Interview & Writing
羯磨 雅史

「若者のジーンズ離れ」というニュースが伝えられる昨今、ジーンズ(デニムと呼ぶべきか)の売り上げが不振にあえいでいる。 かつては、服好きにとってなくてはならない定番アイテムの一つだったデニムがどうしてなのか。「オジさんくさい」や「高い」など、その理由をなんとなくイメージしてみるが、どうも“浅い”気がする。

そんな疑問を持って、大阪を拠点にデニムを発信する<THE UNION>の長、牧田耕平さんにその理由を考えてもらいました。牧田さんのデニム愛も添えて。

デニムが好きになるタイミングが来る。それが“いつか”っていう。

デニムに興味を持ったきっかけはなんですか?

70、80年代の映画の影響がデカいですね。「アメリカングラフィティ」とか「バック トゥ ザ フューチャー」とか。登場人物がアメカジスタイルで、デニムを履いてたし。

ちなみに、はじめて買ったデニムは?

高校生のときアメ村で買った、リーバイスの501かな。別にヴィンテージでもなんでもなくレギュラーの。初めてヴィンテージを買ったのは19歳のときで、この<FOREMOST>ですね。自分はその頃、リーバイスやリーとかの定番じゃなくサードブランド、いわゆるストアブランドが好きで。たしかガリブル(東心斎橋にあったヴィンテージショップ)で買ったんかな。

牧田さんが19歳のとき初めて買ったヴィンテージデニム。
百貨店『J.C.PENNY』のストアブランド(現代で言うプライベートブランド)<FOREMOST>

で、元々デニムが好きというのもあって仕事にされて。

そう。同級生がすでに『フルカウント』にいたっていうのもあって、19歳のときに入社しました。最初はアメ村のショップで販売からスタートして、20歳のときに初めて岡山に生地見に行ったり、企画とかもさせてもらったし。社長の辻田さんにデニムのイロハを教えてもらいましたね。その後は、当時シュプリームとかの国内代理店や、オリジナルブランドを展開していた東京のアパレル会社に入って。その会社で、24歳の時に<MOTIVE>を立ち上げました。

<MOTIVE>でもデニムを展開していたんですか?

MOTIVEでもやってたけど、ブランド3年目に<MOTIVE TOUGH>っていうラインを立ち上げたんですよ。その理由が、MOTIVEはいわゆるストリートブランドやったから、っぽく見られるのがイヤで。
前からヴィンテージディテールをモチーフにした、ちゃんとしたデニムを作りたいと思っていたので、デニムだけ一人歩きというか独立させたいな、と思ってて。ちゃんとXXのディテールで、隠しリベットとか耳ももちろんそうやし、綿糸使って、生地も13.5オンス。岡山の生地屋さんでヴィンテージデニムマニアみたいな人がいて、その人と一緒に作ってました。<TOUGH>は当時めちゃくちゃ売れましたね(笑)

これまで牧田さんが培ったヴィンテージデニムの知識を注いだ<MOTIVE TOUGH>のデニム。
数々のセレクトショップにて取り扱われていた名品。

それから地元・大阪に戻って<THE UNION>をスタートして。

それが2009年かな。自分は<THE FABRIC>というブランドをやって、小物は<THE COLOR>、リメイクは<THE ONE SHOW>、ウィメンズは<THE MERMAID>といった、それぞれのプロフェッショナルが手がけて、ていうその集合体が<THE UNION>。基本的にデニムアイテムはいま、<THE BLUEST>(旧THE OVERALLS)としてリリースしています。

<THE>の初期モデル。
財布をヒップポケットに入れてもストレスのない蛇腹や、手を入れやすいように刀型のポケットを配するなど、
ディテールに日本の伝統を落とし込んだオリジナルデザイン。牧田さん曰く、約5年履き込んで“完成”したもの。

自分色になるのがエエところ。汚れてもそれが思い出になる。

最近、「若者のジーンズ離れ」がニュースになっていましたが、牧田さん的にそのニュースをみてどう思いました?

そりゃそうやろな、って思う。重たいし、堅いし、ゴワゴワするし、洗濯しづらいし、なんでこんなん履くの?って感じなんやろうな~。 特に、いいデニムってなると高いし。しかも、服好きの若い子たちからすると、デニムってウンチクにうるさい人が多いイメージで面倒臭いのもあるんちゃうかな?もちろん、デニムはデニムでいいねんけど、好きなもん履けばええと思う。でも、自分の場合は10代やったけど、絶対デニムが好きになるタイミングが来ると思うから、それがいつかっていう話で。

デニムって魅力がたくさんあると思うんですが、牧田さんが思う“デニムのいいところ”ってなんですか?

やっぱり“育てる”っていうところがポイントになるかな。僕はデニムから洋服を学ばせてもらってるんで、育て甲斐があるのが一番いいところやと思う。デニムに限ったことではないけど。経年変化っていうたらありきたりかも知れんけど、例えば作業してるときにペンキついたりオイルが付いたり、メシ食ってるときケチャップこぼしてもデニムやとそんな気にならへん、っていうか。

確かにデニムの汚れってほかの生地の服に比べると不思議とあまり気にならないですね。

そう、元々ワークウエアやから、言い方悪いけど雑に扱ってもそれがアジになるし。
何年か経ってからその汚れを見たときに「そや、これあのとき付いたやつや」みたいな(笑)。

汚れやダメージも自分のカラーになる、と。

デニム履いてタフに働いてるひとは特にそうやと思うし。

この(今履いてる)デニム触ってみて欲しいねんけど、表面トゥルトゥルやねん。この毛羽立ちがなくなったような肌触りがめっちゃ好きで。ここまでいくだけでも1年半くらいはかかるから、特に平日にデニム履かれへんような仕事の人たちからするとこの雰囲気はなかなか味わわれへんし、柔らかくならへんから面倒臭いと思う。そういう意味で、デニムが敬遠されるのも分かる気がします。

約1年半ほど履き込んでいる<THE BLUEST>は、牧田さんの体にフィットしたアタリや色落ちに。
曰く「このトゥルトゥル感がたまらんのよね」

牧田さんが作るデニムはリジッド(生)がほとんどですよね。

ひとり一人体型も違うし、足の長さも膝の位置も違うから加工ではどうしても不自然になるし、そもそもリアルじゃないしね。<THE FABRIC>って名前でブランドやってる通り、自分は生地が大好きな人間やから、それを“痛めさせる”っていうのも正直ちょっとイヤで(笑)。だから“育てる”という意味でリジッドにこだわってますね。

よくデニムって洗ったほうがいいの?とか生のデニムは最初に糊を落とすべき、とか言われていますが、牧田さん的なデニムの扱い方を教えてもらえますか?

僕の場合は、まず最初に裏返して水洗いして糊を落とす。それから、自分の長さに丈上げして。で、太さにもよるけど1ヶ月半~3ヶ月履いて、座ったり立ったり普段通りのスタイルで。
その人ならではの、って言うんかな。股とか膝とか関節部分中心に同じ位置に生地が折れてくる、いわゆるアタリっていうねんけどそれが出てきたら洗っていい。一回アタリが出たら、洗っても同じとこが折れるから、そこから徐々に色も薄くなるし、体に馴染んできて。

洗濯の仕方もなんとなく難しいイメージで、デニム離れになっているかもしれないですね。

そうやなー。でも、現代のデニムに関しては普通に洗っても全然イケるけど、あまりにも洗わなさすぎて皮脂が定着するとどうしても生地が劣化してくるから、ある程度履いたら洗ったほうがええんちゃうかな。

でも、それも好みの問題で色落としたくない場合は洗い過ぎないほうがいいし。それも含めて“育てる”っていうことやと思いますね。
ただヴィンテージのデニム、特に50年代60年代のものになると生地も糸も劣化が激しいので、極力洗わないほうがいいかな。

最後に、牧田さん的デニム愛を一言でお願いします。

やっぱり、“自分色”に変化していくのがいい。色落ちだけじゃなくて。

Profile

牧田 耕平

1975年、大阪・東住吉区出身。製菓専門学校中退後、大阪のデニムメーカー<フルカウント>に入社。その後、東京のアパレルメーカーに勤め、1999年に<MOTIVE>をスタート。2010年より大阪へ戻り<THE UNION>を始動。2020年春より監修している<アニエスベー ジーンズ>をはじめ、様々なデニムブランドのディレクションも手がけている。

http://theunion.jp

share

TWITTER
FACEBOOK
LINE