Interview & Writing
室賀 聡子(RCKT / Rocket Company*)
Photo
山本 光恵

合言葉は「ロックンロール!」。兵庫県西宮市出身の3ピースバンド N’夙川BOYSが突然の活動休止を発表した2016年、メンバーのリンダdada、マーヤLOVEは「リンダ&マーヤ」を結成し、ユニットとして音楽活動を開始。19年にはパルコの50周年テーマソングを手がけ、変わらぬ熱量とメロディセンスが炸裂した楽曲『50’YOUTH』で話題をさらいました。現在もマイペースに音楽活動を継続中。今回は、2人が通っていたという思い出のビストロにお邪魔してインタビューを敢行。マーヤさんの地元である西宮の話から最近の音楽シーンの話まで、たっぷりお届けします。

音楽を始めたのも、チーズ×蜂蜜の味を知ったのも西宮

こちらの『Bistro de NATURE』さんには、どのくらい通ってらっしゃるんですか?

リンダ:どれくらいやろ、思い出されへんくらい前から来てる。

マーヤ:10年以上前かな。僕がね、店出てすぐ目の前くらいの、ガールズバーの上に住んでたんですよ。通ってるうちに自然と僕たちのこと覚えてくださって、だいたいいつもこの席に座ってました。

久しぶりに食べるパスタとピザの味に、思わず笑みがこぼれる2人。

リンダ:美味しくて安くて、最高なんです。私はウニのパスタが好き。2人でランチが多かったけど、友だちとディナーに来ることもあって。

マーヤ:誘ってもらえなかった日は「ちぇっ」って気持ちになるんですよね。人生において、そういうお店って少ないじゃないですか。僕は普段からあんまり外にも出ないし。

リンダ:ロンドンとか、台湾とか、海外ツアーに行って帰ってきた後の打ち上げとして食べに来たり。

マーヤ:ここに来ると、不思議と切り替えられるんですよ。「はい、というわけで日本帰ってきました」って感じで。味は洋食だけど、僕らにとっては故郷の味ですね。

このチーズのピザもめちゃくちゃ美味しそうです。

マーヤ:これ食べたことありますか? 僕は、クアトロフォルマッジというピザをここで初めて知ったんですよ。食べる前は、そんなんチーズに蜂蜜かけてうまいわけないやん、と思ってまして。それで食べたら、もう、めちゃくちゃうまい!っていう。衝撃でしたね。

ブルーチーズのクセがたまらない、クアトロフォルマッジ。
ウニがたっぷり乗ったペペロンチーノ(大盛り)。

リンダ:よかったら皆さんも食べてみてください。ぜひ。(店員さんに)すみませーん! フォークとお皿追加でください。

ありがとうございます! お2人はお酒も飲まれるんですか。

リンダ:私は飲みますけど、マーヤは下戸です。

マーヤ:下戸って言うな! でもね、お客さんから差し出される時はあるんです。僕がやってるKING BROTHERSってバンドのライブ中は、客席から一升瓶が届くことがあって。ノリで一気に飲んで、あとで大変なことになったり……。

それは心配です。お2人にとって関西で一番思い出深い場所はどこですか?

マーヤ:僕はもう幼い頃からずっと西宮なんで。音楽をやり始めた街やし。阪神大震災もちょうど高校生の時にくらったし。切っても切り離せない場所ですね。もともとはこの辺の街並みも下町っぽさがたくさん残っていましたが、震災後は最新の耐震設備を備えた新しい建物が増えていき、嘘みたいに便利になり続けている印象があります。

リンダ:引っ越した後に、急に便利になったよな。

古き良き昔の街並みと、今の西宮、どちらがお好きですか?

リンダ:どちらも好きです。便利なのもやっぱいい。

マーヤ:伝統をもって未来を創る。我々が敬愛する、ヴィヴィアン・ウエストウッドのデザインコンセプトのような街になると良いなと思います

リンダ:私は生まれが沖縄なんですけど、大阪の生活が長くて。西宮に住み始めてすごくよかったのは、スイーツとパンが美味しいことですね。

マーヤ:それはほんと、リンダのおかげで気付けました。老舗も、新しい店も、オリジナルで美味しいパンを作ってる店がたくさんあってびっくりしましたね。

リンダ:なんか、夙川に集まってるんですよね。甲陽園〜苦楽園〜夙川〜香櫨園〜芦屋にかけてくらいまでが、激戦区。

マーヤ:当時マネージャーをしてくれてた若い子が、パン大好きだったんですよ。ツアー帰りに「パン食べたい?」って聞いたら「食べたいです」って言うから、朝8時くらいでばり眠いのにみんなでパン屋巡ってな。その時に食べた、焼き立ての塩パンがめっちゃうまくて。その子は興奮して、車運転しながら黙ってハンドルをバンバン叩いてたんですよ。おもろかったな(笑)。

リンダ:そうそう。それくらいうまかった。

熱量を保ちながら変わり続ける、関西の音楽シーンを見つめて

キュウソネコカミやあいみょんなど、西宮出身のミュージシャンの活動も盛り上がっている印象です。

マーヤ:僕たちより若い世代で、新しくて面白いことをしようとしてる子が出てきて嬉しいです。そういう子らがまだ出始めの頃、地元や県外で計画された自主企画ライブに参加してくれたり、気づいたら僕たちを大いに追い越してくれてたり(笑)。キュウソのセイヤ君は家も近所だったし、少し前まで、電話かけて「暇してんやったらラーメン食べに行こうよ」って気軽に言えてたのに、いつの間にか、そういう電話したらまずいみたいな感じになってたな。

リンダ:早かったな。

マーヤ:KING BROTHERSでは「西宮」って声を大にして、N'夙川BOYSではバンド名に「夙川」を入れて活動してきたけど、僕らが言わなくても面白い奴が出てきたんだなあと。これからもどんどん出てくると思うから、西宮市のえらい人には、そういう西宮のROCKCITY化にいち早く気付いて頂いて、あらゆる世代のあらゆる表現者達がどんどんこの街から育つ土壌を築いていけるような協力をしてもらいたいですね。

お隣、大阪のシーンはいかがですか。

マーヤ:リンダ&マーヤのサポートでドラムを叩いてくれてる和田シンジ君は、今は東京にいるけどもともと大阪でがっつりやってきてて、彼の周りはもうとにかく面白い人ばかりですね。いわゆる“関西ゼロ世代”と呼ばれる、あふりらんぽとかオシリペンペンズとか。当時音楽好きの子がみんな夢中になってた、そういうヤバい人たちを先輩に持った大阪の若い子は、今も先輩たちの精神をしっかり受け継いで、気合を入れてのびのび独自に個性を磨き続けてる気がします。

リンダ:ライブに来るお客さんも、耳が肥えてて厳しい人が多い印象やし。

マーヤ:「お前ら兵庫やろ? まあまたすぐ見れるやろ」って感じで、おもんなかったらすぐ帰る(笑)。もちろん、よかったらぐしゃ〜っとなってくれるけど。

リンダ:会場をあっためるまでのハードルが、大阪は高い気がします。東京でライブする時の方が、ウェルカムな雰囲気を感じますね。

関西の若い世代のミュージシャンたちと交流する機会もありますか?

マーヤ:20そこそこの若い子たちと対バンすることがあって、たまに仲良くなった奴の相談に乗る機会があるんですけど、音楽に対するやる気とか熱量とかって、10年前だろうが今だろうが変わらないはずじゃないですか。だけど、その熱量をどうやって世に広げていくかとなると、選択肢の違いが大いにあるなって。

リンダ:サブスクだね。出身が関西ってこともわからないくらい。

マーヤ:それもそう。例えば僕らは、CD出したい、全国行きたいってなった時、実現するためにはメジャーレーベルやマネージャーという協力者を探すことが重要だったけど、今はそうじゃない。全部自分でできる時代じゃないですか。海外ではもうほとんど無いけど、日本にはまだCDを作る考え方が残ってるから、若い子も自分で録音してCD売ってるんですよ。プレスに出さずに、自分のPCで焼いたCD-Rで、ジャケットも手作り。それをライブとかネットで1000円で売ってるのを見ると、「もっとアホみたいにいろいろ考えて、多少お金がかかったとしてもこだわればいいのに」って思っちゃうんです。簡単に音楽できるようになったからって、そのまま簡単に世に出したってしょうがないでしょって。もちろん配信になってよくなったこともたくさんあるけど、「パッケージにはとことんこだわった方が楽しい」ってことはよく言ってますね。

2人が着ている革ジャンは、時代を超えてロックスターたちから愛され続ける、ロンドンのルイスレザーズでオーダーメイドしたもの。

“公園”で奮闘しながら完成したパルコ50周年テーマソング

お2人が50周年テーマソングを手掛けたパルコが、昨年、心斎橋に再オープンしたのをご存知ですか?

リンダ:もちろんです。行ってきました。

マーヤ:いつの間にか出来てて、びっくりしました。ここか!って。前のパルコはもうちょっと商店街の入り口だったよな。その頃にあった心斎橋クアトロ(※2011年に惜しまれつつ閉館)が、とにかく大好きやったなあ。

リンダ:よかったなあ、あそこ。閉まっちゃう前に一度だけ、N’夙川BOYSでライブさせてもらったんですよ。その時にサインした楽屋の壁が、今は梅田クアトロに飾ってあって。

50周年MOVIE 「We are PARCO. ~それぞれの街に、50年目の、新しいパルコ。~」

テーマソングになった『50’YOUTH』はもともと温めていた曲の歌詞をアレンジして完成したとお聞きしました。50周年ムービーの監督をされていた箭内道彦さんとは、歌詞に対してどんなやり取りがあったのでしょう。

マーヤ:すごくありがたいお話でした。ただ、歌詞を仕上げるまでの一か月間は本当に苦しくて……箭内さんがめちゃくちゃ厳しかったんです(笑)。何度もダメ出しがきて、「こういう内容を盛り込んでくれ」ってリクエストがメールで毎回来るんですけど、例えばAメロの尺に対してそれが膨大過ぎて、「言いたいことはわかるけど全然足りひん!」ってなったり。そういうことを繰り返してブラッシュアップしていきました。

リンダ:横で見ながら、大丈夫か、いけんのかって心配してました。

マーヤ:ベースになったのは『SADISTIC'YOUTH』って曲で、その歌詞がどんどん変わっていくことに途中心が折れそうにもなったけど、そもそも50周年を迎えるパルコが“多様性”を大事にしてるってことを思い出して、「ここで箭内さんと喧嘩したらあかん」と思って(笑)。リンダとマーヤと箭内さんが集まって意見をぶつけ合い、イエーイ!ロックンロール!ってやってる公園、それがPARCOなんやって思って作り続けました。(※PARCOはイタリア語で公園)

リンダ:後日、B面に原曲を入れた形でリリースしたんです。どちらも聞き比べてほしいなって思ったし。

マーヤ:全く同じメロディで全然違う歌詞を楽しめる、今までにない面白い1枚になったと思います。とにかく苦しかったけど、オファーを頂き感謝の気持ちでいっぱいですね。

コロナで先行きが見えない日が続きますが、今年はどんなことをしたいですか?

リンダ:また台湾に行きたいなあ。台湾は、リンダ&マーヤで3回くらいライブに行かせてもらって思い出深い土地なんです。

マーヤ:初めて演奏したのがTCRCって台南のライブハウスで、そこがすっごいよかった。その後、紹介してもらった高雄や台中のライブハウスを回ったりしてな。

リンダ:ご飯も美味しいし、最高やったな。すぐにでも行きたい。

マーヤ:あと今年は、ファーストアルバムを出せるように頑張りたいです。僕たちミニアルバムまでしか出せてないんで。新曲もどんどん作りたいし。

それは楽しみです。ライブを観れる日も近いですかね。

マーヤ:コロナだろうがなんだろうが、呼んでもらったら容赦なくライブしに行きますんで。もうね、毎日「俺は絶対大丈夫や!」って思って行動してかないと、電車すら乗れなくなっちゃいますからね。自分なりのソーシャルディスタンスを保ちながら客席にも行きますよ。楽しみにしててください。また、ライブ会場で会いましょう!

Profile

リンダ&マーヤ

兵庫県西宮市出身。3ピースバンドN’夙川BOYSの活動休止発表を経て、リンダdadaとマーヤLOVEで2016年に結成したロックンロールユニット。17年、1stミニアルバム『LIFE IS ACTION!』をリリース。DMBQ、 巨人ゆえにでかいで活動している和田シンジをサポートドラマーを迎え、フェスやライブに出演。19年、パルコ50周年ムービーのテーマソング『50’YOUTH』を手がける。カップリングに原曲の『SADISTIC’YOUTH』を加え、自主レーベル『R&M RECORDS』よりCDとアナログ盤をリリース。

share

TWITTER
FACEBOOK
LINE