Interview & Writing
金輪際セメ子
Photo
小林 俊史

靱公園に面した大阪市西区京町堀は、デザイン事務所やWEB制作会社が多いエリア。この市内有数のクリエイティブエリアを舞台に、街ぐるみでアーティストを応援するアートフェアが開催されています。その名も「メタセコイア・キョウマチボリ・アートフェア2022」。靱公園にあるメタセコイアの木のように、一歩抜きん出た才能を見つけ出そうという気概をこめて命名されました。455通もの応募作品の中から選ばれた27組の作品が期間中に展示されるということで、6月18日(土)に開催された関係者向けギャラリーツアー&レセプションパーティーにお邪魔してきました!私が気になった作品・アーティストさんもご紹介します!!

街がまるごとギャラリーに!5会場を巡るツアーに出発。

作品の説明をする進士三紗さん。笹貫淳子賞を受賞され、今後『chignitta space』で個展が開かれるそうです!

ギャラリーツアーの集合場所は、アートフェア実行委員会の拠点でもある『chignitta space(チグニッタ スペース)』。このツアーでは全会場5カ所をめぐり、在廊しているアーティスト自身が作品を紹介してくれます。

「伝統的な茶道の実践とは別に、現代的な茶文化の再解釈と再構築をする」カンザキユウスケさん。
この日は不在だったしまうちみかさんの作品について説明する、『chignitta space』の谷口純弘さん。

『chignitta space』で気になったのは、小木曽ウェイツ恭子さん。事前にメタセコイア公式サイトをチェックしていて、「実際には会ったこともない、実在の老婦人」をテーマに描いているという一文に惹かれ、作品を見るのを楽しみにしていました。実際の作品は想像よりも大きくて、静かだけどドラマチック。私もうっすら自分の老後を想像しました。この老婦人は小木曽さんの義妹さんがロンドンで購入した家の前居住者とのことで、“ロンドンの老婦人”という距離感がいいなと思いました。現実的すぎず、想像する余地がたくさんあります。

私がぐっときた、小木曽ウェイツ恭子さん。作品を描く動機って、いろんなものがあるんだなと思いました。

続いては、『飛行船スタイル』へ。こちらでは企画展として、寺田順三さん、BYTHREEのアートディレクションによる、二つのメタセコイアコラボ・アートポスター展が開催されています。

ふだん仕事でよく来る京町堀が、街ごと美術館になったような感覚でちょっと新鮮。

審査員の一人でもあるイラストレーター寺田順三さんのポスターは、6名のイラストレーターの作品を使ったもの。「イラストの最終形態は印刷物やと思うので、応募状態では絵の良さが伝わらない人も多いんじゃないかなと思って」と、寺田さん自らが6名をセレクトし、デザインしたそうです。

向かって左が寺田順三さんディレクション、右がBYTHREEディレクションのポスター。

では、次の会場へ。デザイン会社『BYTHREE』1Fの大空間に、絵画から立体まで多様なアート作品が並びます。

漫画の1コマを大きく描いた東春予さんの作品。「絵そのものが目的になればいいと思った」という東さんのステートメントにぐっときました。
「その場にある光を眺めること」を主題とし、光がなければ成立しない藤野真司さんの作品。光を眺めるって感覚が素敵です。

ここで気になったのは、黒岩まゆさんの作品。実は写真ではそんなにピンと来なかったのですが、生で見たらすごかった!立体物はやっぱり生で見ないとわからないなと思いました。いろいろな布(布が好きで、着物の古着、骨董市で買った古着の着物とか、自分が着ていた服とかを使いました、とご説明されていました)を使った仁王像で、近くで見るとすごい手が込んでいて細やかで、布への愛があふれていました。像のお顔もかわいいんですよ。あと、昔の着物とかって、長く使うようにできているんだなあ…とも思いました。

いつかお金持ちになったら、広い玄関ホールに飾りたい……と思いました。

今度は、『neji』に移動。靭公園沿いにある居心地の良いカフェ・ギャラリーで、こちらにはイラスト・写真の作品が壁面に飾られています。

コーヒーもお料理もほんとに美味しい『neji』さん。靭公園に面したお外スペースもいい感じ。
「お店の空間の拡張的なイメージとして」描いたというfumika hasegawaさんの作品。いいなあ、欲しい。

こちらで気になったのは、前田豆コさん。事前にチェックした公式サイトでもいいなと思っていた方で、実際の作品もすごく良かった!!このむぎゅっとした感じ。ご自身がバレエで身体表現をされていた方だからなのか、シンプルな線だけど、たまらなくむぎゅっとしていて好きです。

肉の重なりとかねじれとか、肉っ!としたところが良くて、ずーっと見ていたくなります。

だんだん人数が増えているような気がするギャラリーツアー。最後の会場は『 JIKAN<space> 』です。映像デザインスタジオ JIKAN design運営の「感覚の拡張と交流の場」で、メタセコイアではインスタレーション、写真、絵画、NFTアートが展示されています。

奥がノガミカツキさん、左が汪汀さんの作品。右はArtGumi NFT Galleryの展示。
サワダモコさんは「ストリートビューの歪んだ風景」のシリーズ作品を出展。

ここでひときわ目を引いたのは、ノガミカツキさんの作品。実は今回見るのを一番楽しみにしていた作家さんです。自分の顔を石や葉っぱにプリントしている作品。自分の表面をコピーするような感覚……だそうです。どれが本当の自分なの?みたいな感覚ってみんなあると思うんですけど、その感じをこういうふうに表現するんだなと思いながら見ていました。

葉っぱに顔をプリント。生きている植物なので、いつかは枯れるそうです。

「一番を決めない」「優劣をつけない」新しい審査スタイル。

ではいよいよ、審査発表が行われるレセプションパーティーへ。会場は、『ZIZO 芝生スペース』です。

Webコンテンツの企画やデザインを中心に活動するクリエイティブプロダクションZIZOのフリースペースは、車座トークイベントの会場にも。
ケータリングはAraya Catering Seriveが担当。季節の食材を使ったお料理は見た目もおしゃれ!

まずは、実行委員の谷口さん、笹貫さん、下原さんの挨拶から。きっかけは下原さんの「アーティストファーストなアートフェアをやりたい」という一言だったそうです。それが、455組もの応募があるこんなに大きなフェアになって……!と驚いておられました。

「アーティストの方はもちろん、京町堀の方々、審査員の方々、みなさんが時間や想いやスキルを惜しみなく提供してくださった結果だと思います」と下原さん。谷口さんも「京町堀の皆さんの協力がなければ、実現しなかった」と感謝を述べられます。

「人と街とアートをつなぐ、アートサーキットを作りたいと思っていた」という笹貫さん。年間何百人もの作家さんに会う笹貫さんでも、今回初めましての作家さんが多くいたとのことで、まだまだアートもクリエイティブも面白いと感じたと言います。

34都道府県&海外から455組の応募があり、応募最年少は9歳、最年長は93歳だったとのこと。

さあ、乾杯のあとは、いよいよ審査員賞の発表です。メタセコイアは、参加したアーティスト・クリエイターを「街ぐるみ」で支援するというのが大きな特徴のひとつ。グランプリを決めたり、優劣をつけたりするコンクールではなく、審査員が選んだアーティストとコラボをすることになっています。このコンセプトめっちゃいいですよね。選ぶほうにも責任があるというか、選んで終わりじゃないところがすごくいいと思います。

22名の審査員が選んだクリエイターが、次々と発表されていきます。審査員は、ギャラリスト、アートコレクター、アートディレクターなど、クリエイティブな分野で活躍している方々。審査員さんの仕事や立ち位置によって基準が違うのが面白いですね。

審査員が選んだアーティストと、ノミネートしたアーティストが表示されます。

審査員のうちの一人、graf代表の服部滋樹さんは「今回34都道府県から京町堀という場所にエントリーされたと聞いて、その人たちのライフを知りたいっていうか。作品も気になりますが、その背景にあるものが気になりますね」と、このアートフェアに応募した全国の作家に思いを馳せます。

服部さんが選んだmayu yamadaさんについては、「プロセスに関わることをしたい。関わったことで作品がどう変わるのかなって」とコメント。服部さんのディレクションが、今後mayu yamadaさんの作品にどう影響するのか楽しみです。

「“大阪”じゃなくて、“京町堀”っていう変なところにエントリーしてくる人たちの背景が知りたい」と服部さん。
応募作品だけでなく、WEBやSNSの作品も極力チェックしたという塩谷舞さんは、「ネットで審査は難しい!」とコメント。

審査員賞に輝いた方には、審査員から直接賞状が手渡されます。賞を授与して終わり、じゃなくて、これからよろしく!っていう始まりになってるところがいいですよね。

受賞されたアーティストさんに、さっそくインタビュー!

宴もたけなわで会場は盛り上がっておりますが、審査員賞を受賞されたアーティストさんに、さっそくお話を伺ってみました。

お1人目は、アワジトモミさん。庄野裕晃賞と松村貴樹賞のダブル受賞に輝かれ、ノミネートもたくさんあった方です。

受賞おめでとうございます!!

うれしいです、私のことを知らない人も、おもしろい!って思ってくれたのがうれしい。

今回出展された作品について、教えてください。

二次元コードをアクリル絵の具で描いたパネルです。読み込んだら、動くイラストが見られます。でも実は、まだできてないやつも置いちゃってて(笑)。会期中には見れるようになるはずです。あと、今回は『neji』さんの本棚での展示だったので、本の作品とか、ZINEも置いてます。

『neji』の本棚に展示されているアワジトモミさんの作品。Tシャツやキーホルダーなど、サイケかつキッチュなアイテムも販売。

手描きの二次元コードって面白いですね。実際に読み込むことができて、アニメーションが見られると。

アニメって言うか、動くイラストですね。絵をいっぱい描いて動かしてます。

単純に平面のイラストっていうより、描いたものを動かすのがスタイルですか?

楽しいほうが好きなので、動いたほうが楽しいかなって。動かなくても楽しいものだったらどんどん作っていきたいけど、今は動くのが楽しいと思ってるので、動きのあるものの見せ方をがんばってます。

これからやりたいこと、挑戦したいことはありますか?

展示をたくさんやりたいです。今は二次元コードを展示っていう方法ですけど、もっと次は違うことがしたいので。例えば、動くイラストはデータでしか見れないんですけど、それをおもちゃとか立体にして、自分で動かしてもらうみたいな仕組みを作ったり。あとは、プロジェクターとかプロジェクションマッピング的な見せ方もやってみたいです。

ちなみにこれまで、何かの受賞経験はありますか?

UNKNOWN ASIA2020で、レビュアー賞をめっちゃいただいたんです。その時もオンラインだったので、アニメーションのGIFをいっぱい上げたら、それが面白いって言っていただいて。

今回は庄野裕晃賞と松村貴樹賞のダブル受賞ですね。プライズはお聞きになりましたか?

まだ聞いてないです。庄野さんはこれまでもちょこちょこお仕事いただいたり、気にかけてくださってるんですが、これから売れるようにがんばりましょう!って言ってもらいました。

アワジさんと私、着ている服が似てました!

続いてお2人目は、mayu yamadaさん。服部滋樹賞、吉田貴紀賞を受賞されました。

今回が関西での初展示ということですが、なぜメタセコイアに応募しようと?

地域によって観てくれる方も、感じ方も違うだろうなっていうのがあって。いつも東京とか関東で発表していたので、大阪ではどんな感じで自分の作品を見てもらえるのかなと思って、応募してみました。

受賞した時のお気持ちは?

純粋にちょっと驚いていて。455組の中から、27組の展示作家に選ばれただけでも驚きだったので、またその中から選んでいただけるっていうのはすごいことだなって。まだびっくりしすぎて、気持ちがちょっと追いついてないです。

ご自身の作品は、「何かに似てるけど違う」がテーマですか?

シリーズのタイトルを「vague(ベイグ)」と付けていて、あいまいな、はっきりしないっていう意味なんですけど、何かに似ているけどそれそのものではない何か、をテーマにしています。人間って、例えば男女とか、この人は女性だからこうだろうって決めつけみたいなものがあるかと思うんですけど、作品に対しても、何かに似てるけどこれは何だろう?って思わせることで、決めつけない見え方の入り口にできたらいいなって。

BYTHREEの奥、靭公園に面した窓から光が入る場所に展示されているmayu yamadaさんの作品。

だからあえて、何かに似た見た目にされているんですね。

そうですね。

ずっとガラスを素材にした立体作品を作っておられるんですか?

大学からガラスを始めて、大学院を卒業して今に至るんですけど、ガラスの光のたまり方とか、厚みがあるほどいろんな表情が見られるのかなと思って、立体作品を作るようになりました。ガラスに対して私はあいまいさだったり、ぼんやりしている様子を感じるので、そういう特徴を生かした作品をこれからも作っていきたいです。

ちなみに、大阪に来られるのは今回が初めてですか?

今回を含めて3回目なんですけど、今までは観光地しか行ったことがなかったから、京町堀は大きな公園があって自然があって、おしゃれなお店もいっぱいあって、すごいいいとこだなって。展示しつつ、お散歩して楽しませてもらいました。

受賞をきっかけに、大阪に来る機会も増えそうですね。

それはちょっとうれしいかもしれない。ふだん全然家からでなくて、めったに旅行もしないので。知っている街が増えることはすごくうれしいことだから、これからもっと京町堀のことも知れたらいいなと思います。

京町堀でアートフェアって、めっちゃ有り!

独学で絵を描き始めてまだ2年足らずというMASAKI HAGIHARAさん(右)は、家入一真賞を受賞。

「京町堀でアートフェア?」って最初は意外な気もしましたが、いやいや、すごくおもしろい試みだなと思いました!展示会場が界隈の会社の持っているスペースっていうのも京町堀らしいし、なにより一等賞を決めるだけじゃなくて、選んだ審査員と一緒に何かするっていうところもクリエイターの多い京町堀ならでは。「アーティストファーストなフェア」という想いが見事に体現されていて、本当に価値のある企画だと思いましたし、アーティストにとっても参加する意義のあるフェアだと思いました。また、展示されている作品やグッズは購入可能とのことなので、お気軽にスタッフさんに聞いてみてくださいね。

開催は7月3日(日)までですが、アーティストの作品や審査員のコメントは公式サイトで見られますので、気になる作家さんがあれば、ぜひチェックしてみてください。
(何がすごいって、応募作品すべてのレビューがつくそうです!!これ作家さんにとっては、めっちゃうれしいですよね)

※JIKAN<space>は会期終了。サワダモコさんの作品は引き続き飛行船スタイルで展示されます。


メタセコイア・キョウマチボリ・アートフェア2022

会期: 2022年6月17日(木)~7月3日(日)
https://www.metasequoia-art.jp/

大阪・京町堀を舞台にした、人と街、クリエイティブを繋ぐ新しい形の公募型アートフェア。総勢455組の応募から審査を通過した27組のクリエイターの作品を4つの会場で展示するほか、期間中はトークイベントやパーティ、ポートフォリオレビューなどのイベントも実施。また、オフィシャルサイトでは応募のあった全てのクリエイターの作品を閲覧でき、それぞれのレビューも掲載予定。


share

TWITTER
FACEBOOK
LINE