Writing
前出 明弘
Photo
西野 恭平

大阪が生んだ稀代のPOPMAKER、Sundayカミデさんがオーガナイズする大阪の名物イベント『Love sofa』が夏のビッグな祭典を開催!『Love sofa 2022 summer special』と題して、8月6日(土)に行われたスペシャルライブの模様をたっぷりの写真とともにお届けします。ワンダフルボーイズに奇妙礼太郎、bonobos、neco眠る、DENIMS、YONA YONA WEEKENDERS、DJやついいちろうなどなど、この日集まったのはまさによくばりすぎなメンツ。照りつける太陽以上にアツく盛り上がったステージを、どうぞお楽しみください!!

しびれるグルーヴと笑いもある、楽しい予感がどんどん高まるステージが幕開け!

オープニングを飾ったのは、芸人や俳優としても活躍中のDJやついいちろう。BTSの人気ナンバーからB’zの『ultra soul』など、「他人の曲で盛り上げまーす!」の掛け声の通り、オーディエンスのハートをがっつりキャッチし、グッドな空気感を作り上げていくのはさすがです。

ジャスティンビーバーの名曲である『What do you mean?』を流した時にはマイクパフォーマンスも披露して、会場の一体感はさらにアップ。レキシと作った楽曲「トロピカル源氏」もぶっ込み、オープニングにふさわしい盛り上がりと笑いをもたらしてくれたのでした!

 

そして、メインステージのトップバッターは、“ツマミになるグッドミュージック”を奏でるYONA YONA WEEKENDERS。『君とdrive』を皮切りに、表現力豊かな歌声としっかりと骨のあるバンドサウンドは、絶妙な心地よさも相まって、まさに夏の日にピッタリ!

新曲の『月曜のダンス』も披露し、各地のフェスに引っ張りだこな彼らの音に、オーディエンスもどんどん酔いしれていきます。ほんと、気持ちいい音なんです!!

 

続いてサブステージでは、かりゆし58とともに全国行脚もしていた清水アツシが登場。生粋の神戸っ子が紡ぎ出すサウンドは、骨太なブルースやソウルを感じさせつつも、人懐っこさと人間味のある展開にみんなが聴き入っていました。

 

再びメインステージに目を移すと、そこに現れたのはDENIMS。アツくて激しいロックなビートと、心地よさを深めるポップなメロディーに類い稀なる音楽センスを盛り込む、堺市出身の4人組バンドです。

関西のインディーズシーンを牽引する存在だけに、彼らの奏でる圧倒的幸福量のサウンドはオーディエンスをたちまち包み込み、会場もますますヒートアップ。これからのさらなる活躍が楽しみすぎます!

 

そして、サブステージにスーッと登場し、独特の世界観を放っていたのが、ワンダフルボーイズの元メンバーでもある大野裕也。胸の奥に届いてくる歌声に聴き入ってると、「暑過ぎて意識が飛びそうだったので、途中で止めました…」という曲を突然終える展開に、オーディエンスも大爆笑。そこから再開するとまた一気に彼の世界観に引き込まれ、奇妙礼太郎などもオーディエンスと一緒になって踊り出し、心地よいグルーヴが生まれていくのでした。

bonobosにneco眠る、ベベチオ…、大阪に縁のあるメンツが奏でる素晴らしき音の世界!

2023年の春に解散を発表しているbonobosが登場すると、「待ってました!」とばかりにオーディエンスのテンションも1段階アップ。大阪での思い出話も披露しつつ、『Not LOVE』や『THANK YOU FOR THE MUSIC(Nui!)』、『Cruisin’ Cruisin’』など、グッドミュージックのオンパレードなステージに誰もがクギづけに。

さまざまな音楽表現を昇華させ、多彩なアレンジを織り交ぜるbonobosサウンドは、やっぱり最高!バンド活動をスタートして20年以上が経つ今もなお、進化を続けているこのハイブリッド感はたまりません!!

 

そんなbonobosの興奮が冷めやらぬままサブステージに登場したのは、ハーモニカとギターの弾き語りで魅了する松井洋介。ほっこりする歌声と沁み入るメロディーは、暑いアツい夏の日にエモさというノスタルジーな感情を届けてくれました!

 

そして、メインステージにはneco眠るが登場!盆踊り系インストダブバンドな彼ららしく、踊らにゃ損々とばかりにのっけから『ENGAWA DE DANCEHALL』で会場をブチ上げていきます。

そこから『すごく安い肉』や『お茶』、『一緒に帰ろう』など、ゆるいのに猛烈に激しくて懐かしいダンスサウンドを披露し、オーディエンスもさらにノリノリ!結成20周年を迎えた彼らの動向は、改めて要チェックです。

 

続いてサブステージに登場したのは、べべチオ。日本を代表する音楽デュオと言っても過言じゃないほどの沁みるサウンドを奏でる2人がステージに上がると、会場は一度静けさに包まれ、みんなが聴き込む準備に。

懐かしいのに新しいメロディーと伸びやかで透明感のある歌声は、「やっぱりええなぁ」のオンパレード。外はまだまだ暑いのに、なぜだか心地いい風に吹かれているような気がするのは、べべチオのチカラなのかもしれません。

奇妙礼太郎の圧倒的かつ自由な歌声が、オーディエンスを一瞬にして飲み込んでいく。

夏の日差しも少し落ち着き、美しい夕焼けが広がりつつある頃、そこに登場したのが奇妙礼太郎。『愛の讃歌』から始まったステージは、その圧倒的すぎる歌唱力と自由闊達なスタイルで、オーディエンスは一瞬にして彼の世界に引き込まれていきます。

そこから『たまらない予感』や『思い出の店』、『穴』などを披露し、時にユーモラスに、時にエモーショナルに歌を体現する姿は、まさに唯一無二。奇妙礼太郎にしかできない、音楽の在り方を誰もが感じられたんじゃないかと思います。歌い込みすぎて時間が足らず、1曲カットになったのもご愛嬌。奇妙礼太郎という果てしない存在感に、会場のボルテージはさらに上がっていくのでした!

 

そして、サブステージのトリを飾るのは、シンガーソングライターとして活躍するKeishi Tanaka。エモさとセンチメンタル感が交錯する歌声は、夕暮れの雰囲気とグッドマッチで、しっとりと聴き入りながらカラダを揺らすオーディエンスの姿が印象的でした。

いよいよワンダフルボーイズが登場!最初から最後までハッピーがあふれすぎるライブは、やっぱりスペシャルです!!

『Love sofa 2022 summer special』の大トリを飾るのは、Sundayカミデ率いるワンダフルボーイズ!暑い中、長時間に渡ってライブを楽しんできたオーディエンスもさすがにバテバテかなと思いきや、1曲目の『CLTURE CITY』が始まると一気にノセられて惹き込まれ、スタンディング&手拍子でどんどん盛り上がっていきます。

そして、8月6日というこの日に『平和to the people!!!』を歌い、「平和の鐘を鳴らせ!」と叫ぶSundayカミデの姿に平和への想いを感じたり。『サラリーマンnewsong』や『firefly』、『We are all』と、たたみかけるセットリストで会場はずっと最高潮の状態だったり。とにかくどの曲もライブアレンジがたまらなくかっこよくて、音源とはまた違うライブだからこその醍醐味に満ちた、まさに“ライブバンド”のグルーヴがここにはありました!

アンコールにはAZ.CATALPAとImproveのKN-SUNが登場し、『全然OK!の世界2』をセッション。そして、やついいちろうと元韻シストのFonk mikeもなだれ込み、『夜のベイビー』を歌い上げるというスペシャルバージョンを披露!
「ワンダフルボーイズとSundayカミデの魅力はここにあり!」そう感じさせてくれる、楽しくてハッピーがあふれすぎるライブでした!!

「残念ながら行けなかった!」「もっとLove sofaを楽しみたい!」という人には、朗報!
8月26日(金)に梅田クラブクアトロで『Love sofa -summervacation!!!-』が開催されるので、ぜひ足を運んでみてください。次のライブも素晴らしいメンツが揃っているから、夏の終わりにピースなグルーヴを感じられるはずです!!


<INFORMATION>

Love sofa -summervacation!!!-

日時: 8月26日(金) 18:00開場/18:30開演
場所: 梅田クラブクアトロ(大阪府大阪市北区太融寺町8-17 プラザ梅田10F)
料金: 前売3300円/当日3800円(別途1ドリンク必要)

【LIVE】
ワンダフルボーイズ
DJやついいちろう
荒谷翔大(yonawa)
おとぼけビ〜バ〜
早瀬直久(べべチオ)
AZ.CATALPA
DJ toyoboowy

チケット情報はこちら

https://twitter.com/lovesofa_osk

share

TWITTER
FACEBOOK
LINE