Interview & Writing
六車 優花
Photo
中島 真美

大阪と京都に拠点を持つ「HOTEL SHE,(ホテルシー)」が手がけるプロジェクト「泊まれる演劇」ってご存知ですか?キャッチーなフレーズが耳に残るこちらは、ホテルを利用した宿泊型のイマーシブシアターです。「イマーシブ……?それって一体何なの?」とハテナを浮かべた方も多いかもしれませんが、イマーシブシアターとは“体験”を重視した演劇ジャンルの1つ。「HOTEL SHE, KYOTO」は、今年の6月3日から7月5日までの約1ヶ月間、ホテルのフロアや客室をすべて貸し切り、演劇の舞台として利用するという(かなり)攻めた試みを行っています。座って観る通常の演劇とは違ってキャストに付いて館内を回り、そこで起こる出来事を体験しつつ、時には役者と会話をすることもあるという異質すぎるコンテンツ。チケットは軒並み完売するなど、演劇好きの間でも話題となっているんです。「気になることが多すぎる!」と興味を持ったMARZEL編集部が、発起人の花岡直弥さんにインタビュー。「泊まれる演劇」の魅力やおすすめの楽しみ方、今後の展望について伺いました。新しいカルチャーってこうやって生まれるのかな……という考えがふと頭を掠める、そんな取材でした。ぜひ読んでみてください!

※本公演のチケットはすでに完売しています。

「泊まれる演劇」=宿泊型のイマーシブシアター。空間全体で世界観を味わえたり登場人物と実際に話したり、インタラクティブな演出が魅力。

今日はよろしくお願いします!まず、今回の取材のテーマでもある「泊まれる演劇」とは、一体どんなコンテンツなのでしょうか?

大阪と京都に拠点を構える「HOTEL SHE,(ホテルシー)」がプロデュースする宿泊型のイマーシブシアターです。イマーシブシアターとは、日本語で“没入型演劇”や“参加型演劇”と呼ばれる演劇の手法の1つ。客席と空間が分かれている通常の演劇とは異なり、空間全体を舞台として扱ったり、お客さんが登場人物の1人になったりする“参加型”や“体験型”というニュアンスが含まれます。ニューヨークやロンドンではすでにポピュラーになりつつありますが、日本ではまだまだマイナーなジャンルです。それを僕らならではの強みを生かして宿泊型に落とし込み、ホテルブランドのオリジナルプロジェクトとして取り組んでいます。

「泊まれる演劇」が抱えている劇団がいらっしゃるんですか?

毎回オーディションで役者をキャスティングをしていて、美術、音響、照明もフリーランスの方とチームを組んで進めています。基本的に固定のキャストはいないので、そこが普通の劇団とは少し違うのかもしれません。「泊まれる演劇」の正式メンバーは、2019年のスタート時から僕だけで、先日やっと新たなメンバーが加入して2人になりました。

直近では、6月3日から7月5日までの約1ヶ月間「HOTEL SHE, KYOTO」で上演されていましたね。今回の作品について教えてください。

ストーリーの大筋はミステリーです。ここ「HOTEL SHE, KYOTO」を架空のモーテルに見立てて、そこで展開するストーリーにしました。宿泊者となるお客さまが、モーテルの閉館パーティーにお呼ばれするという設定で。最後のパーティーを楽しむつもりでお客さまが足を運ぶと、どうやら閉館の理由が単なる老朽化などではなく、とある事件がきっかけらしいということがわかってきて。今日が最後の日だから、みんなで事件を解決しようというアクションが生まれるんです。お客さまそれぞれがヒントを探し出して探偵のもとを訪れ、手がかりを少しずつ集めていく。モーテルで起こった事件を、みんなで力を合わせて解決する物語です。

物語はどんな風にスタートするのでしょうか?

ホテルのエントランスにかかっている真紅のカーテンをくぐると、そこがモーテルのパーティー会場になっていて、お客さまの入場と同時に物語がスタートします。お客さまには役者に付いて館内を回りつつ、エキストラのような形で物語に参加してもらい、役者の様子を眺めたり実際に話したりしながら事件のヒントを集めていただきます。通常の演劇では、上演中にお客さま同士で会話することなんてほとんどないと思いますが、「泊まれる演劇」ではお客さまとキャスト、お客さま同士のコミュニケーションが必要不可欠。会話をしないことにはストーリーが展開しないので、より深い没入感を味わっていただけます。

ホテルに入ると最初に通されるナイトラウンジ。ほんのりヌーディな雰囲気にドキドキ。
エレベーターもモーテル仕様に装飾され、フロアを移動するだけで気分が高まります。

単に“観る”だけではない体験ができるんですね。脚本などはどなたが考えているんでしょうか?

細かい台詞や演出はプロの脚本家さんと組み立てますが、「モーテルにしたい」「ナイトラウンジにしたい」「こういうストーリーラインにしたい」というコンセプトは僕が最初のアイデアを出しつつ、脚本家さんや美術家さんなどチームみんなで考えていきます。あまり前例がないというか、近いことをやっている方がいないので、試行錯誤をしながらチーム全員で作り上げている感じです。観客役の関係者さんを入れたテスト公演で調整することもあって、「ここ伝わりづらいから変えようか」とお客さま側の反応で決めることも多いですね。公演ごとにセリフも違っていたりアドリブが多かったり、キャストが館内を移動するルートが変わることもあって。かなり自由度が高い演目なぶん、その場その場で展開が変わる生き物のような一面があります。

「泊まれる演劇」の魅力はどういった部分なのでしょうか?

ホテルに対する僕ら自身の思い入れの強さもありますが、ホテルを舞台にしているところは魅力の1つですね。一泊二日と滞在時間も長く、飲食が絡んでいたり客室を舞台として使えたりするので、一般的な体験型イベントに比べて重厚的な演出ができるんです。

こちらは宿泊用のルームキー。男女関係なく施したホテルスタッフの真っ赤なネイルが素敵。

座っているだけで物語が展開する映画と違って、僕らが作っているものは、お客さんが入ることでようやく物語が進み始める。それも「泊まれる演劇」の魅力なのかもしれません。1公演20名のお客さまに対し、キャストが12名とかなり多めなので、必然的にインタラクティブな演出が多くなるんです。空間全体で世界観を感じられたり登場人物と実際に話したりできるので、たまたまホテルに来て事件に巻き込まれたような感覚になれると思います。まるでお客さま自身が演者になったような体験ができるのも、映画や舞台、演劇との違いなのかな。演技をするわけでもないし、セリフを覚えるわけでもないですが、気付いたら演技をしている状態になっている。自分も登場人物の1人に、エキストラになっているような感じですね。普通に過ごしていて、俳優のような体験をすることってあんまりないと思うんです。だけど「泊まれる演劇」の時間だけは、いつもと違う新しい自分になれる。それもおもしろいかなと思います。

お客さんが入り始めたら、花岡さんはどういったことをするのですか?

完全に裏方に回っています。運営をしている日もありますし、キュー出し(演者に対する指示)をすることもあります。LINEグループに「今こういう状況です」というのが流れてくるので、「この場所に行ってください」「こうしてください」と指示を出すこともあります。

LINEを使ってやりとりを!なんだか「泊まれる演劇」が一気に身近になりました(笑)

3つほどLINEグループがあるのですが、これが動き出したらみんな注目!っていうトラブルが起きた時専用のものもあります。キャストはもちろんホテルのスタッフもみんな入ってて、結構カオスな感じですね(笑)

この状況はヤバいぞ!みたいな時もあるんですか?

その日のお客さんによってストーリーの展開が変わるので、基本ヤバいことしかないですね。事件を解決するための証拠が集まらないのは全然ヤバくないレベルで、お客さんが美術を壊しちゃったり熱中しすぎてタイムラインをギリギリまで押しちゃったり……。ラストのシーンでお客さんが熱中しすぎて、「この事件は解き明かしちゃいけない!」と推理に割り込んできて、どうしようってなったこともありますし。トラブルがない日なんてほとんどないですね。

ちなみに今回の公演中に、何か大きなハプニングはありましたか?

大きな事件ではないけど、1人の役者にお客さんが集中しちゃうことはありました。役者さんはお客さまがいつ来てもいいように演技をしなきゃいけないんですが、お客さまがいないのに演技をしている状況が続くことがあって。客室に役者が控えているので、LINEで「今201号室暇です」とか連絡が来て、「201号室に向かうようお客さんに伝えてください」と指示することはありました。演技をしているのに人に観られないというのは、このイベントならではですね。

こちらが探偵の部屋に集まった事件の手がかり。それぞれ気づいたことをメモに残していく決まりだそう。

 

― 気になる公演中の館内をチラ見せ! ―

それぞれのキャラクターのカラーを反映した客室。あちこちに事件解決へのヒントが隠されているそう。

演劇初心者ながら、ふと思い付いたキャッチコピーからプロジェクトにチャレンジ!Twitterドリームを噛み締めています。

そもそも企画を発案して、スタートしたのはいつだったのでしょうか?

もともと東京で広告の仕事をしていて、2018年の6月に「HOTEL SHE,」を運営している「SUISEI,inc」に入社しました。うちは、もともとホテルでイベントをやったりコンセプトルームを作ったり、ホテルという空間をおもしろく使うカルチャーがある会社で。僕は企画などをする際キャッチコピーから先に考えるのですが、何かやりたいなぁと思っている時に「泊まれる演劇」という言葉がポンっと出てきて。語呂もいいし企画の広がりもありそうだったので、やってみることにしたんです。もともと演劇が好きとかではなかったのですが、学生時代にテーマパークでアルバイトをしていたこともあり、体験型のエンタメにかなり興味があって。「泊まれる演劇」というワードを軸に、一つひとつどんな演出があればおもしろくなるんだろうと考えて。ホテルを使って座って観るのも案としてはあったのですが、もっとインタラクティブな方がおもしろいかなとか。一つひとつ要素を肉付けするような形で、現在の「泊まれる演劇」を作っていきました。

これまでオンラインも活用して公演もしていましたよね。何か棲み分けをされていたのでしょうか?

今回の作品「MIDNIGHT MOTEL」は、本来20年の6月が初演の予定でした。だけどコロナの関係で延期になってしまい、その振替公演を21年にやることになったんです。それまでの期間で僕らには一体何ができるかと考えた時、21年の公演がお客さまにとってよりおもしろいものにするための物語を作ろうということになって。前日譚的な意味合いを込めて、各キャラクターの物語をオンラインで上演することにしました。そうすれば21年の本公演で出合うキャラクターが“初めて”じゃなくなって、より没入度が高まるのかなと。画面上ではありますが、「この子見たことある!」というキャラクターが大集合するのって、すごくおもしろそうだと考えたんです。それがオンライン公演を始めるきっかけでした。リアルに観る本公演がよりおもしろくなるもの、お客さまにとってよりエモーショナルになるものをオンラインでやっていきたくて。今回上演した作品は、21年の6月にあった本公演の再演という形になります。

花岡さんは19年の6月に入社して、その半年後には「泊まれる演劇」をスタートさせたと。入社半年でそんなに大きなプロジェクトを任せてもらえるって、めちゃくちゃすごいことですね。

正直フロント業務があんまり得意じゃなくて(笑)。自分が生きる場所を何か見つけなきゃって思っていたので、一生懸命取り組みました。

「泊まれる演劇」を思い付いた後は、どんな風に形にしていったのでしょうか?

「泊まれる演劇」という言葉だけ先に思い付いたんですが、まず演劇を観たことも作ったこともなかったので、どこから手を付ければいいのかわからないし、どういう役割をする人が必要なのかもわからない。脚本家さんと演出家さんの違いもわからないし、もちろん役者さんの知り合いもいなくて、本当にどうしようもなくて。一旦「『泊まれる演劇』がやりたい」とTwitterで呟いてみたんです。そうすると、今実際に舞台美術を担当している方やキャストさんが「一緒にやりたいです!」と連絡をくれて、これだったらできるかもって思ったんです。その方の知り合いのツテを辿ったり、必要な人材を教えてらったりしてなんとか進めていきました。

Twitterってすごいんですね。夢があります。

いいアイデアはTwitterで呟けば何とかなる。いわゆるTwitterドリームですね(笑)

準備を進める中で、どのような苦労がありましたか?

もともと「泊まれる演劇」のプロジェクトメンバーは、僕1人だったんです。先日正式に仲間入りしてくれた方が1人いますが、それまでは僕だけで運営をしていて。スケジュールを組んでチケットを売って、コンテンツを作って……と、脚本や美術といった専門領域以外はすべて1人でやっていました。演劇に関わったことがなかったのでわからないことも多かったですが、とにかくやらなきゃいけなかったので。それが結構キツかったですね。

公式サイトも手が混んでいて素敵でした。

もともとWEB広告やSNSに強い会社に勤めていたので、サイトに関してはそこまで大変ではなかったです。そのぶんダサいものは絶対作りたくなくて、デザインや映像、バナーなど、クリエイティブにはめちゃくちゃこだわっています。僕らは「泊まれる演劇」の企画を考える時、物語ではなく売り方から考えるんです。チケットの売り方やWEBサイトの構成を考えて、まずこの作品は絶対に売れるというコンセプトを決める。そこから各専門家に相談します。“売れる”ためにこういう要素が必要だっていうのを洗い出して、それをグッズや飲食物にも落とし込んでいます。基準は完全に売れるかどうか、ちゃんとお客さまに届くかどうか。お客さまに届かなければおもしろいものを作っても意味がないので、間違いなくお客さんに魅力的に映るものから逆算して、じゃあこれに合う物語はこうだよねって。パッケージはとことんクリエイティブですが、一方でビジネスマン的な一面もしっかりあると思います。

同じもの作りやコンテンツ作りに携わる人間として、自然とそういう考え方ができるのはすごいと思います。

それは恐らく前職のおかげかな。学生時代は学園祭の実行委員とテーマパークのアルバイトをめちゃくちゃ頑張っていて。そう考えると、その時の経験も生きてるのかなと思います。

文化史に刻まれるようなカルチャーを形成するのが夢。新しいエンタメの1つとして、「泊まれる演劇」を広めていきたい。

花岡さんが考える、「泊まれる演劇」のおすすめの楽しみ方を教えてください。

やっぱり演劇が好きで観に来ているお客さまが大半なので、しっかりキャストを追いかけてくださる方が多いんですが、僕は訪れたらまずお酒を飲んでほしくて。ラウンジは入場時も公演中もずっとお酒が飲めるんです。苦手な方はもちろん無理しなくて大丈夫ですが、ほろ酔い気分で何かを観るってすごく楽しいじゃないですか。もちろん泥酔されてしまうのはもったいないけど、お酒を飲んでふわふわした状態で館内を歩いてもらうと、本当に夢の中にいるみたいな気分になれると思うんです。照明も幻想的ですし、演劇の内容もすごくドラマチックで、その状態でお酒が入っているとかなりヤバい体験になると思うんです。演劇に集中して、謎を解き明かしてほしいという気持ちもありますが、それより感覚的に楽しんでほしい。お酒を飲んで少しハイになった状態で館内を回っていただけると、よりおもしろさが増すのかなと思います。

気持ちも大きくなって、キャストの方とも話しやすいかもしれないですね。

ラウンジで注文できるドリンクやフード、販売しているオリジナルグッズなど、泊まれる演劇のサービスには、すべて物語の世界観を投影しています。物語の世界に存在しているものとして提供しているので、カクテルを飲んだりホットドッグを食べたりすることも、物語を体験することに繋がるんです。注文するとキャラクターが近づいてきて、「おいしそうなの飲んでるじゃない、私にも奢ってよ」と言われることもあって、奢ってあげるお客さんもいるんですよ。そんな演劇ないだろ!って感じですけど、僕も実際そういう場面を何度か目撃していて(笑)。ただ観るだけじゃなく、そういうところも楽しんでもらえると嬉しいですね。予想外のことがたくさん起こり得るので、ぜひお酒を飲みながら楽しんでほしいです。

オリジナルグッズも可愛いですね。

どうせなら体験した物語が手元に残るようにしたくて、ルームキーを模したキーホルダーや架空のモーテルのアメニティ、ドアプレートなどを用意しました。お客さんがグッズをふと手に取った時に、「泊まれる演劇」の体験が思い起こされたらいいなと。キャストが映ったポスターやプロマイドなど“人”にフォーカスするのではなく、世界観が思い起こさせるようなグッズ作りを心がけています。

Tシャツ、ルームキー、アメニティをはじめとしたオリジナルグッズも目白押し。後日公式サイトから購入できる予定なので要チェック!

お客さまも同じ立ち位置や目線で物語に没入できるのが「泊まれる演劇」の魅力なんだなと感じました。

物語のキャラクターに「奢ってほしい」って言われるなんて、友達かよ!って感じですよね。「推しにホットドッグを奢ったことが一番の思い出」と言ってくださるお客さまもいて。お客さまも嬉しいし、キャストも嬉しいし、僕らも嬉しい(笑)。みんながハッピーになれる楽しみ方です。

今後、「泊まれる演劇」をどのように成長させたいと考えていますか?

ちょっとカッコいい話になっちゃうんですけど、「泊まれる演劇」っていうのは、まだ日本にも、世界にも定着していない新しいエンターテインメントの形なのかなと思っていて。歌舞伎やミュージカルは、2.5次元のカルチャーとして成立していますが、それと同じような文化として確立させたいという思いがあります。「HOTEL SHE,」のプロジェクトという枠に留まらず、1つのカルチャー、エンタメのジャンルとして確立させたいです。

今は1ヶ月のみの公演ですが、もっと長い期間続けることで、よりたくさんのお客さんに届けたいです。直近だと来年は数ヶ月ぶっ通しで公演するつもりですし、もっと先でいくと常設のホテルを建てようと考えています。今は「HOTEL SHE,」京都や大阪を期間限定で「泊まれる演劇」仕様にしているのですが、ずっと「泊まれる演劇」を上演しているホテルがあってもいいと思うんです。今は客室も一つひとつ同じ形ですし、エレベーターも至って普通ですが、もし演劇に使用するホテルという大前提があったとするなら、隠し扉とか地下室とか、実現できる演出がかなり増えるのかなと。長いスパンで考えると、きちんとした空間を作ってやりたいです。それが大阪なのか東京なのか、地方になるのかもわかりませんが、いずれは海外などにも広げていければ、カルチャーとして確立できる日もそう遠くはないんじゃないのかな。そんな風に、より多くの人に「泊まれる演劇」を届けていきたいです。

いつも新しいことに挑戦されている「HOTEL SHE,」さんなら実現できそうです。

この環境には本当に感謝しています。「泊まれる演劇」のために丸々一棟貸し切らせてくれるようなホテルは、きっと世界中探してもないと思うので。本当にありがたく思っています。

花岡さん自身の興味があることや目標は?

最近はあんまり仕事以外に興味がなくて。以前はほとんど観る機会のなかった舞台を観にいくようになりましたし、Netflixやドラマを観ていても、自分の次やる作品のコンセプトやストーリーラインにハマるかどうかという視点で観てしまったりとか。本を読む時やご飯を食べに行く時も、そのラインで考えてしまいます。自分の中心に「泊まれる演劇」があって、そこから興味が広がっている気がします。来年やる作品のテーマが花や植物なので、今は家が観葉植物だらけで(笑)。だけど観葉植物にハマっているのかと言われると、そういうわけではないんです。

常に「泊まれる演劇」のことを考えて生活されてるんですね。

やっぱり大好きで、夢中だから。

この公演のために作られたオリジナルメニュー。
アイスクリーム ダブル(ミルク、ルージュルージュ※+¥150)¥770
この公演のために作られたオリジナルメニュー。
青のアネモネ ¥900 ルージュのアネモネ ¥1,200

次回の公演のテーマやストーリーはもう決まっているんですか?

ざっくりとしたコンセプトは、4年くらい先まで決まっています。細かいストーリーや設定ははまだですが、タイトルや世界観はもう決めています。

大前提として、「HOTEL SHE, KYOTO」と「HOTEL SHE, OSAKA」の2つのホテルで上演するというのがあって。やっぱり自社のホテルがある強みというか、「『泊まれる演劇』がしたいから1年間貸してください」なんて、普通はありえないと思うんです。なので、それぞれの建物の空間の魅力、特徴を最大限に生かした演出ができるよう心がけています。あとは、初めてのお客さまにも楽しんでほしいので、続編などではなく毎回新作をやり続けていますね。公演ごとに場所や設定、登場人物、世界線もガラッと変わります。

花岡さん自身の夢はありますか?

僕自身の夢と言われると難しいですが、文化史に残るようなものを作りたいと思っています。そう考えると、「泊まれる演劇」はそれが実現できるかもしれないコンテンツなのかなと。「泊まれる演劇」を作る時、自分の好きな音楽やアートから一つひとつヒントをもらって、作品を形にしていったんです。その経験によって、文化ってすごく連続的なものなのかなと思うようになりました。「泊まれる演劇」も同様に観た人自身が「やりたい!」と思ってくれて、さらに新しいものが生まれていくかもしれないと考えると、すごく素敵な仕事ですよね。そういう仕事をしたいと日頃から思っていて、今は「泊まれる演劇」が一番それに近いところにある気はしています。

こんなカッコいいことを言ってしまって、なんだか恥ずかしいですね(笑)。クリエイティブな仕事をしている人って仕事に対する熱量って、すごく高いと思うんです。自分が心からおもしろいとかカッコいいって思えるものを生み出したいと思うし、それが自分がいなくなった後も残り続けるものを作りたいって、もの作りをしていると結構そう考える方は多いんじゃないのかなと。「泊まれる演劇」が長く愛される文化として根付いていけば、僕の人生はより価値のあるものになるんじゃないかなと思います。

「泊まれる演劇」が文化の1つに。私もお話を聞いて、無限の可能性を感じました。ちなみに、次回の公演はいつでしょうか?

ざっくりですが、来年2月頃を予定しています。場所は「HOTEL SHE, OSAKA」で、ホラーではないんですが、ダークファンタジーというか少し影のある作品です。ミステリー、ファンタジー、ホラー……、ジャンルを問わずいろいろ挑戦していきたいですね。


<花岡さんがお気に入りのお店>

東華菜館(京都市下京区四条)
ノスタルジックなムードが漂う、四条大橋近くの北京料理店。なんと日本最古のエレベーターがあり、実際に乗ることもできます。おいしいごはんと空間、どちらも楽しめるのが嬉しいですね。

ビストロ ベルヴィル/トルビアック(京都市中京区常盤木町)
同じビル内の201号室と202号室で、フランス料理とタイ料理が味わえるレストラン。料理はコースのみ、1日1組限定。ごはんもおいしいしお酒の種類も豊富で、朝から夜までやっています。洗練された空間と一緒に楽しんでほしいです。

へんこつ(京都市下京区木津屋橋通)
京都駅から歩いてすぐ、ドープ過ぎる牛すじ専門店。昼間から飲んでるおっちゃんたちがたくさんいて、よーく煮込んだ牛すじやおでんなど、提供しているメニューはすべて茶色。とってもおいしくて、ビールがすごく進みます。

Profile

花岡 直弥

1993年生まれ、奈良県出身。大学進学を機に上京し、学生時代はテーマパークのアルバイトや学園祭の実行委員に打ち込む。卒業後は広告関係の会社に勤め、2019年6月に「SUISEI,inc」に入社。現在は「泊まれる演劇」のクリエイティブディレクター、プランナーを務める。

Data

HOTEL SHE, KYOTO

京都市南区東九条南烏丸町16
TEL/075-634-8340

https://www.hotelshekyoto.com/

share

TWITTER
FACEBOOK
LINE