Interview & Writing
鈴木 直人
Photo
大村 優介
Photo & Movie
zawa

「パタンナーってどんな仕事?」みなさんはそう尋ねられて、答えられるでしょうか。そこそこのファッション好きを自負するMARZELライター鈴木ですが、せいぜい「洋服を作るためのパターンを描く人」くらいの認識しかありません。

アパレルブランド<MIHEY>の代表を務める楠本美佳さんは、元パタンナーという経歴を持ち、今はデザイナーをやりながらパターン、縫製まで全てを自分の手で行っています。今回はそんな美佳さんに、パタンナーの仕事って何なのか、元パタンナーがデザイナーをすると服作りはどう変わるのか……そのあたりの話を根掘り葉掘り聞いてきました。

「今やらないと後悔する」 32歳で選んだ<MIHEY>の道。

まずは簡単な自己紹介をお願いします。

女性服をメインとしている<MIHEY>の代表、楠本美佳と言います。ブランドではデザイン、パターン、縫製全てを自分でやっています。

どうして自分でブランドをやろうと思ったんですか?

もともと私は10年ほどパタンナーという仕事をしていたんですけど、基本的にアパレルブランドっていうとデザイナーの方に注目が集まるので、この仕事ってあまり知られてないんです。 でも私にとってはとても大切だし、面白い仕事だと思っていて。もっといろんな人にパタンナーの存在や魅力を知って欲しくて、<MIHEY>をやってます。

美佳さんが独立した経緯について教えてください。

専門学校を卒業してすぐ、パタンナーとして企業に就職しました。約10年間で2社を経験しつつ、パタンナー兼社内デザイナーとして働いて、そのあと独立したという流れです。

企業ではどんな仕事をしていたのですか?

いろいろです。ものすごくロープライスなブランドのパターン、デザインもやりましたし、東京コレクションに出るようなブランドの仕事も担当しました。

ずっと会社員として働いていたのに、どうして独立しようと思ったんですか?

自分のその後の人生を考えたときに、「今やらないと後悔するな」って思って。

自信はあった?

いえ、全く(笑)。

自信がなかったのに独立するなんて、なかなか大胆ですね(笑)。

今思えばなかなかデンジャラスな選択だったなと思います。でも「やりたい」が勝った。

そこまでしてやりたいと思ったのはなぜですか?

働きながらだと、限界があるなと思ったからです。いちおう独立する数年前から服作りを始めていて、作品作りみたいな感じで自分のための服や、友だちのための服を作るようになってはいました。友だちのツテで服屋さんに声をかけてもらって、服を置かせてもらっていたりもしていて。

その状況が何年か続いたときに、これ以上は兼業では無理だと思ったんです。

独立への不安はなかった?

ほぼ勢いでしたね。お金に困ったらバイトしようかな、くらいの軽い考えで(笑)。

パタンナーとして10年の経験があったからこそ思い切れたんでしょうか?

いや、正直5〜6年くらいのタイミングで独立してもよかったなって思ってます。ある程度勉強は必要だと思いますけど、別に10年も必要なかったかなって(笑)。何をやるにも早いほうがいいですから。

「原作者と翻訳家」 パタンナーという仕事、デザイナーという仕事。

もともと服を仕事にしようと思ったのは、何がきっかけだったんですか?

『東京ジュリエット』っていうマンガです。ファッションデザイナーを目指す女の子が恋人と一緒に色々な試練を乗り越えて成長していくみたいな王道の少女漫画なんですけど、これを読んで初めて“服を仕事にする”っていうことを具体的に想像するようになったんです。

それが何歳くらいのとき?

小学校高学年くらいかな。「将来は専門学校に行きたい!」と思って、中学生のお姉ちゃんの名前を勝手に使って資料を取り寄せたりもしましたね(笑)。

めちゃくちゃアグレッシブ!もともと洋服は好きだったんですか?

はい、物心つく頃にはもう好きでした。強いて言えば、小さい頃はお姉ちゃんのお下がりか、親の趣味で男の子っぽい服しか着せてもらえなかったので、「好きな服が着たい!」っていう反発精神が、私を服好きにしてくれたのかもしれません。

でも、アパレルと言えばやっぱり花形はデザイナーですよね。どうしてパタンナーの道へ?

本当は私もデザイナーになりたかったんですけど、学校で勉強するにつれてそこまでデザインが得意じゃないことがわかって。好きなんやけど、なんか苦手やなって。

パターンは好きだった?

いえ(笑)。むしろ最初はめちゃくちゃ嫌いでした。専門学校でパターンを習った人ならわかると思うんですけど、授業がただの作業だから面白くないんです。全然クリエイティブじゃない。

なのにどうしてパタンナーになったんですか?

そこまで嫌いじゃなかったから。周りの子たちはずっと嫌いって言ってたんですけど、私は好きとまでいかなくても嫌いじゃなかった。だから向いているのかも、と思ってパタンナーになりました。

パタンナーの仕事について、詳しく教えてください。

簡単に言えば「服の設計図を描く仕事」です。でもデザイナーが描いたデザイン画をもとに、シルエットや細かい仕様を決めるのはパタンナーの仕事なので、単に指示通りに設計しているだけではダメなんですよ。翻訳小説に例えるなら、デザイナーが原作者、パタンナーが翻訳家というイメージです。

そのまま日本語に訳すんじゃなくて、意味のわかるように訳せるかどうかが大事ってことですね。

はい。パタンナーごとにクセもありますしね。微妙なラインの引き方、曲線の引き方、全部パタンナーごとに違います。あとは好きな作業も、人それぞれ違う。

平面のパターンが立体の服になっていく様子。

好きな作業、というのは?

例えば縫う時の仕様、つまりきれいに縫いやすいように縫う順番なんかを決めたりするのが好きな人もいれば、私みたいに平面のパターンを立体にしたときの様子を考えるのが好きな人間もいます。「このパターンを縫いあげたらどうなるかな?」って考えながら作って、その通りにできた時がすごく楽しいんです。

うまくいくかいかないかって、平面の状態でわかるものなんですか?

うまくパターンが描けると、そのパターンが光って見えるんですよ。デザイナーの意図とパターンがぴったりハマったときに、ピカーって光る。

将棋の棋士が「次の一手が見えた」と言ったり、ゴルフ選手が「パターのラインが光って見える」と言ったりするのと近いのかな。

かもしれません。昔の同僚や先輩も同じことを言っていたので、そういう感覚を持っているのは私だけじゃないんですよ。

「“着る人に合わせた既製服”を作りたい」 元パタンナーだからこそのこだわり。

<MIHEY>の服を作る時のこだわりってありますか?

“着る人に合わせた既製服”を作りたいと思っています。量産されている服は、基本的に平均的な体型に合わせて作られますが、一方でオーダーメイドの服はその人の体型に合わせて、その人だけのために作られます。

しかも単に体型に合わせて作るのではなく、その人が美しく見えるように作るんです。例えば、右肩が下がっている人に対しては、右の肩パッドを厚くして左右対称にするといった具合です。

となると、“着る人に合わせた既製服”というのは矛盾しているように思えますが……。

MIHEYは確かに既製服なのですが、できるだけオーダーに寄った服作りがしたいんです。

具体的にはどういうことでしょうか?

私はデザインもパターンも一人でやっているうえ、受注生産で作っているので、お客様の体型やお好みに応じた微調整が加えられます。受注展示会に並べるのはMサイズのサンプルですが、「もう一回り大きくして欲しい」と言われたらLサイズで作れますし、大きな仕様変更は難しくても、「もう少し丈を短くして欲しい」といった細かい要望ならその都度対応することもできます。

お客様は嬉しいと思いますが、美佳さんは大変そう……。大きく作ってONEサイズ、みたいな作り方はしないんですか?

オーバーサイズにするのも一つの手なんですが、一口にオーバーサイズと言っても“その人にあったオーバーサイズ”があるんです。普段Sサイズを着ている人に似合うオーバーサイズと、普段Lサイズを着ている人に似合うオーバーサイズって全然違う。だから大きめのサイズを作るときも、必ず着る人に合わせる必要があると思っていて。

そのためにも<MIHEY>の服は基本的に女性を想定して作っています。

ということは、僕のような男性には着れないのか……残念です。

ただ、最近は男性にも見てもらったり、着てもらったりする機会が増えてきたので、男性が身につけてもできる限りきれいに着られるように考えを振り絞っています。

それは朗報!ぜひ着てみたいです。

はい、一度挑戦してみてください。

ブランドをやっていて、楽しい瞬間、苦しい瞬間ってどんなときですか?

楽しい瞬間はやっぱり展示会でお客様と話せたり、お渡しした服を着てくれているのを見たりするときです。対して、苦しい瞬間は服作りで行き詰まって、誰にも相談できないときですね。

服作りで行き詰まるというのは?

このアイデアを形にしていいのか迷ったとき、「作ってみたけど、全然ダメだな」とボツにしたとき、ボツにしたあと「何回同じことを繰り返せば気が済むんだ!」と自分を責めてしまうとき……いろいろです。でもそういう時間があるから次があると思っているので、また前を向いて作るんですけど。

これから<MIHEY>をどんなブランドにしていきたいですか?

ゆくゆくはランウェイみたいな場を設けられたらと思いますが、今はとにかくいろんな人に知ってもらうのが先かなと思っています。そのためにも受注展示会を続けつつ、置いていただけるお店を増やしていきたいですね。ライフワークとして、コツコツ続けていけたらと思います。

<MIHEY>2021-22AWの受注展示会DM。

次の受注展示会はいつなんですか?

よくぞ聞いてくれました(笑)。5月4日〜10日にあるんです。場所は珈琲とたまごかけごはんのお店『zawa』もあるGrowLevel galleryです。こんなご時世ですが、アポイント制などを取り入れた万全の体制で開催する予定なので、ご都合が合えばぜひ遊びにきてもらえたら嬉しいです。

アポイントはどこから取ればいいんですか?

Instagramのプロフィールページから予約してもらえるようになっています。

これはぜひ見にいきたい!楽しみにしています!

Profile

楠本 美佳

アパレルブランド<MIHEY>代表。専門学校卒業後、パタンナーとして約10年働いたのち独立。デザイン、パターン、縫製全てを一人で行う。

https://www.mi-hey.com/

share

TWITTER
FACEBOOK
LINE