Interview & Writing
六車 優花
Photo
中島 真美

百貨店や野外フェスを中心に、多彩な音楽&マーケットイベントを仕掛ける三姉妹ユニット<爆発メルヘンCity>の次女を務める川村真純さん。阪急百貨店でまさかのDJイベントを企画したかと思えば、天然石やビンテージパーツを用いたアクセサリーブランド<MOJOme.>も手がける、まさに引き出し多め(!?)な女性なんです。昨年9月には、宝塚・清荒神に体感型イベントスペース『AHSO』をオープンし、何気ない会話から生まれる「それエエやん!」なイベントをたくさん実現しています。今回は、人との出会いや繋がり、そして偶発的なアイデアを大切にしながら活動する彼女のスタイルにフォーカス。学生時代のお話から<爆発メルヘンCity>の活動や、新しくオープンした『AHSO』のことまで、いろいろ伺いました!

アートや古着、街のカルチャーにどっぷり囲まれて過ごした学生時代。そこで培った感性や人脈は、今も変わらず私の大切な財産です。

まずは、真純さんのこれまでのことを教えてください。どんな学生時代を過ごしていたんですか?

高校卒業後、地元の淡路島を出て京都・嵐山にある京都嵯峨芸術大学短期大学部に通っていました。グラフィックデザインコースだったんですが、1回生の時に自分の目指す方向性とは違うと気付いて。2回生からは学校が終わったらすぐに心斎橋・アメ村・堀江に向かう日々を送っていました。

京都から心斎橋……、なかなか距離がありますね。

そうなんです(笑)。当時「FM802」のアートプロジェクト『digmeout』と『SPINNS』が共同運営するギャラリーカフェ『digmeout CAFE』が南堀江にあったんですが、そのカフェスペースでアーティストのMAYA MAXXさんがライブペイントをしていて。「都会ってこんな素晴らしい方が目の前で絵を描いてるんや!」と衝撃を受けたんです。ちょうど『SPINNS』がアルバイトを募集していたので、応募して働かせてもらうことになりました。それこそ授業が終わったらすぐ堀江!って感じで、古着とアートに囲まれた日々を送っていましたね。『TANK酒場』の古谷さんとは『digmeout CAFE』で出会って、今も心斎橋PARCOでのイベントなどに誘ってくださっています。そこでの経験は、現在の活動にも繋がる大きな財産になりました。

大学を卒業されてからも、街のカルチャーに密接に関わるような仕事をされていたんですか?

卒業後は少し違う道に進んだんです。生きていくのにお金が必要だなぁと考えて、パソコンを勉強しながらお金がもらえるところはないかと探して<Apple>のコールセンターで約1年間働きました。その後は心斎橋にオープンした『Apple store 心斎橋』で3年、ジュエリーブランドの<カルティエ>で3年ほど勤務しました。

<カルティエ>にも勤めていたんですね。今の真純さんを知っていると、なんだか意外な気がします。

<カルティエ>に入社したのは15年くらい前なんですけど、接客ではなく、パソコンを生かした職に就いていました。会社員として6年ほど働いたんですが、徐々に周りと自分の感覚とのズレを感じるようになって、結婚と同時に退職しました。卒業後はしばらく街のカルチャーから離れていたんですけど、自由な時間が増えたせいか、もともと興味があったものに自然と回帰していきました。そこからもの作りを始めて、またライブに行くようになって、色んな人と再会したんです。

学生時代に学んだグラフィックデザインではなく、もの作りを始めたのはどうしてなんですか?

ある時、友人がアクセサリーを探すというので、買い物に付いて行ったんです。そこで「これはチェーンが違う」「十字架がいらない」と悩んでいる姿を見て、「これなら私にもできるかも!」と作ってみたのがきっかけ。私自身も販売されている商品に対して、「ここがこうだったら買ったのに」と感じることが結構あって。もともとビンテージや古い雑貨が好きで、チャームとかも買い集めていたので、自分が持っているパーツでいけそうだと思ったんです。“ないなら作ろう精神”ですね。その頃からアクセサリー作りはずっと続けています。

幼い頃からもの作りがお好きだったりするんですか?

小学生の頃ファミコンを買ってもらえなくて、ダンボールで小さいファミコンを作って、飛んでるマリオの絵を描いて遊んでいました。静止画だからずっと飛んでるんですよ(笑)。母親も他所は他所、ウチはウチって感じで、ないものは自分で作るのが当たり前でしたね。その分、ワークショップに連れて行ってくれたりコンサートに一緒に行ったり、身体で体感できるような経験はたくさんさせてもらっていました。自分で作ればどうにかなるっていう精神は、もともと持っていたのかもしれないですね。

真純さんが手がける<MOJOme.>のアクセサリー。とってもかわいいですね!

<爆発メルヘンCity>結成のきっかけは、お酒を飲んで偶然生まれたノリ!私の周りでは、大抵のことは雑談や飲みの席で決まります(笑)

次に、<爆発メルヘンCity>をスタートしたきっかけを教えてください。

一応“三姉妹ユニット”として<爆発メルヘンCity>は活動しています。だけど、長女のチカさんは『AHSO』がある宝塚の清荒神で『シチニア食堂』というお店をしていて、三女のシェリーちゃんは海外に住んでいるんです。物理的にみんなで集まったり店番をしたりするのが難しくて、最近は次女の私がイベンターを進めることが多いですね。

最初にイベントをすることになったのは、『シチニア食堂』さんで開催されたおおくぼひでたかさんのワークショップの時に、3人でお酒を飲みながら話した流れとノリです。もともと<爆発メルヘンCity>は2018年に3人で主催したイベント名で、1人ずつ好きなアーティスト呼んで、そのアーティストに関するワードを持ち寄ってイベントの名前にしたんです。長女のチカさんは<tobaccojuice(松本敏将・おおくぼひでたか)>さんを、私は<Hei Tanaka>さんを、三女のシェリーちゃんは<シャムキャッツ>さんを呼びたくて。<シャムキャッツ>さんのスケジュールが合わなかったので、結局<Hei Tanaka>さんがよく使われている「爆発」というワードと、<tobaccojuice>さんの楽曲「幻メルヘンシティー」を組み合わせて、<爆発メルヘンCity>になりました。好きなアーティストさんをたくさん呼んでいたら、めちゃくちゃ豪華なイベントになってしまって。ド平日の昼間から神戸のグッゲンハイム邸でやったんですけど、東京の人たちばっかり呼んでそんな日程でやるなんて、今だと絶対できないですね(笑)

初めてイベントをした時に作ったという貴重なフライヤー。豪華なメンバーが揃っています。

イベントはどんな感じで決まって進めていくんですか?

もちろん三姉妹で<爆発メルヘンCity>だし、グループLINEもありますが、企画を持ってきた人が責任者として動いています。各々自分の仕事もあって忙しいので、「手伝えそうやったら来てね」っていうスタイル。阪急百貨店で定期的にやっているポップアップ&DJイベントもそんな感じですね。

なんか大人な関係ですね。それぞれが独立しているというか。

三女のシェリーちゃんは海外にいますしね。帰ってきたら「三女の乱」っていう企画をしようという話はしています。

阪急百貨店でのDJイベントは、どういった流れで決まったんですか?

10階の「うめだスーク」で、私のアクセサリーブランド<MOJOme.>で出店させていただいた時に、バイヤーさんから「この壁を好きにディスプレイしていいよ」って言われて。最初は困ったんですけど、主人が<ヅカデン>という名前で電子工作をしているので、喋って動く装飾を作ってもらったんです。それを見た他のバイヤーさんが<ヅカデン>に興味を持ってくれて、「私、音楽イベントの企画もしていて」という話をしたら、「『爆発メルヘンCity』のポップアップストアをやってみませんか?」と企画を持ってきてくれた人がいて。<爆発メルヘンCity>のイベントは音楽がないと成り立たないから、音楽をかけながら実施できるタイミングを相談して、今は年末年始の恒例行事になりました。

百貨店でDJイベントってかなり攻めてますよね。

最初は、「百貨店ディスコ」という名前でDJのワークショップをする体にしたんです。最初は音を気にしていましたが、周りのブースの出展者さんも一緒に楽しんでいただきながら開催できています。バイヤーさんが優しい方なので、ちょっとずつ音量が上がっていっちゃって……(笑)。おもしろいことが好きなバイヤーさんに毎回助けられていますね。

アクセサリー作家としての活動が<爆発メルヘンCity>のイベントにも繋がっているんですね。そんな中で宝塚の清荒神にイベントスペースを構えたのはどうしてですか?

イベントスペース『AHSO』は、昨年9月20日にオープンしました。私自身、もう8年くらい宝塚に住んでいて、そろそろ近くに<ヅカデン>のアトリエがほしいという思いもあったんです。ここは<爆発メルヘンCity>の一員でもあるチカさんが営む『シチニア食堂』の跡地でもあって、近くに移転するタイミングで場所を借りることになりました。<ヅカデン>のメンバーはサラリーマンだったり遠方に住んでいたり、夜の10時以降にみんなで集まることが多いので、昼間の時間帯を使って写真展やポップアップをしています。

街を巻き込んだイベントも企画されていますが、『シチニア食堂』さんや他のお店さんとは、以前から交流があったんですか?

久しぶりに再会した友人に、「宝塚に美味しいごはんやさんがあるよ」と連れて行ってもらったことがきっかけです。私もよく遊びに行く野外フェスやイベントに、『シチニア食堂』さんも出店されていることが多くて、その繋がりで仲良くなったんです。ある時、『シチニア食堂』のチカさんに「宝塚のクリスマス会においで」って誘われて、淡路島の地酒の一升瓶を抱えて行ってみたんです。そしたら知ってる人が誰もいなくて、ドアを開けたら「誰?」って言われました(笑)。だけど「『シチニア食堂』さんに紹介してもらって来ました」って言うとすんなり受け入れてくれて、そこから宝塚に住んでいる方とも仲良くなりました。そういう場でもなんとなくいけてしまうから、色んな繋がりができているのもあるのかもしれませんね。

以前は飲食店だったということもあり、キッチンスペースは広々!「今後は飲食系のイベントもできたらいいですね」

『AHSO』を構えたのは、この地域を盛り上げたいという想いがあったからですか?

「私が盛り上げてやる!」みたいな気持ちは正直ないんです。このエリアに住んでいる人が『AHSO』の前を結構通るので、日常を過ごす中でそういう方がほっこりできるスペースになればいいなと思っています。それもあって、先日店の前にあったブロック塀を壊してウッドデッキを作りました。

近所のおばちゃんたちがコーヒー飲みながらぺちゃくちゃ喋って、気づいたらおらへんみたいな、ご近所さんの休憩所になったらいいですね。入り口に掲示板も作っているので、公民館的なイメージでお知らせを貼ってもらえたらなと思っています。“盛り上げたい”という熱意って、絶対誰か置いてけぼりになる人がいると思うんです。『AHSO』がこのエリア活性化のスパイスになって、“実はちょっと底上げしていた”くらいが理想ですね。

すごくゆったりしたくなる空間で、私も通いたくなりました。清荒神にお住まいの人が羨ましくなりますね。

このエリアはすごくおもしろいんですよ。清荒神清澄寺があるので昔ながらの参道があるんですが、今は新しいお店も増えて新旧が入り混じった街になっているんです。ここでは大抵のことは雑談や飲みの席で決まります(笑)

真純さんを見ているとわかるような気がします。『AHSO』ではどれくらいのペースで展示をしてるんですか?

毎週決まってやっているわけではないんです。「こんなことやりたいよね」という会話から始まるので、1週間展示する場合もあるし、1カ月古着屋さんになったり、週末1日だけのイベントもあったり。その場の話の流れで決めるので、期間もイベントの内容もバラバラですね。

各所に飾られたぬいぐるみや木彫りのクマがかわいい。オリジナルスリッパには『AHSO』のロゴが!
(左)『AHSO』の前に設置したばかりの掲示板。(右)最近完成したという、木漏れ日が心地いいウッドデッキ。

その場の会話や「一緒にやろうぜ!」という熱量から生まれる化学反応を大事にしたい。“カラダ半分”なスタイルが、私にはちょうどいいんです。

『AHSO』は“体感型イベントスペース”という位置付けにされていますが、単なるイベントスペースやギャラリーじゃなく、なぜ“体感型”と謳っているのか気になりました。何か理由はありますか?

ギャラリーやイベントスペースって、結構ルールがたくさんあるから、それに縛られてやりたいことができなくなるのが嫌だなぁと。近所の方に迷惑をかけないレベルのことなら、なんでもやりたいなと思っているんです。それは食べることかもしれないし、お洋服の販売かもしれないし、ワークショップで手を動かすことかもしれない。イベントスペース=“体感”ではあると思うんですが、常に何でも体感できるスペースでありたいという自分の信念を込めて、“体感型”にこだわりました。

今後『AHSO』でやってみたいイベントはありますか?

“早起きしてコーヒー飲もうよ!”的なイベントがしたいです。この辺りは朝散歩してる人も多いので、そういう人が入って来てくれたらいいですね。自分も朝早くから活動できるし、散歩をしている人も喜んでくれるかもしれないし。さっきも言ったけど、近所のおばちゃんたちに喜んでもらえたら最高です。コロナでなかなかできてないんですけど、夜だけのイベントとかもやりたいですね。

ライブも頻繁にされてますよね。

ここは友人のお店や自宅と駐車場に囲まれているので、意外と音を出しても大丈夫なんです。昨年『AHSO』がオープンした時は、いつもお世話になっているシンガーソングライターの東郷清丸さんが来てくれました。偶然にもInstagramに9月19日に岡山でライブしますって書いていたので、速攻9月20日が空いているか聞いて来ていただいたんです。清丸さんの日程に合わせてオープン日を決めましたね。

これは言い訳かもなんですが、今までガッチリ決めずにやってきたのは、その遊びの部分が意外な化学反応を起こしてくれるからなんです。たまに鳥肌が立つようなドンピシャなタイミングもあったりして、決め切ってしまうとそれがハマらないんじゃないかなと。余白を生むことも大事なのかなと思いますね。行き当たりばったりな感じもありますが、スタートしたばかりの割には、おもしろいこととかやりたいことができているような気がします。

偶然から生まれるものって、すごく爆発力がありますもんね。イベントのほかに直近でやろうとしていることがあれば教えてください。

「ザ・サンドボックス」という仮想空間に土地を持っていて、『AHSO』をそっくりそのまま作りたいなと思っています。どこまでできるかわからないけど、仮想空間に全く同じものを作ることで、現場に来れない人にも興味を持ってもらえるんじゃないかなと。それでライブとか写真展が企画されていたら、それこそ私が目指す“体感型”にも繋がるんじゃないのかなと思うんです。

<爆発メルヘンシティ>も『AHSO』も、こんな風になりたい!っていう野望は全然なくて。1年前まではお店を持ってるなんて考えもしなかったし、いつも気がついたらこんなことしてた、みたいな感じなんです。計画を立てて何かをするより、その場の会話や「一緒にやろうぜ!」という熱量から生まれるものが多いので、先のことというより目の前のことを大事にしていきたいです。

そう考えると、色んな人とお話をする中で化学反応が起こるのを待ちたいというのが、もしかすると私のやりたいことなのかも。色んなご縁で繋がって、お菓子をつまんだりちょこっとお酒を飲んだりしながら、おもしろいことを生み出していけたらいいですよね。

何気ない会話から生まれるアイデアを実現するパワーがあるのはすごいです。「ここを盛り上げたい!」って、1つの街でおもしろいことをやろうとする人は多いと思うんですけど、真純さんは大阪市内から宝塚まですごく手広いですよね。一つひとつの出会いや会話を大切にしているからなのかなと感じます。

気付いたらこんな感じなんですが、“カラダ半分”なスタイルが、私にはちょうどいいのかなと。コミュニティとしての繋がりももちろん大事ですけど、いつも同じメンバーだけで回していても誰に向けてイベントをしてるのかわからなくなっちゃう。自分たちが盛り上がっていても、周りが置いてけぼりになっていたら違うんじゃないかなと思います。

私は宝塚でもいろいろやりたいし、大阪市内の中心でもやっていきたい。そして地元である淡路島でもやりたいなと。誘いをなるべく断らないように行動していると、気が付いたら“カラダ半分”になっていました。そのおかげで視野も広くなったし、より幅広く楽しんでもらえるイベントもできているように思います。地域を盛り上げる方法もいろいろありますし、私なりのスタイルで街をこっそり底上げしていけたらいいですね!

玄関に佇む信楽焼のたぬきは『AHSO』の守り神。
ご近所の『末廣すし』さんからのいただきものだそう。

<川村真純さんがお気に入りのお店>

ハナレノミカジノバ(大阪市中央区備後町)
魚を中心とした和食の飲み屋さん。日本酒の種類が豊富なのでワクワクします!

TANK酒場(大阪市中央区心斎橋 心斎橋PARCO内)
おなじみ古谷さんのお店。イベントも盛りだくさんで、いつ行っても楽しく飲めます。


<ポップアップ情報>

フランク・ザッパ講習会
映画『ZAPPA』公開記念/勝手にフランク・ザッパ前夜祭
黙ってトークを聴いてくれ VOL.2

日時: 4月21日(木)19:30スタート
チケット: 入場無料/投げ銭

フランク・ザッパを語りまくるトーク・イベント「黙ってトークを聴いてくれ」の第2弾!
ついに日本公開が決まった映画『ZAPPA』の公開前日に、またまた語りまくります。
映画を楽しむためにザッパの基礎知識を総ざらい!
そして今回のメイン・テーマは「フランク・ザッパと音楽業界」。
ザッパは音楽業界をどのように捉えてきたのか?
そこに「異端」と呼ばれた意味が見えてくる?かも。
今回もご来場プレゼント「フランク・ザッパ・ガイド・ブック」と「フランク・ザッパ講習会レジュメ」が付いてくるよ!乞うご期待!

Profile

川村 真純

淡路島出身。三姉妹ユニット<爆発メルヘン City>の次女であり、<MOJOme.>のアクセサリー作家としての顔も持つ。昨年9月に電子工作クルー<ヅカデン>と共に、宝塚の清荒神にて体感型アートギャラリー『AHSO』をオープンし、様々なイベントを実施。酒場が大好きで、お気に入りは本町『カジノバ』と心斎橋PARCO『TANK酒場』。

Profile

爆発メルヘンCity

2018年スタートした3姉妹ユニット。百貨店や野外フェスを中心に、音楽を絡めたマーケットイベントなどを仕掛ける。お酒を飲みながら、音楽を聴きながら、踊り狂いながら(?!)お買い物できるイベントを企画。

Shop Data

AHSO

宝塚市清荒神3-6-27
営業時間/11:00〜17:00(ライブ・夜営業〜22:00)
定休日/月曜・不定休

share

TWITTER
FACEBOOK
LINE