Interview & Writing
鈴木 直人
Photo
谷脇 靖寿

おとこも、おんなも、オトコのコも。

ついに11月20日にオープンを迎えた心斎橋PARCO。渋谷PARCOのエッセンス(モード、アニメ、NEW飲食、アート)に、“百貨店”のテーマ(ラグジュアリー 、高級飲食、ゴルフ&スポーツ)を融合させ、大型専門店とシネマコンプレックス、多目的ホール・イベントスペースも開設し、日常使いの食、雑貨から高級ブランドまで約170店が目白押し。

大阪の街に吹かせてくれそうな予感がビンビンしますが、「あまりにもお店が多くて、どこから見ればいいのよ?」ってなってる人も多いのではないでしょうか。そこで今回は、男の娘YouTuberコンビ<YUNITY>こと、GIROとりくちゃんのお二人と一緒に、心斎橋PARCOの見所を紹介しちゃいます。

Cosme Kitchen BEAUTY

ナチュラル&オーガニックコスメを中心に販売する<Cosme Kitchen>から、“Beauty in face”をコンセプトにしている『Cosme Kitchen BEAUTY』が関西初出店。洗練されたビューティードレッサーをイメージした店内には、大きなタッチアップ台が2台設置されていて、スタッフさんによる対面でのアドバイスを受けられるのが特長です。

「Celvoke(セルヴォーク)やto/one(トーン)といったブランドもここならまとめて見られる」というスタッフさんの説明に
「それめっちゃ助かります!」と感動するYUNITY。

お店が広く、限定商品をはじめ<Cosme Kitchen>で取り扱うアイテムのほとんどを見る・試す・買うことができるのも、大きな魅力です。

スタッフさんの説明に興味津々!

POPの説明が丁寧なので、接客されるのが苦手という人でも自分好みのアイテムをじっくり選べますが、同店は居心地が良く親しみやすい接客も売りの一つ。お肌の悩みを相談するうちに、ついつい話し込んでしまう可能性大です。


Cosme Kitchen BEAUTY/B1F
TEL.06-4708-6228


kolor

異なる素材の組み合わせや意表を突くカラーリング、高度なパターンメイク・縫製技術など、様々な要素のバランス感覚が特徴的なブランド<kolor(カラー)>の関西初となる直営店です。

同ブランド直営店には珍しいグリーンのカーペットを基調にしたインテリアには、ケーブル、ワイヤー、コンクリートなど色々な素材がむき出しに。インダストリアルな雰囲気の中にも、<kolor>らしいバランスを持った“異素材ミックス”が光ります。

りくちゃん「これめっちゃかわいい!」
GIRO「めっちゃ似合うやん!」
りくちゃん「もっと言うて!」
GIRO「www」

ニットと布帛(ふはく)を組み合わせたり、異なる編み方のニット同士を組み合わせていたり―――YUNITYの二人も、kolorならではのバランスでデザインされたアイテムに目を輝かせていました。

GIRO「これどっちがいいと思う?」
りくちゃん「赤めっちゃ似合う!」
GIRO「もっと言うて!」
りくちゃん「www」

「kolorのアイテムを着ると、自分のインスピレーションが刺激されますね」とはアパレルショップのマネージャーを務めるGIROの言葉。関西のkolor好きはもちろん、ファッションを楽しんでいる様々な人に訪れて欲しいお店です。


kolor/2F
TEL.06-4300-3482


LAND OF TOMORROW

トゥモローランド発の新コンセプトストア『LAND OF TOMORROW』。これまでは東京・丸の内の一店舗のみでしたが、今回関西に初出店となっています。

ファッション好きにはたまらない、そうそうたるラインナップ!

取扱ブランドは、<ドリス ヴァン ノッテン(DRIES VAN NOTEN)><マルニ(MARNI)><トムウッド(TOM WOOD)><メゾン マルジェラ(Maison Margiela)><OAMC(オーエーエムシー)>など、“世界で最もエレガントとされるブランド”がずらり。

これだけのブランドが一堂に会しているお店は多くないので、自身の美意識を磨けるという点でも魅力的なお店です。

LAND OF TOMORROWの別注コスメに興味津々のYUNITY。
ファッション以外もハイセンスなアイテムに触れられるのが同店の特長。

GIROは「ブランドごとにコーナーの世界観をしっかり作り込んでいて、見やすいし、勉強になる」と、流石のプロ目線で売り場を観察していました。

また歯磨き粉やネイル関連のコスメなど、ファッション以外のアイテムもセレクト。きっとワンランク上のライフスタイルが手に入るはずです。


LAND OF TOMORROW/3F
TEL.06-6252-9797


Dr. Vranjes Osaka

香りの街イタリア・フィレンツェ発祥のルームフレグランスブランドの<Dr. Vranjes>が関西初出店。たった一人の調香師パオロ・ヴラニエス氏によって作られる香りもさることながら、フィレンツェのドゥオモ(イタリア語で大聖堂の意味)を模したディフューザーボトルも特長。

「この香りめっちゃいい!」とテンションが上がる二人。
実はこのときGIROは、あまりの良い香りにトビそうになってたらしい。

できるだけ天然由来のエッセンシャルオイルを使っているので、好みの香りを同じ空間に複数使っても、頭が痛くなったり、気分が悪くなったりしないのも魅力の一つです。

スタッフさんの説明を真剣に聞くGIROとりくちゃん。

親しみやすくも上品なスタッフさんたちが、商品の説明はもちろん、お家の広さや場所に応じた提案をしてくれます。なかでも、豊潤なワインが香りのモチーフになっているROSSO NOBILE(ロッソノービレ)は、思わず「美味しそう!」と叫んでしまうほどフルーティな香りです。


Dr. Vranjes Osaka/3F
TEL.06-6243-7077


THE GUEST cafe & diner

『THE GUEST cafe & diner』はPARCO各店で、PARCOが運営しているコラボカフェ。心斎橋店ではおおよそ1〜2ヶ月周期でコラボするコンテンツを入れ替え、その都度インテリアやグッズ、フードメニューをリニューアルするのだとか。

店内はどこを見てもヒプマイ!ヒプマイ!そしてヒプマイ!

2020年11月18日〜2021年1月12日にかけて展開予定のコンテンツは、大人気の音楽原作キャラクターラッププロジェクト通称『ヒプマイ』のアニメ化を記念した『ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-』Rhyme Animaとのコラボレーション。

あまりに美味しそうなフードメニューに、若干お腹が空いてきたYUNITY。サンプルなので食べちゃダメですよ!

店内にはTVアニメ中で使われている楽曲が流れ、カフェ限定描き下ろしのキャラクターグッズや、ここでしか楽しめないキャラをイメージしたフードメニューが販売・提供されています。

特に力を入れているというフードメニューは、りくちゃんが「おしゃれなカフェにも負けてない」と認めるほど、ハイクオリティ。心も体もしっかり満たせること請け合いです。ファンは問答無用で行くべし!行くべし!

「この人が一番タイプ!」とキャラクターの一人を指差すりくちゃん。
ちなみにこのメガネの男性の名前は入間銃兎(いるま・じゅうと)くん、MC NAMEは45 Rabbit!


THE GUEST cafe & diner/6F
TEL.06-6281-8922
※本カフェのご利用には入店整理券が必要です。詳しくはWEBサイトをご確認ください。


PARCO EVENT SPACE

10階のPARCO EVENT SPACEでは、2020年11月20日〜12月7日の期間『Reality&Fantasy  The World of Tom of Finland』が開催中です。トム・オブ・フィンランドは、“ゲイカルチャー界のウォルト・ディズニー”なんて二つ名を持つほど影響力のある、ゲイアートのパイオニア。

同性愛が法的に禁止されていた第二次大戦後のフィンランドで、LGBTQへの軽蔑や無理解と戦った彼の影響を受けたアーティストはたくさんいて、クイーンのフレディー・マーキュリー、ポップアートの旗手アンディ・ウォーホル、自身のブランド以外にもHERMESのデザイナーも務めるジャン=ポール・ゴルチエなど、名前を挙げればキリがないくらい。

絵の登場人物にアフレコをして大爆笑。

YUNITYの二人は「絵を見てると、この人の好みのタイプがわかってきた」「人物の表情や目線でメッセージを読み取るのが楽しい」と大満喫でした。

トム・オブ・フィンランドの作品の構図を真似して1枚パシャリ。
それにしてもこの絵の二人、ええケツしてまんなあ……。


EVENT SPACE/10F
TEL. 06-7711-7400(代表)
『Reality&Fantasy The World of Tom of Finland』 2020年11月20日(金)~12月7日(月)

PARCO EVENT HALL

14階のPARCO EVENT HALLでは2020年11月20日〜12月6日の期間、グループ展『JP POP UNDERGROUND』が開催中です。

いわゆる文学や美術といったハイカルチャーに対して、デザイン、イラスト、ストリート、マンガ、ファッション、ミュージックなどは一段落として“ポップカルチャー”と呼ばれがち。でもそんなのおかしくない?と言って、ポップカルチャーを現代美術の一つとして扱おうと立ち上がったのが渋谷・表参道の『NANZUKAギャラリー』です。

「JP POP UNDERGROUND」は、そんな『NANZUKAギャラリー』のキュレーションで集められた16人の日本人アーティスト(田名網敬一、空山基、山口はるみなど)のグループ展となっています。

あまりにも「映え」なGIROとプロジェクターで映し出された作品のコラボレーション。こりゃもうアイコン確定か!?
りくちゃんはりくちゃんで、なんかやたらと神秘的にキマッてました。ちょっと映画「アバター」感ある。

詳細なキャプションなどはないものの、日本を代表するポップカルチャーの旗手たちの作品を一気見できる展示会はなかなかお目にかかれません。会期中に心斎橋PARCOに行くなら、ぜひとも見ておくことをおすすめします。

“セクシーロボット”に負けず劣らず、お二人もセクシーですよー!

ちなみにこの記事の最初に使った写真は、空山基さんの代表作“セクシーロボット”の超巨大バージョン。会場の最後にも人間と同じサイズの“セクシーロボット”がずらりと並んでいますよ。


PARCO EVENT HALL/14F
TEL.06-7711-7409
『JP POP UNDERGROUND』 2020年11月20日(金)~12月6日(日)

Profile

YUNITY

「きれい」を追求し続けるGIROこと田中義朗さんと、「かわいい」を追求し続けるりくちゃんこと水原陸さんのYouTuberコンビ。2020年4月から活動をスタートさせた。

YouTubeチャンネル:YUNITY

Data

心斎橋PARCO

大阪府大阪市中央区心斎橋筋1-8-3
営業時間/物販・サービス10:00~20:00 飲食10:00~21:00
※新型コロナウィルス感染状況を鑑みて当面の間営業時間を短縮いたします。
飲食13F(2021年1月オープン予定)
飲食B2F(2021年3月オープン予定)

https://shinsaibashi.parco.jp/

share

TWITTER
FACEBOOK
LINE