Interview & Writing
鈴木 直人
Photo
大村 優介

「アパレル辞めて、珈琲とたまごかけごはんの店を始めた人がいる」。

はじめそんな話を聞いた時、真っ先に思い浮かんだのは「なんで?」だった。「しかもたまごかけごはんは1杯1,000円以上するらしい」。やっぱりそこでも「なんで?」と思った。

珈琲とたまごかけごはんのお店『zawa』は、大阪梅田から東へ1駅の福島の街にあります。「なんで?」で頭がいっぱいになったMARZEL取材班は、いても立ってもいられず、早速予約(現在同店は原則予約制)。

取材班は実際にzawaで珈琲とたまごかけごはんを食べたのですが、1つ1つの卵についてのガイダンスがあるし、たまごかけごはんが出てくる時は木の箱に入って配膳されるし、醤油は4種類もあるし、たまごは塩気・甘み・苦味と色んな味がするし……。とかくアメイジングなんです。

そんな興奮冷めやらぬまま閉店後に時間をいただき、ざわさんをよく知る、こうちゃんこと河野伸平さん(株式会社グローレベル代表)と、同じくみかちゃんこと楠本美佳さん(アパレルブランド<MIHEY>デザイナー)にも同席していただき、店主のざわさんに疑問をたっぷりぶつけてきました。

すべては「珈琲淹れてそうやし、淹れたら?」から始まった。

左がざわさん、右が河野さん、奥が楠本さん。

まずは3人の関係について教えてください。

ざわ:こうちゃんは 僕がzawaをやっているGrowLevel galleryのオーナーで、みかちゃんは僕と同じくこのギャラリーの一角にアパレルブランド<MIHEY>を展開する仲間です。

ざわさんはアパレル辞めて、珈琲とたまごかけごはんの店を始めたと聞いたんですけど、いったいなぜそんなことになったんですか?

ざわ:発端はこうちゃんが僕に「珈琲淹れてそうやし、淹れたら?」と言ったことなんですよ。

そんな軽いノリ!?

ざわ:しかも当時の僕は珈琲が苦手でほとんど飲まなかったんです。意味わからんでしょ、ほんまに(笑)。でも、こうちゃんが言うならやってみるか、と思って。

いや、ほんまにわけがわからないんですが……。

ざわ:僕は専門学校を卒業したあと、新卒でアパレル企業に入社したんですが、そこで10年ほど働くうちに、入社当時の目標を実現してしまい、仕事へのモチベーションを保てなくなっていました。会社の仲間や上司にはとても恵まれていたし、支えてもらっていたのですが、どうしても次の目標が見つけられなかったんです。

もうそろそろ限界だなと思っているときに、同じ大阪文化服装学院の出身で、すでに起業して飲食店のコンサルティングやウェブデザインをやっているこうちゃんのところに相談に行ったんですよ。

河野:それがちょうど2019年の6月くらいでした。僕はそれまでに今のGrowLevel galleryの空間を使って飲食店をやっていたんですが、当時ちょうどスペースが空いていたんです。だから、ざわに「なんかやるか?」と持ちかけた。

その結果が、「珈琲淹れてそうやし、淹れたら?」だった(笑)。

ざわ:そうです。ただなにしろ珈琲が苦手だったので、どうしようかなという感じでした。でも2019年の9月に大正にある井尻珈琲焙煎所で、人生で初めて美味いと思える珈琲に出会って。「これなら飲める。どうしてもこの珈琲をやりたい」と思い、マスターの井尻さんに頼み込んで、取り扱いをさせてもらえることになったんです。

試行錯誤の中で見出した「珈琲」と「たまごかけごはん」のかけ算。

アイスコーヒー。ざわさんは「コーヒーの味にはまだ全然納得していない」と語る。でも美味しい。

ざわ:ただこの福島の街で、小さいビルの3階で、自分で焙煎しているわけでもない珈琲をやるだけでは、とうてい人が集まるとは思えませんでした。そこでこうちゃんとああでもない、こうでもないって言いながら試行錯誤をして。

河野:ハンバーグ焼いたりもしたよな(笑)。

ざわ:したした(笑)。その中で僕がかなり昔に思いついていた「オシャレなたまごかけごはんのお店があったらいいのにな」というアイデアを思い出したんです。

たまごかけごはんは好きだったんですか?

ざわ:はい、それは好きでしたね。珈琲と違って(笑)。でもそれが2019年の10月くらいで、zawaのオープンが11月ですからギリッギリなんですよ(笑)。

配膳直後のたまごかけごはん。ざわさんの手によってゆっくりと箱が開かれる時、ワクワク・ドキドキ感は最高潮に。
日本に6%しかいない純国産鶏もみじの卵<茜>。ほのかに塩気があり、鮮やかなオレンジ色が特徴。
かき混ぜるとケチャップライスのようになる。

そこから1ヶ月で今の形に?

ざわ:原型はそうですね。生産プロセスやホームページでビビビッと来た養鶏場の卵をかたっぱしから取り寄せて、美味しかったら電話をして「取り扱わせてもらえませんか?」って言って、一つ一つ銘柄を決めて行きました。

元パタンナーの楠本さんが作る、MIHEYの20AWの衣服。着る人の体に寄り添い美しく見せてくれる、優しいデザイン。

河野:そのタイミングでみかちゃんとも出会ったんです。

楠本:MIHEYの展示会をやる場所をスペースレンタルサービスを使って探していて、GrowLevel galleryを見つけて。

河野:何の面識もない状態だったんですが、実際に会ってMIHEYを見せてもらったら、めちゃくちゃしっかりとクリエイションをしていることがわかりました。それで一度展示会をやらせてもらって、同時にホームページの改善なども僕の会社でやらせてもらって……それからは僕から一方的に「あれやらして、これやらして」と言ってブランドのムービー制作なんかを手伝わせてもらってます(笑)。

楠本:いやいや、本当にお世話になってます。

その中でざわさんとも絡むようになった?

楠本:そうですね。展示会の時にはじめてお会いして、そこで珈琲も出してもらいました。

ざわ:それこそ井尻さんのところで珈琲を取り扱わせてもらえることになった時だったので、味も悲惨だったし、たまごかけごはんの構想さえない時期でした。

楠本さんにとって、ざわさんってどんな人ですか?

楠本:はじめは無口でクールな人だと思ってたんですけど、付き合ってみると全くそんなことはないなって思うようになりました。ただ未知数のところも多く、私にはまだざわさんの底が見えていませんね(笑)。

「当時の自分には何もなかった。けど、このままじゃ嫌だなって思ったんです」

それにしても、アパレルを10年以上やって、そこから「珈琲とたまごかけごはん」なんて尖ったスタイルのお店をやるって、かなり思い切りましたよね?

ざわ:思い切れた理由の一つはタイミングですね。24歳くらいからずっと「いつか自分の店をやりたい」って思いをくすぶらせながら働いて、それがzawaを始めた31歳の年で限界を迎えていました。そのタイミングでこうちゃんという人間とまた会うようになったり、GrowLevel galleryのこのスペースが空いたり……本当に色々なタイミングが噛み合った。

あとは人生の岐路でもあったんですよ。

どういうことですか?

ざわ:東京の本社から引き合いがあったり、他のアパレル企業からお誘いをいただいていたり。あとは保険会社の営業に誘ってくれていた人もいました。なかには給料や福利厚生など条件的にかなり良い話もあったんです。ぶっちゃけ、そういう意味ではzawaが一番賭けだった。

にもかかわらず、どうして今の道を選んだんですか?

ざわ:一つは年齢的にチャレンジするなら今だと思ったからです。あとは長いこと会社組織で働いてきて、自分が好きなことじゃないとモチベーションを保てない人間だということに気づいたからですね。さっきも言ったみたいに、会社の仲間や上司には恵まれていて、今でもすごく感謝しています。でも自分の感覚と頭で納得できないと、手が動かないんです。そのまま当時の仕事を続けるのは嫌だったし、自分の中ですごく違和感があって。だから条件の良し悪しではなく、自分が惹かれるかどうかで今の道を選びました。

うまくいく自信はあった?

ざわ:全然、まったく(笑)。今でこそMIHEYのムービー制作を手伝わせてもらったり、カメラを勉強したりして、少しずつできることは増えてきましたが、当時の僕には店頭の販売で培ったノウハウくらいしかありませんでした。他にVMDなどの仕事もしていましたが、結局1つの会社での経験だったので「会社を移っても通用する」という自信はなかった。

アパレルの販売と、珈琲とたまごかけごはんでは、かなり分野が違いますしね。

ざわ:だから、うまくいく自信どころかめちゃくちゃ不安でしたよ。正直、立ち上げから3ヶ月くらいは精神的にかなり追い詰められていて、朝起きたら手が痺れていて、うつ病の初期症状みたいなものも出てきていました。

……これ、今はじめて人に話したんですけど。誰にも言えなかった。言ったら挫けてしまうような気がしたから。

そのとき、心の支えにしていたものはありましたか?

ざわ:この仕事を続けていたら「なにか」がある、という期待感。そしてそう思わせてくれる人たちの存在です。

詳しく教えてください。

ざわ:zawaを始めてから、本当に色々な人に出会うことができました。みかちゃんもその一人ですし、例えば手縫いの革靴を作っている竜崇縫靴店(りゅうそうほうかてん)の堀場さんと久保さんもそうです。

ものすごく心が追い詰められていた時期も、彼らとラーメンを食べに行ったり、話をしたりする時間に本当に励まされていました。竜崇の二人に関していえば、僕が毎日履いていて、zawaでも受注販売している手縫いのレザーサンダル<zawa no slipper>を作ってもらったときは、「このスリッパを履いて、絶対に頑張るんだ」と思えました。

そういう人たちと出会って、支えてもらって、時には一緒に仕事をすることで、自分の未来が開けていくような、そんな希望を感じていたから、なんとか持ちこたえられたんです。彼らには感謝してもしきれません。

ざわとzawaの未来とは?「最終的には、のんびり釣りをしていたい」

ざわさんの今後のビジョンについて聞かせてください。

ざわ:具体的にはないです。正直、アパレル企業時代に抱いていたような「この先自分はどうなるんだろう」という漠然とした不安に近いものは今も常にあります。ただ直近のビジョンという話で言えば、色々構想はありますね。

教えてください。

ざわ:例えば実際に店で使っている卵や醤油、器なんかの受注・販売やオンライン販売もアイデアとしてはあります。あるいは、そうした商品をzawaやこうちゃんのフィルターを通してリブランディングするみたいなことができたら、自分の仕事の幅も広がる気がしています。

確かに卵や醤油などは、価格的にも用途的にもちょっとした手土産にちょうど良いですよね。しかもzawaなら自分が一度食べたものをプレゼントできるから、自信を持って贈ることができますし。

ざわ:そうなんです。なかなか難しい事情があったり、僕のフットワークが重かったり、色々と課題があるのでゆっくりですが、少しずつ実現できたらいいなと思っています。

あとはまあ最終的には、のんびり大好きな釣りをしていたいですね(笑)。

まさかの釣り(笑)。

ざわ:めちゃくちゃ好きなんですよ、釣り。釣りも含めた自分の時間がしっかりあって、それなりに楽しくて、切羽詰まった不安がない、そんな毎日が送れるようになれたら十分だなと今は思います。

余白の多い、洗練された空間。良い意味での緊張感が、味覚を研ぎ澄ませくれる。

今は何かと飲食店は難しい時期ですが、zawaに来てざわさんと話したいという人はどうすればいいですか?

ざわ:Instagramを見てください。zawaってオープンしてから営業形態も営業時間もめちゃくちゃ変わっていて、他のウェブサイトだと情報が古い場合があります。今はInstagramから営業日などのリリースをしているので、それを見てもらうのが間違いありません。

今日はありがとうございました。たまごかけごはんも、珈琲もとても美味しかったです。また、必ず来ます!
(writing担当の鈴木は、このあとまた予約を入れました笑)

Profile

ざわ

大阪文化服装学院を卒業後アパレル企業に就職するが、31歳の時に学院時代の友人で経営者の河野伸平さんの言葉をきっかけに珈琲とたまごかけごはんのお店zawaを開業した。「本質は変態」(河野さん談)。

https://zawa.growlevel-corporation.com/

share

TWITTER
FACEBOOK
LINE