Interview & Writing
六車 優花
Photo
中島 真美

住む人がいないまま、荒れ果ててしまった家屋=廃屋を購入し、リノベーションして新たな命を吹き込むユニークな取り組みを行う人物がいる。それが、自身を“廃屋ジャンキー”と称する西村周治さん。固定の住居を持たず、神戸市内の古い物件を購入してDIYで改修しつつ、引っ越しを繰り返しながら暮らしているそう。「西村組」という解体&建築集団の親方を務める彼は、今や買い手の付かない住居や不動産の駆け込み寺のような存在で、「これどうすんねん」という物件があれば、「西村さんに連絡したらええやん」という風潮さえあるんだとか。灘区にある蔦に覆われたアトリエ兼住居や、垂水区にある海の見えるレンタルスペースなど、手がけた物件は数知れず。最近は長田や梅元の廃屋群を買い取って村づくり(!?)に奮闘中と、なんとも興味深いウワサもあって……。今回は、そんな西村さんの人間性や廃屋の魅力に迫ります。ちょっとでも気になった方は、ぜひ読んでみてください!

廃屋をDIYして住む生活を始めたのは、シンプルにお金がなかったから。僕以外に手を付ける人もいないし、やらなあかんなと。

西村さんのこれまでの経歴を教えてください。

神戸芸術工科大学の建築学科を卒業して、しばらく定職につかずアルバイトで生計を立てていました。その時の月収が7万円くらい、住んでいたマンションの家賃が5万円くらいだったので払えなくなって、すぐに追い出されてしまったんです。なので家賃1万5,000円の賃貸を借りて、自分で改装して友人3人とシェアハウスをしていました。DIYにハマったのはその頃ですね。みんなで楽しく暮らしていたんですが、ある時そこに新築マンションが建つことになり、泣く泣く引っ越さざるを得ない状況になってしまって。そんな風になるなら、いっそのこと家を買って好きなように改装して住もうと。自分で安い家を探して購入し、同じようにDIYして住んでいました。するとその家に住みたいという人が現れて、そこを貸してしまい住むところがなくなったので、また家を買ってDIYをして……。それを何度も繰り返しているうちに、現在のヤドカリのような生活がスタンダードになりました。

活動の原点は、その頃だったんですね。

そうですね。廃屋を修繕して自分で住むという生活を始めたのは、シンプルにお金がなかったから。生きるために家を直していました。

その時期から解体や修繕をご自身の仕事にされていたんですか?

最初はそんなことなかったです。リノベーション物件を扱う不動産会社やラーメン屋で働いたり、アルバイトでいろんな職を転々としていました。結局その不動産業界での経験を生かして、廃屋を改装する仕事を始めたんです。廃屋が大好き!みたいな熱い気持ちより、誰も手を付けないし、やらなあかんからやろかという感じです。

親方を務めている「西村組」は、どういった経緯で結成されたんですか?

コロナで暇になった人たちを集めただけですよ。初期の頃はドイツ人とイギリス人がいて、絵を描きながらこんな感じやで〜と指示を出していました。だけど出来上がりが想像と全然違っていたり……、伝えるのってやっぱり難しいですね(笑)。以前から解体の仕事はしていましたが、「西村組」として正式に始動したのはコロナになってからです。今は20人から30人いますね。

作業中の西村組の皆さんをパシャリ。それぞれ自分の作業に勤しんでいます。

買い取る廃屋の条件、みたいなものはありますか?

アクセスがあまり良くない、人気のないエリアをあえて選んでいます。急斜面に民家がぎっしり建っている長田区の丸山地区とか、道が狭くて車が入れないような場所ですね。解体業者を呼ぶのも大変だから、住人がいなくても手入れされずにそのまま残っている家屋が多いんです。不動産会社からダイレクトに連絡をもらうこともよくあって、他に買い手がいなくても、この人やったらどうにかしてくれるんじゃないかと思われているみたいです。

道幅が狭く、リヤカーを引くのがやっと。業者もなかなか踏み込めないエリアです。

なるほど。不動産会社から直接連絡が来るんですね。

廃屋だから安いですし、タダであげるよという物件もあって。一軒買うと淡路と長田の廃屋がセットでついてきたりとか、もう訳がわからないですよ(笑)。もちろん全部朽ちているから、かなりの手直しが必要だけど。意図せず手つかずの案件がどんどん増えていって、大変なことになっています。

家屋を手入れせずに放置していると、どんどん自然に侵食されていく。その風景や力強さに惹かれます。

今日は、兵庫区梅元町で撮影をさせていただいてますが、ここは一体どうなるんでしょうか?

ここは“村”をテーマに「梅村(バイソン)」という名前を付けて、廃屋群の修繕を進めています。今で半分くらい進んでいて、あと1年半くらいはかかるかな。屋根もなくただ自然に還りつつあった廃屋を半年かけて解体して、屋根を直して柱を一本一本入れ替えて、ギャラリーやシェアハウス、工房などに生まれ変わらせています。とりあえず場所を提供するのが僕の役割で、上手く活用してくれる人がいたらいいなと。利用者や住居者はアーティストが多いので、いろいろ実験できるような場所にしていけたらいいですね。飲食の営業やイベントができるよう、大きなセントラルキッチンも作りました。

ちなみに今入居者を募集している物件はありますか?

梅村の物件はほぼ埋まっていますが、シェアハウスとアトリエが2軒分空いてるので、興味がある方はご連絡いただきたいです。いろんな人と関われますし、人脈を広げたい方やおもしろい場所に住んでみたい方にはおすすめですよ。

一番最初に完成へと近づいた「バイソンギャラリー」は、地域のアーティストが気軽に展示できるスペースに。キッチンを併設し、西村組の皆さんはここでお昼ごはんを作って食べているそう。
1階が工房スペース、2階が住居になっており、若き木工アーティストがシェアハウスをしている。
2階建てて見晴らしのいいこの物件は、アーティスト・イン・レジデンスになる予定。「インスピレーションの源になればと考えています」
ほんのり上品な佇まいのこちらは、まだほとんど手付かず。いずれはホステルにしたいと計画中!

僕が手がけているものにもいろいろあって、長田区の丸山にある「バラックリン」という廃屋群は、ここみたいに借りてくれる人すらもいなくて。使い道もないし、あえてボケてみようかなと。仏像を並べて祭壇を作って祭壇バーみたいなことをしたり、持ってきた野菜をプロの料理人が調理してくれる「ギブミーベジタブル」というイベントをしたり。半年に一回くらいほど、イベントスペースとして活用しています。神の御加護を受けつつ、ライブやDJイベントをしたのも良かったですよ。こういうイベントは、基本出店者にお金を山分けするので収支はゼロなんです。遊びの一環でもあるので、お金のことはもういいかなぁと。

以前開催された「バラックリン」でのライブイベントの様子。

ちょっと踏み込んだ質問かもしれませんが、たくさん廃屋を購入したりイベントを企画したり、西村さんの金銭事情は……?

お金はね、家をいっぱい持ってるんで、家賃収入が入ってくるんですよ。

なるほど、それは素晴らしいですね!

とはいえ超マイナスですが、まぁ何とか暮らしています(笑)。自分でもどこへ向かっているんだろうと思いますよ。僕は直せるものがあるから直しているだけで、これだけ抱えてしまっているから、やるしかないって感じですね。

西村さんが思う、廃屋の魅力ってなんですか?

家って人工的なもので、自然に対してはある種ものすごく不自然な存在なんです。家を手入れせずに放置していると、幼虫が畳の下に入り込んだりシロアリが木を全部食べたりして、自然にどんどん侵食される。いわば大地に還って行こうとするんです。廃屋は屋根が落ちることで内部に水が浸透して、より美しさが増すんですよ。その自然に侵されていく風景や力強さがいいのかな。人工と自然のせめぎ合いが廃屋の中で行われていて、戦ってんなぁっていう感じがしますね。

だけど僕は、それを改修するというめちゃくちゃ不自然なことをしている。シロアリを駆除して幼虫を蹴散らして、人間が快適に住めるように頑張っている。自然に対してこんなにも暴力的なことをして、何をしているのかなと時折思います。

梅村の畑で飼っている烏骨鶏は、人馴れしており近づいても逃げない。毎朝卵をいただいているそう。

扱う物件は廃屋にこだわっているわけですが、新築を建てるのはまた違うんですか?

個人的に新築を建てる意味があまりわからなくて。今の空き家率ってすごく高いんです。人口に対して家屋は飽和状態なのに、なんで新築を建てるねんと考えてしまう。古いものを捨てて、新しいものを作る日本独特の文化によるものだと思いますが、近年3軒に一軒は空き家になると言われているんです。なのにまた新築を建てるなんて、どうしてだろうと。何千万の借金を背負って、お金を返していくのは荊の道やと思いますけどね。

確かに海外だと同じ家を何度も修理して、何世代も住むっていうのが主流ですよね。

それは日本でもやろうと思えば可能ですよ。日本人はパッケージ化された商品が好きだから、自分の家を持つということへの安心感がほしいんでしょうね。だけど一軒家を建ててようやく一人前、という先入観は捨てた方がいいのかなと。新築至上主義みたいなものは、サスティナブルとかSDGsが叫ばれているこの時代に、ちょっと合っていないような気はします。

西村さんならではのDIYへのこだわりはありますか?

修繕の際、新品の材料ではなく廃材を使うことです。この空間もマンションのモデルルームのガラスを貼っていたり、扉の板はロシアから輸出された製品の梱包に使われてるものだったり。舞台美術の廃材の引き取りや解体が多いので、必然的にそういった関係の廃材が多くなります。

「ここにある木材やガラスはすべて廃材。キレイなものも多いですが、放っておくと捨てられてしまうので、ウチで引き取って再利用しています」

アトリエ、ギャラリーなど空間の役割を決めてから、建物を購入しているんでしょうか?

何も決めてないです。いらないからって押し付けられたり、一軒だけという話だったのに3軒セットだったりしますからね。所有軒数も定かじゃなくて、恐らく30軒から40軒くらいはあるのかな。そのうち半分はボロくて朽ち果ててますよ。きっとまだ20軒くらいしか直してないと思います。

解体をしていて大変だったことは?

畳を剥がしたらめちゃくちゃ虫が湧いてたとかは、日常茶飯事ですね。発見したらみんなでキャーキャー言いながら作業します。そんな見たいものでもないですが、それはそれで楽しいんですよ。

怪我をしたことや、危険なこともありましたか?

何度もありますね。上から物が降ってきて頭が割れたり。うちは初心者も多くて、慣れていないと一生懸命やろうとするから、1日目に怪我をするんですよ。そこで一生懸命やらんでええんやと気付いて、2日目から程よく頑張れるようになる。できるだけ手を抜いた方が怪我が少ないんです。だから「西村組」でも、“適度に手を抜こう”という教訓を取り入れています。

経験が必要な職種に思えますが、初めての方も多いんですね。

女性もいますし、大半が初めてですよ。仕事がないから来ました、みたいな。長くやっていると本職に近い動きもできるようになるので、最近は解体のスピードも上がってきています。

ちょうどいいゆるさを感じられる西村組の教訓。

廃屋のDIYは僕の使命であり、生きる意味のようなもの。今後は全国の廃屋を生まれ変わらせたい。

どんな思いが西村さんをそこまで掻き立てるんでしょうか。“この物件を生まれ変わらせたい”という気持ちの出どころは……?

ねぇ……、みんな何のために生きてるんですかね。

そんな深い部分になってくるんですか。生きている意味、みたいな?

最初はお金がないから、生きるために直さないとと思っていて。その後はみんなが案件を持ってくるから、誰もせぇへんしやらなあかんという使命感が生まれて。今は直すのが趣味みたいになってると思います。

ご自身と「西村組」の今後の目標はありますか?

あと2年くらいで「西村組」は解散しようと思っているんです。メンバーには全国に散ってもらって、地方で同じような取り組みをしてほしいなと。今はその拠点を探していて、この間は和歌山と淡路に行って、次は香川の島に行ってみる予定です。神戸に限らずいろんな場所を見てみようかなと。

私、香川県の田舎出身なんですけど、確かに空き家がめちゃくちゃ多いです。

そうですよね。田舎に行けば行くほど、活躍の場がありそうな気がするんです。当たり前のように一軒家を購入される方も多いと思いますし。

仮に解散した場合、西村さんはどちらへ?

全国の拠点を点々とすると思いますよ。一つのところに長く住めない性分なので、「上手くやってるか」なんて言いながら、みんなのところを順番に回るんじゃないのかな。自分の拠点は関係なく、これからもヤドカリのような暮らしを続けて、廃屋を生まれ変わらせていきたいですね。


<西村さんがお気に入りのお店>

自転車屋ポート(神戸市中央区相生町)
飲めるチャリ屋です。

ニューヤスダヤ(神戸市兵庫区西出町)
スパイスカレーのお店です。

ロストバード(神戸市兵庫区笠松通)
西村組のスタッフが運営している古着屋です。

ホルモン中畑商店(神戸市兵庫区東出町)
ホルモン串焼きのお店です。

Profile

西村 周治

1982年、京都府生まれ。一級建築士・宅地建物取引主任士。神戸芸術工科大学建築学科を卒業後、ボロボロの長屋を改装して住み始めたことを機にDIYに目覚め、神戸市内の廃屋を改修しつつ引っ越しを繰り返す。2020年に有機的な建築集団「西村組」を結成、“無理をしない”を合言葉に日々廃屋と向き合う。

西村組
https://nishimura-gumi.net/home/

share

TWITTER
FACEBOOK
LINE