Otherその他

ダンス演劇舞台、アパレルブランド、間借りカレー屋…。クセになる世界観で多くの人を魅了する謎の集団、<四畳半帝国>とは!?主宰の松田拳翔さんに、その全貌を聞いてきました!

Interview & Writing
松田 岳
Photo
依藤 寛人

SNSフォロワー1.4万人のアパレルブランド、演劇的な演出をミックスさせたダンスの舞台公演、ダンス映像作品コンテスト『Legend Tokyo CHRONICLE』や門真国際映画祭でファイナリストに選出された映像作品など。多彩な活動でその世界観に触れた人々を魅了し、受け手を作り手の一員へと引き込む求心力すら持つ<四畳半帝国>とは!?主宰する松田拳翔さんへインタビューを実施!獣医師免許を持ちながら、29歳の時の貯金残高は700円…。「好きは必ず誰かに届く」と自分の感性を盲信できるのは、自信か、はたまた狂気なのか。「座して半畳、寝て一畳、天下取っても四畳半」という<四畳半帝国>のネーミングに込められた想いを汲み取れば、過去の経歴に関係なく、やりたいことを実現しながら、「今の生活が続けば幸せ」と思える日々が待っているかも。

自分の好きを貫けばどっかの誰かに刺さる。

あの…ずっと気になっていて。さっきから撮影のとき、ずっと同じ方角を向いてポージングされてますよね?

すみません。いま、首痛めていて、左しか向けないんですよ。友達とダンスの練習中にやっちゃいました。

首痛めたって、どれだけハードな振り付けなんですか!?

いや、練習中にふざけてでんぐり返ししてしまったのが原因で、、あ、シラフです。

むしろ、酔っ払ってくれてた方が安心感あるんですけど(笑)

(笑)(笑)。「あいつ急に何やってんねん」みたいに思われるのが好きで。自分はボケのつもりでやっていることが、相手には伝わっていないことも多くてよくスベってるんですけどね(笑)

シュールな笑いの取り方ですね。

僕、大学は獣医学部に進学して、獣医師免許も取ったので、しばらく会ってない人からは獣医になったか会社員してると思われてるはずなんですよ。そんな奴が急にアパレルブランドを立ち上げたり、ダンスの舞台を作り出したりして。本気でやればやるほど、「あいつ何やってんねん」って思われるのもなんか嬉しくて。自分の面白いと思うもの・コトを試してみたい。その上で周りのリアクションも見てみたい…。自分の人生を実験台にしてるみたいな感覚ですね(笑)

想像を現実にしないと気が済まないタイプの変態ですね!ダンス、舞台、映像制作、アパレルブランドなど多岐に渡り活動されていますが、過去の経歴は?

過去の経歴…、あんまり現在に繋がらないんですけど、一応聞きますか?

では、一旦保留で(笑)。 そうなるとすべて独学で?

本当は学んでから始めるのもすごく大切だと思うんですけど。あえてあまり勉強せずに、まずはやってみるスタンスを大切にしてます。実は僕、結構頭が固くて、ルールや方法を知ると頭でっかちになって発想が凝り固まっちゃうタイプなんです。だから、何事もまずはチャレンジしてみて、壁にぶつかって困ってから足りない部分を慌てて勉強していますね。

でも、実は学ぶ前に行動する方がしんどい説、ありそうですね。

確かに。去年、自身初の舞台公演をしたんですけど、「そもそも舞台ってどうやって作るんだ?」「予算がねえ…」「コロナで中止になるかも?」とか不安が募り過ぎて…廃人みたいになってる時期もありました(笑)。でも、過程にマイナスの感情があっても、ゴールにプラスの感情が待っていると言い聞かせると、意外とどうにかなるんですよね。これが例えば、嫌々やっていることだと、過程がマイナスで、ゴールもゼロの状態に戻るだけっていうのが自分的には辛いですね。あと、周りに優しくて優秀な友人や先輩・後輩がたくさんいて、困っているとみんなが手を差し伸べてくれます(笑)

自分の表現というか、拳翔さんにとっての挑戦が失敗する怖さはなかったんですか?

根がビビりなんでめちゃくちゃありました!でも、<四畳半帝国>のアパレルの展開が、「自分の好きを貫けばどっかの誰かに刺さる」と思えるきっかけになりました。一番始めに販売したものは<四畳半帝国>のロゴTシャツだったんですけど、ちなみにコレどう思います?

<四畳半帝国>のコンセプトを表現したロゴ。

…クセがすごい。

ですよね(笑)僕もそう思います。自分はめっちゃ気に入っているんですけど、こんなクセ強めのロゴ見たことないし、最初は作りながらも「自分以外にも欲しい人いるんかな?」とか思ってました。3年前、当時の流行でいうと、昔のアニメに出てきそうな女の子のイラストとかニューレトロなデザインがウケていたし。でも、僕は心から良いモノだと思っていたし、とりあえずオンラインで販売してみたら、日本各地でちょこちょこ買ってくれる人がいたんですよ!

売れないと思っていたのに、意外と売れたと。

今の時代って、なんとなく「バズらないと!」みたいな空気を感じていて。それって大衆にウケるってことだと思っていたんですけど、それだけじゃないんだと感じました。オンラインが普及したことで、受け手もニッチなモノやカルチャーを見つけられるようになったし、今までなら届くことがなかった人にまで届けられるようになったんだと。この体験から、大衆をターゲットにウケやトレンドを意識するより、「自分の好きなものを貫くことが大事なんだ」と思えるようになりました。今でも何かを作る時は、自分が本当に良いと思っているかと、それをどうやって人に届けるかを大切にしています。

なぜスパイスカレー屋!? 人との出会いが前進するバイタリティに。

現在の活動に繋がる人生のターニングポイントってありましたか?

いくつかあるとは思うんですが、一番大きいのは、大学でダンスを始めた時、ですかね。

ダンスを始めたきっかけは?

大学に入った時、本当は劇団に入って役者をやってみたいと思ってました。でも、大学にあった劇団の雰囲気が何となく自分に合わなくて(笑)。他の地方劇団でも探そうかと思っていた時に、たまたま友達に誘われてダンスサークルの体験へ。

舞台や役者をやってみたいと思ったのはどうしてですか?

中学生の時に、舞台役者をしている友達のお姉ちゃんが、「人手が足りないから出てみない?」って誘ってくれて。主人公にめった斬りにされる役でしたけど(笑)。その時に、舞台袖から見たステージの景色が忘れられなくて。スモークが漏れ出て、スポットライトが当たる板の上はまるで違う世界で。一歩足を踏み入れれば、普段の自分とは違う人物としての人生が待っている。その感動から、舞台というものに憧れるようになりましたね。で、ダンスサークルの体験に行った時に「舞台に立てるやん」ってあまり深く考えずに始めました。

やってみてどうでしたか?

正直、この時までダンスの世界って全然知らなくて。高校の時、ダンス部のショーを見たことがあるっていう程度だったので、全てが新鮮でした。華やかな世界からアングラなストリートの世界まで、こんなにカッコいい人達がいるんだっていうのに感動しました。技術面ですごい人達がいるのはもちろん、ひとくちにダンスといってもいろんな表現方法があって、ゴリゴリのブラックミュージックでカルチャーを背負って踊る人から、風の音とかで瞑想みたいなダンスをする人まで。僕もひよっこなので、知らない世界がまだまだあるんだと思います。

影響を受けたダンサーはいますか?

たくさんの人に影響を受け続けていますが、日本の4人組ダンスパフォーマンスグループ『s**t kingz(シットキングス)』の影響が大きいです。ダンサーとしても超一流の方々なんですけど、彼らのダンスを用いた演劇舞台が大好きなんです。イメージはチャップリンの無声映画みたいな。ちゃんと役柄のキャラクターや世界観をダンスで表現しているんですよ。もちろん、ダンスのためのダンスも大好きなんですが、「踊る」ということも一つの手段として、いろんな世界や感覚を表現することにすごく興味があります。

なるほど。では大学卒業後、ダンスや舞台の道へ?

いや、一般企業で研究の仕事に就きました(笑)

え!?大学で獣医師免許を取って、ダンスに魅了されていたなら、獣医かダンサーかと思っていました。

就職活動が始まる頃には、舞台への憧れとか忘れて、普通に就職する頭になってましたね…。ただ、獣医は獣医で、実習に行ったりするうちに自分にはできないなっていう気持ちになってしまって。

獣医学部は6年制だから、24歳で就職ですよね。いつまで会社員してたんですか?

1年は大学浪人してたので、25歳で就職して29歳まで会社員でした。今、31歳なので2年前くらいに辞めましたね。

辞めるに至った経緯は?

会社は、嫌な上司がいる訳でもないし、残業がめちゃくちゃ多い訳でもない。なのに、どうしてか徐々に擦り減っているというか、気がついたらちゃっかりメンタルやっちゃってて、出勤できず環状線をぐるぐる回っていたんですよね(笑)。あ、向いてないんだって思いました。

実際に辞めようと決断できた決め手は?

いきなり辞めて時間ができても、結局自分は何もしないんだろうなっていう自覚があって。まずは仕事を続けながら空いている時間でできることを考えて、一旦間借りのスパイスカレー屋さんを始めたんです。

ちょっともう凡人の私には理解が追いつきません…。理由を教えてください。

「やりたいこと」っていうのを考えてもよくわからなくて。ただふと、久々に色んな人と会いたくなったんです。とりあえずイベントやるか、っていう思いつき。ただ、ダンスイベントでは限られた人しか集まれない。ダンスをしていない友達も多かったので、参加ハードルが低くて、大勢の友達が集まれて、僕にできることは?で、スパイスカレーでした。友達に声をかけてスペースを借りて、ただ音楽を聴きながら、みんなでビール片手にカレー食べる雑なイベントを開きました。そこから縁あって、ゲストハウスで間借りのカレー屋をすることになったんです。

確かに食のイベントなら誰でも気軽に参加できますね。カレーもいきなり作れたんですか?

インド料理屋で働いていた父親に教えてもらって、イベントをやる前から趣味でスパイスカレーを作ってたんですよ。まあ、父親は店長だったので、ホールスタッフやったんですけどね。インド人から父親へ、父親から僕へ、受け継がれてきました。

いやそんな秘伝のスパイスカレーです、みたいに言われても。ほんで真顔でボケるの止めてくださいよ(笑)

ごめんなさい(笑)。この期間のおかげで結果的に、色んな人と会えました。普段から会う友人、数年ぶりに話す友人、この時が初対面で今も仲良い人。多くの人と会って、話して、刺激をもらう日々を繰り返しているうちに、色んなやりたいことが自然と出てきたんです。あの人とはこれをやりたい、この人とはあれをやりたいみたいな。この時点でようやく退職することに決めました。収入の目処は立ってなかったんですけど、「もっと時間が欲しい!」ってなっちゃって(笑)
そのタイミングでコロナ禍へ突入。カレーは人を集めることが一番の目的でしたから、一旦カレー屋は活動休止する事になりました。

貯蓄で耐え抜く戦いですね。

いやいや、貯蓄もないですよ。退職時の銀行の貯金残高は冗談抜きで700円くらい。本当に貯金ぐせがないのと、アパレルの製作とかも始めてたので。29歳でこんな大人になってるとは思わなかったですね。やばいとは思いつつも、半年前に会社へ退職願を出していたので引くに引けなくて…。

もはやファストフード2食分…。

ほとんどその時のこと覚えてないんですよ。乗っちゃったから、くだるしかないジェットコースターみたいな。まあ今のところ元気に生きてるんで、良かったんじゃないですか。

それはこっち側が言うセリフですね。

自分にも、関わる人にも、嘘をつかないように。

<四畳半帝国>は、いつ頃に立ち上げたんですか?

あ、時系列でいうともう過ぎてますね。大学時代に先輩と2人で組んだダンスチームが<四畳半帝国>なので。先輩の家の書斎から本のタイトルを組み合わせて、何となく響きが良いから決めました。江戸川コナン方式です。一つは森見登美彦の『四畳半神話体系』で、もう一つはなんちゃら帝国やったかな…?忘れました。

今なお<四畳半帝国>と名乗っている理由は?

カレー屋もなんですけど、「やりたいこと」で思いついたことのジャンルが割とバラバラで。ダンスの舞台とかアパレルとか。いろいろ考えた結果、もうめんどくさいから全部<四畳半帝国>でやっちゃえって。意味は特にないけどすごく気に入ってる名前だったし。でも、活動を続けるうちに、後付けだけど意味がついてきた感じですね。

どんな意味ですか?

自分に対する自戒の念も込めてます。ラフなテンションに見られがちな僕ですが、実は周りの目をすごく気にしていて。保険をかけて自分の意見を言わなかったり、目立たないように無難にやり過ごそうとする性格なんですよ。1人で黙々と妄想膨らませてる時はすごく楽しいんですけどね。表に出るとそれを隠しちゃうんですよ。あ、『ラブ・アクチュアリー』っていう映画観たことあります?

あります! 色んな年齢や環境の人々がクリスマスを祝う群像劇ですよね。

作中で、男の子が自分の部屋に閉じこもるシーンがあって。扉には、「お腹減ってない」みたいなこと書いた黒板を掛けて、誰にも邪魔されずに好きな子のためにドラムの練習するんですよ。「パパも入らないでね!」とか言ったりしちゃって(笑)。その状況に共感したというか、自分の部屋って誰にも邪魔されない自分の国みたいな。そこに閉じこもったときにしか出てこないエネルギーやアイデアがあるんですよね。それって何かを生み出す上ですごく大切なもの。周りの評価や世間体よりも、まずは自分の“好き”を優先する。そんな感覚に、<四畳半帝国>がしっくりくるようになってきたんです。

<四畳半帝国>を再び立ち上げてから、次に取ったアクションは?

ロゴの制作です。元々はなかったので。デザイナーを探す中、以前にMARZELでも取り上げていた北新地にあるBAR『蜆楽檸檬』さんのロゴやグッズのデザインをしていたyuto君を見つけて、「この人だ!」って思ってお願いしました。

ロゴをオーダーしたときの会話を詳しく聞きたいです。

<四畳半帝国>のネーミングに込めた想いや今後の展開を伝えました。当時は間借りカレーもやっていた時期で、カレー屋でもあり、ダンスやファッションにも合うような感じ。世界観はあるけど、イメージを固定しすぎないようにって。無茶苦茶なオーダーですよね。何かを指定しているようで、何も指定していない(笑)。イメージを汲み取って、形にしてくれたyuto君には頭が上がりません。

そこからどのように<四畳半帝国>が続いてきたんですか?コロナ禍直前から現在に至るまでの3年間も続けられるってすごいことだと思うんです。

嬉しい質問ですね!理由は大きく2つ。ひとつは、<四畳半帝国>を続けてきたから。実際、カレーは活動休止していたり、アパレルやダンスの活動頻度もまちまちやったり。ただ、全部ひっくるめて<四畳半帝国>の名前で活動してきたので、「四畳半帝国を続けている」と感じてもらえているんだと思います。もうひとつの理由は、嘘をつかなかったこと。大衆ウケや世の中のトレンドなど周りからの評価を気にせずに、自分が本当に良いと思うかどうかを指針にしていたので、アパレルやダンスとジャンルは違えど、世界観は自然と似てきます。こうして自分の想いに嘘をつかなくなると、一貫性が出てくるし、コミュニケーションにも嘘が混じらない。すると、<四畳半帝国>の世界観を好いてくれる人たちが集まってくれるようになりました。結果的に、僕にとっても居心地の良い場所として続いているんだと思います。

周りの仲間たちとの普段のコミュニケーションで意識していることとかはあるんですか?

出来ないことや分からないことは見栄を張らずに助けを求めます。ほとんど自分で形にしてから周りに投げるときもあれば、逆に丸投げしてしまってる時もありますね(笑)。なるべく、相手の好きなことや個性を理解できるように気をつけています。逆に、無理矢理やらされる時もありますけど…。

主宰なのに?(笑)

去年のダンスの舞台がまさにそう。ビビっている僕を見て、「できるっしょ」みたいなテンションで、その場で箱を抑えてスケジュールを組まれて(笑)。まあでも、イヤイヤやらされている訳ではなくて、自分だけじゃ一歩踏み出せなかった背中を押してもらえた感じですね。

話を聞く前は<四畳半帝国>=コミュニティと思っていたんですけど、どうやらニュアンスが違いそうですね。いつもどうやって人に説明しているんですか?

とりあえず、「ハートフルコメディ集団」ですかね。でも、人によって説明変えているような気がします。何となくその人にしっくりくるように。実際は上手く言語化できないし、まだしなくても良いかなっていうのが本音です(笑)。絶対的な目的があって、未来から逆算しながら動いている訳でもなくて、今この瞬間を面白いと共感してくれたら一緒に何かを創りたい。個人の価値観や願望が細分化されている時代だからこそ、常に一本の軸みたいなものでまとめるのには限界があると思ってて。実際、今深く関わっているみんなが<四畳半帝国>と距離を置く時期があっても良いし、興味やワクワク感が一致する時に一緒に活動できたらいいなって思います。寂しいのは寂しいんですけどね(笑)

10年後も、20年後も、今みたいなことがずっとできてたらいいな(笑)

今感じる面白さを大切にしたいんですね。確かに拳翔さんから「今後どうなりたいの?」って言葉は出なさそう。

僕自身、先を見れないというか。見ているように見えても、「今」やりたいって思うことが、カレーだったら3日かけて作って、Tシャツだったら2、3ヶ月かけて作って、ダンスの舞台だったら1年かけて作っている。そんな感じなんです。

もしあれば、今後の目標は?

来年1月に公演予定の舞台ですかね。去年は、共感に重きを置いた内容にしたのですが、今年は「これやってみたらどう感じるんだろう?」って気になることも投げかけていきたいです。

去年の舞台ってどんな内容だったんですか?

“日常を見つめ直す”をテーマに描いた『そこにある公園』という作品です。観客席を公園のベンチに置き換えながら、この場所で1日をボーッと過ごしたら、目の前で色んなドラマが繰り広げられていくみたいな。ランチを食べるOL、美しい女性に一目惚れするヤンキー、仕事終わりに恋で悩む女性、シンプルに騒がしい酔っ払いとか。アイデアも日常から引っ張っていて、自分の記憶がおぼろげになるくらい飲んだ時って、ふらふらでほとんど踊っているのと変わらない。そこにRHYMESTERの『梯子酒』を合わせて、ダンスに仕上げてみました。他のシーンも、メッセージ性のある描写や心情をダンスに置き換えて表現しましたね。

今年はそのメッセージ性をあえて取り除く、という実験なんですか?

取り除くっていうわけではないですが、何かを伝えるために作るというよりは、作ったものから何かが伝わるということを目指したいです。最近ラジオで、「言語化できるものは言語で伝えたらいい」ってある作家さんが言ってるのを聞いて、ハッとさせられたのもあって。もちろん極端な話ではあるんですが、文章以外のデザイン、写真、映像、音楽、ダンスから言語化できない何かが伝わるっていうのは面白いなと。作ってみて、投げかけてみて、感じる気づきがあると良いなって思っています。受け手としてもそういう体験をたくさんしたいです。

ちなみに、今年の舞台の内容は…?

ルームシェアを設定にしたヒューマンドラマ?ヒューマンコメディ?ですかね。まだ構想を描いている段階なので、変わるかもしれません。今後は、舞台を通じてお客さんの反応を見ながら、ネタをブラッシュアップしていきたいですね。

コント師みたいな発言になってますよ。

実際に「四畳半帝国?」っていう実験的なコントとかにも挑戦するライブをスタートさせる予定で。まだ完成していない荒削りな作品を通じて、観に来てくれた人と一緒に可能性を模索しながら、感覚的に「これが四畳半帝国か」みたいな世界観が伝わるライブを創り上げたいですね。もはや、<四畳半帝国>の変化も含めて楽しんでもらえたら嬉しいです。

面白そう!<四畳半帝国>のファンが増えそうな予感。

でも実は、ファンと<四畳半帝国>を分けるのも違和感があって。ダンスの舞台であれアパレルであれ、「観る」「買う」をした人はもはや共犯者で(笑)。世界観に共感して、アクションしてくれた時点で、ある意味では『四畳半帝国』の一員というか。中心となって<四畳半帝国>を動かしている人も居れば、ただ楽しんでくれてる人もいる。人が流動的に集まり続けることで、「なんか四畳半帝国っぽいよね」みたいな感覚が生まれたら最高ですね。長い目で(笑)

色んなアイデアが出てくる印象ですが、着想の根本にはどんな考えが隠れているんですか?

もともとは“共感”に頼ってた部分が大きくて。自分の中にある、みんながどこかしら抱いている感情を汲み上げてきたり、解像度上げていったり。<四畳半帝国>を再び立ち上げた3年前くらいは、自分の想いやスタンスに共感してくれる人が集まってくれていました。でも、最近は“共感”以外の部分にも興味があって。僕がその場で言語化できて面白さが伝わって、“共感”が生まれるということは、想像を超えられない。その向こう側へ行くためには、 “信頼”が大切な段階になっている気がします。有難いことに、ゴールが見えていなくても「拳翔が言うなら、まあやってみるか」みたいな仲間がいてくれるので。まだ“何かわからないもの”を一緒に作れたらいいなと思ってます。

拳翔さんが幸せと感じる今後の生き方を聞かせてください。

10年後も、20年後も、今みたいなことがずっとできてたらいいな(笑)。食うに困るほどには貧乏じゃなく、みんなとふざけたことを考えられる余裕がある。それでいて、周りの目よりも、自分のやりたいことを優先できている状態ですね。「最終的にどうなりたいの?」って良く聞かれるので、未来を想像してみたんですけど、かっこいいビジョンがなくて…。よくよく考えて辿り着いた答えが「今を続けたい」です。簡単にも見えるんですけど、実は生半可な気持ちで続けられることではないはず。でも、仲間たちと面白いモノやコトを考えて遊び続けるためなら、僕も必死に頑張れそうです。


<松田拳翔さんのお気に入りのお店>

rroomm(大阪市北区鶴野町)
多分大阪に来て初めて行ったセレクトショップで、スタッフの安田さんに昔からお世話になってます。シンプルにアイテムがかっこいいのと、ブランドやデザイナーの背景も教えてくれるのが毎回楽しいです。

寅屋(大阪市北区錦町)
天満にあるもつ焼き屋さんです。おすすめポイントは、とにかく旨くて安いのと、お店のおばちゃんが普通に怒ってきたりするところです(笑)

Profile

松田 拳翔

1991年生まれ。三重県出身。アパレルブランドの立ち上げ、ダンスを起点とした舞台や映像作品など、マルチに活動する謎の集団<四畳半帝国>の主宰。「座して半畳、寝て一畳、天下取っても四畳半」のスタンスに込められた想いや、クセになる世界観で多くの人を魅了し、共犯者を拡大中。しかし、未だ謎は多く、メンバーの人数も不明。獣医師免許や元カレー屋など意外な一面も隠し持つ。

https://www.45tatamiempire.net

ダンス映像作品:Youtube

活動全般:Instagram@4.5tatami_empire

アパレルブランド:Instagram@4.5tatami_empire_store/

share

TWITTER
FACEBOOK
LINE