「人々を笑わせ、そして考えさせる研究」に贈られる「イグ・ノーベル賞」の公式展覧会「イグ・ノーベル賞の世界展2022」が2022年10月1日(土)~11月13日(日)にて、心斎橋PARCO 14F PARCO GALLERYで開催です。2018年の東京会場、2021年の福岡会場に続く今回の「イグ・ノーベル賞の世界展2022」は、約60点もの受賞研究の展示はもちろんのこと、大阪会場からの新しい展示も登場します。世界の人々を笑わせた“トガった研究”が続々登場しますよ!

「イグ・ノーベル賞の世界展」とは?

1991年に創設された「人々笑わせ、そして考えさせる研究」に贈られる賞で、毎年9月にアメリカ・ハーバード大学で授賞式が行われています。最近ではノーベル賞の話題と合わせてニュースでも報道されるようになりました。毎年、日本からエントリーされた研究が受賞しており、昨年で15年連続となっています。 本展はイグ・ノーベル賞の創設者であり、雑誌「IMPROBABLE RESEARCH」の編集長、マーク・エイブラハムズ氏の協力を得て制作した「イグ・ノーベル賞」の公式展覧会。「イグ・ノーベル賞」の誕生秘話から授賞式の様子、さまざまな分野にわたった研究を、パネル、映像、実物や体験(実験)などのアイテムを通して、「まず笑って、そして考える」ことを楽しんでいただく内容です。

見どころ【1】 超ユニークな「イグ・ノーベル賞」受賞式体験を!

会場内では、「イグ・ノーベル賞」について分かりやすく解説し、受賞者に与えられるユニークなトロフィー展示や、笑いの絶えないショーのような授賞式の様子を追体験していただけます!

授賞式体験ブース(2021年10月 福岡会場の様子)
授賞式の様子

見どころ【2】 約60点のユニークな受賞研究の数々をご紹介!

これまでの受賞のうち、特にユニークな研究について受賞者にお借りした実物や紹介パネルを展示。目から鱗の展示から抱腹絶倒のものまで、研究とお笑いのギャップの面白さをお楽しみいただけます!世界にはこんなトガった研究があったなんて!?是非あなたの目でお確かめください。

もし月面に池があったら 人間は池の表面を渡れる?(物理学賞2013年)
ハトはピカソとモネを区別する?(心理学賞1995年)
ブラジャーがガスマスクに変身!(公衆衛生賞2009年)
トーストにキリストの顔が浮かびあがる?(神経科学賞2014年)
【展示】歴代日本人受賞者の一覧

他にもユニークな受賞作品が盛りだくさん!
※写真は全て過去開催時の様子

INFORMATION

イグ・ノーベル賞の世界展2022

会場: 心斎橋PARCO 14F PARCO GALLERY
期間: 2022年10月1日(土)~11月13日(日) 10:00-20:00
※入場は閉場の30分前まで ※最終日は18時閉場
※感染症拡大防止等の観点から入場者数を制限しております。また、営業日時の変更及び休業となる場合がございます。詳しくは心斎橋PARCO公式サイトをご確認ください。

料金: 前売券 2022年9月5日(月)発売開始
前売券 一般1,300円/学生(小学生~高校生)800円/ペア(2人セット券 同時入場のみ可)
当日券 一般1,500円/学生(小学生~高校生)1,000円/ファミリー(4人セット券 同時入場のみ可)4,000円

主催: イグ・ノーベル賞の世界展2022実行委員会
企画・制作: 株式会社ドリームスタジオ
企画協力: Marc Abrahams氏(イグ・ノーベル賞主宰)

展覧会公式サイト:https://www.asahi.co.jp/event/ig2022
心斎橋PARCO公式サイト:https://shinsaibashi.parco.jp

share

TWITTER
FACEBOOK
LINE