Interview & Writing
三好 千夏
Photo
PAPAN

大阪出身のかなた狼氏が監督を務め、2018年に公開された作品『ニワトリ★スター』。その世界を取り巻いていたものを陰とするなら、第2弾となる今作『ニワトリ☆フェニックス』は、その対面である陽の世界を生きているような体感を得ました。この物語は決して前作からの単純な続編ではありません。草太(=井浦新)と楽人(=成田凌)が、どこか別の世界線を越えた場所で再会してからの出来事なのです。それぞれが抱えているシリアスな問題から、少しだけ目を逸らすために出掛けたロードトリップ。行く先々で出会う、エキセントリックな場所や人々、彼らから聞く啓示のような言葉たち。まるで白昼夢を見ているような不可思議な物語が与えてくれたものは“人生をもっと積極的に面白がってもいいんじゃないか”という希望でした。主演の井浦新さん、成田凌さん、紗羅マリーさんの3人に、この作品を通して伝えたいことについて語ってもらいました。

『ニワトリ☆フェニックス』制作のきっかけは、コロナ禍で作った短編動画。僕らを輝かせてくれる人たちに、「ありがとう」を伝えたかった。

『ニワトリ★スター』の第2弾となる今回の作品は、予め予定されていたいわゆる“続編”ではなく、監督と井浦さん、成田さんの3人から発足したとお聞きしました。

井浦:2020年の5月くらいに、僕と凌と監督の3人で撮った『ありがとう』という短編動画をSNS上で公開したのがきっかけでした。その頃の僕たちは、予定していた仕事が完全に止まってしまって、家でただただ不安な日々を過ごしていたんです。そういう状況下のなかで改めて気付かされたのが「自分たちを輝かせてくれているのは、やっぱり映画やさまざまな作品を介して僕らの表現を求めてくれる人たちのお陰なんだ」ということだったんです。こんな状況下だからこそ得ることになった時間を使って「ありがとう」の気持ちを、僕と凌、つまり“草太”と“楽人”で伝えられたらいいよねって。撮影自体はリモートで、それぞれが撮ったものをレスポンスし合って、半日くらいで撮影しました。

“草太”と“楽人”というあの2人であることが重要だったんですね

井浦:前作の『ニワトリ★スター』を撮り終えたあとも、「僕と凌と監督の3人でまたいろいろと作品を作っていきたいよね」と話していたんです。でも、監督が新しい作品構想のなかに僕や凌を新しいキャラクターとしてはめ込んでいっても、やっぱりどうしても“草太”と“楽人”という2人に戻っていってしまうと言っていて。「ほんとに2人とはな、楽人と草太以外では考えられないんだよ!」って(笑)。監督はあんな図体と風貌しているんですけど(笑)、本当にものすごく感受性が高くて、心の動きが大きくて深くて、めちゃめちゃアツい人なんです。

成田:そうなんですよね。

井浦:「ありがとう」を撮ったことで、監督も完全にスイッチ入っちゃったから「もう、撮ろうよ!ちゃんと!」って。

紗羅:私も監督とはずっと連絡を取り合っていたんですけど、それで「ニワトリ、もう一度撮ろうと思うんだよね」って聞いて。そこから「じゃあ、月海は今回は何になろっか?」って(笑)

そこから相談されたんですね(笑)

紗羅:「暴走族でいく?」とか(笑)

成田:草太と楽人サイドじゃなくて、逆に2人を荒らしてくる側のキャストとしても有り得るからなぁ(笑)

紗羅:そう(笑)。「K-1の選手は?」とかも言ってた(笑)

井浦:めちゃくちゃだよね(笑)

紗羅:それは半分冗談だったと思うんですけど、結局、この作品での月海がどんな存在になるのかは、私にとっても開けてみてのお楽しみになったので。それで実際、開けてみたら本当に監督らしいことをしてくれたというか、「やっぱりそうなるんじゃん(笑)」って。

成田:月海の新しい存在の仕方としては、本当にこれ以外は考えられないくらいにビタっとハマってましたよね。

紗羅:うん。監督も「月海をどうするのか」というところを、すごく考えたって言ってましたね。

「漠然と過去を後悔する。漠然と未来を怖がる。期待する」という台詞が印象的。漠然と未来に期待して、漠然と怖がっているんだと気付いてハッとした。

今回は、いわゆる前作からの続編とは少し違う、とお話しましたけど、作品を拝見する前に監督から「今作はパラレルワールドみたいな感じ」とお聞きしていました。実際に見終わってみたらまさにそうで、これは個人的な解釈ですが、前作『ニワトリ★スター』のエンディングからの続きというか。“あの時の行き先”がこの世界だったのかなって。

成田:なるほど。そういう見方もありますね。

井浦:そんな素敵な解釈をしてくださるなんて。

草太と楽人の旅の目的のひとつに「フェニックス(不死鳥)探し」がありますが、フェニックスとは、この物語……、草太と楽人の二人にとって何の象徴だと思いますか?

紗羅:私は逆に、実際にフェニックスが居るとか居ないとかはきっかけに過ぎないのかなって感じました。それぞれの人生に分かれていた草太と楽人の二人をまた結びつける気持ちのとっかかりというか。二人がまた再会して、そこから二人で一緒に持てるひとつの目的が重要だったのかなって。それが、例えばフェニックス以外の何だったとしても。

井浦:理由は何でもいいんだよっていう。

紗羅:そう。ただ会いたくて、一緒にいたいだけなんだけど、何となくその理由をこれにしようっていう。

井浦:そうだね……、確かに。うん。何でもいいんだよね。

成田:前作で、楽人が沖縄の空に“羽ばたいて”いったじゃないですか。その草太が不死鳥となって還ってきた!って、そういう辻褄もあると思いますね(笑)

井浦:ニワトリがフェニックスになって還ってきた!っていう、監督のなかの辻褄としてはきっとそう。それで今、ふと思い出したんだけど、僕と凌と監督と話していた時に「旅って、何を目的で行く?」って話題になって、「その土地にある神話とか伝承を掘り下げていく旅の仕方っておもしろい」って言ってて。撮影したい場所をいろいろリサーチしていくなかで、そういう伝説とか神話が伝えられている場所を探してたんだよ。

結局、実際に土地に根差しているリアルな伝説を物語に組み込むのも面白いんだけど、さっき話した「ニワトリからフェニックスに」っていう辻褄が監督のなかにあったから、伝説よりも何よりも、そこに帰着させるためにいろんな場所を巡りながら物語を動かしていったっていうか。草太と楽人の物語は、これからも続いていくのかどうなるのかはまだ未知なんですけど、1作目に続いて2作目を創り出すことってかなりパワーが必要だと思うんです。今作は特に、前作をひっくり返したような物語になっているし。「フェニックスになって還ってきたんだ」という監督のなかのひとつの大きな理屈が、物語の気骨になっていたんじゃないかなって。

今作は特に、会話や言葉の中にあるメッセージを強く感じました。死生観や人生訓のようなものが。みなさんの印象に残っている台詞のパンチラインはありますか?

成田:僕は、火野正平さんの「漠然と過去を後悔する。漠然と未来を怖がる。期待する」という台詞ですね。このあいだ監督からいきなり「お前いま、ハッピーか?」ってメールが来たんですけど……。

井浦:あ!きたよ!そのメール、僕のところにも(笑)

成田:きた!?(笑)

紗羅:私のところには「すき」ってきました(笑)

成田:それはちょっと違うやつだ(笑)!

(笑)。成田さん、何てお答えになったんですか?

成田:すごい考えちゃって。「今、ハッピーか……?即答で答えられるほどハッピーなのか……?」って。それで「ハッピーとは言えないですね」って返したら、「何でだ?」って聞かれて、「未来への漠然とした不安ですかね」って答えたんです。それで今回の作品を見返したら、「漠然と未来を怖がる」という火野さんの台詞にハっとして。僕は漠然と未来に期待して、漠然と怖がっているんだと。何となくこれまで生きてきた過去に縋ってみたり、後悔してみたり……。これって究極の質問だなって思って。これ以外にも深い台詞はいろいろありますけど、監督のなかにある“過去・今・未来”というものに対する気持ちの向け方が、あのシーンの台詞のなかに詰まっているんだろうなって。どの台詞も喋っているのは役者なんだけど、どれも監督が言っていることなんだという感覚がありましたね。

井浦:ああいう深い台詞を楽人と草太が言ったところでなんにも響かないだろうから(笑)。火野さんがこれまで生きて来た軌跡とか、それを背負ったあの存在感を通して吐く言葉だから、それだけ心に入ってくるんだと思います。

成田:役の上での台詞のやり取りっていうより、リアルに「先輩方からお話を聞く!」という時間でもあったっていうか。この映画を観てくれる多くの人たちは、きっとこちら側(草太と楽人)に感情移入するんだろうなと思うんですけど、姿勢を正して“一緒に聞く”っていう同調感覚になれるのかもしれない。

紗羅:私は奥田瑛二さんの「会いたい人に会うために生まれてきた」という台詞ですね。この言葉がすごく腑に落ちる出来事があったんですけど、うちの息子が、自分の生まれてくる前のことを覚えていたらしくて、急に話してくれたんですよ。

成田:それ、もしかして3歳の時だった? 3歳の時に、一度だけそういう「生まれてくるまでの記憶」を教えてくれるって聞いたことある。急に自分から話し始めた?

紗羅:そう。「僕もママも宇宙のそれぞれの種のなかに住んでいて、くるくる廻っていたんだよ」「ママは地球を心配して先に地球に降りていって、僕はしばらく種のなかで遊んでいたんだけど、どうしてもママに会いたくなって後から降りてきたんだよ」って言っていて。

井浦:すごい……。

紗羅:それがあったから、私はこの「会いたい人に会いに来た」という台詞を「その通りだな」ってすぐに理解できたんです。

成田:すごいね。つまり……、監督の脳は3歳児と一緒っていう……。

井浦:そういうことではない(笑)

紗羅:でもね、そういう記憶って無くしてしまうものじゃないですか。私たちだってもしかしたら言ったことがあるのかも知れないし。そのことを生きていく過程で忘れていったとしても「出会うためにここに来ているんだ」ということが、この台詞で思い出せたような気がして。

不思議な繋がりを感じますね。井浦さんはどの台詞が印象強かったですか?

井浦:この作品とは少し違うんですけど、実は『ニワトリフェニックス』の大阪バージョンが出来るみたいなんです。

できる「みたい」(笑)

井浦:大阪のとある映画館でのみ公開されるバージョンなんですけど、今作をベースにリミックスしたバージョンというか、特別に再編集したものが公開予定なんです。

紗羅:おもしろそう!

井浦:そのリミックスバージョンでの話になるんですけど、楽人と草太が車で語っているシーンで草太がまた素晴らしい台詞を言うんです。

ここではまだ具体的には言えないですよね(笑)

井浦:ここではまだ言えないんです(笑)。でも、その台詞がすごい刺さるんです。草太を演じている人の人間性が、本当に良く滲み出ているっていうか……。

紗羅:それ、自分のことじゃん(笑)

成田:(笑)

そう言えば草太と楽人の台詞の掛け合いは、あれはフリースタイルですか?

井浦:ほとんどフリースタイルみたいなものです(笑)。きちんとした台詞があるにはあるんですけど、監督はいつも「台詞を壊せ」って言ってくるんです。

成田:そう。台詞をベースにしたフリースタイルだから、うっかり草太の台詞言っちゃってたりするし(笑)

井浦:「俺の台詞、言っちゃってるんだけど……」って思いつつ。でも、撮り終わったものをあとで客観的に観たら、「あ、こんな感じになってたんだ」って。こういうラフな空気感とかやりとりは、やっぱり前作『ニワトリ★スター』を経てなかったら出せなかったものなんじゃないかなと。

草太と楽人は、それぞれが抱えた人生のシリアスなある問題から“少しだけ逃げる”ために旅に出ましたが、みなさんだったら、自分たちの人生に何かシリアスな問題が起こった時にどんな方法を取ると思いますか?

紗羅:私はそれで実際に東京を出て、今新しい場所で暮らしていますね。東京にはいつかまた戻るんだろうけど、気持ちや目先を変えたいって思った時に、暮らしのベースを少し動かすことってけっこう重要というか。その場から動けずに、シリアスな気分のままだと全部が止まってしまうって思うから、生きるために一度ベースを変えることにしました。

井浦:それって素敵だよね。

成田:自分も生きる拠点を変えるかな。違うところに住んじゃうかも。

井浦:僕は、なんて言うか程よく昭和で育っちゃってるから(笑)、我慢することがあんまり苦じゃないんです。

我慢ができてしまうんですね

井浦:できちゃうんです。神経がだいぶ図太いのか、けっこう過酷な状況だったとしてもけっこうポケ~っとして気付いていないこともあったりして(笑)。そういう意味では、知らず知らずにシリアスなことからうまく免れているような気がします。いつも、とりあえず正面から「オリャ!」ってぶつかっちゃうんですけど、僕は結局、痛い思いしなきゃわからない質みたいで。それで壊れちゃって、「あ、ほんとにやばい」って気付いた時にようやく脱出するかも(笑)。いつか東京や日本を離れて緩やかな時間を持つというのは、今の自分にとっては最終的に貰えるご褒美みたいなものだと思うから、それまでは正面からぶつかり続けていくのかも。それから得るそのご褒美が、未来への楽しみのひとつでもあるかな。

これは観終わった人が、「ああ、なんか気持ちいいなあ」となるような作品。『道草アパートメント』周辺は、もはや自分たちのホームです(笑)

今作はかなりエキセントリックな展開もたくさんあって、ひとつのカテゴライズが難しいのですが、この物語が最も伝えたいメッセージというのは何だと思いますか?

紗羅:私はシンプルに、「大切な友達が人生にたったひとりいてくれたらそれでいい」ということだと思いましたね。

井浦:監督が作るものは、監督を介して生み出されるものだから、どうしてもメッセージも世界観も色濃くなるんです。映画って何かに対して強く訴えているものがあるじゃないですか。作り手の思想とか思考、メッセージとか。映画作りの根源にあるものは、弱者のためのものだったり、弱者に手を差し伸べるものであるはずなんです。映画って本来そういう役割を求められていると思っていて。監督もそういう強い思いの塊のような人で、その思いを余す事なく詰め込んだのが前作の『ニワトリ★スター』だったとしたら、今作はそういうものをいちど降ろして、引き算で生まれたものだと感じています。

監督が今作について「とにかく気持ちのいい作品にしたいんだ」と言っていたんですけど、「観る人たちが気持ち良くなってほしい」「心を潤してほしい」ってずっと言っていて。今作は、いま仰ってくれたように“映画らしい方程式”が無いんです。だから、この作品を真面目に映画として解説しようとすると、「何なんだこれは?」「何を掴めばいいんだ」「解説できない」となると思うんです。ただ単に、不可思議で気持ちのいい時間が100分ほど続いているっていう、ただ、そういうことなんです。この作品はみなさんにとって人生の3本指に入るような衝撃的なものではないのかも知れないけど、観た人の感覚が「ああ、なんか気持ちいいなあ」となるような、そういう存在にしたかったんだろうなと。特別なメッセージが無いのが、この映画のメッセージというか。

確かに、そう感じます。ところで、物語にも出てくる大阪・ミナミのアンダーグラウンドな名所『道草アパートメント』あたりは、みなさんにとってもすでにローカルな場所ではないでしょうか。

※前作『ニワトリ★スター』の舞台でもある大阪・日本橋『道草アパートメント』は、かなた狼監督が大家を務めるニッチなアパートメント。レトロな雑貨バーやインテリアショップが入居しています。

成田:あのあたりはやっぱりどこかで自分のホームという感じがありますよね。あのあたりから日本橋、味園ビルのあの飲み屋の雰囲気とか。

井浦:僕も、梅田とか心斎橋行くとすっごいソワソワしちゃうんだけど、日本橋に帰ってくるとなんかほっとするよね(笑)

紗羅:エンディング曲『ありがとう』のレコーディングで大阪に来た時に、黒門市場あたりを歩いたんですけど、「ああ~落ち着く~」ってなりましたよ。何でだろう?住んでいたわけじゃないのに‘(笑)

井浦:すごいわかる。あのエリアに漂う「あ~……、落ち着く~」ってなる感覚(笑)

 
 
終始和やかにお話をしてくださった井浦新さん、成田凌さん、紗羅マリーさん、今回はありがとうございました!そんな3人が出演する作品『ニワトリ☆フェニックス』は、明日4月15日(金)公開です。ぜひ映画館に足を運んでくださいね!!


『ニワトリ☆フェニックス』あらすじ

なにかから少しだけ逃げたかった――。
2人の青年、草太と楽人はいるはずもない火の鳥を探す旅に出た。それぞれの人生に漂う暗い影から、"少しだけ逃げたかった"束の間の逃避行。物語と並行する謎の花嫁の存在。裏社会の追手、寂れた妖怪スナック。SM嬢の一味や、農業ラッパー、自転車旅の青年、穏やかな僧侶、誰もいない映画館の館長などなど。あてもなき珍道中で主人公が出逢う奇妙な連中や、人生のヒントをくれる様々な登場人物。果たして主人公達が探す火の鳥とは??
笑って、泣いて、また笑う。

■キャスト

井浦新、成田凌、紗羅マリー、LiLiCo、津田寛治、阿部亮平、火野正平、奥田瑛二、ジョーブログ(YouTuber)、都若丸、佐藤太一郎、シャック、マグナム弾吉 ほか

■スタッフ

脚本・監督:かなた狼
企画:GUM株式会社(Gentle Underground Monkeys Co,Ltd.)
製作プロダクション:GUM株式会社
©2022映画『ニワトリ☆フェニックス』製作委員会

公式サイト
Twitter:@hinotoritamago
Instagram:@hinotorinotamago
Tiktok:@niwatori_phoenix

■前作『ニワトリ★スター』とは

東京の片隅にある奇妙なアパート“ギザギザアパートメント”。深夜のバーでアルバイトをする草太と楽人は自堕落な生活を送っていた。これといった人生の目標もなく、大都会東京の底辺でだらだらと日々を過ごす2人。それなりに楽しくも、互いの知らない心の葛藤や変化。いつかは終わる日々。そして様々な登場人物が織りなす群像。2018年公開の“ギザギザ傷だらけ大人のファンタジー”

share

TWITTER
FACEBOOK
LINE