Interview & Writing
金輪際セメ子
Photo
依藤 寛人

南船場にある『wad』。作家ものの器でいただく京都・和束のお茶や和スイーツが人気のカフェスペースは、SNS映えもあって行列ができることも。インスタのフォロワーも2.5万人を誇り、気鋭の器作家の展示を行うギャラリーや、昨今流行の金継ぎ教室も大盛況。そんな人気店を手掛ける店主の小林剛人さんは、さぞやり手の経営者に違いない……と思ってお会いしたところ、想像をはるかに超える、器への愛情と造詣が深すぎる方でした。コレクターでありキュレーターであり、金継ぎの職人であり、作家のプロデューサーでもあり……と、「店主」という枠にはおさまりきらない小林さんの多彩な仕事。とても物静かで穏やか、でもその内には情熱がたぎっている、そんな小林さんのインタビューをお届けします。

花器のリースをしていた料理屋さんから「金継ぎできへんか?」って言われて。当時は本も何もないから、古物の本を見て、継ぎ方を勉強しました。

小林さんが器に目覚めたというか、器を好きになったきっかけを教えてください。

僕が小学生のころに父親が焼き物にハマって、備前とか信楽とか、六古窯と呼ばれる古い焼き物の産地に家族旅行で行ってたんです。でも僕自身は別にそんなに興味があったわけではなくて。それが高校生になって、香川に住む祖父の家に行く途中で備前を通ったときに、焼締めっていう本物の薪で焼いた器を、自分のお金で買ったんです。そこから、器も面白いなあと思うようになりました。

高校生が備前焼に惹かれるというのは珍しい気がしますが、なぜ買おうと思われたんですか?

なんか、いいなと思ったんですよね。酒器みたいな平杯なんですけど、すごく焼きが良くて、いま見てもいいんですよ。その時はピンときていいなって思っただけでしたけど、ああ、ちゃんと本物だったんだなと思います。でも、備前で薪で焼成している焼物は、もう何百年も続いているもので、昔からいいものは変わらない。本質的なものを見極められたのかなと思います。

いま見てもいいということは、当時から目利きが効いていたんですね。その頃から、器を仕事にすることを考えておられたんですか?

ぜんぜんそんな意識はなくて、美容学校を出て美容師をしていました。でも雇われるのがどうしても無理で、27歳で独立しようと思って。24歳で美容師を辞めて、アルバイトをして3年でお金を貯めようと思ったんです。それで、友達の古着屋の2階を家賃1万円で借りて、節約しながらいろんなバイトをしてました。

美容師として独立される予定だったんですか?

いや、別に美容師でもレコード屋でもなんでも。独立することだけ決めていて。それで、美容師を辞めたときに、父親にそのことを伝えたんですよ。そしたら、「まあいいんちゃう、自分の人生やし」って言った後に、「家にいっぱいある焼き物も、全部お前の物になるしな」ってぽろっと言ったんです。それを聞いて、あ、使っていいんやと思って。それで、実家にたくさんあった花入をリースにできないかと考えて、25歳の時に名刺1枚作って、料理屋さんに営業に回ったんです。

コレクションルームにある器の数々。現代陶芸作家のものから古物まで幅広いラインナップ。

花入とは、花器のことですよね?花入のリースというのは、どんなものだったんですか?

いまは料理屋さんでも女将さんのいる店が少ないから、花は入れ替えるけど花器は同じという店が多かったんです。だから、うちにある花入を月替わりで貸し出そうと考えました。最初は相手にされなかったんですけど、色々な料理屋さんに営業しまくっていたら、この若者面白いなって感じで仕事をくれる人が出てきたんです。それで、料理屋さんに毎月、これはこういう器ですっていう資料を付けて、花入を貸し出す事業を始めました。

花器のサブスク!すごい、新しい商売ですね。

そうやって毎月花入を届けているうちに、「器の金継ぎできへんか?」って言われたんですよ。金継ぎは漆や純金を使って直すからすごく高くて、料理屋さんでは採算が合わないんです。でも簡易金継ぎと言って、現代の道具を使ってやる技法もあって、それができないかと言われて。試しにひとつやらせてもらおうと思って、持ち帰ったんです。当時出入りしていた料理屋のベテランの料理人さんで修行時代に金継ぎを学んだ方がおられたので、その方にベースを教えてもらって修理して持って行ったら、めっちゃいいやん!って言われて。その場で、段ボールいっぱいの器をどさっと預けられました。

花器のリースから、今度は金継ぎまで、どんどん仕事が広がっていきますね。

金継ぎを始めたらそれがヒットして、クチコミでいろんな器を預かるようになって、毎月何百個って仕事が来るようになったんですよ。古着屋の2階に並べてアルバイトの合間に直して返却するというのをずっと繰り返して。それがいつの間にか、器を仕事として扱うようになった流れですね。

小林さんが金継ぎを施している、沖縄の壺。本漆で接着し、乾燥させた後、金で仕上げるため、作業は一年近くかかることも。

器のお仕事に至る経緯が、意外すぎてびっくりしました。でも器好きのお父様の存在が、大きなきっかけになっているんですね。

父親が好きだったのが、焼締めという器で。ガスや電気じゃなくて、薪で焼成する伝統的な焼き物がすごく好きな人だったんですよ。そういうものを使わないのはもったいないというか、人目に付くところに出したいなっていうのもありましたね。それで、花入なら料理屋さんに需要があるかなと。

目の付け所がよかったんですね。そこから、金継ぎにつながっていくわけですが、金継ぎの技術はどうやって磨かれたんですか?

料理人の方に教えてもらったのが最初ですが、当時はとにかく資料も情報もぜんぜんなくて。金継ぎの本なんてなかったので、古本屋で古物の本を買って、金継ぎの方法は載ってないんですけど、金継ぎされている器の写真を見て、継ぎ方を勉強しました。物に合った修復をするのが金継ぎなので、なんでこういうラインなのかなとか、考えながら見てましたね。
あとは、簡易金継ぎに使う樹脂などの薬品の成分ですね。食器に使うので、この薬は食品衛生法的に使用できるのかとかを自分で調べて。本金継ぎに使う漆についても、漆器の職人さんにわからないことを教えてもらいながら勉強しました。

そういえば、「金継ぎ」という言葉がメジャーになったのもわずかここ数年のことですよね。まだ全然情報もない中で、ほぼ独学で勉強されたんですね。

始めたのは17年ぐらい前ですね。器が好きだったので金継ぎというものを知ってはいましたが、いろいろな人に教えてもらったり本で調べたりしながら、なんとか身に着けました。

フランスに滞在していたとき、ペドロに「英語を話せる人間はいくらでもいる、でも日本のことを理解している人間なら、世界中どこでも仕事ができる」って言われたんです。

その流れのまま、金継ぎの事業で独立されたんですか?

27歳で独立しようとお金を貯めてきたんですけど、「修復をする」ということについて考える時期があって。日本は使い捨ての国ですが、ヨーロッパには昔からリペアの文化があることに憧れて、独立する前に1ヵ月半、旅に出たんですよ。パリでは古い建物は残ってるし、家具も修復して使うし、日本はビニール傘ですけど向こうには傘だけを修復する職人さんもいて。そうやっていろんなものを見ているうちに、日本の金継ぎって独特の文化やなとあらためて感じる部分もありました。

たしかに、日本に比べてヨーロッパは、古いものを修理しながら大切に使うイメージがありますね。フランスでは、ずっとパリに滞在されてたんですか?

パリの後、フランス西部のナントに行きました。ナントに京都で知り合ったペドロという画家が住んでいたので、パリから彼に連絡したんです。ペドロはすごく日本フリークで、京都や奈良に滞在して仏像ばっかり描いている画家なんですけど、彼が京都の加茂で個展をしていたときにたまたま会って、僕がフランスに行きたいと話したら名刺をくれたんです。それで、パリから電話をしたら、うちにおいでって言ってくれて。パリからTGVに乗ってナントまで行きました。

ペドロはチリ出身で、イタリアに亡命して、フランスに移住した人なんですけど、日本のことにすごく詳しいんです。「剛人は黒沢明の作品で何が好きか」とか聞かれるんですけど、僕あんまり知らなくて。そしたら「日本人なのに知らないのか!」って滞在中は毎晩、黒沢明の作品を見せられました(笑)。ほかにも、「いま三十三間堂の仏像は何体修理しているのか」とかマニアックなことばっかり質問されて、ぜんぜん答えられなかったですね。

僕がナントを発つ日にペドロはお茶を点ててくれて、その時に僕は、もっと英語を勉強してまた来るよって伝えたんです。英語が話せたら、もっと深い話ができるかなと思って。そしたらペドロが、「それは違う」って。英語を話せる人間はいくらでもいる、でも日本のことを理解している人間なら、世界中どこでも仕事ができる、と。いま器を修復しているなら、器のこと、茶道や華道のことをもう一度ちゃんと勉強して極めなさい、そうすれば世界中どこにいっても食いっぱぐれることはないからって。それを聞いて、すごく納得したんです。

英語を話せるようになるより、自国の文化を理解して発信することのほうが大切……って、すごい言葉ですね。

そう言われて日本に帰って来て、たまたま新町に物件があって、すぐお店をスタートしました。店名の『wad』には、和の道、日本の道という意味を込めています。ペドロに言われたことで、古来から受け継がれてきたものを、現代の形にアレンジして伝えていきたいと思ったんです。茶道や華道はきちんとしたルールにのっとって継承されていくものですけど、それよりもう少し敷居を低くというか。ヨーロッパでは美術館に、ベビーカーを押したお母さんたちも子供たちもたくさん来るんです。でも日本のギャラリーとか画廊は、若い人はあまりいないし、入りにくいですよね。だから、その入り口になる仕事をしたいと思ったんです。

カフェスペースにある茶釜。この茶釜で沸かしたお湯で点てたお茶を、好みの器で味わえる。

カフェという形にされたのは、器やお茶に触れる敷居を下げたいという思いから?

お茶の文化があったから日本の焼き物は水準が高いと思っているので、お茶を飲める場所があって、そこで器に触れてもらえれば、器の世界に興味を持ってもらえるのかなと。カフェで器に出会って、ギャラリーで自分の好きなものを選んで、それが壊れたら金継ぎで修復する、そんな流れが作れたらいいなと思って。

お茶が、器と出会うきっかけになるんですね。小林さんご自身も、お茶を勉強されたんですか?

友達のおばあちゃんが茶道の先生で、ヨーロッパに行く前に習ったんですけど、でもすぐに違うなと思って。茶道は伝統を継承するためのさまざまな決まり事があるんですが、茶道をさかのぼると茶の湯があって、茶の湯は相手のために器を選び、部屋をしつらえ、朝からお湯を沸かして準備をする。五感を生かして、自分なりのもてなしをする。千利休とか茶の湯のことを僕なりに考えたときに、茶道と茶の湯は違うのかなと思うところがありました。

いわゆる“茶道”ではなくて、茶の湯の精神をもって、自分なりのもてなしでお茶をふるまいたいと。その想いは先生も理解してくださったんですか?

すごく理解してくださって、自分なりのおもてなしであれば、お点前はしなくてもいいとも言ってくださいました。でも僕も今になってわかりますが、茶道のルールで掃除をしっかりしなさいとか言われるのも、畳の目まできれいにすると、空間を見る解像度が上がるんです。『ベスト・キッド』で、窓ふきをしているうちに修行になっていたみたいな(笑)。今は、茶道のそういう精神的な部分もすごく大切だということがわかります。だから友達にもお茶の先生がたくさんいますし、若い人でも、この人に習いたいなっていう人がいますね。流派とかよりも、その人と過ごす時間が大事というか。お点前の作法はいまYouTubeとかでも見られますから。点て方を習うというより、結局は“人”なのかなって思います。

自分がいいなと思ったものは、値段に関わらず買います。僕が一回所有してみないと、良さがわからないから。

小林さんご自身は、現在は器をどのように楽しんでおられるんですか?

いまも買いますし、見に行くのも好きですね。海外でもどこに行っても、焼き物はあるんですよ。民芸や工芸は世界中にあるので、そこの土地のものをピックアップするのはすごく好きですし、琴線に触れたものは高いものでも安いものでも、値段に関わらず買うようにしています。見ただけで良し悪しはわからないから、一回所有してみるんです。
ここは僕のコレクションを置いている部屋なんですが、壺なんかも古いものから作家ものまでいろいろありますが、僕が一回買って、持って、大切にして理解したものをアウトプットして、それを欲しいという方がいたらお譲りするという形にしています。

いわゆる買い付けではなく、審美眼にかなったものは、いったんご自身で所有されるんですね。

そこはすごく意識していて、それをしないと物を語れないんです。伝え手との仕事として、ちゃんとインプットしないとアウトプットできないので、そこは身銭を切るようにしています。所有したら自分の生活の中にも取り入れますし、壺だったらお花も生けます。この壺があった時代はどんな生活してたんだろうって考えたり調べたりすることで、自分の物になっていく。その上で、次に大事にしてくれる人が持ってくれたらいいなと思いますね。

小林さんが心惹かれるものって、どんなものですか?

侘びたものとか枯れたものがすごい好きで。造形でいうと、中国とかのピシッとシンメトリーになった完璧な美しさより、それが朝鮮に入ってちょっと歪んで、さらに日本で思いっきり歪んだ感じが好きですね。
テクスチャーも土を焼くというか、釉薬を塗っていない、原始的なものと言ったらおかしいですけど、ルーツのあるものがすごく好き。これもインドの器なんですけど、濡れるとピカッとしてすごく美しいんですよ。この器、人によってはただの汚れたバケツにも見えると思うんです。でも僕はすごく美しいと思う。もともとツヤのあるものが濡れてもそのままですけど、こういう土っぽいものが濡れた時にツヤっとするとギャップがありますよね。
こういうのは、日本人のDNAにあるのかなとちょっと思ったりします。黒沢明の映画にもあるんですけど、真っ裸よりもなにかを身にまとってるほうが色気を感じるみたいな。

水に濡れると表情が一変、美しいツヤが出るというインドの器。

なんとなく、わかる気がします。

例えば、水を張ったときの表情が美しければ、その器から水が漏れてもなんとも思わないんです。むしろ、どれぐらいで漏れるのかなって、うっとりしながら眺めます。

え、水漏れすらも愛でるんですか!?

その“物”が美しければ、水が漏れるとか漏れないとかはどっちでもよくて。陶芸家でもそういう感覚の人がいて、土がすごく美しく焼けているけれど、水漏れするコップがありました。コップとしては機能しないんですよ、水が漏れるから。でもその作家は、このコップはこんなに美しく仕上がってるのに、それを水が漏れるとかそんな次元の低い話はどうでもいいって言うんですよ。矛盾してますけど、僕はその気持ち、すごくわかります。焼きとか質感が美しくて、物として完成されている。こんなにきれいなんだから、水が漏れるとかそんなことはどっちでもいいって。

すごい…!道具として用をなしてるとかなしてないとか、そういうことじゃないんですね。

物として美しいか、ですね。古いものなんて、だいたい水漏れしますから(笑)。この壺なんて、室町時代に種を入れて発芽させるものなので、もともと水が抜けるようにできてるんです。それを使いたいと思うなら、中に何か入れればいいだけのことで。

コレクションは、国や年代もさまざま。「その物が生まれた歴史や背景、用途を知るのも楽しみのひとつ」と小林さん。

いや、すごいマニアックというか、もう道具ではなくアートというか。便利とか使いやすさとか、そんな観点ではないということがよくわかりました。ちなみに、いま欲しいと思っておられるのは、どんなものですか?

その時々によっても変わりますが、いまは古信楽の壺ですごくいいものが東京にあって。南北朝時代の壺なんですけど、目の前にすると動けなくなるんですよ、もう美しすぎて。でも、とても買えるような金額じゃないので、いまは毎月見に行ってます。

まだ所有できないから、会いに行ってるんですか!?

会いに行ってます、東京まで(笑)

わざわざ!もう本当に器への愛が深すぎますね。小林さんご自身が所有されているものが<コレクション>で、別に<ギャラリー>もありますが、そちらではどういったものを扱っておられるんですか?

ギャラリーでは作家さんの作品を展示しています。新規の方はあまりなくて、お付き合いしている作家さんの中で、その時々でテーマを決めて展示していくような形です。

1人の作家さんと長くお付き合いされていく感じなんですね。展示される作家さんは、どうやってお決めになるんですか?

造形が面白いとかそういう部分もありますし、あとは、行きたい方向が定まっている方ですね。例えば、その作家さんが南に行きたいのであれば、長い目で見て、服を脱いでいく方向で個展をしていくんですけど、北に行きたいのか東に行きたいのかが決まっていない方だと、1回個展を開いて終わりになってしまうので。1回ずつの個展は完璧である必要はなくて、ちゃんと進む方向に向かって成長を見せられるのが大切かなと思っています。

ギャラリーで展示を待つ、ターコイズブルーが美しい苫米地正樹さんの作品。

現代アートのキュレーターというか、作家さんのプロデューサーのようでもありますね。

近いところはあるのかもしれないですね。ピンポイントの展示がどうかではなくて、その人がどうなりたいかで今年はこれをやっておこう、みたいな。たとえその展示でひとつも売れなくても、その先に目指している方向に向いているのであればいいと思っていて。

でもそうすると、ギャラリーとして儲けにはならないのでは…?

大変ですけど、でも違うところで採算とれるように働けばいいと思っているので。作家さんにもお話しますが、いまこれを売ってお金にしないと!って考えるより、長い目で見ていま何をするべきかを考えることが大切だと思っています。古物はもう誰が作ったかわからないですけど、いま同じ時代に生きている人がなにか伝えていくとなった時に、売るよりもっと大事なことがあるんじゃないかなと思うので。

『wad』さんのギャラリーで展示した作家さんが、どんどん海外などでも活躍されていくというのは、そういう理由があったんですね。

それが理由かはわからないですけど、でも皆さん、すごい作家になっていかれますね。

四角いフレームのような什器は、海外でも高い評価を受ける安永正臣さんがギャラリーオープンの際に作ってくれたもの。

金継ぎはもともと、一国のお城に値するような器を修復するための技術。どうしても残さないといけないものだったから、漆と金を使って、手間もお金もかけて直したんです。

長く金継ぎのお仕事をされていますが、最近の金継ぎブームはどうご覧になりますか?

僕は今年に入って金継ぎの依頼を受けるのをストップして、今は教室に力を入れています。自分のものを自分で直すっていうのがいいなと思って。

金継ぎはもともと、日常の食器を直す技法ではないんです。安土桃山時代、戦国武将に与える領地の代わりに中国や朝鮮から来た美術品を与えて、それを茶道具に見立てて使っていたという歴史があるんです。例えば、織田信長から授かった器でお茶会を開いたりすれば、すごいステイタスだったんですね。一国のお城に値するような器ですから、それが壊れたときに、一流の蒔絵師を読んで修理をさせたというのがそもそもなんです。

殿様から賜った茶碗であれば、壊れたからといって無碍にはできないですもんね……。だからこそ、金を使ってより良く修理したんですね。

日常のものが割れたら買い換えるっていうのは、いまの作家や、ものを作る人が生き残っていく方法でもあるので、残さなくてもいいものを無理やり残すのも違うのかなという気がします。日本は神道の国だから、循環するという考え方があると思うんですよ。例えば、伊勢神宮の式年遷宮では、20年に一度社殿を造り替えますし。

たしかに、新しいものが循環していかないと、次の作家さんも育たないですね。なるほど、なんでも直せばいいというものではないことがわかります。

自分にとって大切な器を、自分で直すっていうのはいいと思うんですね。でもその際も、技術だけを学ぶより、金継ぎの歴史とか文脈を理解してからやるほうがいいのかなと思っているので、教室でも必ずこういうお話はするようにしています。

小林さんの作業机。簡易金継ぎに使うエポキシ樹脂や小麦粉など、さまざまな道具が並ぶ。

なんとなく金継ぎって、継ぐことでよりおしゃれになる!ぐらいのイメージだったんですけど、壮大な背景があってびっくりしました。漆や金を使って手間をかけて直すというのは、もともとの器がそれだけ価値のあるものだったからなんですね。

一国に値する、どうしても残さなくてはいけないものでしたからね。金継ぎについて海外で説明する機会もあるんですけど、お茶の道具というところから生まれているので、お茶の文化とか、歴史的な背景を理解してもらうのが大変なところです。

海外の方にも金継ぎを教えておられるんですか?

ポーランドとか、海外もいろいろ行きました。コロナの前までは、韓国や台湾でも毎年金継ぎの教室をやっていたんですよ。

韓国や台湾にも、金継ぎという文化はあるんですか?

韓国も台湾も漆器の技術はあるんですが、器を蒔絵の技術を使って直すのは日本独特ですね。この前はアルゼンチンの日本大使館から依頼がきて、zoomで金継ぎの話をさせてもらったんですけど、すごく興味を持ってくださって。南米の方が金継ぎの話に興味を持ってくれたのは意外でしたね。来年2月はベトナムで金継ぎをやる予定です。

ペドロさんが言っていた、「日本のことや器のことを突き詰めれば、世界中で仕事ができる」が現実になってますね。

そうですね。いま海外では“金継ぎ=アート”みたいになっていて、本来は継いだ部分がわからないようにするんですけど、わざわざ全然違うものをはさんだり(笑)。いろいろ面白いですね。

いまやりたいことは、自分が羽を伸ばせる場所を田舎につくること。おもてなしの集大成の場所として、宿みたいなものもいつかはやってみたいですね。

小林さんは、金継ぎのどういうところに魅力を感じておられますか?

何百年も前のものを直していると、バトンがわたってきている感じがいいですよね。いまは自分の手元にあるけど、これがまた次の何百年か残ると思うと緊張感もありますけど。そういう古いものは、次の世代の人がまた戻すことができるように、本金継ぎで直します。本金継ぎは、小麦粉と漆で接着しているので、外して洗えばまた継ぐことができるので。

小林さんご自身が手を動かして、これだけたくさんの器を修復されていることにびっくりしました。

いまはストップしているので、これでもかなり少なくなりました。以前は作業していると「無」の状態になれてすごく集中できたんですけど、最近はいろんなことを考えてしまって。金継ぎは主張が入るとダメなんですよ。こうしたほうがかっこいいかな?とか意識するんじゃなくて、器に添ってすっとできるのがいいので、無のほうが心地いいんですけど、最近はちょっと集中が途切れがちですね。

もうご自身で作業するところから、教え伝える時期に来ているのかもしれないですね。最後に、小林さんが個人として、これからやってみたいことってありますか?

やってみたいのは、田舎に何かを作りたいんです。壁を塗ったりとか、自分で作業して空間を作りたい。都会にちょっと疲れたのかな(笑)。作家さんは田舎に住んでいる方が多いんですよ。だからよく訪ねるんですけど、僕は田舎で生活するっていうより、充電する場所にしたいと思っていて。大事な人とゆっくり過ごせるとか、スタッフを呼んでみんなで食事会ができるとか、なにか羽を休められる場所を作りたいっていうのはありますね。そういう素敵な空間を持っている大人の方がまわりにたくさんいるんです、山の中に茶室を作っている方とか。自分もいつかそういう場所が持てたらいいなと思います。

それはお店とかではなくて、完全にプライベートな?

お店にしちゃうと人を呼ばないといけなくなるので。情報とかも入ってこない、なにもない、そんな場所のほうがいいかもしれない。でも最終的には、おもてなしの集大成というか、宿もやりたいなと思ってたりするんですけど。いつか、そこがそういう場所になるかもしれないですね。


<小林さんのお気に入りのお店>

ライトイヤーズ(大阪市福島区吉野)
インド、アフリカなどさまざまな国の生活道具や、見立てで使えるモノなど、自分の審美眼に触れるものが沢山あります。

Brownie(大阪市北区大淀南)
ヨーロッパのデザイナーブランドなど凄くこだわりの服を見せてくれる素敵なアパレルショップです。

古道具 塊(大阪市西区京町堀)
古物屋さんですが、さまざまな時代の古物を見せてくれるお店です。ふらっとよく立ち寄ります。

Profile

小林 剛人

『wad』店主。奈良県出身。器好きの父親の影響で、子供の頃から六古窯の窯元を訪ねる。美容師を経て、2009年西区新町に『wad cafe』をオープン(現在は大阪市中央区南船場に移転)。ブームになる以前より簡易金継ぎ・本金継ぎを学び、教室も開講。国内のみならず、海外でも金継ぎのレクチャーを行っている。

Shop Data

wad

大阪市中央区南船場4-9-3 東横ビル2F・3F
2Fは茶道の精神をアレンジし、器と素材を楽しむカフェスペース。3Fのギャラリースペースでは、現代陶芸作家の企画展を定期開催。日本の古道具や、wadの価値観に通づる世界各地の古物を集めたコレクションルームは予約制。新町のアトリエ(西区新町3-11-20)では、金継ぎ教室も開催。

https://wad-cafe.com/

share

TWITTER
FACEBOOK
LINE