Interview & Writing
六車 優花
Photo
中島 真美

2014年にスタートした関西最大級のローカルフェス『GREENJAM』をご存知ですか?豪華なアーティストによる圧巻のステージや地元の飲食店のフード、多彩なマルシェなどが楽しめるこちらのイベントは、大部分が市民の手づくで構成されており、入場料はなんと無料!地域住民の協力のもと実施される、とっても温かいフェスなんです。3年ぶりの開催になった今年は、第1回より使用してきた伊丹市昆陽池公園から会場を移し、池田市猪名川河川敷運動公園にて行われました。本来なら9月18日(日)、19日(月・祝)の2日間の予定でしたが、残念ながら台風の影響で18日(日)のみに。にも関わらず多くの来場者でにぎわい、会場はイベントを満喫するたくさんの笑顔で溢れました。「市民表現の集い」をテーマに、異なる世代や人種、価値観の人が同じ空間で豊かな時間を共有する『GREENJAM』。イベントにかける思いを、代表の大原智さんと共同代表の大塚克司さんに伺いました。

僕らは高校の同級生。大がかりなイベントになっちゃったけど、『GREENJAM』はずっと遊びの延長にあるもの。

まずは、今年の『GREENJAM’22』お疲れ様でした!19日(月・祝)が台風の影響で中止になったのが残念でしたが、たくさんの人でにぎわった素敵なイベントでした。『GREENJAM』はおふたりを中心に運営されているとのことですが、もともとどういう知り合いなんですか?

大塚:僕らは地元が伊丹で、高校からの同級生なんです。

それは長い付き合いですね。大原さんは現在、イベント運営のほか不動産関係の事業も行っていると伺いました。

大原:イベントや不動産業に加え、映像やデザインなどのコンテンツ制作を請け負ったり、音楽のスクールも運営しています。

確か、もともとバンドを組んでいたんですよね。

大原:そうなんです。次のアルバムのリリースが決まったタイミングで子どもができて、確か妊娠がわかった週の週末がレコーディングだったかな。23歳の時やったんですけど、お父さんのやり方がわからんかったので、とりあえず会社に勤めてみたんです。やけど全然おもしろくなくて、そりゃあ15歳からの多感期をずっとライブハウスで過ごして生きてきたもんなと。それを生かした即金制のある方法が音楽スクールしか思いつかなかったので始めました。僕自身はもう教えてないですが、今でも伊丹、尼崎、川西、吹田辺りにスクールはあります。

音楽への熱量がどんどん派生して、『GREENJAM』などのイベントを始めたんですか?

大原:それはちょっと違うかも。音楽スクールの生徒も順調に増えていったけど、自分が教えることに飽きちゃって。飽きてる先生に教えてもらうのってあんまり良くないことだと思うから、熱量のあるギターの先生やボーカルの先生に現場を任せることにしたんです。それで僕も手が空いて、イベントを企画することになりました。「伊丹でフェスをしたい」というイメージは当時からあったけど、そのためにはやっぱり街の協力が必要だなと。手始めに、伊丹市内で開催していた飲食イベント内にあるステージを手伝い始めたんです。そこから街の人の接点が生まれて、『GREENJAM』の開催に繋がっていきました。

伊丹って街をあげてのイベントが多いんですかね?先ほど駅前を通ると飲食系のイベントの設営をしていました。

大塚:めちゃくちゃ多いと思います。飲食イベントは特に。僕らが小さい時は少なかったですけどね。

大原:だんだん増えていったんかなぁ。今はかなり普及しましたが、北海道でスタートしたバルっていう飲食イベントを、本州で最初に始めたのが伊丹なんです。伊丹は古くから飲食店同士の横の繋がりがしっかりしていて、だから飲食イベントは結構多いですね。街に活気があるのもそれが要因かもしれません。『GREENJAM』も結果的に大ごとになってしまったけど、ずっと遊びの延長でやっている感覚ではあります。

大塚:『GREENJAM』は、僕らが30歳になった年に伊丹市内の同い歳を集めて開催した「30歳式」がきっかけだったんです。

大原:30歳の成人式をやってみようっていうイベントです。みんなに正装して来てもらってね、いわゆる結婚式の2次会みたいな感じ。当時の先生にビデオムービーもらったとかもしたなぁ。

大塚:お酒飲んで友人たちと盛り上がって、そのタイミングで『GREENJAM』の話も挙がりました。

周りにもイベントをやりたい!という人がたくさんいたんですか?

大塚:僕がずっとダンスをしていて、人に教えたりイベントの企画をしたりもしていて、そういう繋がりが多かったんです。音楽のイベントをやってる子たちも知り合いにいたので、いざやるとなれば何でも揃うんちゃうかと。

大原:当時はクリエイターっていう言葉もなかったけど、DIY的に自分たちでクラブイベントしたり市役所の地下で自主的に踊ってる子がいたり。周りにそういう人が多かったので、自然とみんなでなんかできたらいいねという空気があったんです。その熱量が思いのほかどんどん大規模になって、今に繋がっている感じです。

自分がかっこいいと思う人に自信を持って向き合いたい。それが『GREENJAM』を続けるバイタリティなのかもしれません。

第1回の『GREENJAM』は2014年でしたよね。その時のことは覚えていますか?

大原:一番覚えてるかもなぁ。知り合いのアーティスト10組くらいに声をかけて、伊丹市民には馴染み深い昆陽池公園という場所でやりました。

その時から変わらず無料のイベントだったんですか?

大原:無料しか選択肢がなかったんです。フェスをやるなら昆陽池公園、というのが僕らの中では確定事項で、ここでできないならやらへんって感じでした。市外の方はあまり知らないかもしれないんですが、昆陽池公園は伊丹市民にとって幼稚園の遠足でも行くような場所で。地域に根ざした公園なんですよね。全員がやるならここでっていうイメージを持ってたから、それはブレずにみんなの中にありました。

なるほど。伊丹で暮らしている方なら、一度は行ったことのある場所なんですね。

大原:昆陽池公園は公共の場所やから、行政の決まりで有料のイベントができなくて、ぶっちゃけると無料という選択肢しかなかったんです。僕らがただのええ奴やから無料でフェスをやってるわけじゃないですよ(笑)

理解しました(笑)。ボランティアスタッフを募って毎年実施しているんですよね。来場者の数は年々増えていってるんですか?

大原:そうですね。初年度の来場者数が延べ6,000人で、前回の19年が25,000人かな。2年目、3年目で万人規模のイベントになりました。

大塚:そうそう。初年度は1,000人くらい来てくれたらいいなって言ってたんですが、予想をはるかに超える集客で。飲食店も午前中で完売しちゃって、初回やからみんな用意しなきゃいけない量もわかんなかったんです。飲食店が15店舗くらい、マーケットが20店舗くらいだったかな。

大原:お昼に食べるごはんがなかったもんね(笑)。本当にわけがわからんくらい大変だった。

当時はどうやって告知されたんですか?

大原:まだインスタも主流じゃなかったし、Facebookが中心でした。ポスターを頑張っていろいろ貼りに行ったくらいかな。

大塚:告知もそこまでやってなかったから1,000人くらいかなと予想してたけど……。

大原:多すぎて意味がわからんかったもんな。16年までは1日のみの開催で、16年に初めて荒天で中止を経験したんです。だから「去年のリベンジや!」と、17年から2日間の開催にしました。

『GREENJAM』は毎年ちょうど台風の時期にやりますもんね。

大原:時期は初年度から毎年変えてないですね。特にこだわりがあるわけじゃないけど、サイクル的にそうなってて。時期を変える話もずっとあるけど、そうなると準備する時期も変わってくるからなかなか難しいです。だから9月開催をほぼ10年続けています。

『GREENJAM』の実行委員は何人くらいいらっしゃるんですか?

大原:実行委員は企画・制作部隊が20人ほどいて、この間MARZELで取材をしていたナホちゃんも一員なんですよ。毎年4月か5月に第1回会議があって、その時点で行政との協議や資金の問題など開催の目処を立てとかないといけないんで、そこまでは僕一人で準備しています。そういう意味では一年中何かしらやっていますね。

どういう思いで実行委員会に入る方や関わり始める方が多いんでしょう?伊丹を盛り上げたい!みたいな感じなんでしょうか。

大原:その辺は『もぐらカフェ』の店長をしている大塚に任せてるんですよ。

大塚:わかんないけど、僕もそれは気になるところですね。やっぱりイベントが開催されるまでって気持ちの起伏が激しいんです。めちゃくちゃしんどいけど、やり終えた後の達成感が中毒になってる気がする。実行委員のみんなもイベント開催に必要なスキルが年々上がってると思います。

大原:やばいっすよ。上がりまくりです。

大塚:企画の土台は基本大原が考えていて、僕らはそれを実行する部隊なんです。やり終えた時の達成感と、あとは『GREENJAM』に関わっている自負がそれぞれあるんじゃないのかな。

大原:きっと関わり続ける理由はそうなんやろうな。きっと岸和田のだんじりとかも、やってみたらむっちゃ気持ちいいんやと思いますし。『GREENJAM』も一種のお祭り感覚で、僕は「文化祭」って呼んでます。

大原さん自身は、どんな気持ちで取り組んでいるんですか?伊丹を盛り上げたい!っていうところなんですかね?

大原:それはあんまりないっすね。基本自分たちの生活環境内のことしか考えてないです。だから「街」とか「伊丹」とか言われてもあんまりよくわからない。ただ、自分たちの周りはもちろん、優れたスキルを持っていたりおもしろい人がいたりすると、その人たちが表現できる場を作りたいと思うんです。そういう場所を提供する取り組みをすると、自分たちの生活環境内に色んな繋がりができる。もちろんそれによって街に活気が生まれてきたと言われると嬉しいけど、あくまでそれは結果ですね。なので、自分自身が魅力的やなぁと思う表現者が活躍する場を作ることが続ける理由かな。

僕はアーティストやダンサー、クリエイターに対して、少しコンプレックスがあって。僕自身が元バンドマンというステージを降りた人間だから、その人たちに対する憧れがあって、そこに対峙したいっていう思いもあるですよ。「あなたがやってる事めちゃくちゃ魅力的っすね!けど、僕もこんなことをやってるんすよ!乾杯!」っていうのを言いたい。ステージで輝いている人たちと対等に、恥ずかしくない自分でいたいんです。ある種、それが僕にとって最大の開催する理由かも。恐ろしく大変なイベントですけど、自分がかっこいいと思う人たちに対して、簡単にできないと言ったり諦めたりしたくないなと思っています。

大原さんって実はとっても熱くて、そういう思いが原動力になっているんですね。これまで『GREENJAM』を運営してきて、大変だったことや予想外の出来事ってありましたか?

大塚:めちゃくちゃあるけど、台風で1日目が中止になって2日目だけ開催した17年かな。

大原:開催日の1日目に台風が直撃したんです。台風が来るとわかっていながら、会場設営はできませんと業者さんに言われて。まぁ危ないから当たり前なんですけど。

会場設営は通常どれくらい時間をかけるものなんでうか?

大原:通常は3日間です。だけど、どうにか開催できる方法がないかとシュミレーションを重ねに重ねて、2日目の午前0時頃に台風が過ぎることがわかって。そこから設営をして、イベントスタートの朝10時までに完了できれば、2日目だけでも開催できるんちゃうかと。3日間かけて行う設営を、夜中の0時から朝10時までの10時間でやりました。

それはできちゃうものなんですか?

大塚:直前にSNSや口コミでボランティアスタッフを募集したら、100人以上の人が手伝いに来てくれました。感謝しかなかったです。

大原:あれはもうすごかった。みんなで鬼のように頑張ったな。もちろん予定通りではない部分もあったけど、10時までになんとかできる状態まで持っていきました。

で、そのまま寝ずにイベント運営と。

大原:そうですね。16年は台風で中止になってしまってたので、17年の10時間で用意した2日目が、僕らにとって15年以来2年ぶりの『GREENJAM』だったんです。気合も入っていて、そこで一気に規模が大きくなるんですけど、寝てへんわ、人はめちゃくちゃ来るわで、わけがわからなかったです(笑)

それだけ助けてくれる人や応援してくれる人が周りにいたんですね。逆に嬉しかったこと、喜びを感じることを教えてください。

大原:『GREENJAM』を評価してもらって、それがいろんな事に繋がるとやってて良かったと思います。だけど、個人的にはやっぱりかっこいい人から評価してもらうことかな。やっぱり音楽畑の人間なんで、それこそMARZELでも取材していたSundayカミデさんに、「日本で一番いいパークフェスティバルやと思ってる」と言ってもらえたのは嬉しかったし、『ソウルフラワーユニオン』のボーカルの中川さんにも、「毎年呼んでよ」と言ってもらえて。アーティストからの言葉は、僕のパワーになっていますね。あとは当日の風景かな。毎年改めて、ほんまにいい風景やなぁと思うんですよ。色んな人が混じり合って音楽を聴いていたり、家族で仲良くごはんを食べていたり……。イベント当日は忙しくてバタバタしていますが、ふと我に返ってその光景を眺めながら、気持ちいいなぁと思います。

私は今年初めて『GREENJAM』に伺いましたが、スタートと同時にたくさんの人が来られていたのが印象的でした。開催場所に猪名川河川敷運動公園を選んだのはどうしてだったんですか?

大原:今年は伊丹の昆陽池公園でやるのが難しくて、今まで関わってくれた方が来やすいようなるべく近くでやりたかったんです。あと、猪名川河川敷運動公園はコロナ中でも音楽イベントを開催していた実績があったり、『GREENJAM』に関わって下さる方の中に池田の方がいたり、池田の市民文化を盛り上げるイメージできたというところから選びました。昆陽池公園だともっとギュッとした感じになっちゃうので、あのゆったり感は新鮮でしたね。レジャーシートを敷いて、ピクニック気分でゆっくりご飯が食べられるのも良かったですし。伊丹からは離れてしまいましたが、池田に住む方々との新たな繋がりもできて、あの場所で開催できたことを嬉しく思います。

19年〜22年までの『GREENJAM』。さまざまな人が混じり合う素敵な空間、楽しい雰囲気が伝わってきます。

来年は『GREENJAM』10周年!僕らの活動が、結果として誰かの一歩や街の元気に繋がれば嬉しいです。

改めて『GREENJAM』にかける思いをお聞きしたいです。

大原:思い……ね、僕らそんな大層なものは持ってなくて(笑)。結構ふわっとしてるんですよ。新しく実行委員に入ってくれる方にもびっくりされるんですよ。もっと熱い感じでやってるかと思ってたって。たまに残念がられます(笑)

話を聞いていて私も意外だったというか、街を盛り上げたい!みたいなワードがあまり出てこなくて……。

大原:僕自身は昔からコミュニティみたいなのが苦手で(笑)。「みんなで」みたいな空気感の中にいると違和感を感じてしまうタイプなんです。

そう言いつつも大原さんは、みんなが集う場所を作っていますよね。なんだか不思議な気がします。

大原:人が生きていくうえでのコミュニティの重要さは理解していて、もちろんあったほうがいいと思うんです。僕の理想としては、それぞれの人やお店の周りのコミュニティが点在している世界観なので、僕自身とか『GREENJAM』のコミュニティを大きくしたり強固にするみたいなことに興味持てないんですよ。実際『GREENJAM』の関係者も、それぞれがすごく仲がいいわけじゃない。異なるコミュニティが知らずに一つの空間を作ってるというのが、僕の好きな世界観なんです。

まさに世界観こそ『GREENJAM』そのものですね。それぞれのコミュニティを全部一緒にして、みんなで楽しもうぜ!みたいなのじゃないということですか?

大原:近年は特にそういうムーブメントもありますが、僕はやっぱり苦手です(笑)。でもコミュニティの重要性や素晴らしさは理解しているから、そういう部分は大塚に託していて。コミュニケーション能力も高いし細やかな配慮もできるので頼りっぱなしです。

おふたりは本当にいいコンビなんですね。

大原:いいバランスなのかもしれません。

取材後、近くのたこ焼き屋さんでたこ焼きをご馳走になりました。

その役割分担ができていることで、きっといろんなことを実行できるんだと思います。『GREENJAM』の今後についてお聞きしたいんですが、来年は10周年になるんですよね。

大原:もちろん開催はしたいと考えています。今年池田でやらせてもらって、猪名川河川敷運動公園や池田の人に対して愛着が湧いていて。単純に、じゃあ来年から伊丹に戻ってやります!ありがとうございました!みたいなのは嫌ですね。何かしら今年と来年の繋がりを持たせたいなと思っています。

イベントを10年続けるのって、すごく大変なことですよね。

大原:無料の万人イベントですからね(笑)。自分たちでもよくやってこれていると思いますよ。最初の実行委員メンバーは10人くらいだったからなぁ。

『GREENJAM』の実行委員は常に間口を広げていて、やりたい人がいたら一緒にやろうという感じなんですか?

大原:「こういうことしたい」と意見を持ってきてくれること自体が貴重やから、尊重したいし実現したいけど、協力してくれている他の方とのバランスを調整しつつですね。難しいことを考えなきゃいけない場合も多いです。

来るもの拒まずだけど、大人の事情もあるということですね。ちなみに今日取材場所として使わせていただいているこちらは、大原さんが運営している施設になるのでしょうか?

大原:今年の夏に伊丹中央サンロード商店街にできた『POT』という複合テナント施設で、イタリアンや写真館、花屋さん、子ども服のお店などが入っています。遊休物件をリノベーションして活用する事で、店舗を持てたり、各お店がそれぞれのコミュニティを作るきっかけになればいいなと思って『sukima不動産』という不動産事業を始めました。1坪から借りることができるので、お店をしたい人や事務所を借りたい人のスタートにもぴったりだと思います。

まだオープンしたばかりなんですね。おもしろい場所になりそうです。

大原:そうですね。まぁ入居する人はほとんど大塚に繋げてもらってますけど(笑)

やっぱり素敵なコンビです(笑)。これからチャレンジしてみたいことはありますか?

大塚:僕が店主を務めている『もぐらカフェ』では、日替わり店主の営業をしていて、そこにチャレンジしてくれる人がもっと増えてくれたらいいなぁと。あとは、日本から出るチャンスをうかがっています。今日のお話の通り、僕も大原もそこまで伊丹にこだわってるわけじゃなくて、たまたまおもしろい人にたくさん出会えたのが伊丹だったというだけで。

大原:よく取材を受けると、「地域活性化」「伊丹を元気に」みたいなワードが並ぶんですが、ムズかゆいです。時と場合によっては自分でも使いますが(笑)

私は地域活性化に重きを置いたイベントなんだと思っていました。だから今日お話を聞いて、それが一番の理由じゃないんだと少し驚いた部分はあります。

大原:いや、『GREENJAM』も不動産業も、実際活性化には繋がっているし、それは嬉しいことなんです。だけどそれがバイタリティではないし、もちろんみんなが喜んでくれたら励みになるんですが、そういった地域への還元は結果にすぎない。特に『GREENJAM』は、毎年開催することで何かにチャレンジしたいと考える人も増えて、それが街のエネルギーに繋がっている。それは実感できてもいますし、嬉しいことだと思っています。

大塚:僕個人としては、これからの未来を担う子どもを絡めたイベントをやっていきたいです。早い段階でお金儲けができるよう教育するとかね(笑)。それって学校で学べないことだけど、社会に出ると少なからず必要なことだと思うので、自分で生き抜く力を身に付けてほしいなと。僕ら大人が目一杯楽しんでいるので、子どもたちにもそれを伝えたいですね。

イタリアン、花屋、写真スタジオなどが入居する複合施設『POT』。

<大原さん・大塚さんのお気に入りスポット>

GO!DON(伊丹市中央区)
「伊丹で服屋って……」と言われながら、今や誰もが認める人気ショップになった服屋さん。伊丹に来たら寄ってください。

三笠屋(伊丹市中央区)
ちびまる子ちゃんに出てきそうな、たこ焼き屋さんです。イケてます。

ぎょう(伊丹市中央区)
昔ながらの喫茶店です。コーヒーを頼むとコーヒーゼリーが付いてくるんですが、ほとんどの人が残してます。けどやめない、というかっこいいお店です。

Profile

大原 智

伊丹市出身、『一般社団法人GREENJAM』代表。バンド活動を経て、11年より音楽教室を主宰。14年より地元の同世代の仲間たちと無料の音楽フェス『GREENJAM』をスタートし17年に社団法人化。最近は伊丹の空き物件を改装して物件貸しを行う「sukima不動産」を始め、新たなチャレンジを応援する。

Profile

大塚 克司

伊丹市出身、『GREENJAM』共同代表。通称“かっちゃん”。伊丹中央サンロード商店街にたたずむ『もぐらカフェ』の店主を務めており、その気さくな人柄でみんなの相談役に。ダンスのインストラクターなども行っている。

Event Data

GREENJAM

音楽、アート、ファッション、デザインなどが融合した関西最大級の無料ローカル野外フェス。2014年のスタート以来、市民と一体となり開催されている。

HP:https://itamigreenjam.com/
YouTube:ITAMI GREENJAM公式チャンネル

share

TWITTER
FACEBOOK
LINE