Interview & Writing
金輪際セメ子
Photo
依藤 寛人

この3月、大阪・京町堀にオープンした『secret(スクレ)』は、国内の作家約80名のうつわが一堂に会するショップ。名だたる作家の作品がここまで充実しているショップは他にないと、平日週3日の営業にも関わらず界隈のうつわ好きが連日訪れています。オーナーは、同じく京町堀でアパレル×グリーンのセレクトショップ『VELVET(ベルベット)』を手掛ける黒田賢義さん。『VELVET』の一角にあったうつわスペースを店舗として新たにスタートさせた理由や、ビジネスのテーマである“好きなものと好きなものを掛け合わせてオンリーワンになる”手法、そしてご本人の意外過ぎる来歴について、お話を伺ってきました。

弁護士になるつもりだったのが、夢破れて、ゼロになりました。

黒田さんは2017年に『VELVET』をオープンされたと伺ってますが、アパレルの仕事を始めたきっかけを教えてください。

もともとアパレルの仕事をするつもりはなくて、弁護士になるつもりだったんです。

え、弁護士ですか?

大学の法学部を出て、法科大学院に進んで、弁護士になろうと思っていたんです。完全に弁護士になるつもりで、というか弁護士のつもりで生きてたんですけど、夢破れてしまったんですね。大学院を辞めてしばらくは先輩の司法書士事務所で働きながら、これからどうしようか……って考えたときに、昔から服が好きだったのと、当時の彼女がアパレル勤めだったので、ああじゃあアパレルいってみようかなと。それぐらいの気持ちで始めました。

夢がリセットされて、ゼロから新しい道を探す……みたいな感じですか?

そうですね。とりあえず、セレクトショップを運営するアパレル会社に入って、販売をしてたんですけど、2年ぐらい働いて結婚することになりまして。アパレルに勤めてから服を買い過ぎて借金も増えてしまったので、堅い仕事に就こうと思って、次は盆栽雑誌の編集者になったんです。

盆栽雑誌とはまた、マニアックなところに……。

洋服を買わずに済む、堅実な会社に勤めたくて。応募するまで盆栽雑誌というものがあることすら知らなかったんですけど、人が少ない会社で、構成・取材・執筆まで全部やらせてもらいました。でも、弁護士を目指してたくせに、デスクワークは向いてないなと思ってそこも2年で辞めました。

雑誌の仕事も、目指す道ではなかったんですね。

販売の時もそうだったんですけど、「この仕事ほんまにやりたいことかな」って疑問が湧いてきて。出版社に移ってからも、「そもそも自分は何がしたかったんだろう」って考えてしまったんですけど、その時ふと、自分でやろうかなと思ったんです。人に言われたことをやっているから、こんなことを考えてしまうのかもしれないと思って。それで、出版社を辞めるときに自分で商売をしようと決めました。

アパレルで起業しようと?

そうですね。そのために、外資系の革靴を扱うブランドに入りました。開業資金を貯めるのと、革靴の知識も学びたかったので。

今度は目的が明確ですね!その時は、仕事に対する疑問は湧かなかったですか?

湧かなかったですし、お金もちゃんと貯まりました。目標がないとお金貯められないんで……。革靴ブランドにいた2年間は、コンビニでアルバイトをしながら勤めてました。

コンビニバイトを掛け持ちで?

早く資金を作りたかったので。革靴ブランドの1年目で資金の目処がついたので、2年で退職して、セレクトショップ『VELVET』を始めました。

好きと好きを掛け合わせて、ブルーなオーシャンを探そうかなと。

とは言え、いきなりアパレルのお店をやるって難しくないですか?

そうなんですよ、アパレルのお店なんて山のようにありますし、僕のアパレル歴なんて言っても2年ぐらいしかないんです。そんな人間が新たに参入するなら、何で勝負するかって、自分の好きなものしかないなと思って。それで、洋服と植物を組み合わせたセレクトショップにしました。

好きなもの同士を組み合わせたわけですか?

洋服だけ、植物だけのお店はいっぱいありますよね。でも、何かと何かをがっちゃんこしたら、ブルーなほうのオーシャンに行けるんじゃないかと。組み合わせると、オンリーワンになれるんじゃないかと思ったんです。

なるほど!それで、ご自身の好きな洋服と、植物を組み合わせたと。

植物と洋服を一緒にやってるお店って実はあんまりなくて。と言うのも、鉢物だと土もさわりますから、洋服と同じお店で扱うにはけっこう注意が必要なんです。

でもだからこそ、オンリーワンになれる可能性があるわけですね。植物もお好きだったんですか?盆栽雑誌の知識も役に立ちそうですよね。

家族がもともと好きで、自分でも観葉植物とかたくさん育ててました。盆栽はどうですかね……あれはまたジャンルが違って、すごく手間がかかるので。でも手入れの仕方とか、ヒントになってる部分はあるかもしれないですね。

実際にオープンされてみて、いかがでした?

1年目はほんと苦しかったですね。開業までに商工会議所のセミナーとかにも参加して、それなりにプランを組んで臨んだつもりだったんですけど、まあ全然思うようにいきませんでした。どれだけ売れない日が続くんかな、売れない日の記録更新やなって。そもそもお客さんもいませんし、インスタもちゃんと活用できてなかったですし、1年目の売り上げなんて今の1/40ぐらいでした。

その状態から、どうやって浮上されたんですか?

コツコツとインスタを続けたのと、あとは運も良かったんだと思います。もともとマイナーなブランドを扱ってたので、「あのブランド、あそこで扱ってるんや」みたいな感じで見つけてもらって、少しずつ認知してもらえるようになりました。4ブランドぐらいしかなかったんですよ、最初は。でもそこに刺さる人がちょっとずつ現れて……っていう感じですね。

今では取り扱いブランドも増えて、WEBショップもすごく充実してますね。

行き当たりばったり的なところもありますけど、おかげさまで4月20日でちょうど5年を迎えることができました。

おめでとうございます!ちなみに、洋服のお客さんと植物のお客さんは同じですか?

お客さまはぜんぜん別ですね。植物のイベントをしたときに、海外の有名なファッションデザイナーの方が来店されたんですけど、イベントのお客さまはどなたも気付かなかったです。僕だけテンション上がって、一緒に写真撮ってもらいました(笑)

ショップオーナーのかたわら、再び掛け持ちでコンビニバイト。

うつわを取り扱うようになったのは、なにかきっかけがあったんですか?

『VELVET』を始める当初から扱いたいと思ってたんですけど、洋服×植物×うつわになるとライフスタイルショップ感が強すぎるかなと思って避けたんです。でも2年目になって少し安定してきたころに、置いてもいいかなと思うようになりました。とは言え、資金繰りにまだそれほど余裕がなかったので、またコンビニでアルバイトを始めました。

え、うつわのためにアルバイトを?

うつわだけでまわせるようになるまでは、バイトしようかなと思って。『VELVET』が終わってから、地元のコンビニで働いてました。

目標があるとすごくバイタリティを発揮されるんですね。うつわは昔からお好きなんですか?

それが直接の原因かはわからないですけど、実家が割烹料理屋をやっていて、父が窯元に買い付けに行くのによく付いて行ってたんです。父の店では備前焼のうつわを多く使っていて、どこだったかは覚えてないですが、備前焼の窯元には何度も行きましたね。当時はそれこそ、お皿1枚がなんで何万円もするんやろう?って思ってました。

ある意味、うつわの英才教育ですね。うつわのどんな部分に惹かれますか?

いやもう完全にデザイン、ビジュアルですね。美しい、かわいい、かっこいい、すごいとか、そういう視点で選びます。なので、基準があいまいかもしれない。土っぽい焼き物を得意とされているところや和食器を専門にされているところなどもありますが、うちはけっこう混在しています。伝統的なものもあるし、前衛的なものもある。その辺りは、派手なものも落ち着いたものもある、『VELVET』の洋服のセレクトと似てますね。

選ぶ基準は、モノとしての美しさ。「まず見た目に惹かれて、それをどう使おうか考えるのが楽しいんです」

ご自身が購入したうつわは、飾っておきます?それとも使います?

ぜんぜん、使います。洋服に近い感覚ですね、着てテンションが上がるのと同じで、使ってテンションが上がるというか。うちは作家さんのうつわを揃えているんですが、作家さん一人ひとりにすごい世界観があるんです。これも洋服のデザイナーさんと同じ感覚なんですけど。

アパレルとうつわって遠いようですけど、黒田さんの感覚の中では近いんですね。うつわのセレクトも、黒田さんご自身で?

そうですね、気になる作家さんがあれば、お伺いしてお話しさせてもらうっていう形で。

直接会いに行かれるんですか?関西以外でも?

いま『secret』でお取り扱いさせていただいている作家さんは、ほとんど直接お会いしました。服屋の人間が適当に販売する感じではいけないと思うので、実際にお会いして、きちんと想いをお伝えするようにしています。どの作家さんも、ご自身で販売されても十分に売れる方ばかりなので、そういった方が卸してくださってるっていう意味を考えないといけないなと。もちろんお断りされるケースもありますが、それでもお話しだけでもさせてもらえるなら、北海道から沖縄までどこにでも行きます。

ガラス器、陶磁器、漆器などジャンルはさまざま。常時20~30名の作家の作品を、毎週入れ替えて展示。

うつわへの愛というか、作家さんへのリスペクトがすごいですね。でもだからこそ、錚々たる人気作家さんの作品を取り扱うことができるんですよね。

大阪は文化的なものなのか、東京などと比べると、人口比でもうつわを扱うお店さんが少なめなんです。だから、名のある作家さんのものも置かせてもらえるのかなという部分はあります。コロナで家にいる時間が長くなってうつわのオンラインショップも増えてますが、うちはその前から始めていたので、タイミングも良かったですね。

たしかに、うつわに詳しくない私でも知っている作家さんの名前がずらり……。

作家さんのラインナップでいうと、全国でもトップレベルじゃないかなと思います。以前は『VELVET』の物置スペースを改装して『secret』として展開してたんですけど、これだけの作家さんの作品を扱うのにふさわしい場所が必要だなと思って。ずっと物件を探していてようやくここが見つかって、うつわと香りのショップとしてスタートさせました。

香りと組み合わせたのはなぜですか?

『VELVET』を始めたときと同じで、好きなもの同士を組み合わせようと。香りも好きだったんですよ、中学時代にキムタクがつけてたスカルプチャーが流行って(笑)。香水のブランドも『VELVET』で少しずつ取り扱いを増やしていたんですけど、『secret』を始めるときに、うつわと香りを組み合わせてみようと思って。

空間を彩る香りのアイテムもラインナップ。写真は、天然石に香りのコーティングをするポプリタイプのルームフレグランス。

黒田さんの基本は、好き×好きの組み合わせなんですね。

とにかく好きなものが多いんですよ。広く浅くなんですけど。コーヒーも好きなので、次に出すならうつわとコーヒーのお店がいいですね。

レイアウトを毎週変えて、いつ来ても“なにかある”ショップに。

『secret』をオープンされて約3か月、お客さんの反応はいかがですか?

木・金・土だけ営業して日曜日はアポイント制にさせてもらってるんですが、ありがたいことに、毎日たくさんのお客さまに来ていただいてます。基本的にうつわのお店って常設展示だけでは難しくて、作家さんの個展や企画展を月1~2 回のペースでしないと、ビジネス的にはなかなかまとまった売り上げが作れないんです。『secret』でもこれからイベントをやっていく予定にしていますが、オンラインショップに並んでいるものが、実際にさわれる場所を作りたいと思っていて。毎週レイアウトを変えて、いろいろな作家さんの作品に出合える場所にしたいなと思っています。

いつ来ても、なにか新しいものに会えるような?

毎週来てくださる方もいるので、ガラッと変えていきたいなと思っています。オンラインショップでも見られるんですけど、なにかあるかな?って期待して来てくださってると思うので。選択肢が多いほど人間は悩むんですけど、そういうのも含めて面白いかなって。

ひときわ目を引く階段は、江戸堀のギャラリー『らうらうじ』で購入したフランスのアンティーク。

新しい作家さんも、まだまだこれから開拓中ですか?

今日も午前中に新しい作家さんとお会いしてきたんですけど、月に1~2回ぐらいは出張して作家さんとお会いしてますね。

お店として、若手の発掘という役割も期待されますね。

いまお取り扱いさせていただいている作家さんはもう本当に有名な方ばかりなので、これから活躍されそうな若手の方とか、僕より年下の作家さんにもアプローチさせていただきたいなと思ってます。『secret』がセレクトするなら間違いないって思ってもらえるような、そういうお店になれたらいいなと思います。

作家さんごとに作品が全く違いますが、うつわを選ぶときのポイントはありますか?

いいなと思ったマグカップとか飯碗とか、毎日使うものから揃えていくのがいいと思います。このマグカップで飲むと気分が上がるなとか、そういうものを少しずつ増やしていく感じで。僕も家でいろいろ使ってますけど、自分で料理をするようになりました。好きな作家さんのうつわに盛り付けると、なんかいい感じに見えてうれしくなるんですよ。

たしかに、お気に入りのうつわを使うと日常のクオリティが上がる気がします。

今日はあのお皿使ってみようかなって考えるだけでもわくわくするし、ふつうの日でもテンションが上がりますよね。Tシャツは3万円で買っても着てるうちにクタクタになりますけど、うつわはずっと使えるから、服を買うより圧倒的にお得かもしれない(笑)

個人的な最終目標は、海外へボランティアに行くこと。

新しいお店をオープンされたばかりですが、将来的にやってみたいこと、挑戦したいことはありますか?

うつわとコーヒーのお店もやりたいし、家具もやりたいし、好きなものがたくさんあるのでやりたいこともたくさんあります。でも事業とは別に、個人的な最終目標は、ボランティアに行くこと。カンボジアに学校を作るとか、インドネシアで植林をするとか、そういう活動をしたいと思っています。それはもう『VELVET』を始める前からの夢なので。

ボランティア……!また意外な答えでびっくりしました。

弁護士になれると疑わなかったのが夢破れて販売員になって、今まで勉強してきたのは何のためやったんやろう、自分は何の役に立てるんやろうって考えて。その時に自分のことを振り返ってみたら、弁護士を目指したのも根本に、人の役に立ちたいという思いがあったんだと気が付いたんです。

じゃあ、いつかは海外に行ってボランティアを?

家にいなくてもよくなったら、行きたいですね。アフガニスタンで活動されていた中村哲さんのような生き方にあこがれます。今はまだ直接なにかできるわけではないので、去年から少しですけど医療機関に寄付もするようになりました。

すごい、もうできることから始めておられるんですね。

寄付しても奥さんに怒られなくなったので、できるようになりました。これまでは、寄付する前に家にお金入れてって怒られてたので(笑)


<黒田さんがお気に入りのお店>

チュカテ(大阪市西区京町堀)

鶏soba座銀(大阪市西区江戸堀)

田中の中華そば(大阪市西区靱本町)

「ラーメンも大好きで、将来はラーメン屋をやりたいぐらい。ラーメンアカウントも持ってます」という黒田さんのお気に入りは『座銀』と『田中の中華そば』。「チュカテは『VELVET』と『secret』、どっちのお店からも近いのでよく行きます」とのこと。

Profile

黒田 賢義

姫路市出身。関西大学法学部卒業。割烹料理屋を営む父の影響で、幼いころから窯元を訪ねるなどうつわに親しむ。司法書士事務所、アパレルメーカー、出版社を経て、2017年セレクトショップ『VELVET』を開業。2022年3月に国内の著名作家約80名のうつわを取り揃える『secret』をオープン。

https://velvet.ocnk.net/

Shop Data

secret

うつわと香りを中心としたライフスタイルショップ。営業日は毎週木・金・土(日曜はアポイント制)。営業時間は13:00~19:00

https://secret2019.thebase.in/

share

TWITTER
FACEBOOK
LINE