Interview & Writing
前出 明弘
Photo
新田 さやか

11月18日(金)から『ASITA_ROOM』で始まる窪塚洋介さん初の陶芸作品展、その名も“陶芸やんか”。窪塚さんのキャリアはもはや説明不要だろうし、振り返る必要もないけれど、いつも新しい刺激を求めて走り続ける姿は、同じ時代を生きる僕らにも確かな刺激を植えつけてきてくれました。そんな窪塚さんの新たな挑戦が、陶芸。強烈な個性と、自由でエキセントリックな表現力から放たれる作品は、一体どんなものなのか。開催を約1ヶ月前に控えたとある日、焼き上がった作品と初対面するタイミングでインタビューを行いました。丹波焼の伝統ある窯元、丹文窯の大西雅文さんの協力を得て作った30点以上の作品には、誰にも真似できない“個”の強さ、魅力が凝縮。まさに、一つひとつが、窪塚洋介そのものです。開催まであと少し、陶芸と向き合った窪塚さんの想いを読みながら、胸を踊らせて待っててください。個展で作品と対峙した時、きっと、すごくポジティブなパワーをもらえると思いますから。

ミルクを混ぜる行為はできても、その混ざり方は誰もコントロールできない。そんな感覚で、あとは野となれ山となれって感じで作っていった。

そもそも窪塚さんが陶芸を始めたのには、どんなきっかけがあったんですか?

マサ君(丹文窯の大西雅文さん)と共通の友だちがいて、「子どもに陶芸させるの良いよ」っておすすめされたので、紹介してもらって丹文窯に家族みんなで遊びに行ったんです。その時に自分もやってみると、すげえ良いなと思って。

直感的に何かを感じたと。

みんながよく言う土に触れる良さも体感できたし、ろくろを回すスピードはコントロールできるけど、そこにはえもいわれぬ触感があって、その感覚を知れたことがおもしろかった。それに、ろくろだけで作るんじゃなく、手びねりとかいろんなアプローチがあるのも良いなと。

なるほど。窪塚さん自身が陶芸に興味を抱き、奥深い世界への扉を開けようとしていた中で、今回の個展“陶芸やんか”は、どういった経緯で実現したんですか?

とある映画にアシタノシカクの藤井さんも出演されてて、そこでご縁をいただいて。何度か飲みに行ってるうちに、藤井さんから「うちにギャラリーあんねん。洋ちゃん、何かやれる?」って誘われたんです。その時に、「陶芸をちょっと。と言っても2、3回のレベルですけど、焼いたのもあるんですよ」みたいな話をしてたら、「それ、ええやん!」って流れで。そこからアシタノシカクのガクさんも紹介してもらい、今に至ってます。すべてはご縁ですね。あとは、芸能人で良かったなと(笑)

陶芸を始めたのも、個展をするに至ったのもご縁ですし、でもそこに導かれる何かがあったのかもしれませんね。個展タイトルの“陶芸やんか”は、ガクさんが「この名前でいきたい!」とお願いしたと聞きました。窪塚さんが語ってた、あの「ピースやんか」のオマージュとして。

それで良ければ、どうぞどうぞという感じで。ご縁で生まれてる話なので、藤井さんやガクさんの良きようにしてもらえれば本望だし、自然の流れにゆだねた結果、こうなりましたってことですから。

今回の個展に向けてかなりの数を制作されましたが、いきなりたくさん作るのは大変じゃなかったですか?

手びねりする時にマサ君がいろいろアドバイスしてくれたんですが、「大胆に!躍動感を出すように!」って言われて、初心者に躍動感なんて出せねーって思ってました(笑)。でも、土をブリッと取って実践してくれる姿を見て、そういうことかと直感で理解できたので、俺もブリッと土を取って制作を始めたんです。その感覚で作れたから、これだけの数が生まれたと思いますね。

直感を大切にして自由に制作できたんですね。

そうですね。例えは良くないかもしれないけど、コーヒーにミルクを混ぜるみたいな。ミルクを混ぜる行為はできても、その混ざり方は誰もコントロールできない。そんな感覚で、あとは野となれ山となれって感じでした。ただ、釉薬を塗ったり、火入れしたり、仕上げはすべてマサ君がやってくれていて、俺は造形をしただけ。水晶を入れたり、ネックレスを巻きつけたりとか、訳の分からんアプローチはしてますが、マサ君が最終的に仕上げてくれてるので、そこは誤解のない方がいいと思います。

窪塚洋介×丹文窯 大西雅文の夢の合作ですね。大西さんは「洋介君は土のコンディションをすぐ理解して、造形もすごいセンス。当日はお互いノープランで挑んだけど、身につけてるものを使ったりして、めちゃ良かった!」と言ってました。

土と向き合いながらイカサマ整体師みたいな感じで、造形の仕上げにいろんなアイテムをつけたんです。水晶やネックレスは最終的には溶けてしまったものもあるけど、結果的に謎の模様が生まれて、それはそれで良いなと。結果オーライ主義ですね。

そのグラスがネックレスを巻きつけたやつですよね?せっかくなんで、ちょっとビールを注いで飲んでもらえれば(笑)

これもネックレスは溶けちゃったんですけど、今回作った中では唯一のグラスなんですよ。

どうです?

いやー……、めっちゃ良い!それに、ビールがうまい。ビールの味もグラスで変わるんだなーと。

ご自身で作ったものだし、なおさらですよね。では、軽く飲みながら引き続き陶芸のお話を聞かせてください!

作業一つひとつにエネルギーを費やしてるのに、エネルギーをもらってるような感じもあった。それが、直感的に感じた素直な気持ち。

今回の個展用に30点ほど制作されたと聞きました。けっこうな数ですが、どれくらいの時間で作ったんですか?

造形だけですが、6時間くらいかな。めっちゃ楽しくて、一瞬でしたね。

それだけ集中して作っていると、疲労感もあったのでは?

土にエネルギーを吸われてるのか、もらってるのか分からないけど、エネルギー交換をしてるような感覚はありましたね。形のないものをあるようにしたり、切り糸で切られたブロック状の粘土がゼロか1かは別として、そこから自分の好きな形に変えていったり。作業一つひとつにエネルギーを費やしてるのに、もらってるような感じもあったかな。

手が土に触れてるから、繋がってますもんね。

俺が陶芸を語って良いかは分からないけど、直感でそういうのを感じたのは素直な気持ちなんでね。ほんと奥深いなと思ったし、何千何万年もの歴史がある陶芸を継承する者の一人にマサ君がいて、すごい人間の文化というか、陶芸って活動の根源的なものだなと。縄文土器とかもそうだし、自分たちが暮らすためのものから、そこに美しさを求めたりしたわけじゃないですか?そう改めて思うと、ほんとすごいものなんですよ、陶芸って。

確かに、日本の焼き物文化は縄文土器から始まってますし、その歴史が今も生きてますもんね。そんな奥が深すぎる世界に窪塚さんも足を踏み入れたわけですが、焼き上げる火入れの現場にも行ったんですよね?造形するのとはまた違う世界があったと思いますが、どうでしたか?

とにかくめちゃくちゃ熱くて。マサ君に会った時は、顔真っ赤にしてたから「この人、飲んではるわ」って思ったんですけど、それは火の影響だったんですよ。だから、心の中で「なんかゴメン。酒と思ってたわ」と謝っておきました(笑)。夏だったし、秒で汗も噴き出るし、文字通り半端ない熱量がそこにはあったんです。登窯がナウシカの王蟲みたいに見えて、得体の知れない巨大な生物が煙を吐いてる姿はほんと圧巻。その胎内で、こんな繊細で素敵なものが仕上がってたんですからね、すごいですよ。

火入れ作業もされたんですよね?

お手伝い程度ですけど、火入れってかなり荒々しい作業だなと。薪をバンバン放り込んでいくんですけど、その先にはもちろん作品があるわけで、「大丈夫かな、当たったりしないんかな?」と普通は思いますよね。で、マサ君に聞いたら、「当たることもあるで!」って。「え、あるん!?」みたいな(笑)。めっちゃ心配になるくらい荒々しい作業で、びっくりしましたね。

薪が当たるか当たらないかも、自然に委ねる感じなんですね。それは驚きです。窪塚さんが造形して、火入れも手伝った作品とは今日が初対面になりますが、率直な感想を聞かせてもらえれば!

めちゃうれしいですよ。マサ君のこと、もうちょっと好きになったかも。嫌いだったわけじゃないですよ(笑)。改めて焼き方、仕上げ方、すごいと思いました。いろんなものをつけてたから、マサ君自身も焼いてみるまでは分からない状態だっただろうし、対面してナチュラルに興奮してます。

大西さん曰く、「自分の作品より心配した!」そうです。

いやいや、アカンやん!

それだけチャレンジングな造形だったからじゃないですかね。でも、一つひとつにすごい表情がありますし、ディテールにも見入ってしまいます。

引いて見た時の良さ、近づいて寄って見た時の良さ、その両方があるなと。持った時の重みとか、手触りもそう。

「陶芸家じゃない良さがあふれてて、土と出会って遊んでる感じがする」と、大西さんやガクさんも言ってました。

確かに、思いっきり土と遊んだ気はしますね。

個展に来るお客さんも、窪塚さんが楽しんで作ったことが伝わると思います。実際に触れることはできるんですか?

ガクさんたちと今相談中ですけど、購入を検討していただける方には触れてもらえればと。スタッフさんに声をかけてくださいって感じで。でも、万が一割った場合は、強制販売です(笑)

ドキドキしますね(笑)。どの作品も唯一のものだし、やっぱり触れることで窪塚さんのエネルギーも感じられる気がします。まずは、ぜひ、間近で見てもらいたいですね。

僕の手の平の微生物もそれぞれの作品に入ってるし、きっと良い仕事してるはず。改めて見てると、一つひとつに名前をつけたくなってきましたね。いや、名前つけます!

それは楽しみ!

中村とか、田村とか、超普通の名前にしようかな。

同じ苗字の人は、絶対に欲しくなりそう(笑)

いやいや、ギャグですよ、ギャグ。モニュメントバレーをイメージした作品は、実際にそこのてっぺんにある石を使ってるから、それ的な名前にしてもアリだし、アシタノシカク的な名前のつけた作品があってもいいし。

作品に名前があると、お客さんはもちろん、窪塚さん自身もさらに愛着が出そう。皆さん、作品にどんな名前がつけられるかはどうぞお楽しみに!

ちょっとでもより明日が、より自分が、より世の中が良くなるきっかけになりたいと思ってて、前向きに生きるとかもそうだけど、それらを凝縮した形みたいなものが今回の個展でもある。

では、11月18日から始まる“陶芸やんか”を楽しみにしてるファンやお客さんに向けて、メッセージをお願いできればと。

陶芸が好きでも、普通ならこんなギャラリーで個展がやりたくてもやれない人がたくさんいる。今回、初めて焼いたものと2回目に焼いたものを見てもらえる機会を与えてもらえたのは、すごくありがたいこと。それもご縁だし、「俺はこんな作品を作ったんだ」と胸を張って言いたい。個展ができることにほんと感謝してるし、もっと突き詰めると、土とか腸活とか自然とか、根源的な大事なものに触れる機会でもあり、それが顕在化した姿が今回の個展。ポジティブで前向きで、楽しくて元気なメッセージがいっぱい入ってる作品なので、それも受け取ってもらいたいですね!

しかも購入もできますし、誰かの暮らしの中の一部になれば、窪塚さんも作品も本望ですよね!窪塚さんが今回個展をすることで、今まで土に触れてこなかった人、陶芸に興味を持ってなかった人にも、新しい好奇心が芽生えるのかなと思います。

ちょっとでもより明日が、より自分が、より世の中が良くなるきっかけになりたいと思ってて、前向きに生きるとかもそうだけど、それらを凝縮した形みたいなものが今回の個展でもあるんです。だから、俺自身も胸を張って送り出した作品ばかりなので、ぜひ楽しんでもらえれば。

11月18日(金)にはオープニングパーティー、11月25日(金)には大西さんとのトークイベントもありますね。

マサ君と対談か……、というか飲み会にしましょう!飲み会にね。「そうだよねーマサ君」、「うん!」みたいな、ナチュラルな感じで!

それ、なおさら楽しみです!11月18日(金)のオープニングパーティー、11月25日(金)のトークショーはチケット制で、『ASITA_ROOM』のサイトで10月21日(金)から販売されるので、ぜひCHECKしてください!それでは最後は、窪塚さんが“陶芸やんか”に向けて綴った言葉で締めたいと思います。皆さん、ご一読を!!


時は「令和」戦慄の最中。
何が本当で何が嘘なのかとっくの昔にうやむやになって、“カオス”なんて言葉じゃ追いつかなくなった、
そんじょそこらの大作映画じゃ越えられない現実の物語が今この瞬間も進行中。

はてさて、その頃ワタシは…
いつものように出来る限りなにごとにも感謝して生活し、目の届く、手の届くことを何よりも大事にしながら、土に触れてみた次第であります。
今この目の前にある土に深呼吸して向かい合い、大先輩の億千万の微生物に敬意を払いながら、
望む未来を手繰り寄せるようにこの最初で最後かもしれない『ASITA_ROOM』での個展に臨む。
偶然は必然。すべてご縁。

窪塚洋介 2022.初秋


<INFORMATION>

窪塚洋介 個展 “陶芸やんか”

会期: 2022年11月18日(金)〜11月27日(日)
場所: ASITA_ROOM(大阪市中央区北浜東1-12 千歳第一ビル2F)
時間: 12:00〜20:00(イベント実施日は18時まで)
料金: 入場無料(イベントは除く)
 

イベントについて
・オープニングパーティー 11月18日(金) 18:30〜21:00
窪塚洋介振る舞い酒+食:ソウダルア(チケット30枚)

・トークショー&懇親会 11月25日(金) 18:30〜21:00
窪塚洋介×大西雅文(丹文窯)(チケット25枚)

※各会参加料 ¥15,000 ASITA_ROOM shop(EC)にて10月21日(金)から販売
https://asitaroom.base.shop/
 

問い合わせ
株式会社アシタノシカク 担当:イハラ/モトバ
TEL: 06-6943-1680
MAIL: ihara(a)asitanoshikaku.jp ※(a)を@に置き換えてください。

https://www.asitanosikaku.jp/asita_room/
Instagram:@asita_room

Profile

窪塚 洋介

1979年5月7日生まれ。神奈川県横須賀市出身。1995年にドラマ「金田一少年の事件簿」で俳優デビューし、2000年にドラマ「池袋ウエストゲートパーク」で注目を集める。2001年公開作「GO」で第25回日本アカデミー賞新人俳優賞と最優秀主演男優賞を受賞。主な出演映画は「Laundry(ランドリー)」「ピンポン」「凶気の桜」「モンスターズクラブ」「ヘルタースケルター」「ジ、エクストリーム、スキヤキ」「サンブンノイチ」「TOKYO TRIBE」「アリーキャット」「みをつくし料理帖」「全員切腹」など。2017年にはマーティン・スコセッシ監督作「沈黙-サイレンス-」でハリウッドデビューを果たし、BBC×Netflix Londonによる連続ドラマ「Giri/Haiji」にも出演。また、レゲエDeeJay”卍LINE”として音楽活動を行う他に、モデル、映像監督、カメラマン、執筆など幅広く活動中。

YouTube:窪塚洋介の今をよくするTV
YouTube:窪塚チャンネル洋介
https://asmakina777.com/

share

TWITTER
FACEBOOK
LINE