Interview & Writing
六車 優花
Photo
中島 真美

ぬいぐるみ好きの、ぬいぐるみ好きによる、ぬいぐるみ愛をこれでもかと詰め込んだプロジェクト「ぬいぐるみドリーム」ってご存知ですか? “ぬいぐるみはお友達”を合言葉にしたこちらは、昨年秋に中崎町の『STAND MAG』で初の単独イベントを開催し、連日大盛況のうちに幕を閉じました。発起人は、ぬいぐるみへの強い愛情を胸にしたためた<ぬいぐるみドリーム実行委員会>のみなさん。前回から約半年の準備期間を経て、4月29日(金・祝)からの1週間、第2弾となるイベントが梅田のNU茶屋町にて開催されるんです! 今回は、「ぬいぐるみドリーム」から生まれ、その盛り上げ隊を務めるオリジナルパペットユニット<パーペンターズ>に独占インタビューを敢行。開催に至ったきっかけや見どころを教えてもらいました。ハマったら抜け出せないとウワサ(?!)のぬいぐるみの沼……、みなさんも「ぬいぐるみドリーム」でぜひ体感してください!!

そもそも「ぬいぐるみドリーム」ってどんなイベント?

今日は、わざわざお集まりいただいてありがとうございます。昨年秋に開催された「ぬいぐるみドリーム」で<パーペンターズ>のファンになりまして、お会いできて本当に光栄です。まずは知らない人のために、「ぬいぐるみドリーム」について教えてもらえますか?

P太:新旧のぬいぐるみが一堂に会する、ぬいぐるみの祭典だってばよ!ぬいぐるみドリーム実行委員会(以下:ぬいドリ実行委員)に聞いた話によると、何年か前に京都の『マガザンキョウト』で「ホテルニューカジカジ」っていうイベントがあって、そのコンテンツのひとつに「ぬいぐるみドリーム(以下:ぬいドリ)」があったらしいぜ。なんでも大阪のファッション界の重鎮と呼ばれるおじさんたちのなかに、ぬいぐるみ好きな人が意外と多くて、その愛の深さを伝えたいってことで始まったみたいなんだ!

吾助:こっそりぬいぐるみを集めているおじさんも多いらしいもん。僕らもおじさんの視線はよく感じるもん。

左平:オイラもだっぺ。

P太:今回は、USED&ヴィンテージの古いぬいぐるみとクリエイターが手がける新しいぬいぐるみが、どちらもたくさん集まってくれるんだぜ。古いぬいぐるみは年代物ならではの風合いや独特の表情を楽しめるし、新しいぬいぐるみは手仕事の温もりやクリエイターの愛を感じられるんだぜ!

吾助:古いぬいぐるみも新しいぬいぐるみも、どっちも素敵だもん。

左平:眺めているだけで、とっても優しい気持ちになれるっぺ。

前回は中崎町『STAND MAG』での開催でしたが、今回の舞台は梅田の『NU茶屋町』とのことで、一気に大規模になりましたね!

P太:『NU茶屋町』4階にあるSTAND PARKが会場なんだけど、前回のほぼ10倍くらいの規模なんだぜ。ありがたいことに参加してくれる古着屋さんやぬいぐるみ作家さんも増えて、めちゃくちゃ豪華なんだってばよ!なのに、ぬいドリ実行委員も他の<パーペンターズ>もみんなのんびりしてるから、俺がお尻をぺんぺん叩いて準備を急がせてたんだ。きちんと準備できるかハラハラしたけど、無事開催できそうで安心したよ。

吾助:性格的な問題だもん。参加してくれるメンバーが豪華すぎて、ぬいドリ実行委員も若干ひよってたもん。

左平:っぺ。

のんびり屋のぬいドリ実行委員と<パーペンターズの>メンバーを急かすP太。動きが早すぎてブレている。

P太:ぬいドリ実行委員の中に1人ヤバい人がいてさ、そいつの家には信じられないくらいぬいぐるみがいるんだ。そいつはカメラマンっていう本業があるのに、ぬいぐるみ愛が強すぎて「パペット作りを生業にしたい」とか言ってる?みたいだぜ。しかも、「資料のために」って、気付いたらぬいぐるみを400体くらい集めてたらしい。前回のイベントで会場の入り口にフォトスポットを作ってて、そこにいたぬいぐるみたちはみんなそいつの相棒だって話だぜ。

前回の「ぬいドリ」のフォトスポット。こちらにディスプレイしたぬいぐるみは、みんな1人のカメラマンの相棒だそう。ヤバすぎます。

吾助:ヤバすぎだもん。なんか怖いもん。

左平:だっぺ。ちょっと引いたっぺ。

ぬいぐるみを400体以上集めているぬいドリ実行委員のメンバーに、若干引き気味の3匹。

P太:ぬいドリ実行委員の他のヤツらも、そいつのことは前々からちょっとヤバそうだと思ってたみたいなんだけど、蓋を開けたらマジでヤバいやつだったみたいだぜ。だけど、そいつの愛と熱量のおかげで俺らもこの世界に生まれたわけだし、感謝しないといけないってばよ!

吾助:それはその通りだもん。

左平:だっぺ。

ちなみに<パーペンターズ>のみなさんは、ぬいぐるみ界で尊敬している方とかっているんですか?

P太:俺らはまだ会ったことないけど、「ぬいドリ」にも毎回出店してもらっている中崎町の古着屋『ラブバズ』のあおくんだな。ぬいぐるみ界ではもちろん、関西のぬいぐるみ好きの間では知らない人はいないレジェンドなんだぜ。

吾助:だもん。

左平:っぺ。

P太:あおくんは、『ラブバズ』のオーナーの常井さんっていうアラフィフのおじさんが、めちゃくちゃ大切にしているぬいぐるみなんだ。前回のイベント前に、ぬいドリ実行委員が「撮影のためにあおくんを貸してくれませんか」とお願いしたら、常井さんに「家族の一員なんで同伴してもいいですか」って言われたらしい。撮影に来る時も、まるで赤ちゃんを抱っこするみたいにおくるみを巻いて持ってきてくれたみたいだぜ。あおくんをおくるみから取り出した瞬間のとろけそうに優しい常井さんの表情が、ぬいドリ実行委員のみんなは忘れられないって言ってたよ。

吾助:「ぬいドリ」のテーマ“ぬいぐるみはお友達”は、常井さんの口癖から来てるらしいもん。2人の関係性の話を聞くと、もはや友達の枠を超えて家族と言っても過言ではないもん。

左平:いずれ家族と言えるような運命の1体に巡り合えたら最高だっぺ。まずは「ぬいドリ」に足を運んで、ぬいぐるみとお友達になってほしいっぺ。

P太:今回『ラブバズ』からは、50体以上のぬいぐるみが参加してくれるらしい。常井さんが「集合かけとくわ〜」って言ってたぜ。俺らもめちゃくちゃ楽しみだよな!

吾助:そういえば前回のイベントで、「初めてぬいぐるみを買いました」っていうお客さんも結構いたんだもん。ちょっとした好奇心や怖いもの見たさで立ち寄ってみるのも全然ありだもん。

左平:メンズのお客さんが意外と多いのもポイントだっぺ。子どもはもちろん、大人のぬいぐるみ好きにこそ来てほしいっぺ。

何かをぼんやりと見つめる左平。彼は一体どんなことを考えているのか、謎は深い。

<パーペンターズ>ってどんなユニット?

「ぬいドリ」の盛り上げ隊を務める<パーペンターズ>のことを、詳しく教えてもらえますか?

P太:俺たちは、「ぬいドリ」を応援するために結成されたオリジナルパペットユニットだってばよ!

吾助:「ぬいドリ」を盛り上げること、そしてぬいぐるみ愛をたくさんの人に伝えることが使命だもん。

左平:ぬいぐるみを愛する優しい気持ちから生まれたんだっぺ。

P太:前回の「ぬいドリ」が俺らの初舞台でさ、あの時はダンスを披露したんだよな。

吾助:初めてだったからめちゃくちゃ緊張したもん。汗びっしょりになったもん……。

左平:オイラもだっぺ。スベったかと思ったっぺ。

P太:俺も出て行った時は恥ずかしくて終わったと思ったけど、あったかいお客さんだったから、後からたくさん褒めてもらえたんだ。吾助はあの日、緊張して鼻をプルプル振るわせてたら、大事な鼻が取れちゃったんだよな。

大事な鼻が取れてしまったことを回顧する、哀愁たっぷりの吾助。

吾助:緊張するとどうしても鼻をプルプルしてしまうもん。困ったものだもん。左平は大好きなハチミツと間違えて、ビールを飲んで酔っ払ってたもん。

左平:色が似てるから間違えたんだっぺ。あれからビールにちょっとハマってるっぺ。P太は慌てん坊なところもあるけど、とってもしっかり者だっぺ。<パーペンターズ>のリーダーだから、いろいろ営業にも回ってくれてるっぺ。

P太:慌てん坊は余計だぜ。俺は「ぬいドリ」の宣伝隊長であり、<パーペンターズ>の営業部長でもあるからな。宣伝活動には力を入れてるってばよ! 実は、すでにPVにも出演してるんだぜ。

吾助:「ぬいドリ」で絵本の読み聞かせをしてくれるイングリッシュスクール『サニーファイブ』のPVだもん。ただ、キャラが濃すぎるってツッコまれたもん〜。

左平:サニーさんっていうオイラたちの先輩もいるっぺ。サニーさんはイベントにも遊びに来てくれるみたいだっぺ。

P太:サニーさんは読み聞かせをしてくれるんだよな!そういえば、ぬいドリ実行委員と一緒に<パーペンターズ>の営業にちょこちょこ行くんだけど、なぜか左平が一番モテるんだ。この前実行委員の知り合いのバーにみんなで行った時、スタッフの女の子がずっと左平を抱きしめてたぜ。

吾助:とんでもなく羨ましかったもん。僕とキャラはほとんど変わらないはずなのに、なんでなんだもん……。

左平:そうだっぺか?

なぜかモテてしまう左平と、それを目の当たりにしてうなだれる吾助。

吾助:コイツ全然気付いてないもん。悔しいもん。

P太:左平は笑ってると思ったらいつの間にか寝てるし、自分のことをミツバチの仲間だと思ってる変わり者なのに……、ほんと世の中不思議なことが多すぎるぜ。俺たち<パーペンターズ>は出張パペットショーもやってるから、何かイベントがあれば飛んでいくってばよ!

吾助:出演依頼は「ぬいドリ」のDMからお待ちしてるもん!

左平:っぺっぺ。

みんなのまとめ役のP太。普段はMacBookを使っており、作業のお供はスタバのラテが定番。
吾助の得意料理は麻婆豆腐ということで、華麗なフライパン捌きを見せてくれました。
机を叩いて笑っていると思ったら、いつの間にかすぴすぴ寝ている左平。

「ぬいぐるみドリーム」の見どころをチェック!

それではお待ちかね、今回の「ぬいぐるみドリーム」の見どころを教えてください!

P太:まずは、全7ショップのUSED&ヴィンテージのぬいぐるみと、10人のクリエイターさんによるぬいぐるみに出合えるところだな!

吾助:イベント期間中は、全部で300体以上のぬいぐるみが集まるってウワサだもん。

左平:すごいっぺ。オイラたちも友達がたくさんできそうだっぺ。

P太:GW中は、関西で一番ぬいぐるみが集まっているスポットだと思うぜ!クリエイターさんも日替わりで店頭に立ってくれるから、タイミング次第でその人に会えるのもポイントだな。

吾助:作り手に直接会えるのは、とってもテンションが上がるもん。

P太:しかもあの淡路島のゆるキャラ、あわじいもやってくるってばよ!あわじいは雲の上で暮らしているお祭り好きの仙人なんだけど、おもしろそうなイベントがあると聞きつけて、淡路島から梅田まではるばる来てくれるみたいだぜ!

吾助:あわじいと会うのは初めてだもん。彼は3010歳らしいもん。

左平:大先輩すぎるっぺ。楽しみだっぺ。

P太:自分だけの相棒を作れる2種類のワークショップもおすすめだぜ。1つ目は「ラクヌイワークショップ」といって、ぬいぐるみ作家さんがちっちゃなくまの作り方をレクチャーしてくれるんだ!写真を見せてもらったんだけど、かわいすぎてキュンキュンしたぜ。

吾助:作家さんが実際に教えてくれるのはすごく貴重だもん。くまの色味はもちろん、目や口の位置で絶妙に表情が変わるから、自分好みの1体を作れちゃうんだもん。

P太:もう1つは「ソックストイワークショップ」だ。使わなくなった靴下を家から持って来て、ぬいぐるみに生まれ変わらせるワークショップだってばよ。片方無くしたり穴が空いたりしてしまったお気に入りの靴下が、今度はかけがえのないお友達になるんだぜ。

左平:自分で作ると愛おしさもひとしおだから、よりぬいぐるみと仲良くなれるっぺ。これはおうちでも簡単にマネできるから、「ぬいドリ」で覚えておうちで実践してほしいっぺ。

P太:前回大好評だったフォトスポットも用意してるぜ!ぬいぐるみ好きの間では、自分のお友達や相棒を写真に撮ることを「ぬい撮り」と呼ぶんだ。大好きな相棒をかわいく撮影できる「ぬい撮りフォトブース」があるから、みんな連れてきてくれよな!

吾助:大切なお友達や相棒と一緒に、ぬいぐるみ好きとの交流会もできるんだもん。

左平:オイラたちも新しいお友達が増えそうだっぺ。会うのが楽しみだっぺ。

P太:ぬいぐるみ好きのなかには、「そろそろお友達を卒業して、ちょっとだけ大人になりたい」って考えてる人もいると思うんだ。そんなお友達を引き取ってキレイにしてあげて、必要とされているところに寄付する「ぬぼーん」という活動もやってるぜ。

吾助:ぬいドリ実行委員は、みんなのぬいぐるみを想う気持ちがわかる人ばかりだから、安心して任せてほしいもん。

左平:だっぺだっぺ。

P太:<上方ビール>とのコラボしたクラフトビールや<CRAVER’S MUFFIN>とのスペシャルコラボマフィンの販売もあるから、絶対チェックしてくれよな!イベント最終日には、俺たち<パーペンターズ>の記者会見もあって、まだ公にはできないんだけど重大な発表もあるらしいぜ!

吾助:ヤバいもん。内容がモリモリすぎるもん。

左平:だっぺ。

楽しそうなコンテンツが満載ですね!それでは、最後にひと言ずつお願いします!

力説中の吾助。表情はわかりにくいが、心のアツさはピカイチ。

吾助:ぬいドリ実行委員の大人たちが、毎日全力でぬいぐるみについて考えて、真面目におふざけしたお祭りなんだもん。GWはぬいぐるみパニック、略してぬいパニックになりに来てほしいもん。

「ぬいドリ」コラボビールをこっそり飲む左平。

左平:日替わりでワークショップやプチイベントもあるから、毎日来ても楽しめるっぺ。間違いなく優しい気持ちになれる1週間だっぺ。

「熱量が溢れてる割にはのんびり準備してたぜ」と教えてくれたP太。

P太:なんせ、ぬいドリ実行委員のぬいぐるみへの熱量がヤバすぎるからな。GW期間中こんなにぬいぐるみが集まる場所は全国ではここだけ、まさにぬいぐるみワールドだぜ。他では味わえない非日常空間を楽しんで行ってくれってばよ!

吾助:ぬいドリ実行委員や出店者が連れてくる私物のぬいぐるみを合わせると、総勢1000体くらい集まるって話だもん。圧巻だもん。

左平:僕たちぬいぐるみとは密になっても大丈夫だから安心してほしいっぺ。そして、ぬいぐるみの沼にぬっぽりハマってほしいっぺ!

P太:GWはNU茶屋町4階 STAND PARKで開催の「ぬいぐるみドリーム」へ!みんなで待ってるからな!

楽しみすぎてテンションが爆上がりする3匹。


詳細はこちらのTOPICSをチェック!
ぬいぐるみ好きの、ぬいぐるみ好きによる、ぬいぐるみ愛を詰め込んだイベント「ぬいぐるみドリーム」を、4月29日(金・祝)よりNU茶屋町 4階のSTAND PARKにて開催!

Profile

P太

せっかちだけどしっかり者。3匹のリーダー的存在で、<パーペンターズ>の営業部長も務める。焦ると動きが俊敏になり、ヒトの目には残像しか残らないことも。好物はベリー類。ヒヨコの性別を瞬時に見分けることができ、仕分けのバイトをしていた経験がある。興奮すると両耳がピョーンと立つ。

Profile

吾助

マイペースで素直、チョコレートとシビ辛料理に目がない。好きなことはとことん突き詰める職人気質な一面を持つ。料理の腕前はかなりのものだそうで、長年研究を重ねた至高のレシピで作る麻婆豆腐は天下一品。緊張すると鼻をプルプル震わせるクセがある。

Profile

左平

のほほんとした天然キャラ。とっても優しい性格で、困っている人を見かけると助けずにはいられない。女の子の熱狂的ファンが多く、3匹のなかで一番モテる。バナナとハチミツが好きで、最近はビールにもハマり中。自分のことをミツバチだと思っており、大群で見かけると本能的についていってしまう。

share

TWITTER
FACEBOOK
LINE