Interview & Writing
前出 明弘
Photo
依藤 寛人(Still)
渡邉 一生(Live)

2022年5月22日、服部緑地野外音楽堂で3年ぶりに開催された『MEETS THE REGGAE』。レゲエミュージックの祭典として多くのファンに愛され、15周年という大きな節目を迎えた関西を代表するフェスの一つです。今回はフェス当日のリポートも織り交ぜつつ、『MEETS THE REGGAE』を立ち上げたBAGDAD CAFE THE trench townの番長さんと、プロデューサーとして企画運営に携わる西平さんにインタビュー。唯一無二と評され、あの化学反応が起きまくるステージは一体どうやって生まれてきたのか!?そこに辿り着くまでの苦難や裏話、今後の展望などを、いろいろ聞いてきました。アーカイヴ配信などはないので、フェスに行けなかった人は悔しさしか残らないかもしれませんが、その悔しさと音楽愛はぜひ来年にぶつけてください。『MEETS THE REGGAE』に絶対行きたくなる、観たくてたまらなくなる、そんな2人の熱いソウルが詰まってます!!

出演してもらうアーティストさんの原曲を、毎回40曲以上アレンジ。出来上がった時はめちゃくちゃ楽しいけど、それまでは苦しさしかない。

関西が全国に誇るレゲエミュージックの祭典『MEETS THE REGGAE』ですが、まずはこのフェスを立ち上げたきっかけから聞かせてください!

番長:BAGDAD CAFE THE trench townを2001年に結成してから、ライブハウスやクラブなどでは自分たちがオーガナイズするイベントをしてたんです。でも、もっとおもしろいことがしたかったし、もっと大阪を盛り上げることがしたいなと。それを実現するにあたって、「自分たちしかできないフェスって何やろ?」って考えてたんです。アーティストさんはみんな自分に自信を持ってやってるし、僕らもレゲエというジャンルに特化してやってきた。ただ、レゲエ以外のジャンルのアーティストさんも好きやし、「その人たちがレゲエしたらどうなるんやろ?」という素朴な疑問から、自分たちが出演アーティスト全員のバックバンドをしようと思いついたんです。

『MEETS THE REGGAE』の醍醐味であり、唯一無二の部分ですよね。

番長:いろんなアーティストさんを呼んで、とにかくその日しかできないことをしたかったんです。みんな普段は自分のバンドでライブしてるけど、そうじゃなくてこの場所でしか見れないものがしたかった。それを続けたくて立ち上げたのが『MEETS THE REGGAE』なんです。

この日、この場所でしか見れないし、BAGDAD CAFE THE trench townがバックバンドをすることでアーティストさんとの化学反応も生まれる。それってすごい贅沢なこと。

番長:しかも経費削減にもなるし(笑)。バンドで呼んじゃうと、とてつもなく高くなっちゃうんで…。

西平:『MEETS THE REGGAE』に来てもらうのはボーカルの方だけやしね。

番長:1人だけなんで、移動費や宿泊費もコスパがよくて…。

西平:でも、コスパありきで企画したフェスじゃないやろ(笑)

番長:もちろん違うけど、よく考えるとすごく理にかなってるフェスやなと(笑)

BAGDAD CAFE THE trench townの番長さん。

しかも、スペシャル感がありまくりですしね。でも、「出演アーティスト全員のバックバンドする」とサラッと言いましたけど、めちゃくちゃ大変じゃないですか?

西平:自分たちの曲以外に、毎回40曲以上アレンジして演奏しないといけないですからね。アーティストさんの原曲のアレンジを考えてる時って、どんな感じなん?

番長:基本的にアレンジはバグダッドのメンバーみんなでやって、出来上がった時はめちゃくちゃ楽しいけど、それまでは苦しさしかない。「こんな感じはどうかな?」と聞いても、「原曲よりも良くないんちゃう?」と返ってきたり。とにかくすごくシビアに考えてアレンジしてる。

西平:やっぱり原曲を超えないといけないしね。

番長:本質的に原曲を超えてしまうことはできないねんけど、僕ら的にはその瞬間の勢いとか派手さとかを大事にしてて、そこに辿り着けたら「やったね!!」って感じかな。ただ、どうしても辿り着けない時は、「この曲は原曲っぽい感じを残しながらいきましょか」って(笑)

原曲って、そのアーティストさんのイメージとか、想いとかも詰まってるものだから、かなり繊細な作業になりますよね。アレンジする原曲は誰が選ぶんですか?

番長:アーティストさんと一緒に選ぶこともあるし、指定されたり、僕らが「この曲やりたい!」って伝えたり。さまざまですね。

毎回40曲以上アレンジするってことは、制作期間もけっこう費やしそうですが。

番長:ブッキングが決まってからすぐ着手するんですけど、8〜10組のアーティストさんの原曲を半年くらいかけてアレンジしてますね。

西平:今年の『MEETS THE REGGAE』が終わったら、すぐ来年の制作が始まるような感覚。なるべく早くオファーしても、こんなコンセプトでしてるからとにかく時間がかかるんですよ。

番長:僕はアレンジの制作もしてるからアーティスト側の人間でもあり、そうじゃない主催者側の動きや考えもあって、バクダッドのメンバーからは割と嫌われてたりもしてて(笑)

それはスケジュールを考えて、詰めたりもするからですか?

番長:それもありますし、アーティストさんからの原曲が予定とズレて届いた途端に「さぁやるで!」って急に始めたりするからですね。みんな「え!ちょっと待ってや」みたいな感じになるんですけど、「俺のせいちゃうんやん!」と心の中では思ってます。

西平:番長はアーティストさんの窓口もしてるから、さらに大変なんです(笑)

番長:フェスの当日とかも、リハーサルで言われてないことを突然言い出すアーティストさんもいて、聞いてないぞーと思いつつも同調して「よし!行こかー!」って(笑)。だから、メンバーからは「あいつはまたあっち側に行ったわ!」と言われてますね。

『MEETS THE REGGAE』の企画運営に携わるプロデューサーの西平さん。

大変ですね(笑)。心中お察しします…。リハーサルはいつ行ってるんですか?

番長:ほとんどの人が前日ですね。事前にアレンジした音源を送ってて、前日にちょっと合わせてみましょうって感じ。何かあればその時に調整しますけど、今まで1回も変更はありませんでしたね。みんな「これでお願いします!」って。

ちなみに西平さんはアレンジされた音源を事前に聴いてるんですか?

西平:前日のリハーサルで初めて聴きますね。毎回「すごい!こんなアレンジになるんや!」って驚きつつ、大変そうやなと思ったり(笑)。どちらかと言えば、当日のお客さんの感覚に近いかもしれませんね。「これはおもしろい!」と感じれるし、参加してくれるアーティストさんもおもしろがってくれる人が多いんですよ。

番長:オファーした時に「どうなんの?」「想像つかない」って言われることもあるけど、おもしろがってくれたり、新しい化学反応を楽しみにしてくれる人は多いですね。

西平が助けてくれるまでは、ステージ上でトラブル対応してた。演奏の真っ最中なのに、スタッフが来て耳元で伝言してくるんですよ…。

©渡邉一生

『MEETS THE REGGAE』の成り立ちや制作の裏話を聞かせてもらいましたが、運営していくのもすごく大変だと思います。西平さんはプロデューサー的な立場で運営に携わっていますが、いつ頃からジョインしたんですか?

西平:ボーカルのmaiちゃんが抜けたタイミングやんな?

番長:そうそう。実はBAGDAD CAFE THE trench townには闇の時代が一回あったんですよ。バンドのボーカルが抜けてしまうっていう…。

西平:まさかのインストバンドになってしまってたからね。

番長:どうしたもんかなと悩んでた時に、たまたま西平が近くにいたんですよ。かれこれ20年前くらいの付き合いで、「西平、助けてくれ!もう何ともできへんねん!」と相談したのがきっかけ。ちょうど10年前くらいですね。

西平:先輩が企画してたイベントを通じて番長と出会い、自分が<フレッドペリー>のイベントを企画した時に出演してもらったのを機に仲良くなったんですよ。偶然にも同じ歳でしたし、プライベートで『MEETS THE REGGAE』にも行ってましたし。

番長:それで、ほんとにいろいろ助けてもらいましたね。今まではバンドや音楽が中心だったけど、西平には街の人を繋げてもらい、もっとたくさんの人に協力してもらえるフェスになっていったんです。おかげさまで、ボーカルも無事に戻ってきましたしね(笑)

戻ってきてくれて良かったですね。西平さんは『MEETS THE REGGAE』のファンでもあったわけですが、実際に深く関わることで何か感じたことはありましたか?

西平:さっきも言いましたけど、リハーサルが想像以上に大変やなと。今までフェス当日の楽しさしか知らなかったから、「マジでヤバいやん!」状態でしたね。とにかく番長たちが制作に集中できるように、まずは裏方業務などを任してもらうようにしたんです。行政関連のイベントもしてたので街の人とも交流があったし、『MEETS THE REGGAE』にこれまでなかったいろんな繋がりを持たせて、バンド主体のフェスではなく、音楽好きが集まる街のイベント的に育てていこうと思いました。年1回のフェスですが、徐々にそういう風には認知されてきてるかなと。お客さんの年齢層も幅広いですし、家族連れも多いですからね。

番長:ほんとに助かってますね。それまでは自分たちの分も含めて50曲以上やりながら、ステージ上でトラブル対応までしてたんですよ。演奏の真っ最中なのにスタッフがやって来て、耳元で「今、受付でこんなトラブルありました!」と言うてくるし…(笑)

西平:「受付に○○さん来てますけど、ゲストで入れていいですか」とか?

番長:「いいよ!いいよ!もう入れてー!」って感じ。演奏中やのに、そんなことまで俺に聞くの?状態(笑)。全部やってたからストレスも溜まる一方だったし、「そんなこと聞くから集中力切れたわ!」みたいなこともありましたから…。今は、西平がいるおかげで安心して演奏に挑めますね(笑)

演奏中に耳元でそんなこと囁かれたら、確かに集中できないですよね(笑)。他にも印象に残ってたり、思い出深いエピソードってありますか?

番長:楽しかったこととか思い出深いことはあり過ぎますね。ただ、失敗系のエピソードで言えば、絶対に必要なものを忘れてしまうのは毎回あります。僕か西平のどっちかが忘れてるんですよ。

西平:フラッグとかね。

番長:ステージのメインになる飾りなんですけど、現地に到着してから「フラッグないやん!どうすんの!?」って。

西平:でも、服部緑地野外音楽堂は大阪市内からも近いんですぐに取りに戻れるんですよ(笑)

番長:現地に到着して1時間半くらいの間は、必ず誰かがいなくなってますね。あと、自分のことで言えば、たまに譜面を忘れてしまうことがあるんです。だいたい覚えてるので譜面がなくても演奏に支障はないんですけど、ないと不安。「ない!ヤバいやん!」って、めっちゃ焦ってしまいますね。

そんなハラハラする裏話も、この日、この場所にしかないことですね。今回の『MEETS THE REGGAE』は3年ぶりの開催になったわけですが、お2人の心境を教えてもらえますか?

番長:3年ぶりなので気合いは入ってますけど、そんなに若くはないから気合いだけっていうテンションでもないんですよ。開催に至ったのも、今足を止めたら動けなくなってしまうから、今動くしかないなと。業界的にもフェスの集客は完全に戻ってない状況だけど、そこを考えてしまうと立ち止まってしまいますからね。生きるために傷つきに行くような感覚ですね。

生きるために傷つきに行く。その言葉、すごく重いし深いです。

番長:でも、開催することを告知したら、楽しみにしてくれてる人がすごく多くて。

西平:ファンの方々からの反応はめちゃ感じますね。

番長:コメントでも「絶対に行きます!」とか「家族で行きます!」とかね。楽しみにしてくれてる子どもたちもいるんだなと。

西平:実は去年も開催することを50%くらいの確率で考えてたんですけど、僕ら世代のお客さんは家族連れが多いし、「こんな状況でも来てくれるかな?」と思って。番長も子どもがいてるし、そこを考えると無理する必要はないかなと思って断念したんです。ただ、今年は早い段階から開催する方向で準備してきましたね。

オンラインで開催するイベントもありますが、『MEETS THE REGGAE』はあえてその選択をしてませんよね。その理由って?

番長:普段のライブならオンラインでも大丈夫ですが、『MEETS THE REGGAE』に関してはやっぱりこの瞬間にしかないものにしたいんです。オンラインになると、その時のテンションで楽しめてしまうけど、それだと『MEETS THE REGGAE』の楽しみが伝わってない気がしてね。僕らとしては、そこは絶対に守りたいなと。服部緑地野外音楽堂の空気感とか、緑の清々しさとか、飲食ブースのある環境とか、トータルで感じてこそのフェスなので。

西平:ファミリーがいたり、いろんな街の人がいたり、朝まで仕事してた飲食店の人が疲れてるけど楽しそうにしてたり。集まる人たちも含めてですよね。

そして唯一無二のステージがあると。

番長:いろんなアーティストのステージが楽しめる、日常と切り離された空間ですからね。そこに浸ってほしいと思います。

この日、この場所にしかないものがある。それが『MEETS THE REGGAE』ですもんね。やっぱりリアルで楽しむのがフェスの醍醐味だなと思います。

西平:それと、個人的には出会いかな。ここでしか出会わない人もいたりして、年に1回顔合わすだけだけど「久しぶり!元気?」みたいなコミュニケーションが生まれるのも重要だと思うんですよ。そんな場所が変わらずあるのは、やっぱりイイなと。

それもオンラインとは違うリアルの良さですよね。個人的にはステージ上のアーティストさんが見せる汗とかも、ボルテージが上がっていくスイッチかなと思ったりもします。

西平:番長は毎回3回くらいTシャツ着替えてますよ。

番長:DJやMCタイム以外の4〜5時間は出ずっぱりやから。そりゃもう、べちょべちょになりますよ。

『MEETS THE REGGAE』当日のライブシーンをお届け。錚々たるアーティストたちとBAGDAD CAFE THE trench townが繰り広げるセッションは、まさに唯一無二です!

©渡邉一生

では、ここからは『MEETS THE REGGAE』当日の模様を、写真とともに振り返っていきたいと思います。3年ぶりの開催となる今回は、CHEMON、元ちとせ、韻踏合組合、JUMBO MAATCH・TAKAFIN・BOXER KID(Mighty Jam Rock)、奇妙礼太郎、lecca、蔡忠浩(bonobos)、Spinna B-ILLといった錚々たるメンツが集合。番長いわく「久しぶりの開催なので、みんなも僕らも思い出す感じでやりましょう!」ということで、過去の『MEETS THE REGGAE』に出演したことのある方々にオファーしたそう。それにしても、豪華すぎるメンツです。
 

©渡邉一生
©渡邉一生
©渡邉一生

オープニングアクトを務めるのは、もちろんBAGDAD CAFE THE trench town!ボーカルのmaiの歌声が響き渡ると一気に会場のボルテージもアップし、のっけから圧倒的な盛り上がりを魅せてくれます。
 

©渡邉一生

そして、ここからが『MEETS THE REGGAE』の真骨頂であり、唯一無二のスタイルであるゲストボーカルを招いたステージがスタート。2023年の春に解散することを発表したbonobosの蔡忠浩が登場し、陽気なSKAチューンから代表曲とも言える「THANK YOU FOR THE MUSIC」を披露。
 

©渡邉一生

続いて登場したのが奇妙礼太郎。「機嫌なおしておくれよ」で会場のノリをさらに上げていき、最後は「赤いスイートピー」でしっかり聴かせて締めるというセットリストの妙がたまりません。
 

©渡邉一生

そこからバトンタッチした元ちとせは、さすがの歌声。中でも代表曲の「ワダツミの木」は圧巻のステージで、オーディエンスもスタッフも含めて会場全体が聴き入ってしまうほど。
 

©渡邉一生

DJタイムではSundayカミデが読書Rub-a-dubを披露。キングカズや吉川晃司などの著者から気になったフレーズを即興で歌うスタイルで、会場では笑いが起きるシーンも!ちなみにサウンド担当のTAKUYA Listen to meからは、「やりにくいわー(笑)」という言葉が思わず漏れちゃうほど、会場全体が陽気なグルーヴに包まれていくのでした。
 

©渡邉一生

会場の熱気が上がる中、MCを務める加藤真樹子さんが呼びかけてステージに飛び込んできたのが、CHEHON。いきなり「韻波句徒(インパクト)」を歌い上げたかと思いきや、畳みかけるようにKEMURIの「ohichyo」をカヴァー。レゲエディージェイがレゲエバンドの演奏をバックにスカパンクバンドの曲をカヴァーするという演出に、会場は一気にブチ上げ状態へ。
 

©渡邉一生

からの、Spinna B-ILLの登場で会場のボルテージはもう一段階アップ。「REGGAE TRAIN」や「幸せの実」、「ライオンの子」というキラーチューン連発で、オーディエンスも最高のバイブスを感じたはずです。
 

©渡邉一生

そして、烈火の如く登場したのが、力強さとアーバンな歌声を響かせるlecca。Jリーグ・サガン鳥栖の2022年シーズン公式サポーターズソングでもある「0→1」も披露し、お馴染みのタオル回しで会場の一体感もますます高まっていきます。
 

©渡邉一生

『MEETS THE REGGAE』ではお馴染み、大阪の老舗SKAイベント『OSAKA SKANKIN’NIGHT』の名物DJ YONEのターンでは、キラーで粋なSKAチューンはもちろん、軽妙なMCにvongsignhornsも加わり、ライブの合間の会場を思いっきり楽しませてくれました。
 

©渡邉一生
©渡邉一生

この日、この場所だけのフェスも徐々にフィナーレへと向かいつつある中、ステージに立ったのが韻踏合組合。ヒップホップとレゲエの親和性の高さをいかんなく楽しみつつ、バグダッドのボーカルのmaiを迎えて「FIRE」も披露し、「一網打尽」で会場は完全に爆上げに。「NEVER DIE」を歌う時にはJUMBO MAATCHやTAKAFIN、BOXER KIDもステージに飛び込み、この日最高潮の盛り上がりに到達。レペゼン大阪の圧巻のステージ、熱すぎます。
 

©渡邉一生

そんな着火状態のステージを引き継ぎ、JUMBO MAATCH、TAKAFIN、BOXER KIDがライブ。「これぞレゲエディージェイ!」「これぞMEETS THE REGGAE!」と思わせるセッションの嵐で、会場はお祭り騒ぎさながら!
 

©渡邉一生
©渡邉一生
©渡邉一生
©渡邉一生

そして、最高のステージのトリは再び、BAGDAD CAFE THE trench town!ボーカルのmaiが会場を煽る言葉を紡ぎながら、最後の最後までオーディエンスのボルテージを上げていきます。この日、この場所、このライブをずっと楽しみに待ってた人たちとの一体感、まさに最高以外の言葉が見つからないステージでした。

maiが伝えた、「配信とかやってきたけど、今年もMEETS THE REGGAEないんやって言われて心苦しかった。忘れられていくんちゃうかと不安にもなった。でも、この景色をまた見れて、みんなでまたこの場所で出会えたことに感謝と愛しかない。今年をきっかけにまた毎年できると信じてるし、どうかぜひ、遊びにきてください。心から“愛”と“愛”と“愛と感謝”を」というメッセージ。『MEETS THE REGGAE』に集まったみんなの胸に、深く届いたと思います。

ファンの1人として思うのは、これまでのアレンジ曲をまとめたものを作ってほしい。多分、めちゃくちゃ大変やろうけど(笑)

3年ぶりの開催を大成功で終えた『MEETS THE REGGAE』。最後に、お2人が描くこれからの目標や夢を教えてください!

番長:30年、40年経っても色褪せてなかったらいいなと。続いてたらいいなではなく、色褪せなければいいなと思うんです。お決まりのことをするよりも、ちゃんとおもしろいことがしたいし、どんどん新しいことをしていきたい。

出演アーティスト全員のバックバンドをするスタイルで続けていくだけでも十分な価値はあると思いますが、さらなるアップデートに期待と楽しみしかありません。新しい試みと言えば、少し前にはなりますが2018年に横浜でも『MEETS THE REGGAE』を開催してましたよね?

西平:横浜のレゲエシーンも熱いのでチャレンジしたんですけどね…。

番長:イケる手応えはあったんですけど、僕ら自身が横浜にいませんからね。地盤がないし、やっぱ無理やなと。僕らのホームタウン、大阪でやるからこそ意味があるんやなと。だから、すぐに撤退しました(笑)

やってみないと分からない肌感覚のようなものもありますしね。色褪せないようにするという目標は大変だけど、そこにはアーティスト冥利に尽きるものがあるのかなと思います。

番長:バグダッドとは別で、藤原ヒロシさんともバンドを組んでるんですが、あの人はずっと色褪せないし、古くもない。常に新しいことを模索してるので、僕もその感覚で『MEETS THE REGGAE』をやっていきたいなと思ってますね。

簡単には真似できないフェスですし、すごく丁寧に作り込まれてる。それに出演するアーティストへのリスペクトもハンパない。そんなフェスに対する番長さんの想いも強いからこそ、お客さんたちもこのフェスへの愛が強まっていくんだと改めて感じました。

西平:お客さんたちも『MEETS THE REGGAE』が好きすぎるし、終演するのがイヤすぎて、「あと2曲やってー!」という声もよく聞こえるんですが、そこは無理ですって(笑)

番長:それはマジで無理なんですよね。

西平:番長たちの苦労を知らん時は、「2DAYSでやったらいいやん!」とか平気で言ってたんですけどね。

番長:むちゃくちゃ言いますからね。ほんと無理なんですよ。2DAYSで20アーティスト呼んで、100曲アレンジ…、「アホか!そんなんできるかー!」ですよ(笑)

ファンとしては切望したいところですが、番長の体が持ちませんよね(笑)。ちなみに、まだ来年のことは未確定かもしれませんが、今後オファーしてみたいアーティストさんはいるんですか?

番長:個人的には相川七瀬さん。意外とレゲエとシンクロすると思うんですよね。それと、何度かオファーしつつもなかなか実現できていないのが、ELTの持田香織さん。彼女はジャズにも造詣があるし、レゲエともマッチするんじゃないかなと。まぁ、来年のラインナップも楽しみにしててください!

今から待ち遠しいです!西平さんは、プロデューサーという立場としてこれからの『MEETS THE REGGAE』で実現したいことはありますか?

西平:アーティストさんとの相性もありますけど、『MEETS THE REGGAE』のスタイルがあるからこそ、バグダッド自体もチャレンジできる若手アーティストさんとかも呼びたいなと。例えばバグダッドが目的じゃなくても、「この人を観に来たけど、あの人のライブもよかったし、バグダッドも最高やん!」という感じで、ファンをどんどん広げていきたいと思ってます。

新たな化学反応がさらに起こりそうですね。

西平:あとは、権利関係もあるから実現性はかなり低いかもですが、これまですごい数のアーティストさんとフィーチャリングしてきてます。それをまとめてカタチあるものを作りたい!僕もファンの1人として、いつか作ってほしいなと思ってるんです。番長、どうかな?多分、めちゃくちゃ大変やろうけど(笑) 番長:それはやりたいけど………、めちゃくちゃなこと言うなーほんまに!


<番長と西平さんがお気に入りのお店>

小皿Kitchen cocoro(大阪市中央区東心斎橋)
ヒロカワテーラー(大阪市中央区平野町)
うれしい居酒屋 酒歌(大阪市西区新町)

ミュージシャンやアーティストたちを全力で応援してくれる、僕たちのアニキ的な存在の街の人気店です!

Profile

番長

日本を代表するレゲエバンドBAGDAD CAFE THE trench townをはじめ、BAGDAD RIDDIM SECTION、AFNICA、ワンダフルボーイズ、Z番長などさまざまなバンドでドラムを担当。藤原ヒロシ氏のバンドにもドラムとして参加している。2007年に『MEETS THE REGGAE』を立ち上げ、同フェスの中軸として日本のレゲエシーンを盛り上げている。

- BAGDAD CAFE THE trench town
Instagram Twitter Facebook WEBサイト

- MEETS THE REGGAE
Twitter WEBサイト

Profile

西平 幸胤

DENBAK-FANO DESIGNに所属するディレクターとして、フレッドペリーをはじめとする国内外のブランド、行政関連のイベントなどを手がける。2011年から『MEETS THE REGGAE』にプロデューサーとして参加し、企画運営を担う。

http://www.denbak-fano.com/

share

TWITTER
FACEBOOK
LINE