京都を拠点に活動するカルチャーWEBマガジン・ANTENNAが2021年に立ち上げたWEBメディアPORTLAが、メディア名を冠したZINE『PORTLA』を出版。創刊号は2022年7月19日(火)から〈mall〉※で先行発売。また、2022年8月5日(金)からは、書店やブルワリー、ZINEのイベント会場など、〈mall〉外での販売先の拡大を予定している。

創刊号の特集は「CRAFT BEER 僕らを少しだけ自由にする液体について」。PORTLA WEB上で2022年1月から順次公開された5人のクラフトビール醸造家のインタビューを再編成した記事を中心に、ZINEだけで読むことができるビールをテーマにした短歌やエッセー、おつまみのレシピなど、「ビールを取り巻く新しい文化」に出会うコンテンツが満載だ。

※〈mall〉とは、独自の目線でセレクトした国内・国外のZINEや音楽作品を販売するANTENNAが運営するウェブストア。 https://kyotoantenna.theshop.jp


CONTENT

特集「CRAFT BEER 僕らを少しだけ自由にする液体について」
ものへの愛着、つくることで生まれる社会とのつながり、誰かと一緒につくることでわかちあうことが できる景色。「つくる」がもたらす様々な効能の中に、つくり手にとっての『つくるよろこび』があるはず。 いろいろな意味を持つ「つくる」という行為の中でも「最も原始的なつくる(CRAFT)」をテーマとして考えた時、「クラフトビール」はその本質を知る 手がかりとしてぴったりだと感じました。つくり手 が土地の素材や人々と対話しながらつくりあげるク ラフトビールは、集まる様々なバックグラウンドを 持った人を楽しませ、つなげることで、幸せにする コミュニケーションの場を生み出します。この特集では、そんな僕らを少しだけ自由にする液体を生み 出す5人の醸造家に話を聞きました。

PORTLA 私たちがZINEをつくる理由

私たちPORTLAは文化を通じて旅をするためのメディアです。
フランスの作家マルセル・プルーストは「本当の発見の旅とは、新しい風景を探すことではない。新たな視点を持つことなのだ」と語りました。物理的な移動ではなく新たな視点を持つことが旅を意味するのであれば、日常の中にも「旅」が宿るのではないでしょうか。
忙しない毎日のなかであなたの価値観を揺さぶる「新しい視点」を見つけるためのヒントを、表現やつくるといった文化的な体験の中に求め、発見したことのない「旅の扉」との出会いを模索すること、それが私たちのミッションです。
さらに、新しい出会いを求めて、私たちはZINEをつくることに決めました。
形あるZINEは私たちをまだ会ったことのないあなたのもとまで運んでくれる。今までつながる機会のなかった人たちに思考の旅との出会いを提供します。

INFORMATION

PORTLA 01
特集 CRAFT BEER 僕らを少しだけ自由にする液体について

仕様: A5 / 42ページ
発行部数: 700部
発行日: 2022年7月19日
価格: ¥1,200(税込)
販売場所: mall( https://kyotoantenna.theshop.jp/items/64850633
※2022年8月5日以降は全国の書店、ブルワリー、ZINEイベント会場等でも順次販売予定
発行元: PORTLA

https://portla-mag.com/

share

TWITTER
FACEBOOK
LINE