Interview & Writing
前出 明弘
Photo
小林 俊史

日本では今年で7回目を迎えるミューラルイベント『JAPAN WALLS』が、10月24日(月)から10月29日(土)に渡って和歌山県の白浜で開催されます!白浜では2年連続の開催となり、旧『POW ! WOW ! JAPAN』から名称変更して挑む今回は、内容もさらにパワーアップということで、ディレクターの岡本さんとプロデュースサポートを務める小畑さんに、このイベントの楽しさ、醍醐味、意義などをたっぷりと聞いてきました。アーティストさんたちが自由に描き、地域一体となって盛り上がりながらミューラルが町に新たな景色をもたらしていく。日毎に生まれるストーリーと深まっていく一体感は、絶対に現地で感じるべきもの!最終日にはミューラルの完成お披露目とともに、クロージングパーティーも行われるから、ぜひぜひ白浜へ。アートの力、人の力、町の力が重なり合ったすごいエネルギーを思いっきり受け取ってください!!

ハワイで初めて見た時、アットホームな空気の中でみんなが一緒に取り組んでたから、まるでアート合宿みたいだった。その雰囲気も含めて、日本に持って来たかったんです。

『POW ! WOW ! WORLDWIDE(現WORLDWIDE WALLS)』はハワイで生まれたストリートアートのイベントですが、まずは日本で開催するまでの経緯を教えていただければ!

岡本:2012年にハワイへ行った時に初めて見たんです。アーティストがすごく自由にライブペイントしてる姿が衝撃的でしたし、地域一体となってサポートしてるのも素敵だなと。当時は規模も今ほど大きくなくて、倉庫の中で展示したり、インスターレーションしたりで、ミューラル(壁)も一つしかない状態。そこに何人ものアーティストが描いてたんですが、解き放たれるエネルギーとみんなのイキイキとした顔を見て、「こんなイベントは日本にないからやりたい!」って、直感的にココロを動かされたんです。

商業的なものではないのからこそ生まれる自由さ、エネルギーを思いきり感じたわけですね。

岡本:そこから毎年イベントに合わせて旅行を計画して、ボランティアで手伝ってましたね。私としてはこのイベントはもちろん、雰囲気も含めて丸ごと日本に持って来たかったので、創設者のジャスパーに「日本でも開催させてほしい!」と、ずっと話してたんです。プロポーザルも出して、いろんなことができると伝えてたら、ジャスパーも「日本でもぜひ作ってほしい!」と言ってくれて。それが、『POW ! WOW ! JAPAN(現JAPAN WALLS)』が生まれた経緯ですね。

ハワイに描かれているミューラルの数々。街の至るところにあるので、文化が根付いてるのもよく分かります。

岡本さんの熱意が伝わったと。日本での初開催は2015年に行われた天王洲アイルですが、どんな心境でしたか?

岡本:正直、プレッシャーしかなかったです。初開催だから絶対に成功させないといけないし、大きなインパクトも必要。これまで現地で手伝ってはいましたが、自分がオーガナイザーで動くのは初めてなので、とにかく毎日がいっぱいいっぱいでした。

日本初上陸ということで大きな話題にもなってましたよね!次年度は神戸で行われましたが、その理由は?

岡本:初開催のイベントとしては確かに成功しましたが、規模を大きくしすぎたのが自分の反省点でもあったんです。ハワイではアットホームな空気が流れて、みんなが一緒に取り組んでたから、まるでアート合宿みたいな雰囲気でした。でも、東京ではみんなバラバラ状態で合宿的な雰囲気もなかなか出せなくて、ちょっと商業的な感じになってしまったなと。

ディレクターを務める岡本さん。今回は仕事の都合によりオンラインで参加してもらいました。

インパクトを出すにはそれなりの規模感も必要ですし、難しいところですよね。でも、現地の雰囲気を知ってて、そこを求めてるからこそ課題も明確。

岡本:だから、2016年と2017年は私の地元である神戸にしたんです。規模は少し小さくしましたが、地元なので私自身が街のいろんな場所を紹介できる。すごく動きやすかったし、アーティストみんなが常に集まってる状態だったので、やっぱりそれが1番だと思いました。

昨年開催された白浜でも、岡本さんが描くアート合宿的な雰囲気が。

地元だからこそ、より一体感を高めることができたと。

岡本:そうですね。2016年の時には私の母校にも協力してもらい、壁に描かせてもらったので、それもいい思い出です。

自分の地元にアーティストさんたちを招き、街に絵が増えていく。それ、めちゃ素敵ですよね。

岡本:神戸には19のミューラルがありますからね、どれもが感慨深いです。

神戸の街で描かれたミューラル。

海外ではミューアルが根付いてますが、これまでの日本ではグラフィティのイメージも強く、なんとなくアングラ感もありました。でも、『POW ! WOW ! JAPAN(現JAPAN WALLS)』やアーティストさんたちの活動で、少しずつミューラルへの理解も深まりつつあるのかなと。そういった中で、小畑さんは昨年からプロデュースサポートされてますが、どんな経緯で参加することになったんですか?

小畑:前回から和歌山県の白浜町で開催してますが、イベントのスポンサー企業の方と以前から仕事をしていたんです。白浜町の白良浜とハワイのワイキキビーチは姉妹浜のフレンドシップ協定を結んでおり、実は2020年に20周年を迎えることになっていて、両方の街のアイデンティティを打ち出すプロジェクトを企画したのですが、コロナ禍で白紙になってしまって…。

昨年度の白浜で初開催のタイミングからプロデュースサポートとして参加している小畑さん。

そうだったんですね!それはツライ…。

小畑:白浜町のために新たなきっかけが作れないか考えてた時に、今回もクロージングパーティーをプロデュースする『WE WANT』のRODYさんと出会っていろいろ話してたんです。で、「ハワイ繋がりならPOW ! WOW !がいいんじゃない!?」ってことで、絵美里さんを紹介してもらいました。元々はハワイがルーツのイベントですし、日本で行うなら繋がりのある白浜町が最適じゃないかと絵美里さんに提案して、昨年度からプロデュースサポートとして参加させてもらうことになったんです。

何もない壁にゼロからアーティストさんが描き上げていく光景は、想像以上の迫力。日が経つにつれて絵の状況や街の景色も変わっていく流れを見れるのが、すごくおもしろい。

昨年までは『POW ! WOW ! JAPAN』でしたが、今年の開催から『JAPAN WALLS』に名称が変更されています。そこには何か理由があったんですか?

岡本:実は「POW WOW」という言葉は、アメリカの原住民であるインディアンがお祈りをする集会や祭りを意味する神聖な言葉でもあったんです。私自身も「POW」はアメコミなどで使われる効果音だったり、「WOW」は驚きを意味するものだと思ってたんですが、イベントが世界的に派生するにつれて弊害も生まれてきたみたいで…。

僕もてっきり岡本さんのおっしゃる意味だと思ってました。

岡本:アメリカは原住民族の地域がまだまだありますし、本土でも内陸に行くほどその言葉を守る気持ちが強いそうなんです。イベント名に『POW ! WOW !』という言葉を使っているから、原住民族を考慮してスポンサーになれないという話も出てきたので、本部の判断で全地域が名称を変更することになりました。ハワイが『WORLDWIDE WALLS』に変更したことで、それぞれの地域名の後ろに「WALLS」をつけることになり、私たちは『JAPAN WALLS』に。今年の頭くらいに、世界の全地域がその形で変更したんです。

なるほど。イベントの特性としても地域一体になって盛り上がるものだからこそ、そこは見過ごせなかったんですね。日本では今回が7度目の開催となり、「繋がる、広がる、舞い上がる」というテーマを掲げていますが、そこへの想いを聞かせてください!

岡本:昨年度もコロナ禍の中、ギリギリまで状況を見て開催を決意しました。アーティストたちもいろんなイベントが中止になっていたので、「なんとか開催してほしい!」という声がとても強かったんです。今年もコロナ禍であることは変わりませんが、負けることなく、自分の絵を自由に描ける時間を持ってもらいたい!そして、地域と一緒になって作り上げていきたい。地域の皆さん、アーティスト、サポートしてくれるスタッフ、スポンサーの皆さん、見に来てくれるファンみんなで、上へ上へと上がっていきたい。そんな想いを込めて、このテーマを掲げることにしました。

岡本さんがハワイで初めて見て衝撃を受けたあの雰囲気が、再び味わえそうですよね。アーティストが楽しんで描き、地域やスポンサー、ファンも一体となって盛り上がり、みんなでミューラルを共有していく。ほんと素敵です!小畑さんは昨年初めてサポートしたわけですが、現場を見てどんな感覚でしたか?

小畑:何もない壁にゼロからアーティストさんが描き上げていく光景は、想像以上の迫力でした。ほんの数時間後には「ここもできてる!」という驚きもありますし、日が経つにつれて絵の状況や街の景色も変わっていくんです。その流れを見れるのが、すごくおもしろいなと。

刻々と変化するその光景が見れるのは、このイベントの醍醐味ですよね。

小畑:和歌山県はワーケーションを推進してる地域でもあるので、この機会に白浜町に来てもらえるとさらに価値があると思いました。仕事の休憩に散歩しながら、ミューラルが完成していく過程を日毎に楽しむ。ロングスパンでの滞在を、ぜひおすすめしたいです。

それに、空も広くて海も近い!ロケーションも最高ですしね。こんな環境だからこそ、アーティストさんたちも気持ちいいだろうし、描くことをより楽しめそうだと思います。

岡本:事前にどんな絵を描くかはアーティストに提案してもらいますが、クライアントワークではないので、基本的には自由に描いてもらってます。普段は描いてないけど、今回はこんな絵にチャレンジしてみたいとか。私はサポートする立場なので、そのチャレンジをどんどんプッシュしてますね。だから、描き終えた時のみんなの充実感は、すごく伝わってくるんです。

アーティストさんのエネルギーが思いっきり放出されるのは、その自由さも要因の一つかもしれませんね。ちなみに地元の方々の反応はどうでしょう?

小畑:昨年度は白浜町で初開催でしたし、イベントとしても派手な印象でカルチャー感も強いため、地元にどうフィットさせるかが課題でした。海外やこれまでの事例を写真で見せても、自分たちの町がどう変わるのかをイメージしてもらうのが難しかったですが、ローカルコミュニティの方々とも打ち合わせを重ね、「まずはやってみよう!」という状態でスタートできたのが大きかったですね。

確かに、そこは一番のハードルになりますよね。

小畑:でも、実際開催してみると、生モノみたいに消えるものじゃなく、やったことがアートとして街に残っていく光景を見てもらえたので、今年は白浜町も後援についてもらえることになりました。地元の企業の方々もサポートしてくれることになり、昨年の開催をふまえてこのイベントの意義を感じてもらうことはできたかなと。だから、今年は確実にパワーアップしてます!

岡本:それに、今年は壁の提供もありました。私たちとしては、やはり壁がないとイベント自体が成立しませんからね。

描いてもOKな壁を探すのは決して簡単なことじゃないですもんね。

岡本:最初によく聞かれるのが、「そもそも、なぜ壁に描く必要があるの?」ってことなんです。その部分を丁寧に説明して納得してもらい、ようやくスタートラインに立てるんですが、「うちの壁を使っていいよ!」と言っていただけると、工程的にもすごく助かります。今年は4件ほど壁の提供を申し出ていただいたので、これも昨年の功績なのかなと。とてもありがたい話ですし、地元の皆さんのサポートがあるからこそ実現できるイベントだと改めて実感してます。

地元の皆さんもアーティストが描く姿を間近に見ていたからでしょうし、描かれた壁がずっと残ってるから、イベントへの想いが深まっているんじゃないでしょうか。今年は、どんなアーティストの方々が参加されるんですか?

岡本:ハワイからはKRIS GOTO、国内からはWHOLE9やCOOK、GRAVITYFREE、大阪芸術大学。さらに、ミューラル初挑戦のERI2WIN、和歌山ローカルのYOSSY、彫刻のインスターレーションを行うAIKO KIM。そして、昨年一番大きな作品を残したYOSHI47は、タイルのミューラルにチャレンジします。他にもギャラリースペースでは、100作品を展示します。

錚々たるメンツですし、チャレンジングな内容も相まって、まさに昨年以上の展開。これは、絶対に現地で見て体感するべきですね!!

アーティストの個性を尊重し、見てる人の個性も尊重したいというのが私たちの想い。想像力をいっぱい働かせて、「これはどんな絵なんだろう?」って、考えるのもこのイベントの楽しさのですね。

ここからは今回参加されるハワイ在住のアーティスト、KRIS GOTOさんもオンラインで繋いで進めさせていただければ!

岡本:KRISはアラモアナセンターにある『ターゲット』の壁画を描いたり、当時の『POW ! WOW ! WORLDWIDE』にも2013年から参加してるアーティストです。日本生まれで現在はハワイ在住ですが、香港などいろんな国で過ごしてきて、すごく素敵な感性の持ち主。私も<モンスターエナジー>のイベントで日本に招いたこともあり、今回また再会できるのを楽しみにしてます。

KRIS:ヤッホー!今回はお招きありがとうございまーす!!

ハワイ在住のアーティスト、KRIS GOTOさんにも、オンラインで参加していただきました。

こちらこそよろしくお願いします!KRISさんは2013年から『WORLDWIDE WALLS(旧POW ! WOW ! WORLDWIDE)』に参加してるそうですが、どんな経緯で?

KRIS:創設者のジャスパーから「KRIS、壁画を描いたことある?」ってメールが届いたんです。当時は壁と比べると全然小さな紙に描いてて、そんな私からすれば大きな壁に描くなんて恐怖でしかありませんでした。でも、1年に1〜2回は、恐怖を感じるチャンスが来たら必ずやると決めてたし、それが成長にもなると思ってたから「やります!」って返事したんです。

紙と壁では全然違いますし、チャレンジとはいえ確かに恐くはなりますよね。

KRIS:そう!そこから2016年にもまたジャスパーからメールが届いて、コロナ禍で開催できなくなる2020年まで毎年描かせてもらってました。

毎年描いてるとさすがに恐怖はなくなりました?

KRIS:やればやるほど経験値も上がって慣れると思うはずが、私はそうじゃなかった。いつも心臓バクバクだし、壁画を描くこと自体が私にとってはチャレンジ。メンタル的にもキツいけど、楽しいって感じかな。描いてる時は、ずっと脳内がハイな状態だし。

恐さと楽しさが表裏一体なんですね。

KRIS:描いてる時は常に、壁と自分だけの世界じゃないですか。自分のことが好きじゃないと壁画は描けないと思うくらい、そこにあるのは対自分との世界。だから、描いてて心が少しラクになった瞬間は、自分のことが100%好きになった時かもしれない。そんなことを考えたりもしますけど、今でもやっぱり慣れないかな。

岡本:KRISの絵は本当に細かいものを描いてるしね。

KRIS:紙に描く場合もすごく細かいんですよ。それが壁みたいに大きなものになると、描く時間もかかっちゃって。壁画に慣れてる人はスピーディーだけど、「KRISまだ描いてるの?」ってよく言われちゃいますね。でも、今回はまた新たなチャレンジを与えてもらって、ほんとうれしい!

日本で壁画を描くのは初めてですか?もし差し支えなければ、どんな絵をイメージしてるかも教えてもらえれば!

KRIS:初めてです!今回の『JAPAN WALLS』で描こうと思ってるアイデアは、流れに抗うことの大切さを込めたもの。個人的に思うことなんだけど、人の意見やみんながこうしてるからとか、道から外れることを恐れて生きてる人が多いなと。だから、自分の意見を言わなかったり、言えなかったりもする。そうではなくて、流れに抗って進むことも大切だし、そんな個性を尊重したいんです。個性を殺して生きる人を見ると、もっと自由に生きてほしいなって思うから。自分の直感を信じ、個性が育める社会になることを願って、今回の作品を描きたいと思ってますね。

小畑:めちゃ素敵です!

どんな絵が描かれるのか楽しみです!!イベント自体には今回「繋がる、広がる、舞い上がる」というテーマがありますが、アーティストさんの作品にも共通のテーマはあるんですか?

岡本:どんな作品を描くかは事前に提出してもらいますが、お題的なテーマは設定してません。ただ、「繋がる、広がる、舞い上がる」というテーマをそれぞれに理解してもらった上で、壁と町と自分の個性を表現する絵を描いてほしいと私からは伝えてますね。完成した作品についても、説明をつけることなどはあえてしていないんです。

その目で見たままを感じてもらうってことですね。

岡本:それぞれの感性で感じてもらえれば!例えば、昨年にYOSHI47が描いたものは、海坊主と言う人もいれば、毛虫と言う人もいました。でも、それでいいんです。解釈は人それぞれだし、一人ひとりの受け取り方を大切にしたいと思ってるので。

アーティストさんと見る人の感性がシンクロする時もあるし、そうでなかったとしても世界観はどんどん派生して広がりますもんね。

岡本:そうですね。そこがアーティストの個性を尊重する理由でもあり、見てる人の個性も尊重したいという私たちの想いなんです。想像力をいっぱい働かせて、「これはどんな絵なんだろう?」って、考えるのもこのイベントの楽しさの一部なのでね。

答えを求めがちな現代だからこそ、想像力に制限をかけないって素晴らしいことだと思います!ちなみにKRISさん、イベント中は制作で忙しいと思いますが、現地で何かしたいことってありますか?

KRIS:とりあえず地元のおじいちゃんやおばあちゃんと昔話がしたい!壁画を描いてて一番好きなのが、地元の人が声かけてくれる瞬間なんです。作業が止まるから嫌がる人もいるし、気持ちが入った瞬間に途切れたくないのもあるけど、声かけられると、そこで始まるストーリーがやっぱり素敵。それに、声かけてくれる人はすごく温かいですよね。日本って、壁画は多いんですか?

岡本:多くないよ。

KRIS:じゃなおさら、壁に絵を描く作業を間近で見れるのは興味深いだろうし、貴重な機会だろうね。

岡本:多分、たくさん声かけてくれると思うよ。毎日の散歩コースの人もいるし、写真も撮ってる人も多いし。

KRIS:コミュニティ内でのコミュニケーションが増えるきっかけにもなって、町の活性化にも繋がりそう。「あの壁を描いてる人と喋ったことある?」とか「あの絵を見た?」とか、いろんな会話が育まれていくのがとっても楽しみです!私としても、行ったことのない場所で絵が描けるのはすごいことだし、地域とのコネクションもできる機会だから、ずっとワクワクしてる!ほんとありがとう!!

岡本:会えるの楽しみにしてるね!!

小畑:私も今からすごく楽しみです!!

KRISさん、ありがとうございました!僕も楽しみにしてます!

アーティストそれぞれが自分の個性を表現し、自由に描いてます。その姿はエネルギーにあふれていて、地域も一体となって盛り上がるイベントだから、皆さんもぜひ一緒に!!

10月24日(月)から10月29日(土)にかけて、いよいよ『JAPAN WALLS 2022 in SHIRAHAMA』が開催されます。今回のイベントも、ミューラルに間近で触れて、感性も好奇心も思いっきり刺激されること間違いナシだと思いますが、今後のさらなる展望も聞かせていただければ!

岡本:今までと変わらず、ミューラルカルチャーを日本に広げていくことを目的に活動していきます。そして、ミューラルイベントはさまざまありますが、基本的にはテーマがあったり、クライアントワークに近い状態のものが多いからこそ、私たちはそこに抗っていきたい。クライアントワークを離れ、アーティストが思いきりチャレンジできるプラットフォームをこれからも提供していきたいですね。そこをふまえた上で、地域の活性化にも貢献していくのが、私たち『JAPAN WALLS』だと思ってます。

少し気は早いですが、来年以降の予定は?

岡本:まだ決まってはいませんが、地域の活性化を持続させたいと思ってるので、来年もできれば白浜町で3年目を迎えたいなと。その結果、白浜町がアートの町として根付いたのであれば、次の年はまた違う場所に移ることもあるかもしれないし、白浜町に根付いたものをさらに深くするために残っているかもしれない。イベントの性質上、受け入れてもらえる地域とともに実現していくものだからこそ、地域活性の力になれると思ってます。

小畑:絵美里さんの言うように、継続開催を大切にしたいと思ってます。地域に根付いていくことがカルチャーとしても重要ですし、白浜町では前年度から継続開催していくことをスポンサーの方々とも話していました。今の時代、子どもたちが経験できることにも地域差があるので、『JAPAN WALLS』があることで、もっと自由で感性豊かな選択肢を広げるきっかけにもなると思ってます!

アーティストが描く一瞬、一瞬を間近で見れるのは、子どもたちにとっても貴重な体験になるでしょうし、めちゃ刺激的!

小畑:地元の方々は、特にその部分を重要視してくれてます。子どもたちや次世代にいい影響を与えたいという想いが強いですし、そこに開催する意義を感じてもらってますね。

『JAPAN WALLS』を見て育った子どもたちがいつかまた、アーティストとなって参加してくれたら最高ですね。10月24日(月)から始まる『JAPAN WALLS 2022 in SHIRAHAMA』を楽しみにしてます!

岡本:アーティストそれぞれが自分の個性を表現し、自由に描いてます。その姿はエネルギーにあふれていて、地域も一体となって盛り上がるイベントだから、皆さんもぜひ一緒にこの雰囲気を楽しんでもらえればと思います。最終日には『WE WANT』によるハワイをテーマにしたクロージングパーティーやワークショップも企画してるので、ぜひこの機会に白浜町に遊びに来てください!皆さんと会えるのを、私たちも楽しみにしてます!!


<岡本さんと小畑さんのお気に入りのお店&スポット>

品品香(和歌山県西牟婁郡白浜町)
香港料理のお店で、開催期間中は予約合戦状態です。びっくりするくらい美味しくて、みんなが絶対行きます。

TETTI BAKERY & CAFE(和歌山県西牟婁郡白浜町)
SHIRAHAMA KEY TERRACE HOTEL SEAMOREに入ってるパン屋さんです。地元の人も毎日買いに来る人気店で、どのパンも絶品です。

白良浜&千畳敷&三段壁(和歌山県西牟婁郡白浜町)
白浜町を代表する3大スポットです。秋の海は、夏以上に透き通っていてすごくキレイ!自然を感じるスポットも多いので、観光にもぴったりです。


<INFORMATION>

JAPAN WALLS 2022 in SHIRAHAMA

【開催期間】
2022年10月24日(月)〜10月29日(土)

【会場】
白浜町中心部の各所(和歌山県西牟婁郡白浜町)、SHIRAHAMA KEY TERRACE HOTEL SEAMORE(和歌山県西牟婁郡白浜町1821)

【入場料】
無料

【主催】
JAPAN WALLS実行委員会 (白浜温泉旅館協同組合・JAPAN WALLS)

【後援】
白浜町・南紀白浜観光協会・白浜町商工会

【協賛】
XLARGE JAPAN 大阪芸術大学 トヨタカローラ和歌山株式会社 MONTANA CANS 株式会社HYPERMIX TURNER COLOUR WORKS LTD 株式会社 M2テクニカル

【問い合わせ】
JAPAN WALLS実行委員会 TEL 080-4564-8844 MAIL emily@japanwalls.com
※和歌山県に緊急事態宣言が発令された場合、もしくは発令される可能性が高くなった場合、開催を延期する場合がございます。
Instagram:@japanwalls

【参加アーティスト】

ミューラル(壁画・タイル)彫刻参加アーティスト9組
KRIS GOTO / WHOLE9 / COOK / GRAVITYFREE / ERI2WIN / YOSHI47 / AIKO KIM / YOSSY / 大阪芸術大学

ギャラリー参加アーティスト100組
KRIS GOTO / WHOLE9/ COOK / GRAVITYFREE / ERI2WIN / YOSHI47 / YOSSY /
JASPER WONG/ JASON KEAM / 123KLAN/KAC / YUH TAKUNO / CAB /
KENSUKE TAKAHASHI / FRANKIE CIHI / TOYAMEG / JEREMY YAMAMURA / 前田豆コ /
LUISE ONO / NAOKI”SAND”YAMAMOTO and more…

Profile

岡本 絵美里

『JAPAN WALLS』のディレクターとして、2015年に同プロジェクト(旧POW ! WOW ! JAPAN)を立ち上げ、日本国内でのミューラルカルチャーの普及を目的に活動。ミューラルを軸に、多彩なアーティストとタッグを組んだプロジェクトも仕掛けている。また、神戸のインターナショナルスクールの教員も務めている。

Profile

小畑 菜月

マーケティングやプランニングを行う株式会社AIDAMAの代表。『JAPAN WALLS』には2021年からプロデュースサポートとして参加し、地域のコミュニティやスポンサー企業、自治体とのマネジメント業務などを行う。AIDAMAでは、ミレニアル世代に向けたオンラインのメンタルケアサービス『Being-Home』なども立ち上げている。

https://aidama.co.jp/

share

TWITTER
FACEBOOK
LINE