Interview & Writing
六車 優花
Photo
中島 真美

昔ながらの銭湯に訪れると、必ずと言っていいほど身に着ける「ロッカーキー」。正式名称が何なのかはさておき、お馴染みのフォルムと使い込まれた風合い、そして味わい深さ極まる佇まいが特徴です。昨今銭湯&サウナブームが広がり、もはや日常に溶け込むアイテムとなった「ロッカーキー」ですが、こちらに偶然着目し、おしゃれグッズへと変身させた人物がいるんです。それが、今回紹介する<Chain&co.>の牛嶋亮さん。銭湯やサウナのみならず、クラフトビールや音楽など、多彩なカルチャーに造詣が深い彼は、グラフィックデザインなど行う傍らオリジナルグッズを制作するアーティスト。手がけたアイテムは多岐に渡り、そのどれもが元ネタとなるカルチャーへのリスペクトを忘れない、凛とした軸を保っています。そんな彼の制作スタイルやもの作りのルーツ、今後の展開などを伺いました。<Chain&co.>はもちろん、銭湯の新しい魅力にも気付けるかも?! ぜひ読んでみてください!

ギャラリーでの個展をきっかけにデザインに興味が湧いて、もの作りの楽しさを再認識しました。

牛嶋さんは様々なカルチャーに造詣が深いとお聞きしました。どんな学生時代を過ごしてこられたんですか?

幼い頃から車に興味があって、将来は自動車関係の仕事に就きたいと工業高校に通っていました。だけど吹奏楽部に所属して部活にのめり込むうちに、音楽の道に進みたいと考えるようになったんです。だけどウチは音大に行けるほど裕福じゃないし、楽器を買うにもお金がかかる。そんな現実もあって、最初の目標にしていた自動車関係の会社に就職したんです。そこは自動車工場で使うラインを製造していて、新しいラインを作るときは図面から組み立て、工場での取り付けまで一気に請け負うような会社でした。もの作りのおもしろさに気付くことができたのは、ここで働いたおかげかもしれないですね。

その会社では、どれくらいの期間働かれたんですか?

6年くらいですかね。その間も音楽はずっと続けていました。就職した当初はお金が溜まったら音大にと考えていたんですが、仕事と趣味のバランスがかなり良かったので、どちらでも良くなっていました。だけど23歳くらいのとき、リーマンショックの余波で国内製造が難しくなって、「中国に出向してくれないか」と上司に相談されたんです。当時結婚を考えていた相手がいたので、転職を視野に入れつつ悩んでいたんですが、「本当にやりたいことはないの?」と彼女に聞かれて。「ずっと音楽をやってきたから転職するなら音楽を仕事にしたい」と答えたんです。すると、自衛隊の音楽隊に入るのはどうかと提案されて。高校卒業後もずっと楽器のレッスンを受けてきて、周りも背中を押してくれたので、音楽の専門学校に通いながら就職を目指すことにしました。

本当は2年間勉強して試験を受けるんですけど、年齢制限があったので1年目から受けることにしました。成績は悪くなかったんですが、2年連続で落ちてしまったんです。工業高校の出身だし工場で働いていた実績もあるから、資格を持ちすぎていたというのが理由で。それに自衛隊というベースがあっての音楽隊員だから、やっぱり自衛隊として使える人材が欲しかったみたいですね。工業系の資格や経験を生かして機械整備を担当するのはどうかと言われたんですが、それはちょっと違うと思っちゃったんです。

それは大ピンチですね。そこからどのような流れで、もの作りやデザインに方向転換したのですか?

それでも音楽はずっと続けていて、R&Bを編曲してビートマシンと組み合わせつつ、金管五重奏で演奏するという少し変わったバンドで活動をしてたんです。僕はスチャダラパーとか元祖渋谷系のアーティストが好きなんですが、ちょうどこれからのことを考えてたとき、京都の『トランスポップギャラリー』でかせきさいだぁさんの個展があって。アートは全然詳しくなかったんですが、気になったので訪れてみたんです。そこでギャラリーのオーナーさんに「君は何をしてんの?」と声をかけられて、当時組んでいたバンドの話をすると、「おもしろいやん。バンドのTシャツとか作って販売してみたら?」と言ってくれて。話を聞くと、そこで売っているかせきさいだぁさんのTシャツも、その方がシルクスクリーン印刷で作ったモノだったそうで。その次の週、実際にやらせていただいたんですけど、思いのほか難しくてなかなか上手くいかなかったんです。だけどこれまで6年間、工業系の会社でクリエイティブなことをしてきたから、久しぶりのもの作りがめちゃくちゃ楽しくて。それでシルクスクリーン熱に火が付いて、もっと勉強したいと通い詰めていると、アーティストの個展の手伝いをする機会が増えたんです。その頃は「貧乏アーティストです」という体で周りの人と接していて、色んな人にアドバイスをもらって、自分でイラストレーターなどを触ることも多くなりました。

シルクスクリーンを通して、もの作りの楽しさを再認識されたんですね。

同じくらいの時期に、友人の知り合いが滋賀で自称日本で1番イケてるボードゲームカフェを開いて、足を運んでみたんです。そこのオーナーをしているハッシーに、音楽しながらTシャツ作ってバイトをしてることを話すと、いきなり「うちで働いてみいひん?」と言われて。ほぼほぼ初対面だったんでびっくりしたんですけど、彼の本職がバリバリのデザイナーだったらしく、「ボードゲームのこと覚えなあかんけど、暇な時間とか営業後にデザインのこと教えてあげるわ」と言ってくれました。

それは嬉しい偶然でしたね。お金をもらいながらデザインの勉強ができたんですね。

すごくありがたかったです。ハッシーには本当に色んなことを教えてもらいました。3,000円のフライヤー制作からこども園のトータルブランディングまで、少しずつやり方を覚えながら真面目に取り組みました。確かに大変なことも多かったですが、そこでデザインに対してポジティブに向き合う自信がついたんです。

その頃も音楽活動は続けていたんですか?

続けたい思いもあったんですが、「1つのことに集中して、余力が生まれてから他のことに手を出した方がいい」とハッシーに助言されて。しかも音楽に関しては、自分の中でやり切った部分もあったんです。とあるスマホゲームに音楽を採用してもらえて、すごく嬉しかったんですけど、そのギャランティが思いのほか安くて(笑)。音楽で食べていく大変さを痛感しました。音楽はもう一度始めることもできる、そう考えてデザインの世界に一気にシフトしたんです。

ダジャレみたいなもの作りが得意。元ネタに対してリスペクトを込めた、質のいい遊びみたいなことをしていきたい。

銭湯やサウナのグッズを作り始めたのは、いつ頃からなんですか?

本格的にデザインの仕事を始めてからですね。そのあたりから徐々に忙しくなって、『トランスポップギャラリー』にもなかなか足を運べなくなりました。デザイナーをしている反動かもしれませんが、プライベートでは自分の好きなモノを作りたいという欲が出てきたんです。誰かにオーダーをもらって作るのではなく、自分のできるクリエイティブを突き詰めたいと思っていて。そこで作り始めたのが銭湯グッズでした。

どうして銭湯グッズに着目されたんですか?

最初に「ロッカーキー」を作ったのが、2018年、2019年あたりだったかな。当時銭湯やサウナがブームになっていたんですけど、僕、小学校3年生くらいの頃から銭湯に通っていたんです。仲の良かった友達と、週に2回ほど通うのが日課になっていて。小学生って夕方5時くらいには帰ってきなさいって言われるじゃないですか。だけど銭湯に行くと夜の8時くらいまで友達と一緒にいられるから、特別感もあるんですよね。それもあって、めちゃくちゃ通っていました。大人になってからはスーパー銭湯派だったんですが、立て込んでた仕事が落ち着いたタイミングで、小学生時代に通っていた銭湯に訪れてみたんです。そこで昔ながらの「ロッカーキー」に懐かしさを感じて。ちっちゃい頃から腕に着けていて、本来は邪魔なはずやのに、なぜか違和感を感じないんだよなぁと。違和感がないことに対して、逆に疑問を持ったんですね。そのとき、これが昔のゲームボーイみたいなクリア素材だったら可愛いんじゃないかと思って。急いでアクリルやガラスを加工できる場所を調べると、今回の取材場所にも使わせていただいた『FabCafe Kyoto』がヒットしたんです。機材のレクチャーもしてもらえるし、めっちゃええやんと思って、次の日に早速アクリルを買って作ってみました。

レーザーカッターやUVプリンターなど制作に欠かせない機材が揃う『FabCafe Kyoto』は、牛嶋さんにとって無くてはならない場所。

次の日に! すごい行動力ですね。

出来上がったモノもまさにイメージ通りで、とりあえず10個くらい作って友達に配ってみたんです。これを買いたいと言ってくれる知り合いも増えて。いつも助言をくれていたハッシーに見せると、「これは万人受けすると思う。とりあえずネットショップを開いてみたら?」と言われたんです。あまり気は進まなかったんですが、半ば強制的にやることになって。しぶしぶ写真を撮って載せたところ、『オズマガジン』から連絡をもらって、誌面に掲載してもらえることになりました。渋谷パルコの「パルコ湯」というイベントにも出展して、一週間で500個くらい売れたんです。なんかめちゃくちゃバズってるやん!ってなったんですけど、僕自身は流行りものが全然好きじゃないので、少し複雑な心境ではありましたね(笑)

天邪鬼なんですね(笑)。銭湯グッズの話をもっと聞きたいです。

<Chain&co.>の銭湯グッズたち。「ととのう」の名札は、サウナの“ととのう”をイメージしてギラギラとした質感に。

僕、サラリーマン時代に残業するのが嫌で、さっさと仕事を終わらせて帰りたかったんです。だけど上司もいるし、自分から言い出すのもなかなか勇気がいるじゃないですか。それをどうにかできないか考えていて、思い付いたのがこの名札。自分の名札をサウナに切り替えとけば、コイツ帰りたいんかなって上司も察してくれるんじゃないかなと。

なるほど。胸元でさり気なくアピールするってことですね(笑)。クラフトビールのグッズも制作されていますが、何かきっかけがあったんですか?

高校時代から仲のいい友人が東京にいて、戸越銀座にある『ドリフターズスタンド』に連れて行ってくれたんです。旅道具とクラフトビールの店なんですが、そこのオーナーさんが僕のグッズに興味を持ってくれてたみたいで、ポップアップをやらないかと誘ってくれたんです。だけど僕、あんまりお酒が強くなくて、ビールもあんまり飲めないし迷っていたんですが、気にしなくて大丈夫と言ってくれて。とはいえ、「せっかくやったらビールも好きになってほしい」とサーブしてくれたのが、エクリプティックというヘイジースタイルのビール。初めて飲んだとき、ビールってこんなに美味しかったんやと衝撃を受けました。ボトルのジャケもカッコよくて、心の中で「高けぇ」と思いながら、たくさん買って帰りましたね。

そこで実際にポップアップをしたとき、クラフトビール界では有名な方が、銭湯の鍵を買ってくれたんです。それが、代々木の『ウォータリングホール』というビアパブで店長をしているユウヤさんという方で。後日連絡をいただいて、銭湯の鍵を『ウォータリングホール』の8周年仕様のデザインで作ってほしいと依頼を受けたんです。その時期から僕の中で、銭湯とクラフトビールがどんどんリンクするようになりました。

牛嶋さんの<Chain&co.>、銭湯好きのユウヤさんが手がける<yuya boys>、そして大阪・柏原を拠点とした<注染てぬぐいchill>のトリプルコラボによるチーター柄の手ぬぐい。これを持って銭湯に行くと、腰に巻いた瞬間に原始人になれる。

趣味の範囲をどんどん広げる中で、銭湯とクラフトビールとの接点を見出したんですね。

今日着ている「ヘイジー」のスウェットも、クラフトビールをテーマにしたグッズです。質感にもこだわりたかったから全部自分でやっていたんですけど、もっと量産できるようになりたいと思ってた矢先、シルクスクリーンの会社を経営している方と知り合って。去年くらいまでそこで働いていました。小さな会社だったんですが、できることはすごく多くて。シルクスクリーンはもちろん刺繍機やレーザーカッター、裁断機もあって、いろいろと勉強させてもらいましたね。

会社の仕事もこなしつつ、自分の好きなモノを制作されていたと。

練習がてらやらせていただいてました。今日もこのあと行かなきゃならなくて、先ほど話した『ドリフターズスタンド』のグッズを作るんです。クラフトビール×アウトドアをテーマに、<Chain&co.>のエッセンスを加えてほしいと言われて。日本におけるハイキングの達人といえば松尾芭蕉で、俳句とハイキングをかけて……、と考えて浮かんだデザイン。クラフトビールを片手に休憩しつつ、松尾芭蕉が一句詠んでいるシーンを切り取りました。ちなみに手首には銭湯の鍵を着けています。

まさか松尾芭蕉が登場するとは。おもしろいアイデアですね。アートワークのインスピレーションは、どんなところから思い付くんですか?

必ずしも正解じゃないと思うけど、ハッシーが教えてくれたのは、デザインは基本的にオリジナルが存在しないっていこと。だからどれだけ色んなモノを見て、それをリスペクトできるかが大事なんだと。そこへ何かと何かの掛け算が上手くハマって、偶然出来上がるモノが真の“良いデザイン”なんじゃない?と言われていました。僕も彼の言葉を大切にしていて、できるだけいろんなカルチャーに触れるようにしています。

今まであまり分かってなかったんですが、僕は声を使うラップはできないけど、モノとしてのラップというか、ヒップホップスタンスでもの作りをするのが得意なんです。ダジャレみたいな感じですかね。とはいえ安直なサンプリングは好きじゃないので、元ネタに対してリスペクトを込めた、質のいい遊びみたいなことをしていきたいと思ってます。

ママチャリをテーマにしたZINEも制作。車体に描かれたユニークな名前にフォーカスし、日々写真を撮り溜めて制作したものだそう。

幼い頃から探究心が旺盛で、ひたすら音楽をディグるのが趣味でした。デジタルデトックスと先人からの学びが銭湯の魅力です。

ここからは牛嶋さんのルーツについて伺いたいです。小さい頃から音楽が好きだったということですが、どんなアーティストに影響を受けてきたんですか?

音楽って親の好みが色濃く出ると思うんです。僕も親父の影響で、小さい頃はマイケル・ジャクソンとワムとか、ポップス寄りのR&Bを聞いていました。小学生のとき誕生日プレゼントにCDウォークマンを買ってもらって、初めてお小遣いを貯めて買ったのがマライア・キャリーのアルバムでした。ランドセルにこれとウォークマンを忍ばせて、聴きながら下校するのが日課でしたね。友達とは話が合わなかったですけど……(笑)。

だけど僕個人としては、マライア・キャリーやジャネット・ジャクソンを聴いていて良かったと思っています。どうして自分が彼らの曲を良いと思うのか、幼いなりに気になっていて。誰が作曲を担当したのかをエンドクレジットで確認して、同じ名前やフィーチャリングの作品を、ブックオフやタワレコでひたすらディグるのが趣味だったんです。マライア・キャリーとジャネット・ジャクソンは、当時サンプリングや引用が多かったので、どうして自分がこれを好きなのかっていうのはすごい繋がりましたね。音楽に興味を持ったのは、その辺りがきっかけですね。

幼い頃から探究心が旺盛だったんですね。そこまで突き詰められるのはすごいです。

そういうことをするのが好きなんでしょうね。最初に言ってたスチャダラパーとかは、友達に教えてもらったんです。僕、ヒップホップはあんまり通ってなかったんですけど、そこからいろいろ聴き込むようになって。視野を広げていくうちに、かせきさいだぁまで辿り着きました。シルクスクリーンに興味を持ってデザインするようになったのは、彼の個展がきっかけだったから、音楽が好きっていうのも今の自分をつくる重要な要素だったのかなって。だから僕の中では、音楽とデザインって繋がっているんです。

今後作っていきたいアイテムなどはありますか?

最近はSDGsに注目していて、これは北欧のサウナなどで使用される白樺の枝葉を束ねたヴィヒタの廃材を再利用したコースターです。環境に優しいジェスモナイトという素材をベースに、使えなくなった枯葉をエキポシ樹脂で閉じ込めて作っています。ビール業界で“ソソギング”と呼ばれる文化があって、山登りをするときにグラスとコースターを持参して、それに注いで飲むのが流行っているんです。それを銭湯にも応用して、サウナのあとでポカリを飲むときに使ったらどうかなって。組み合わせるものを変えればカフェやコーヒースタンドでも使ってもらえるし、これからの展開も考えやすそうだなと。ヘアサロンの方に使い終わったカラー剤のキャップいただいて、それを再利用したお香立ても作っています。SDGsを意識したグッズ作りには、かなり力を入れていますね。

コラボしてみたいブランドとかもあるんですか?

昔から<ビームス>が大好きで、ビームスカルチャーにもかなり影響を受けているので、いつかコラボレーションしてみたいです。だけどこれは目標なので、いつかご縁があれば嬉しいなと思っています。

この日は『Fabcafe』さんに、抽出後のコーヒーの粉をいただいたそう。のちほどコースターに加工するとのこと。
カラー剤のキャップを再利用したお香立て。こちらのベースにもジェスモナイトを使用。

それでは最後に、銭湯の魅力を教えてください。

銭湯の一番の魅力は、“デジタルデトックス”だと思っていて。僕、<ノーデバイス>っていうブランドを作ろうかと考えたくらい、一時期スマホがめちゃくちゃ嫌いになったんです。行動依存っていうのかな、常にハックされているのが嫌になって。何をしてても触っちゃうし、SNSも気にしちゃうし。それがしんどくなったとき、唯一無になれる場所が銭湯だったんです。極端な話、銭湯ってヒッピーになれる場所じゃないですか。それがすごくいいなぁと。僕にとって銭湯は、サードプレイス的な場所ですね。

あと銭湯の本質って、先人たちに入り方を教えてもらえるところだと思うんです。先人というのは、常連のおじいちゃんたちのこと。最近は『サ道』っていうマンガもあるから学び方もいろいろあるけど、僕は小学生のときにサウナ、水風呂、外気浴という一連の流れを、名前も知らないおじいちゃんに教えてもらったんです。みんなネットやマンガで調べたわけでもないのに、それぞれのやり方で気持ち良さそうにしていて。それって、おじいちゃんたちが長年通い詰めてあみ出した、一番気持ちいいスタイルなんだと思うんです。それを同じように楽しむことができるって素敵だと思いませんか? おじいちゃんたちの真似することで、さらにいろんなことが見えてくるようにもなりますし。行きつけの銭湯を見つけるのもおすすめですよ!

 


●ポップアップ&展示情報

・伊勢丹サウナ館会員限定 Chain&co.ロッカーキーブレスレットオーダー会を1月下旬まで開催中 → 詳しくはこちら
・戸越銀座 drifter’s stand プロトタイプ展示会(日時未定 / instagramで告知)
・世田谷 tempra cycleコラボ 自転車用ナンバープレート BLP 近日販売予定(instagramで告知)
・そのほか、Chain&co.ストアから新作アクセサリーなど続々登場予定!


Profile

牛嶋 亮

1988年生まれ、滋賀県出身。銭湯やクラフトビールなどを題材に、雑貨やアパレルグッズをリリースする<Chain&co.>を手がけるアーティスト。かなりの銭湯ラバーで週に2、3回は必ず訪れるそう。1時間半ほどかけて3、4回交互浴を繰り返すのが牛嶋流。

https://chainandcocreative.stores.jp/

share

TWITTER
FACEBOOK
LINE