Text & Edit
金輪際セメ子
Photo
依藤 寛人

心斎橋PARCO10Fに誕生した医療ウェルネスモール『Welpa(ウェルパ)』。PARCOに医療モールって意外すぎますが、でもPARCOならきっと医療モールも普通じゃない……と踏んで、さっそく潜入レポートに行ってきました。

エスカレーターの真正面にある、ピンクのカートがWelpaの目印。ブランディングディレクターの辻愛沙子さんによるこのオブジェは、美容や医療、ギャラリーにカフェと、女性のウェルネスにまつわる施設が集うWelpaで受けられるさまざまな体験を、“自分を愛するための買い物”であると捉え、医療道具やピル、ギフトボックス、体のパーツまで、いろいろなアイテムを詰め込んだショッピングカートで表現しています。医療施設を、”仕方なく訪れる場所”から、”楽しみになる場所”へシフトしていけるように。そんな願いが込められたフォトスポットなんです。

女性のウェルネスにまつわるアイテムを詰め込んだピンクのカート。入口からして、医療モールっぽくない雰囲気がただよいます。

まずは、ラウンジへ。こちらはWelpa内のクリニックを予約した際などに利用できるスペース。フリードリンク、フリーWi-Fi、充電スペースを完備、受診前後の時間を心地よく過ごせます。奥には、Welpa内の医師やショップスタッフのおすすめ書籍を揃えたライブラリコーナーも。言わば待合室なわけですが、こんな豪華な待合室あります??ここだけでもわざわざ来たいぐらいです。

WelpaのLINE公式アカウントを通じてクリニックを予約し、入口の端末でチェックインして入室します。

神道レディースクリニック心斎橋院

不妊治療などカップルで来院される方も多いことから、外観・内装とも男性も入りやすいシックな雰囲気に。

ではまずクリニックゾーンから。神道レディースクリニックは、門真市にある産婦人科クリニックの分院としてオープン。商業施設に産婦人科って珍しいですよね。

こちらでは、子宮頚がん検診やHPVワクチンの接種、不妊治療、15週までの妊婦検診などが受けられます。24時間WEB予約はもちろん、事前決済システムも導入。思い立ったら即予約、診察や検診を受けた後はすぐ帰れるから、仕事の合間などにも利用できそうです。

徹底してプライバシーに配慮した、心と体に寄り添う中絶手術も実施。「通いやすい立地と続けやすい価格で、女性の美と健康をトータルにサポートできれば」と神道明美さん。

産婦人科ってちょっと入りにくい感じもありますが、PARCOの中ならハードル低め。映画や買い物のついでに、ちょっと産婦人科に……というスタイルも、ここなら叶います。私も子宮頚がん検診を2年スルーしているので予約します。

骨盤底筋を鍛えるアンチェアー™を院内に設置。点滴を受けながら利用するとお得だそうです。
妊活サプリやドクターズコスメなどもラインナップ。

神道レディースクリニック心斎橋院
10:00~19:00(18:30最終受付)
休診日:月曜・木曜
※営業時間は変更になる場合があります
(12月オープン予定)


クリニックフォア心斎橋PARCO

「すぐ診てほしい、いつも診てほしい人のための街のスマートクリニック」がコンセプト。WEB予約やオンライン問診で、待ち時間も短縮。

続いてはこちら、東京で6院を展開するクリニックフォアが関西初上陸。皮膚科、美容皮膚科、アレルギー科の診療が受けられます。

美容皮膚科ではIPL治療機器「フォトフェイシャルStellar M22」や肌診断器「VISIA」など最新鋭のマシンがスタンバイ。圓山先生によると「Stellar M22は、光の強さなどを調整するフィルターをカスタマイズすることで、症状や悩みに合わせた照射が可能です。VISIAは非常に高い精度で肌年齢などを解析できるのが特徴です」とのことでした。

今回VISIAを体験させてもらいましたが、まあ恐ろしい。シミ予備軍がびっしりと肌の奥に隠れていました。VISIAは施術前後の効果もチェックすることができ、「医者が効いてますよって言うより、効果を一緒に確認するほうが納得できますよね」と圓山先生。たしかに、効果が目で見られるのはありがたいです。

「結婚式までに」「予算内で」「ダウンタイムがとれない」などさまざまな要望にも対応可能とのことなので、気軽に相談を。美容だけでなく保険診療も行っているので、肌の病気も一緒に診てもらえるのも安心です。

VISIAの肌解析では、加齢のシミュレーションも見られます。右は80歳になった私。亡き祖母にそっくりでした。
フィルターを使い分けることで、出力やパルス幅を細かく設定できるStellar M22。

クリニックフォア心斎橋PARCO
平日:11:00~20:00(19:30最終受付)
土日:10:00~19:00(18:30最終受付)
※営業時間は変更になる場合があります
(12月オープン予定)


NINE DENTAL 心斎橋PARCO

WEB予約、無人受付、キャッシュレス決済ですべてがスムーズ。口臭測定ができる電動歯ブラシも販売。

さあ、次は歯医者さんへ。ホワイトニング、矯正治療、予防・メンテナンスに特化した歯科医院です。こちらのクリニックは、エントランスからしてとにかくおしゃれ。「え、本当に歯医者ですか?」と言いたくなるスタイリッシュな雰囲気も、院長の杉山先生の「美容院に通う感覚で、お口のメンテナンスに来ていただけたら」という言葉で納得です。

完全個室のプライベート空間は広くてゆったり、チェアの座り心地も抜群。医療機器類も最新のものを取り揃え、痛みや違和感をおさえた治療を可能にしています。

ホワイトニングは通い放題メニューがおすすめ。矯正治療は痛みが少なく目立ちにくい、マウスピースを使った治療を行っています。私は過去にワイヤーの矯正をしていましたが、ワイヤーの調節後は噛めないぐらい痛いんですよね…。マウスピースは少しずつ負荷をかけるので、痛みが少ないそうです。

「心斎橋PARCOが開いている日は、ナインデンタルも開いています」と杉山先生。夜は20:00まで、土日も診療可能です。髪やネイルに加えて、歯も日頃のメンテナンスでキレイをキープしておきたいですね。

「痛くなってからではなく、痛くならないように日頃からメンテナンスを」と杉山先生。ここなら定期的に通いたくなります。
ホワイトニング専用ルームはチェアの色もホワイト! 歯ブラシなどホームケア用品の販売もあります。

NINE DENTAL 心斎橋PARCO
TEL. 06-4256-8882
10:00~20:00(19:00最終受付)
※営業時間は変更になる場合があります


クリニックフォアビューティー

購入にはカウンセリングが必要なドクターズコスメを多数ラインナップ。

続いては、ショップへ。クリニックフォアビューティーは同フロアにある『クリニックフォア』の系列で、医療機関専売化粧品やサプリメントを多数取り扱うコスメブースです。

店内でまず目を引いたのは、コロナ禍のおこもり美容で爆発的にヒットしたゼオスキン(ZO SKIN HEALTH)。マスクで皮向けが隠せるので、私のまわりにも愛用者がたくさんいます。こちらは店頭でカウンセリングを受けながら、自分に合った商品を購入できるのがありがたいですよね。

そのほか、メタトロン(METATRON)、リビジョンスキンケア(Revision Skincare)など話題のブランドが充実。ダウンタイムがあってもしっかり効果を出したい!という人も、美容医療の施術を受けた後のセルフケアに力を入れたい人も、満足できるラインナップです。専門知識を持つカウンセラーさんが常駐しているので、じっくり相談できます。店頭にはオンライン診療ブースも備えられていて、必要に応じて医師の診察を受けることも可能。美容はもちろん、低用量ピルの処方などにも対応しています。

カウンセラーさんに相談しながら、テクスチャーなどを実際に試せるのが魅力。
店舗内にあるオンライン診療ブースで、医師の診断を受けることが可能(予約制)。処方薬は郵送で届きます。

クリニックフォアビューティー
TEL. 06-6563-7590


fermata store

Welpaの入口にある開放感のある明るいスペースだから、オープンで入りやすい雰囲気。

続いて訪れたのは、関西初出店のfermata store(フェルマータストア)。「タブーをワクワクに変える」をテーマに、月経、妊娠、セクシャルウェルネスなど、女性の心身の健康に寄り添うフェムテックアイテムをセレクトしています。

最近話題の吸水ショーツも国内外6ブランドを取り揃え、なんと試着もOK。月経カップも素材や容量、サイズ違いから選べます。どちらも想像とはぜんぜん違って、やっぱり現物を見ないとわからないなあと実感。ショップマネージャー奥野さんの実体験を交えた説明もすごくわかりやすくて、使い方や洗い方など、相談しながら選べるので安心です。

そのほか、妊活サポートグッズやデリケートゾーンのお手入れアイテム、セルフプレジャーグッズなど、ここならではの商品がいっぱい。デザインもおしゃれなものが多いから、雑貨を選ぶ感覚でお買い物が楽しめます。女性が自分の心や体と気持ちよく付き合っていくための、強い味方になってくれるショップです。まさに、「自分をケアするための場所」というWelpaのコンセプトを体現するような存在で、入り口のいちばん目立つところにあるのもうなずけます。

吸水ショーツは試着もOK。ブランドによってデザインはもちろん、厚みや素材感なども違うから、触って比べるのが正解。
月経カップもシリコンの硬さやつまみのデザインなど、自分にぴったりのものがゆっくり探せます。

fermata store
TEL. 06-6227-8101


My RealBody® for Welpa

お隣の『fermata store』の試着室も兼ねたブース。3Dスキャンを体験すると、「You must know you」の言葉がより深く刺さります…。

次は、全身を3Dスキャンすることで、正確な身体サイズを測定するサービスを体験。測定結果に基づいて精巧な3Dアバターが生成され、自分の体を360度チェックすることができます。

方法はいたって簡単、スキャナーの前に立ち、ガイダンス通りに撮影すれば、たちまち3Dアバターが完成!自分のスマートフォンに表示させることができます。実際に体験してみましたが、ぽっちゃり小太りのアバターが出てきて泣きました。めっちゃ丸いやん!!でも悲しいけどこれ現実なのよね。

「後ろ姿など、自分では見えない部分も見られるのが3Dスキャンの特徴。左右のバランスや骨盤のゆがみなどもチェックできます」と、このサービスを提供する株式会社SYMBOLの今井さん。確かに私も、自分の後ろ姿があんなに肉々しいとは知りませんでした。自分の体を客観的に見ることは、健康への第一歩。体の変化が数値として現れるので、定期的にチェックすることでダイエットやトレーニングのモチベーションアップにもつながりそうです。私もとりあえずスクワットがんばって来月また来ます。

こちらが測定ルーム。この後、恐ろしい現実を突きつけられることになるとはまだ知らない私。
左のスマホは、スタッフさんのアバター。右は、精巧に描き出された私のぽっちゃりアバター。

DAYLILY KAMPO STAND

オレンジ×白の内装がおしゃれ。漢方薬剤師監修の食べるお茶「EATBEAU-TEA」はじめ、スープやBAOなど全品テイクアウトOK!

最後は、台湾発の漢方ブランド<デイリリー>によるカフェスタンドにお邪魔しました。日本人の小林さんと、実家が漢方薬局という台湾人の王さんが展開するライフスタイルブランドで、カフェ業態は心斎橋PARCOが全国初。漢方素材をたっぷり使った台漢養生スープやヴィーガンBAO、食べる薬膳茶など、体にやさしくおいしいメニューが揃います。

小林さんのお気に入りは「四神湯風(スーセンタン)」という胃腸をいたわるスープ。台湾に行くたび、必ず飲んでいたものだそうです。そのほか、なつめやサンザシなど、台湾でおなじみのヘルシーなおやつ類も充実。パッケージもすごくかわいいので、プレゼントにも絶対よろこばれると思います。

漢方=地味なイメージは、もはや過去の話。おしゃれな空間で体にいいものをいただいている、その満足感だけでテンションも体温も上昇しそうな気がします。

迷ったらまず、養生スープ・ヴィーガンBAO・薬膳茶の看板セットメニューから。好きな組み合わせが楽しめます。
デイリリーは漢方にも使われる、オレンジ色のユリ科の植物。鮮やかなオレンジ色のパッケージは、ギフトにもぴったり。

DAYLILY KAMPO STAND
TEL. 06-6281-0339


まだまだいろいろ!

ほかにも、処方箋がなくても薬剤師によるカウンセリングが受けられる調剤薬局『ウィーズファーマシー心斎橋薬局』や、ジェンダーにまつわるデータやコンテンツを展示する『Ladyknows  Gallery』、生理用ナプキン無料サービス『OiTr(オイテル)』の設置など、ウェルネスに関するサービス・商品が充実。

医療系テナントを集めただけのモールではなく、心と体のこと、生理の貧困やジェンダーフリーなど社会課題のことまで意識しているところが、カルチャーの発信基地・PARCOだなあと思いました。

あと単純に、PARCOにあるから入りやすいところも魅力。ついでに病院、ついでにメンテナンスができる気軽さは、自分の体と心との向き合い方を変えてくれそうです。

Shop Data

Welpa

心斎橋PARCO 10F
大阪市中央区心斎橋筋1-8-3
※診療時間などの詳細は各クリニック紹介ページにてご確認ください。

Welpa 心斎橋PARCO

share

TWITTER
FACEBOOK
LINE