Interview & Writing
前出 明弘
Photo
依藤 寛人

ビルの壁面、建物のファサード、ホテルやオフィスの空間など、国内外のありとあらゆる壁に絵を描き続け、さまざまなイベントやフェスでもライブペイントを行っているアーティストユニット・WHOLE9。学生時代からキャリアを積み上げてきた2人の絵を「観たことある!」って人も多いんじゃないでしょうか。そんな彼がコロナ禍に立ち上げたプロジェクト「CYC」が完成したということで、次なる制作の合間を縫って話を聞いてきました!アメリカやアジアにも活動シーンを広げ、日本で活躍するペインターの中でも乗りに乗ってるhitchとsimoの2人が歩んできた道とは、これから描くものとは。人を立ち止まらせ、気づいたら眺めさせている、没入感のある絵が生み出されていくWHOLE9の世界に迫ります。ほんの数秒、数分でも人の気持ちや行動を動かす絵の力って、改めてすごいなと思いました!

大学の先生には「絵描きでは食ってけない」と言われてたけど、ストリートアートで活躍してる人を自分たちの目で観てたから、先生の言うことが素直に信じられなかった。

WHOLE9は、hitch(左)とsimo(右)の2人からなるアーティストユニット。

結成15年目を迎え、壁画制作やライブペイントを中心に活動シーンを広げ続けてる2人ですが、大学の同級生だったんですよね?

h:大阪芸大のデザイン学科の同級生でした。僕はグラフィックデザイン専攻で、simoはイラスト専攻だったんですが、たまに一緒になる授業があって話すうちに仲良くなった感じですね。

ユニットを組むキッカケは?

s:絵を描くのが好きで大芸に入ったので、授業中もずっと落書きをしてたんです。hitchも同じように落書きしてたんで、遊びで一緒に絵を描いてみようって。その頃にライブペイントの存在をhitchから聞いて知ったから、「やってみよっか?大きい絵を描こう!」という流れで始めました。

h:僕自身、グラフィックデザイン専攻が何かも理解しないまま入学したんで、絵を描けると思ってたら全然描けない状況で…。先生からも「絵描きでは食っていけない!」なんて言われてたし、どうすれば絵を描いて食っていけるかを模索してたタイミングだったんです。しかも、マンガ家になりたくて芸大に入ったのに…(笑)

マンガ家志望でグラフィックデザイン学科は、違いすぎますね(笑)

h:それでsimoと同様に落書きをずっとしてて、大学1回生の終わりの頃にグループを組んだんです。最初は3人で、今は2人で活動を続けてます。

お互いの“描きたい欲”がリンクして生まれたんですね。ちなみにWHOLE9の名前の由来は?

h:僕らはサークルにも入ってなかったから、大学の9号館の前にずっといてたんですよ。だから、9がつく名前がいいなと思ってネットでスラングを探して見つけたのが、WHOLE9。「全部をもらう」という意味です。

なるほど。それっぽい感もだし、意味もいいですよね。そこからWHOLE9としてはどんな活動をしていったんですか?

s:確か最初に呼んでもらったのが、『なんばhatch』のイベントです。友だちがスタッフとして関わってたので誘ってもらい、ライブペイントをしましたね。

h:僕らの時代はすでにライブペイントカルチャーが先人たちのおかげで普及していました。なので、今ある場所に参加させてもらうことでシーンに入って行った感じです。

でも、いきなりの大バコ!作品サイズも大きいでしょうし、難しさや緊張はありました?

s:そもそも大きな絵を描くために組んだのがWHOLE9なので、難しさや緊張よりも楽しさしかなかったですね。

h:大きな絵を描くことがスタートラインだし、ちゃんと絵を描こうと思ったのもそこ。作品サイズに難しさを感じることもなく、楽しさが勝っていたんですよ。

描きたい欲が一気に解放されたと。楽しむって、やっぱり大事ですね。このイベントがWHOLE9としてのスタートラインにもなってるとは思いますが、活動も加速していったんですか?

s:自分たちから働きかけてイベントに出たり、これまで関わりのなかった方からも声をかけてもらえるようにもなっていきましたね。続けていくと知り合いもどんどん増えますし、それに比例して呼んでくれる人も増えていった感じです。ライブペイントだけじゃなく、壁画制作の依頼ももらえるようになって、描くことが徐々に仕事にもなっていきましたから。

学生だけど、学外での活動が増えていくことに対して、当時はどんな想いを持っていたんですか?

h:先生には「絵描きでは食ってけない」と言われてたけど、ストリートアートで活躍してる人は知ってたし、自分たちの目でも観ていたので、先生の言うことが素直に信じられなかった。「街にはいっぱいいるやん!」と思ってたし、そもそも絵を描くこと自体が、大学の先生に評価してもらうためにやるもんじゃないなと。それよりも自分たちを評価してくれる人が街にはいたので、認めてくれない人のそばで頑張るよりも、楽しいと思える人と繋がった方が絶対にいいですからね。正直、大学で何かしたっていうのはほとんど記憶にないんですよ(笑)

s:そういう思考やスタイルで活動してたので、digmeoutの古谷さん(現TANK酒場)にも会いに行ったりしてましたね。

h:在学中に絵を描いて食っていくという目標があったんです。会える人にはとにかく会いに行きましたし、学内よりも学外に視線は向いていました。

北米で放映されたサッポロビールのCMでは、壁画制作に加えて出演も果たしたそうです。

ただ楽しんで絵を描くだけじゃなくて、そういった意識を持ってるからこそ活動内容が広がっていったんですね。でも、特に芸大生の場合はアーティストになるか、就職するかという大きな岐路があると思うんですが、2人はどんな選択を?

h:simoは5年間やったしな(笑)

s:まだやりたいことがあったし、やり残したことがあったから…(笑)

h:そんな意志ちゃうやろ(笑)。僕は3回生の時に就活もしたし、卒業して普通の社会人になったんです。在学中に絵を描いて食っていくことを目標にはしてたんですが、やっぱり難しさも感じました。就活が始まる時期はみんな不安になるし、正直ブレてしまいますね。「ほんまに食えんのか?」って。

ちなみにhitchさんの就職先は?

h:パッケージを作る会社の企画営業ですね。でも、めちゃくちゃハードで、入社して3ヶ月で飛びましたけど(笑)

超スピード退社ですね(笑)。まぁ、見切りが早いというか、今こうして話を聞いてると結果的にはいい決断だったとは思いますが…。

h:4月の時点でもう無理やなと思ってましたからね。会社が東京だったので、営業の外回り中に昔お世話になった人に片っ端から会いに行ってたんです。「もうすぐ辞めるので、また仕事させてくだい!」って(笑)

s:実際それで仕事をちょくちょく持ってきてましたからね。

h:僕の卒業を機にWHOLE9は一度解散したんですが、仕事もまた増やせると思ったので、「もう1回やろう!」と声かけたんです。東京に来てもらってイベントにも出たりしてたから、解散して3ヶ月後に再結成しました。

昨年末に行われた「FM802 ROCK FESTIVAL RADIOCRAZY presents THE GRAND SLAM」で描いたもの。
台湾の高雄で開催された壁画フェスでの作品。

当時の他のメンバーは?

s:3人グループだったんですが、もう1人も5回生してました(笑)

h:僕は1年早く卒業して、結果的には再結成しますが、就活の時期とかは3人でめちゃくちゃ悩んでましたね。

理想と現実に直面しつつも、hitchさんが先に卒業したのが功を奏したのかもしれませんね。simoさんは就活してたんですか?

s:ほぼしてないですね。絵描きとして進んでいく覚悟をぼんやりと持ってたので、卒業後はフリーターしながら活動しようと思ってました。もう1人のメンバーは今は彫り師をしてるんですが、卒業後は弟子入りしつつWHOLE9としても活動していた感じです。

h:3人だったのは学生時代を含めて6年くらいですかね。もう1人のメンバーは彫り師に専念するためにWHOLE9を卒業したので、そこからはsimoと2人で今日まで活動を続けてきました。

僕らの目の前にはいつも、バカっぽい目標があった。だから上を見れてレベルアップできた。

「絵描きでは食ってけない」という先生の言葉が重くのしかかりつつも、WHOLE9を再結成して活動を続けていくわけですが、ぶっちゃけ食えるようになったのはいつ頃でしたか?

h:僕は大学に戻って副手という教授のお手伝いをするバイトをして食い繋いでたんですが、25歳の頃にはWHOLE9の活動で食えるようにはなってましたね。

けっこう早くないですか?

h:生活レベルはガツンと下げてましたから(笑)。下げたら何とかなるレベルでしたが、食っていけるようにはなったんです。

アーティスト活動に専念できる転機みたいなことがあったんですか?

s:この仕事のおかげでというのはなくて、続けてると徐々に仕事が増えていったイメージです。だから、いきなり跳ねたって感覚はないかなと。

h:繋がった人からの依頼が増えたり、そこからまた知り合いが増えてという感じで、いろんな角度から仕事をいただけるようになったんです。不安定な部分はあるけど、安定してきたという感じでしたね。

止まらずに続けてきた結果ですね。活動の中心は壁画制作やライブペイントですが、そこにこだわる理由は?

s:2人で描く絵は大きい方が強いというか、キャンバスに描くこともありますが、それも大きな絵を作るためのものだったりするので。具象と抽象で担当を分けている分スピードも速いし、プロセスも含めてお互いの良さを一番生かし合えるのが壁画制作とライブペイントなんです。

2人の描くパートが明確になったタイミングや今の作風が確立されたのはいつ頃なんですか?

h:今は僕が具象、simoが抽象を描いてるんですが、活動を始めた頃は逆の時もあったし、けっこうふわふわしながら試行錯誤してました。でも割と早い段階でお互いに向いてるのが分かったから、今のスタイルにはなってたかなと。ただ、3人の時もあったので、何ができて何ができないかを突き詰め、よりスタイルが明確になったのは2人なってからですね。作風はそんなに変わってないですが、結成当初はマーカーで描いた白黒だけの作品とかもありました。影響を受けたアーティストのスタイルにトライしてた時期で、いろいろ試しながら自分たちらしいスタイルを磨いていったんです。

具象と抽象で担当がキッパリと分けられてますが、絵を描く上で大切にしてることってありますか?

s:壁画制作の場合は、街や土地の風土を調べたり、その街を歩いて感じたことを軸にするようにしてますね。昔は好きなものを描いてることも多かったですが、さまざまなプロジェクトに関わらせてもらい壁画を描くことが増えていくうちに、街の中に大きな絵を描くからこそ、浮いてしまうような作品にはしたくないと思うようになりました。僕らの絵が街の一部になるので、やっぱりその土地のことはすごく意識しながら描いてます。

h:逆にライブペイントの時は、その場のテンションや雰囲気を大切にしていて、現場でイメージをどんどん膨らましながら描いてます。膨らまして削って、膨らまして削ってを繰り返しながら仕上げていくスタイルですね。

それもライブペイントの醍醐味。街に残る壁画制作、即興性もふまえたパフォーマンスのライブペイント、同じ絵を描く行為でも全然違いますよね。

s:ライブペイントは自由そのものですからね。

h:描いてる時間をどんどん楽しくしていくことが大事だし、いろんな人がその瞬間を観てくれるし、絵を介して遊んでるような感覚なんです。

s:僕らもお酒を飲みながら描く時もあるし、完成までのプロセス全てをみんなで楽しんでるんですよね。

h:でも、たまに養生シートをバチバチに敷いてる現場もあるので、その時は塗料が飛び散ったらアカンなと思い、ちょっと緊張しちゃいます(笑)

確かに別の意味で緊張しますね。ちなみに、お客さんや人に観られることは気にならないんですか?

h:僕らは大きな絵を描くところからスタートしてるし、その流れで壁画制作やライブペイントをメインに活動してるので、観られるのが当たり前になってるんです。だから全然気になりませんね。むしろ家でキャンバスに絵を描いてる時の方が、リアクションのない状態で描かないといけないのでツライ。観られてる方がちゃんと仕事できるんですよ。

なるほど。WHOLE9のスタイルだからこそ、外の方がイキイキとするんですね。25歳くらいから活動も軌道に乗ってきたことで忙しくされてたと思うんですが、そこからさらにステップアップするためにどんなことを考えてたんですか?

s:hitchが言ってくれて僕も考えるようになってたんですけど、バカっぽい目標がいつも目の前にあったんです。

バカっぽい目標とは?

s:例えば、アメリカを周って壁画制作したいとか、いろんな国の壁画フェスに出たいとか。漠然としてるけど、そんなバカっぽい目標があることで、そこに向けて常に上を見てレベルアップができたと思います。

h:仕事が増えていくことに喜びがあった反面、居心地の悪さを感じ始めてました。仕事をしまくって「僕、アーティストです」と自信を持つのは変というか、絵を残してナンボやと思ってたので、仕事の数を自慢するのは違うなと。そもそも憧れてたのは海外だったし、僕らがテンション上がる目標じゃないとこのまま続けるのは大変だと感じたんです。

アメリカのツアーでは、LAやサンフランシスコ、NY、フェニックスなどを巡って壁画を制作。

実際、アメリカでの壁画制作も実現してますもんね。

h:アメリカの1都市での壁画制作の仕事がゲットできたので、せっかくなんでツアーに仕立てたんですよ。他の都市でも現地で壁を見つけて、近くの住人にコンタクトを取って持ち主に繋げてもらい、壁画を制作して回りました。日本ではあり得ないですが、アメリカでは突然行っても受け入れてもらえたんです。壁画制作への理解もあり、ハードルの低くさを改めて実感させられましたね。

壁画はグラフィティとも違うから、街に馴染むことが僕らの願いでもあるし、その土地の人たちに愛されることがゴール。

国内はもちろん、海外にも活動を広げていく中で、「CYC」というプロジェクトを立ち上げられましたが、その経緯を教えてください!

s:精力的に活動を続けていくうちに、描く場所や規模も大きくなっていきました。ビルにも描けるようになったり、街のプロジェクトにも参加させてもらったり、これまで大きな絵を描いてきたからこそ、声をかけてもらえる機会もどんどん増えていったんです。それらはもちろん仕事として受けてますが、逆に僕らが自主企画でアクションすることがなかったので、新たな目標として始めたのが「CYC(COLOR YOUR COMMUNITY」のプロジェクトになります。

h:コロナで世の中が鬱々としてた時期で、アートを使って僕らも楽しみながらみんなで参加できればなと。仕事ではなくクラファンを活用しながら、応援していただいた資金で壁を探し、壁画を制作して街に還すというプロジェクトでした。2020年6月にローンチして、2年かけて完成することができたんです。

s:クラファンでは151名の方に支援していただき、目標額の199%を達成。当初の規模を拡大し、関東と関西の2箇所で制作することを公約にしました。大阪では今回撮影してもらったカドカワ株式会社さん、東京では中野区とJRの協力によってJR中野駅北口駅前広場に描かせてもらっています。

写真:@yoshi_travel_
写真:@yoshi_travel_

支援された資金で街に生きる壁画を描き、街に還す。そこからまた、壁画が街の一部となって時代を重ねていく。絵の力や描く意義を、改めて多くの人に知ってもらえるプロジェクトだと思います!

h:その街や土地、描かせてもらう場所のことを壁画に込めるのが「CYC」のテーマなので、そこを追求して描いていきました。壁画はグラフィティとも違うから、街に馴染むことが僕らの願いでもあるし、その土地の人たちに愛されることがゴールだと思ってます。決して簡単なことじゃないからこそ、僕らのモチベーションも上がるんです。街の歴史をディグって楽しむキッカケを自ら作れたり、壁画を観た人にも楽しんでもらえる、双方が喜べるプロジェクトでしたね。

写真:@yoshi_travel_

その土地の人に愛されるものを描けるって、ほんと素晴らしいこと!小さい子どもが絵を見て喜んだり、壁画に気づいて立ち止まって眺めたり、そんな瞬間が増えていくと最高ですよね。

h:一瞬でも人の気持ちを変えれたら、それはすごいことだなって思います。

カドカワ株式会社さんの壁画には、どんなイメージを持って描いたんですか?

h:いろいろ調べるうちに縄文時代の大阪は大部分が海で、上町台地から見下ろすカドカワ株式会社さんの場所は沿岸部であることが分かったんです。そうした歴史背景から、昔と今の土地の繋がりを象徴するものとして、当時はこの辺りを泳いでいたであろうザトウクジラを描いています。

s:カドカワ株式会社さんはこの地で100年以上の歴史を持つ和紙問屋さんで、こちらで扱っている千代紙という和紙に使われる七宝や青海波といった吉兆柄をサンプリングし、歴史ある会社との繋がりを表現しました。完成したのは5月末なんですが、クジラが戯れてる芍薬は、壁画の完成時期にちょうど開花を迎える花でもあるんです。

h:「CYC」のテーマである通り、その土地や会社の歴史を込めて描いた作品ですが、もう1つ大切にしていたことがあります。基本的に自分の会社に壁画が描かれる経験って、ほとんどの人がないはず。だからこそ、当事者意識というか、「私の壁画」と思ってもらいたかったんです。ラフスケッチの段階から何案も作って、僕らの想いと共に提案していましたね。

「私の壁画」と思ってもらえたら、そこには確実に愛着がありますもんね。改めて素敵なプロジェクトだと思うんですが、「CYC」の今後の展開も聞かせてください!

h:今後ですか…、もう一旦はね…。

s:「CYC」は当初の予想を大幅に超えて2年かけてやっと達成できたプロジェクトで、僕ら的にも大成功したから一旦は区切ろうかなと。例えば、また大きな壁が見つかってそこに描くことに意味があって、資金だけがない状況だったらもう一度チャレンジするかもしれませんが、今はまた次の目標を探ろうとしてる段階ですね。

h:目標を立てたがるタイプなんで(笑)

同じことをやり続けるよりも、新たな道を模索したいと。

s:その側面もありますね、やっぱり。

h:プロセスも含めて楽しいプロジェクトでしたが、その時々のタイミングも見極めて元気玉的にできればなと思ってますね。

「CYC」のプロジェクトを立ち上げたことで、僕らもたくさん学べた。そこもふまえて、次の目標を具体的にしていきたいなと。

壁画制作やライブペイントでは2人の息だったり、コンビネーションも大切になると思います。結成して15年目を迎え、改めてお互いの印象を聞かせてほしいんですが。

h:そうですねー、聞かれた時に僕がよく言うてるのは「simoはめちゃいいヤツ!」だと。人を不快にさせないし、誰に対してもコミュニケーションが長けてるんですよ。僕は得意じゃないから、そこは完全に任せてますね。

s:hitchは大黒柱!全てをまとめてくれるし、しっかりしてるんですよ。データ管理とかもきちんとしてるし。

なるほど、そこも2人の役割が明確。

s:僕はそんなに役割がないんですけどね(笑)

制作する際にはぶつかり合うことはないんですか?

h:どっちもケンカは避けるタイプなんでね。「お前らはケンカせーへんの?」と先輩からはよく聞かれたことがあったんですけど、「よっぽどケンカするんやな」と思ってましたから(笑)。自分の意見を押しつけることもないし、お互いが聞き合って「こんな感じかな?」と落とし所を作る的な。WHOLE9は、至って柔和な2人なんですよ。

そのピースフルさというか、人間性も作品の力強さやエネルギーとなって表れてる気がしますし、そこには2人の世界があるなと。ソロではどんな活動をしてるんですか?

s:ソロで壁画も描きますし、キャンバス作品も作ったり、WHOLE9とは別にKAOMANGAIというユニットでも活動してます。ソロではより抽象的な絵、WHOLE9はリアルな具象+抽象、KAOMANGAIではキャラクター+抽象と、それぞれ完成形は全然違う絵を描くチャネルを行ったり来たりして楽しんでます。

h:僕もソロで描いたり、Soulflexというクルーにも所属して活動したりしてますね。「CYC」のテーマとは矛盾するんですが、WHOLE9では街に馴染む壁画を描いてて、どちらかと言えば品行方正。でも、セクシーな絵も描くし、暗い絵も実は好きなんですよ。個人の目標としては、そんな絵も街に残していきたい。自分のいろんな絵を街に認めてもらえるように動いていけたらなと思ってます。

simoさんもhitchさんもソロ活動としての軸もあるからこそ、WHOLE9の活動にも生かされてることがたくさんありそうですね。では最後に、WHOLE9としてのこれからの目標を教えてください!

s:そうですね、明確な次の目標はまだ決まってないんです。とりあえず「CYC」の活動も一区切りがついた段階なので、ゆっくり考えたいと思ってるところです。

h:反省点もいくつかあり、全く同じことはしないと思うので、「CYC」を経てどうしていくかを模索しているのが現状です。日本では壁を探すだけでもすごく大変だったし、応援してくれる人は多いけど、壁画に対して無関心な人が多いのも事実。ペーパーワークの負荷や景観保持のための色制限など、壁画制作に関してはいろんな課題に直面したことで、僕ら自身にも学びの多い2年間でした。そのおかげで、「こうすればいい」「これは避けよう」という知識や経験も得たから、その上で次の目標を具体的にしていきたいなと思ってます。

「CYC」のプロジェクトをまとめたリーフレット。刷り上がり前のものを特別に見せてもらいました。

次なる目標や新たな動きを楽しみにしてます!今後の壁画制作やライブペイントの予定があれば教えてください!!

s:ライブペイントは少ないですが、夏から年内にかけては全国各地で壁画制作してますね。誰でも見に来れる環境で言うと、WHOLE9では10月に関西の某所で外壁を描いたり、ソロではアートフェアに出展したりもします。ぜひ生で壁画制作や作品を観ていただけたら!

h:年内までは毎月1〜2本の壁画制作をする予定です。普段はこんな柔和な2人ですけど、壁画制作の時はまた違った雰囲気なので、そこも一緒に楽しんでもらえればなと。これからもいろんな街に僕らの絵を残していきたいし、オープンな空間で見てもらえる機会をさらに増やしていきたいと思ってます!


<WHOLE9のお気に入りのお店>

ウルティマチェーナ(大阪市中央区心斎橋筋)
イタリアンなのに、中華も美味しいお店っす。

FAT DOG STAND(大阪市中央区谷町7)
オーナーの拓ちゃんが同じ歳で、ホットドッグの味もお店の雰囲気もめちゃいい感じ。

Profile

WHOLE9

2007年に結成。大阪を拠点に国内外で活動するアーティストユニット。ライブペイントと壁画制作を得意とし、経験とセンスを活かしてハイクオリティな作品を残し続けている。人物や動物など具象的モチーフを描くhitch(Instagram:@hitch_w9)と、自然からのインスピレーションを抽象的に描くsimo(Instagram:@simo_w9)により、2人で1枚の世界を描く。1人では創れない作品を通じて、絵のある暮らしを日常にもたらし、気の合う仲間と日々を彩っていくライフスタイルを提案する。

https://whole9.jp/

share

TWITTER
FACEBOOK
LINE