぱり、お互いをリスペクトしてるからこその関係性!Kojiさんはちゃんと見てくれてる、分かってくれてるって、役者の方々も思ってるだろうし。そこにはKojiさんの愛もあるなぁと。

みんな素直に受け入れてくれるし、いい関係が築けてるのは撮影してても感じられますね。

僕が言える立場じゃないですが、そんな関係性も映画の内面的な部分に滲み出てるんじゃないかなって思います。ちょっと気になったので話は変わりますが、タトゥーのことも聞かせてください。両手の甲に入れてるのは、何か意味や想いを込めたものですか?

左手のものは、僕のことをすごく応援してくれてた子の名前。病気で亡くなってしまって、その時に彼の名前を彫ったんです。右手に入れてるのは、スペイン語で希望を意味する「ESPERANZA」。これは『Dragon Ash』のKjと作った曲の名前なんです。

曲名なんですね。

意気投合して1曲作ることになったんですが、Kjは僕と違ってスーパースターだし、すごい感謝もしてるんです。でも、人間同士だからもし嫌いになってしまうことがあっても、その時は直接伝えて終わり。曲にして歌ったりもしない。そんな想いを込めて彫りました。自分たちの曲名を彫ってるのにビーフとかするなんて、アホなことですからね。両手の甲に入れてるこの2つは、自分の中でも特に意味が強いんですよ。

手の甲だから目に入りますもんね。

常に意識はしておきたいなと。ただ不思議なのもので、完全に自分のカラダの一部になってるから意識を通り越していくんですよ。でも、今こうやって話したり、目に付く場所にあるから意味を聞かれることも多いので、改めて想いを深められる。この両手に彫ってよかったなって思います。

自分たちの会社で、制作から配給まで行ったんです。映画業界ではまだそんなに前例もないので、「映画館で上映までできるんや!」というインディペンデントの力を見せたいし、そのモデルケースを作っていきたい。

では最後に、Kojiさんのこれからのビジョンや夢の話を聞かせていただければと!

まず大前提として、映画や音楽などのクリエイティブなことはやり続けたいという想いがあります。でも、大きなことをしようとすればするほど、当然お金だって必要になる。自分で会社をしてビジネスをしてますけど、やっぱりある程度の資本力がないとやりたいことができなかったり、自由が利かなくなる怖さがあると思ってて。例えば映画で言えば、「この役者さんを使って、こんな内容で作ってくれたらお金を出すよ」みたいな。

自由が奪われてしまう怖さ。

よくある話だと思うけど、それを蹴れるくらいの組織力、資本力は絶対に必要だし、そうじゃなければやりたくないこともやらなければいけなくなってしまう。そうならないためには何をすべきか、どうあるべきかを今すごく考えてるんです。

想いの強さは当然マストですが、規模が大きくなるとそれだけでは乗り越えられない壁も出てきますしね。

僕自身も、どんなカタチでも映画を撮りたい想いに取り憑かれてたらやってしまうかもしれない。もちろん、それをしてる人を否定するつもりは全くないけど、この歳までうだうだとやってきたのでそこだけは抵抗したいと思ってるんです。『虹が落ちる前に』の話で言えば、配給も自分たちでやりましたからね。

マジですか!?

BABY OWLという自分たちの会社で、制作から配給まで行ったんです。いろんな人に異例過ぎるって言われましたね。感覚的には20年以上前にインディーズミュージックが出てきた時のようなやり方かなと。映画業界ではまだそんなに前例もないので、「映画館で上映までできるんや!」というインディペンデントの力を見せたいし、そのモデルケースを作りたいと思ってます。ちょっとおこがましいですが、それは夢ですね。

『虹が落ちる前に』でカタチにしてますし、1つの道標になってると思いますよ!

自分よりも若い世代の子たちが、「俺らもあんな風にやればできる!」と思ってもらえたら。

映画を撮る前から配給も自分たちで行うことを決めてたんですか?

いや、初めはそんなことすら考えてなかったし、配給の“は”の字すら出ずに作ってました(笑)。どうなるかも分からないけど、「とりあえず作ろう!」って。学生が映画を撮りたいと思う感覚と同じですよ。

そして、途中で気づいたと(笑)

作ってる最中に「配給が決まらなかったら、映画館で上映されない!」とか、「そもそも映画館で上映なんて、滅多なことじゃされない!」と言われて…。「そーなんや!」と思いながら、どうしよかなって考えてたんですよ。

で、結果的に自分たちで配給までしたんですね。めちゃくちゃすごいことですが(笑)

『虹が落ちる前に』は自主映画として始まったけど、おかげさまで今となっては「これ、自主映画なん?」と思えるくらいまでにはなってきました。よく言えば、ハイスタ的な感じかなと。インディーズで始まってるのに、「あの人たちは果たしてインディーズなのか!?」みたいな。僕らもまだまだ小さな一歩だけど、そこの線引きはできたかなと思ってます。

今回の再上映を機に、また前へ前へと歩んでいけるかもしれませんね!バンド活動についてはどうでしょう?

44歳ですがまだまだ声も出るし、カラダも鍛えてて動けるので続けていきたいですね。自分の中で「違うかな?」と思うまではね。

メンタルとか、いいものが作れないと思うまではってことですか?

そうじゃなくて、僕の場合はパフォーマンスかもしれない。歌いたいとか、音楽をしたいというよりも、かっこいいパフォーマンスがしたいから。言うならば、バンドがしたいんですよ。

なるほど、魅せるということへの想いが強いんですね。

別に歌うだけならカラオケ行けばいいしね。映像や写真を見た時に、「これはちょっと衰えてるな」と思ったら、音楽は続けないと思います。

音楽性ももちろんかっこいいですが、総合的な魅せる力があのバンドのスタイルでもありますもんね。ちなみにKojiさん自身としては、どんな人間であり続けたいと思ってますか?

これはいつも言ってるんですが、強くて優しい人間でありたい。ただ、その答えに何が当てはまるかはまだ分かってないんですが、そこを意識してこれからも生きていきたいと思ってますね。それと個人的な願望としては、海外に1〜2ヶ月とか住んでみたいなと。若い時にできなかったけど、時間的な余裕も少しはできるようになってきたから、まだ知らないいろんな世界を自分の目で見たいと思ってます。

そうなれば、また新たな世界観がKojiさんの映画にもプラスされるかもしれませんね!長編の第2作目も制作間近と聞きましたが、今はどんな状況なんですか?

脚本は既にできあがってて、今は役者の子たちをオーディションしてる最中です。もうすぐクランクインするので、完成を楽しみにしていてもらえれば!次の作品もめちゃくちゃいい映画になると思いますよ!!

完成が待ち遠しいです!9月16日(金)からの再上映も楽しみにしてます!!


<Koji Ueharaさんのお気に入りのお店>

BANCO(大阪市中央区西心斎橋)
通い続けている店。デート、ミーティング、色々な人と色々な話しましたね。

ニューライト(大阪市中央区西心斎橋)
ザ アメリカ村(笑)。ここのおばちゃんが顔と名前を覚えてくれてからが、アーティストの始まり(笑)

えれふぁんと(大阪市中央区西心斎橋)
実は、僕が初めた店(笑)。今は人に譲った形になってますが、カルチャーの一つになってくれてることがうれしい。


<INFORMATION>

虹が落ちる前に

上映日: 9月16日(金)〜9月22日(木)
場所: シネマート心斎橋(大阪市中央区西心斎橋1-6-14 BIGSTEP 4F)
全日程で上映後に出演者やゲストを迎え、監督とのトークショーを実施!

チケットはこちらから

『虹が落ちる前に』 公式サイト
Instagram:@nijiochi
Twitter:@nijiochi

Profile

Koji Uehara

映画監督、音楽家。2019年にプロトタイプで制作した短編オムニバス映画『#000(シャープスリーオー)』が関係者上映会ながら、東京、大阪、名古屋の3都市で行われ、約1,000人以上もの観客が来場して高い評価を獲得する。長編初監督作品となる『虹が落ちる前に』はさまざまな映画祭で受賞し、短編2作目の『Orange girl friend』は、先日行われた岩槻映画祭で観客賞と審査員特別賞をダブルで受賞。

その一方で、素顔を隠して活動している某ロックバンドではヴォーカリストを務め、3年連続出演のサマーソニック、ロッキンジャパンといった国内の大型フェスだけではなく、ロンドン、韓国、台湾など海外でも多数のイベントやフェスに出演。さまざまなアーティストへの楽曲提供やプロデュース、ミュージックビデオの制作なども行っている。

share

TWITTER
FACEBOOK
LINE