上方の若手噺家の頂点を決める一大イベント「上方落語若手噺家グランプリ」が、今年もいよいよ始まります。8回目となる今回は、上方落語協会に所属する入門4年目から18年目の若手40名がエントリー。グランプリをめざし、4夜にわたって予選を戦います。

昨年、大会史上初の女性受賞者(準優勝)となり、「NHK新人落語大賞」の大賞にも輝いた桂二葉もエントリー。単独イベントは売り切れ必至の二葉さんの落語を聞けるチャンスです!

また、過去3回準優勝の経験があり、今年こそ!の期待がかかる笑福亭喬介など、注目株の若手が連夜登場します。

古典落語はもちろん、自作の新作落語が多いのも若手の大会ならでは。落語を知らない、見たことがない方も楽しめる演目になっています。

なにより「このグランプリにかける若手の熱量がすごい!」と、会場となる天満天神繁昌亭のマネージャー・豊田さん。全身全霊をかけて演じる最高潮の舞台を、ぜひぜひ楽しんでください。

8月23日(火)に開催される決勝戦に進めるのは、各予選会の上位2名と次点枠から選出された1名の計9名。誰が今年の頂点に輝くのか、次代を担う若手スターの誕生を見届けましょう!

INFORMATION

第8回上方落語若手噺家グランプリ
https://www.hanjotei.jp/

チケット: 前売1,500円/当日2,000円
開演: 18:30 (18:00よりチケット記載の整理番号順に入場)
会場: 天満天神繁昌亭 (大阪市北区天神橋2-1−34)
※出演順は当日決定

《予選第1夜》6月7日(火)
笑福亭生寿「秋刀魚芝居」/桂咲之輔「佐々木プロデュース」/露の紫「星野屋」/桂三語「そこつ長屋」/桂紋四郎「宿替え」/林家染八「狼講釈」/露の瑞「野ざらし」/森乃阿久太「おもいでおむすび」/露の新幸「AI弟子」/笑福亭呂翔「米揚げ笊」

《予選第2夜》6月14日(火)
桂ぽんぽ娘「シングルデブ」/林家染吉「借家怪談」/桂治門「ん廻し」/月亭太遊「Chi~no~Re:」/桂二葉「がまの油」/桂小留「茶目八」/桂文五郎「三十石」/笑福亭大智「天災」/桂文路郎「あんあん」/桂九ノ一「正月丁稚」

《予選第3夜》6月21日(火)
笑福亭喬介「壺算」/桂和歌ぽん「平林」/月亭天使「ロバにパンケーキ」/桂あおば「上下関係」/桂慶治朗「腕喰い」/桂三実「早口言葉が邪魔をする」/笑福亭笑利「大蛇退治」/月亭遊真「初天神」/桂りょうば「阿弥陀池」/桂笑金「栄螺閻魔」

《予選第4夜》6月28日(火)
桂そうば「上燗屋」/笑福亭呂好「運動会」/露の眞「愛宕山」/桂団治郎「七段目」/桂華紋「二人癖」/桂恩狸「子は鎹」/笑福亭智丸「動物園風景」/月亭秀都「狸の化寺」/露の棗「モバイル歌舞伎町」/月亭希遊「お湯を注いで…」

share

TWITTER
FACEBOOK
LINE