Edit & Writing
KOPERU
Photo
西野 恭平
Edit
前出 明弘
大村 優介

MARZELでも紹介した梅田サイファーのメンバーであり、KOPERU&ISSEIやTHE PORTIOとしても活躍しているラッパーのKOPERUさん。ラップ好きならその名を知ってて当然のような人気者の彼ですが、縁あってMARZELでの連載企画がスタート。今回はその連載のエピソード0的な感じで、まずはKOPERUって人間を大解剖していこうと思います。ライブやネットの記事、SNSでは見れない(見せちゃいけない?)いろんな一面がリークされてますけど、包み隠さずご紹介。そう、「KOPERUってこんなヤツ」というのを、みんなも分かってもらえれば。では次回、連載の本スタートもお楽しみに!!(by 編集部)

KOPERUってどんなヤツ?

おはこんばんにちは。KOPERUです。梅田サイファー、KOPERU&ISSEI、THE PORTIOでラッパーとして活動しております。ラップ以外にもフラワーアレンジをしていたり、間借りでコペルキッチンとして料理をしていたり様々です。
この度はMARZELさんにて連載をさせていただく事になりまして。まずはKOPERUとはどのような人間なのかを知っていただくべきかと思いまして、KOPERUに一番近い周りの人達にどんなヤツなのか聞いてみました。

鉄兵の場合(梅田サイファー)

「ラップに関しては耳心地が良く、ライブなんかで一緒になった時こちらまで楽しくしてくれるヤツです。プラスで常に歌詞の中にも面白いことを取り入れようとしていて、そういうところはKOPERUの人間性が現れていると思っていて、なんか面白いことを言おう、なんか面白いオチつけたろうと常に狙っている危ういヤツだと思っていて。それとサイコな一面があってそこが最高。。。ですね!」

(左)鉄兵、(右)Cosaqu

Cosaquの場合(梅田サイファー)

「最近、梅田のライブなんかで後ろに付かせてもらってるんですけど、観てたらラップの安定感は絶大な信頼を置いてるんです。ラップのリズムも発声もブレないし、ラッパーとしてプロフェッショナルやな思いますね。またいつかサシで曲作りましょう!」

OSCAの場合(梅田サイファー)

「なんか昔気質の芸人さんのようなビッと筋入って頑固で挨拶大事にして、んで自分から不幸に突っ込んでいくような破滅型。やけど、それが逆に歌詞に返ってきていて、それだけ一般的より自分の筋を大事にするから言いたい事がバチってはまった時に、持ち前の野生的な乗り方と合わさるとえげつない威力が出ていて、これ多分平々凡々と暮らしてるラッパーじゃ出ないなぁ思うので、野生みと破滅型だから出せる威力!そこを見てほしいかな!」

(左)OSCA、(右)ふぁんく

ふぁんくの場合(梅田サイファーOB)

「KOPERU君は梅田サイファーの元祖切り込み隊長というか、梅田サイファーって言うたら昔からKOPERU君が一番若さというか内側のエネルギッシュな部分が梅田の中でも抜きん出てて。天性の声とリズム感という授かり物を持ってるんで、梅田サイファーの中でも今だに揺るがない奪われない確固たるポジションをキープしてるなって思いますね。こっから先も頑張ってKOPERU君!僕も頑張るよ!」

こいつのラップ楽しいな、踊れるなって、首振れるなって肉体的に感じさせるヤツすね(by R-指定)

テークエムの場合(梅田サイファー)

「KOPERU君はエネルギーの塊っすね。俺らが初めて梅田サイファーに行った時も誘ってくれたのKOPERUやし、俺らの中で一番最初にREC機材揃えてRECの場を提供してくれたのもKOPERU。Rやふぁんくさんの活躍もあったけど、ライブって舞台に真っ先に飛び込んで行ったのもKOPERU。常にかましたろうって虎視眈々と狙ってるところがいいと思うね。酒癖は俺と同じくらい悪いね。。。ドープでパンク!多分一番最初に死ぬのはKOPERUだね!」

KennyDoes

KennyDoesの場合(梅田サイファー)

「KOPERUくんはやっぱちょっとサイコな部分が見え隠れするんですけど、純粋にラップを追い求める求道者みたいなところはありますね。あとはやっぱ声とリズム感は化け物ですね。ポップなんですけど中身はドープというか。。。もなか?」

pekoの場合(梅田サイファー)

「キャラとか性格は全然違うんやけど、ワンピースのルフィ的というか。気づいたら色んな人を巻き込んで、その人たちがKOPERUに力を貸してるというか。ほんでその分ちゃんと返す力がある、なんかそんなバイブスを感じます(笑)」

(左)peko、(右)R-指定

R-指定の場合(梅田サイファー)

「KOPERU君はですね、肉体的なラップのほんまにうまいヤツやと思いますね。一緒にライブしてても、パフォーマンス力やったり言語とか意味とかロジックとか分からなくてもこいつのラップ楽しいな、踊れるなって、首振れるなって肉体的に感じさせるヤツすね。あと下半身の毛が。。。昔、酔い潰れたKOPERUをみんなでお風呂に服脱がして突っ込もうとした時「あっ」って。あかんあかんって、鬱蒼としたジャングルに赤い太陽がグリンッって出てたのが。。。」

ラップがなければクズと自分で言うけど、ラップがなくても多分一応友達です(by ISSEI)

山領拓馬の場合(THE PORTIO)

「KOPERUは、色で例えると緑強めの紫って感じでずっと自然体な気がします。長時間一緒にいても苦じゃないんです。緑の部分すね。すごい仕事受けたり、ヤバいイベントに出演決まっても気取ったりせんのっすよ。普通自慢したくなりません?なんも言わないんすよ。SNSの告知で知るみたいな。一緒に横で飲んでんのに。なによりKOPERUの口から人のディスとかもあんま聞かんす。初めましての時は、なんか怖かった。
紫の部分です。黒目デカいし。ミステリアスで謎に包まれてる感じっすよね。何考えてるか分からなかったんですけど、仲良くなって話していけば、深く考えてなかったっぽいです。自然体やったんすね。ただ本人はどう思てるか分かんないですけど、カッコいい芯を持ってはるんで、そこに魅せられてる人も多いと思います。サイコパスな一面も持ち合わせてますが、それはまぁまたの機会に」

(左上)山領拓馬、(左下)ACCHI-MAN、(右)ISSEI

ACCHI-MANの場合(THE PORTIO)

「こぺやんは見た目は少年のような男の子だけど、内面で静かに暴走してる人。何かあった時本当に顔に出なくて、淡々と強烈なエピソードを急に語り出したりする(笑)。あとはいつもプラス思考で、悪口や人が嫌になる事を言ってるところはほとんど見たことがない。(とてもリスペクト!)やりたいと思ったことにはまっすぐで、なんでもチャレンジする。(これもリスペクト!)一見大人しそうに見えるけど、ステージやカメラの前に立つと化けるな〜すごいなーって思う。総じて不思議な人」

ISSEIの場合

「繊細なのに、大雑把。天才なのに、コンプレックスだらけ。サイコパスなのに、常識人(時に非常識)。ラップがなければクズと自分で言うけど、ラップがなくても多分一応友達です」

KOPERUとはどういうヤツか分かっていただけたでしょうか?
今後は面白い事をMARZELさんと企ながら発信していきたいと思いますので、是非とも皆さん注目していただければなと思います。

 


<LIVE INFO>

KOPERU&ISSEI
「CODENAME T.O.K.Y.O」振替公演決定!

2021/9/10(金) in CIRCUS TOKYO
New Single「パッパラパーのパー」配信&YouTubeにてMV公開中!


<LIVE INFO>

梅田サイファーツアー2 公演決定!

2021/10/13(水) 19:00開演
会場:USEN STUDIO COAST(東京都)

2021/11/4(木) 19:00開演
会場:味園 ユニバース (大阪府)

チケット購入フォーム
https://t.pia.jp/pia/artist/artists.do?artistsCd=J6110031


<INFO>

梅田サイファーが「THE FIRST TAKE FES vol.3」に出演!
「THE FIRST TAKE FES」は、ライブハウスからアーティストたちの一発撮りを鮮明に切り取るYouTubeコンテンツ。
“ここには音楽しかない。”

■公開日時
2021/8/13(金) 22:00

■出演アーティスト
BURNOUT SYNDROMES
梅田サイファー
yama
CHEMISTRY

Official Site:https://www.thefirsttake.jp/
Instagram:https://www.instagram.com/the_firsttake/
Twitter:https://twitter.com/The_FirstTake

Profile

KOPERU

大阪府出身。梅田サイファー、KOPERU &ISSEI、THE PORTIOにてラッパーとして活動中。2009年代々木公園野外音楽堂にて行われた「B-BOY PARK UNDER20 MCバトル」に出場し、17歳で優勝。以来、さまざまなグループやソロで活動を続け、現在はフラワーアーティストとしての一面も持つ。

share

TWITTER
FACEBOOK
LINE