鋼材加工工場・倉庫跡地を活用した『MASK(MEGA ART STORAGE KITAKAGAYA)』で保管されている大型現代アート作品の一般公開「Open Storage 2022 -拡張する収蔵庫-」を、10月14日(金)から11月13日(日)までの計7日間開催します。9度目の一般公開となる本年は、昨年から引き続き持田敦子をメインアーティストとして、国際的に活躍する現代美術作家6名の作品とともに展示いたします。

展示作品、関連プログラムなど詳細はこちら

新進気鋭のアーティスト・持田敦子が、新たなプロジェクトを始動

『MASK』では2019年度、若手アーティスト支援を目的とした公募を行い、持田敦子を新参画アーティストとして迎えました。そして昨年度、これまで開かずの扉だった『MASK』のシャッター面を活用した作品《拓く》を制作し、新たな入口を出現させました。持田によるプロジェクトの次なる展開として、“階段”をモチーフとした《Steps》(TERRADA ART AWARD 2021 片岡真実 賞 受賞)を発展させ、入口の作品《拓く》と巨大倉庫エリアを接続する、サイトスペシフィックなインスタレーション作品制作に挑みます。

その壮大な計画(2023年完成予定)に向けて開催する「Open Storage 2022」では、工場の機能や機構をそのまま残す空間や、他の収蔵作品との関係性を模索するための実スケールでの作品スタディを展開し、クリエイションが生まれる試行の過程を披露します。既存の枠組みを超越するダイナミックな挑戦にどうぞご期待ください。

持田敦子《Steps》 「TERRADA ART AWARD 2021 ファイナリスト展」 Photo by Tatsuyuki Tayama

「ドキュメントの手法」をテーマにトークイベントを実施

関連プログラムとして、持田が関心を寄せるプロジェクト型アート作品の「ドキュメントの手法」をテーマに、クリエイションについての考察を深めるトークイベントを開催いたします。ゲストには、インディペンデントキュレーター・長谷川新氏と、「ゴードン・マッタ=クラーク展」など様々な展覧会を企画する東京国立近代美術館の三輪健仁氏を迎えます。 また、例年ご好評を頂いている「対話型作品鑑賞プログラム」を今年も実施いたします。

INFORMATION

Open Storage 2022-拡張する収蔵庫-」

会期:2022年10月14日(金)~16日(日)、21日(金)~23日(日)、11月13日(日)計7日間
※11月13日は、すみのえアート・ビートと同時開催のため入場方法や鑑賞エリア等が異なります。
時間:12:00~18:00(11月13日は11:00~16:00)
会場:MASK(MEGA ART STORAGE KITAKAGAYA)大阪市住之江区北加賀屋5-4-48
入場:無料
メインアーティスト:持田敦子
参加作家(50音順):宇治野宗輝、金氏徹平、久保田弘成、名和晃平、やなぎみわ、ヤノベケンジ
主催:一般財団法人 おおさか創造千島財団
助成:芸術文化振興基金
企画協力・キュレーター:木ノ下智恵子(大阪大学21世紀懐徳堂 准教授)
特別協力:dot architects、Atelier Tuareg
広報協力:京都芸術大学ULTRA FACTORY、MIWA YANAGI OFFICE、Sandwich、ANOMALY 他
https://mask.chishima-foundation.com/

持田敦子 Atsuko Mochida
メインアーティスト

2018年、東京藝術大学大学院先端芸術表現専攻修了。同年、バウハウス大学ワイマール大学院Public Art and New Artistic Strategies修了。2018年から2019年にかけて、平成30年度ポーラ美術振興財団在外研修員としてドイツ、シンガポールにて研修。プライベートとパブリックの境界にゆらぎを与えるように、既存の空間や建物に、壁面や階段などの仮設性と異物感の強い要素を挿入し空間の意味や質を変容させることを得意とする。「Desintegriert Euch!」(Maxim Gorki Theater、3.BERLINER HERBSTSALON、ベルリン(ドイツ)、2017)、「YOUNG TALENT PROGRAMME 2018/19」(Affordable Art Fair、シンガポール、2018)、「日本・キューバ現代美術館『近くへの遠回り』」(Centro de Arte Contemporaneo Wifredo Lam、ハバナ(キューバ)、2018)などに参加、国際的に活躍している。本年11月からは「北アルプス国際芸術祭2020-2021」にも参加予定。
http://atsukomochida.jp/

MASK(MEGA ART STORAGE KITAKAGAYA)

鋼材加工工場・倉庫として使われていた建物をそのまま活用。床面積約1,030㎡(52.5×19.5m)、高さ 9.25m。事務所跡を改装したホワイトキューブ(展示スペース)と簡易レジデンスを併設。各地の芸術祭などに出展された大型の現代美術作品は、保管場所の確保が難しく、会期終了後に解体や廃棄を余儀なくされるケースが多い。このような状況に一石を投じ、大阪の創造環境の向上に寄与したいとの思いから、おおさか創造千島財団は、大型作品を無償で保管・展示する「MASK」を2012年より運営している。

大阪市住之江区北加賀屋5-4-48
Osaka Metro四ツ橋線「北加賀屋」駅4番出口より徒歩10分
※JR新大阪方面からは、OsakaMetro御堂筋線「大国町」駅で四ツ橋線に乗換
※阪神高速堺線「玉出」出口より約5分
※会場に駐車場はありません/近隣に有料駐車場有
https://mask.chishima-foundation.com/

一般財団法人 おおさか創造千島財団
https://chishima-foundation.com
Instagram:@chishimafound
Twitter:@ChishimaFound

share

TWITTER
FACEBOOK
LINE