Interview & Writing
金輪際セメ子
Photo
小林 俊史

セレブの肖像画からは鼻血がツーっと流れ出し、アメコミヒーローの体形は無残にも崩れている……。時代を象徴する有名人や政治家のポートレートをモチーフに、ポップかつシニカルな作品を発表しているアーティスト・buggy(バギー)さん。コラージュとドローイングの技法を駆使したその作品は、アート業界だけでなくファッション誌などでも取り上げられ、アパレルブランドとのコラボも多数展開されています。海外のコレクターからの注目度も高く、国内外に多くのファンを持ちながらも、buggyさんの活動拠点は現在も大阪。今回はそのスタジオにお邪魔して、作品に込めた意図、海外での反応、地元・大阪のアートシーンのことなど、お話を伺ってきました。

絵を描きたくて会社を辞めて、デザイナーから転身。売り込みをして、もらえた初仕事が『STUDIO VOICE』。

buggyさんがイラストレーターになったきっかけをお聞きしようと思ったんですが、そもそも肩書はイラストレーターでいいんでしょうか?

今はあんまり、いわゆるイラストレーター的な仕事はしてないですね。でも自分でアーティストっていうのはこそばゆいんで、ペインターかなって。口で言うときはいつも、絵描きですって言いますね。

デザイナー、アーティスト、ペインター、お仕事によっていろいろな肩書で紹介されてますが……。

自分としては、絵描きがしっくりきますね。

では、buggyさんが絵描きになろうと思ったきっかけを教えてください。

もう単純に、小さいころから絵を描くのが好きで、その流れのまま。専門学校に行って、最初は会社に勤めてグラフィックデザイナーをやってたんですけど、でもやっぱり絵を描きたいなと思って辞めて。それで絵描きになったっていう感じです。

お勤めされてたのが意外です。

一年半ぐらいデザイン会社に勤めてました。20年ぐらい前ですね。市の広報とかポスターとかを作る、わりとお堅い仕事が多い会社で、そんなに面白くなかったんです。大阪にあんまりなかったんですよ、かっこいいもの作ってるデザイン会社が。辞めてからは、フリーで友達のイベントのフライヤー作ったりとかして、まあお金はないですけど、なんとなく楽しくはやってました。

デザイナーを辞めて、どうやって絵を描くことを仕事にしていったんですか?

ポートフォリオ作って、出版社に電話して、持ち込んで……ですね。今みたいに何でもネットでサクっといく時代じゃないから、雑誌の裏にある電話番号に電話して、アポイント取ってました。『STUDIO VOICE』が昔からすごい好きだったんですけど、ポートフォリオを持っていったらすぐ仕事がもらえて。それが絵描きとしての初仕事ですね。

初仕事が『STUDIO VOICE』!!

中の小さいカットでしたけどね。最初に仕事としてもらえたのはコラージュの作品でした。ドローイングと写真を混ぜるような作品はずっと作ってたんですけど、それがファッション系と相性よかったみたいで、雑誌の仕事は多くやらせてもらいました。コスメ紹介のページで、コラージュでコスメを可愛く見せるとか。

なりたいと思ってから仕事になるまで、すごく順調ですね。

いや、でもしっかり食べれるようになるには時間かかったし、絵が売れるまでにもだいぶかかりましたけどね。

仕事になったことで、作りたいものが作れない!みたいなジレンマはなかったですか?

最初からわりと僕の作品とか作風を見ての発注が多かったから、任せてもらえてたんですよ。コラムの挿絵を描いてたときも、コラムだけ渡されて、あとはどうぞどうぞって感じで。クライアントワークでも、女性誌か男性誌かで、ターゲットを意識するぐらいです。

すごい、ある意味ラッキーというか。仕事だからと無理することはあまりない?

そうですね、まあ多少はありますけど。でも仕事でも自分の作品でも、向き合い方やモチベーションにそこまでの差はないですね。

アラレちゃん、キャプテン翼が好きだった子供時代。描きたくなるのは「なんか変だな、面白いな」と感じる人。

buggyさんの作品はすごくポップな印象があるんですが、何か影響を受けたものはありますか?

いちばん古くで言えば、アニメとか漫画ですね。明確に覚えてるのはアラレちゃん。鳥山明の。小3のときにドラゴンボールが始まったから、アラレちゃんはたぶん、幼稚園ぐらいの時から見てました。 

たしかに、鳥山明の絵柄はめっちゃポップですね。真似して描いたりとかされてました?

描いてましたね。でも子供の頃は漫画家になりたかったんですよ。小学生の時は、キャプテン翼の丸パクリの漫画を描いてました。キャラクターをクラスメイトの名前に変えて、ストーリーは、ただサッカーして勝つだけっていう。

友達には喜ばれそうですね(笑)。コラージュやドローイングの作風は、昔からずっとですか?

そうですね、コラージュは雑誌のかっこいい写真とか集めてて、それをスクラップブック的に作ってた延長ですね。写真とドローイングを混ぜる作品も昔から。でも別にこれでやっていこう!って思ってたというより、好きでやってたことがそのまま今のスタイルになってる感じです。

「載ってる人がみんなふくよか」な昭和のエロ本は、コラージュ用に四天王寺の骨董市で購入。

現在発表されている作品の多くは、セレブのポートレートを題材にされていますが、モチーフはどうやって見つけるんですか?

自分の中では、現代を切り取るって気持ちなので、時代性のある人で、なるべくみんながわかる人。パロディにしたときに、元ネタがわからないと伝わらないじゃないですか。その点でトランプさんとかは、知らない人があんまりいないから。 

描きたいなと思うのは、どんな人ですか?

ニュース見てたり、ネット見てたりして、なんか面白いな、変だな……って思った人とか。基本は顔かな。元首相の安倍さんはすごく描きたくなる顔でした。でも菅さんはそうでもなかったんですよ。なにか地味というか、キャッチーさが足りなくて。

わかる気がします(笑)。岸田さんはどうですか?

これから次第かな。でも、描くのは描けそうな感じがします。 

顔と、本人のキャラクター性も大事なんですね。

そうですね。菅さんは顔もそうやし、キャラもちょっと薄かった。菅さんから鼻血を出させたりすると、なんか見てられない感じになりそうで。その点やっぱり安倍さんは触りやすいというか、いろいろあったので、絵の題材にできることが多かったですね。

作品に込めた意図の伝わり方と、「静かに観て後でインスタに上げる」日本、「買う金ないからキャップあげる!」海外の反応の違い。

いま鼻血のお話が出ましたが、鼻血シリーズはどうやって誕生したんですか?

最初は超有名セレブのみんなが知ってる有名な写真を描いて、それを鼻血だけじゃなく、腫れさせたり青タンを作ったりして、汚してたんですね。そうすることで、みんなが大好きなあの人の見え方を変えるってことをしてたんです。そこからだんだん要素をそぎ落としていって、最終鼻血だけになりました。コンセプトは変わらないんですけど、汚す量を減らして、もうちょっとブラッシュアップしていった感じです。

表現が洗練されて、鼻血だけでも伝わるようになった?

でも途中から僕の意図とは違って「鼻血かわいい!!」みたいな受け取り方をされ始めたんですよ。

もともとは人の見えない部分、淀んだ部分みたいなのを見せるという意図だったのに。

そう、だからこそ、みんなが知ってるポートレートを汚すことに意味があったんですけど。反ミーハーというか。でも結果鼻血だけにしたら、ミーハーな人からかわいい!って反応がきてしまって、なんか変な皮肉になったみたいな。

ほんとですね、事象自体が皮肉になってる。ご自身が意図しない解釈をされることもあるんですね。

それは結構あると思いますね。そうとるか!って。でも日本で展覧会しても、作品の意図とか聞かれることってあんまりないんですよ。アメリカとかでやると、めちゃめちゃ聞かれるんですけど。なぜこの作品を作ったんだ?みたいな。

日本は直接意図を聞かずに、作品を見て感じるとる、理解するみたいな感じですか?

理解……してもらえてるのかはわからないけど、静かに観て、写真を撮ってスーッと帰っていくっていう。で、あとでインスタに上げるみたいな。

自身の作品について「いろいろ考えてやってるけど、伝わってるのかな?って思うこともあります」

インスタに(笑)。海外と日本では全然違うんですね。

もう全然違いますね。一回LAでやった時に、若い20歳ぐらいのスケーターみたいな男の子が来てくれたんですよ。僕の絵ちょっと高いんですけど、その子が、すっげーかっこいい!けど買うお金はないからって、キャップくれました。かぶってた汚いキャップ、これあげるって(笑)

買えないけど、気持ちは伝えたい!っていう思いがキャップに(笑)

なんかすごい、いいなと思って。対等というか。

反応が素直ですね。いい!好き!キャップあげる!みたいな。日本ではないですか?

ないですね。しませんよね(笑)。日本は話しかけられることもあんまりないし。こっちから話しかけるとわりとしゃべってくれるんですけど。

そう言えば私も話しかけずに、そっと見てすっと帰りますね……。

日本で話しかけるてくる人は、自分でも作品を描いてる人が多いかな。アメリカで一度、すごい話しかけてくる人がいて、一生懸命答えてたんですよ。いっぱい喋って、美術関係の人やったんかなと思って後でまわりに聞いてみたら、学校の先生やって。美術関係者でもなんでもなくて、純粋にアートが好きな学校の先生でした(笑)

熱量がすごいですね(笑)。ちなみに大阪と東京では、お客さんの反応が違ったりしますか?

それはあんまり変わらないですね。買うか買わないか、かな。大阪と東京でやると、東京の方が売れますね。東京の方が人口も多いし、日本在住の外国人も多いから。

海外のコレクターさんも購入されるんですね。

コロナになってからはなかなか難しいですけどね。でも去年東京でやった展覧会は、韓国のコレクターさんが作品を直接見ずに買ってくれたってことがありました。もともとそのギャラリーについてたお客さんやったんで、そこが薦めるならっていうので。

コロナがお仕事や作品に影響した部分はありますか?

仕事自体はそんなに変わらなかったですね。お店の壁に描く壁画の仕事が多いんですけど、コロナになって新規オープンは少なかったかな。でもリニューアルは多かったので、結局はそんなに影響はなかったですね。
作品は、マスクしてるのとか、オリンピックがらみのとか、2020にしか描けないようなものはいくつかあります。あの、モナ・リザがマスクしてるやつとか。

コロナ禍ならではの作品ですね。

2020年は、作家はみんなやったんじゃないですかね、マスクがらみの作品は。あとは、アベノマスク。送られてきたやつを、樹脂で固めてます。なんか有効な使い方ないかなと思って。これも15年ぐらいしたら、ちょっと価値が出るんちゃうかなって。

マスクをしたモナ・リザは「今見るともう古い感じしますね」。右は樹脂で固めたアベノマスク。

さすが安倍さんは、いろんなものを提供してくれますね。やっぱり時代を切り取る、残したいという思いが働くんですか?

それはありますね。すごく意識してるわけではないですけど。普段自分が見聞きしているものから着想を得ているので。

今描いてみたいのは「北のあの人」。表現したいものが溜まってきたら、それを表に出す感じ。

最近の鼻血シリーズは顔が逆さまになったものもありますが、どんなきっかけがあって表現が変化していくんですか?

特に逆さまにすることに意味はないんですけど、もうちょっと、ただ顔を描くより、違和感のあるものにしたいなと思って、いろいろスケッチしてたんです。それで、思い切って逆さまにしてみたら、意外と逆さまっぽくなくて。なんかパッと見、ちょっと変……ぐらいの違和感だったんです。

言われて見れば、逆さまでもちゃんと顔として成立してますね。こういう表現をしてみたい、これを描いてみたいっていうのは、常にあるものですか?

そうですね、溜まっていく感じですね。溜まっていくものから、次はこれを形にしていこう、表に出して行こうみたいな。

ジョンとヨーコの有名な肖像も、逆さま&鼻血に。「ジョン・レノンは定期的に描きたくなりますね」

描きたいものがなくなったり……ってことはないんですか?

今のところはないですね。

今buggyさんが気になってる人はいますか?

誰かな……。描こうと思ってるのは、北朝鮮のあの人。もういくつか描いてるんですけど。NORTH FACEのステンシルを組み合わせた作品とか。そんな感じのシリーズをいくつか描いてみようかなと。怒られるかもしれないけど。

シルクスクリーンの上にスプレーで文字をのせて制作。ステンシルのシートは手作業でカット。

鼻血、似合いそうですね。でもセレブや政治家に鼻血を出させるのって、ドキドキしませんか?

SNS的なやつでわーっと言われたりはありますけど、面と向かってはないですね。意外と直接は言われないです。

みんなが知ってる有名なあの人の違う面を見せるというスタイルは、ご自身がそういう面を見たいと思っておられるから、ですか?

それもあるし、そういう面もあるんちゃうかな、こんなふうに思ってそうやなっていうのもありますね。それを絵にしたら面白いなっていう。違う一面に光を当てるというか、知らない表情を引き出すみたいなのは、昔からずっと。

メタボな中年太りが著しいアメコミヒーローは、その名も「ファットマンです」。

これから挑戦してみたい作品ってありますか?

立体造形物はやってみたいなと思ってます。ポートレートを描いてる延長で、人の顔を立体化してみたいなって。

作品を発表する場が圧倒的に少ない大阪は、「活動の拠点というより、過ごしやすくて好きな街」。

buggyさんは過去にFM802のオーディションに参加されたり、南堀江のdigmeout で展示されたりしてますが、その頃(2002年)は大阪のアートシーンは元気があった頃かなと思うんです。ずっと大阪を拠点にされているbuggyさんから見て、いま大阪のアートシーンはどんな感じでしょうか?

とにかく、発表する場が少なすぎるんですよね。ギャラリーとかないでしょう。大阪に遊びに来た人に、今日一日ギャラリー回りたいからいいとこ教えてって言われても、難しいんですよ。こことあそこやったらいつ行っても面白い展示やってるでって言えない。東京だと、原宿だけで一日中で回りきれないぐらい、小さくていいギャラリーがあるんですけど。

そういえば、どこって言われても思いつかないですね。

発表する場所もないし、発表してる人もないから、アートシーンが盛り上がってるかどうかもわからない。カフェの壁面を使ったカフェギャラリーとかはありますけど、そういうところは結局友達が来て終わり、みたいなことになりかねない。ギャラリーにお客さんがついてないと絵も売れないし、自分でプロモーションして自分でお客さんを呼ばないといけない。そりゃみんな、東京でやるよなって。

大阪と東京で、そんなに違うんですね……。

僕も大阪でちゃんとした個展って、もう5年ぐらいやってないですね。最後は、堀江のたちばな通りにある友達の服屋の2階。

今も「絵を描いてる時がいちばん楽しい」と言うbuggyさん。3つぐらいの作品を同時進行で制作することもあるそう。

この状況は、ここ20年で元気がなくなってきたんでしょうか?

いや、昔からあんまり変わってないと思います。

でもその中で、buggyさんが大阪を拠点に活動を続けてこられたのはどんな理由があってですか?

制作の拠点は大阪ですけど、活動の拠点が大阪とはあんまり思ってないですね。ちゃんとした展示をやろうと思うと、どうしても東京ってなってしまう。大阪にもそういう場所があればやるんですけどね。東京から大阪に巡回展しようと思っても、同じ感じのところがないんです。

大阪のアートシーンはだいぶ弱ってる感じですか?

いい作家はいっぱいいるんですけどね。ちょっと名のある人が展示したら、大阪のギャラリーもハクがつくんでしょうけど。

ちなみに、東京に行こうと思ったことはなかったですか?

若い時は一瞬迷いましたけど、でも大阪が好きなんで。アートシーンとかそういうのは置いといて、過ごしやすい。東京で一位を目指すより、大阪で一位を目指したほうが早そうやなって思って。

大阪で好きな場所とか、よく行く場所ってありますか?

もう今はどこも行かないですね。コロナもあるし、子供もいるし。家とスタジオ、南堀江と北堀江の往復だけ。昔は味園とかよく飲みに行きましたけど、もう行きつけにしてたところもみんな変わってしまって。今は自転車で、なにわ筋を行ったり来たりする毎日ですね。

Profile

buggy

大阪府出身。2002年より活動を開始。『VOGUE JAPAN』『Numero TOKYO』など女性ファッション誌のアートワーク、CDジャケットやTシャツのデザイン、グローバルブランドとのコラボレーション、ライブペインティングなど幅広いシーンで活躍している。誰もが知っているセレブリティや政治家、キャラクター、企業の「違う一面」を描き出す、ポップでありながら批評性のある作品を発表。その独特な表現は国内外で高い人気と注目を集めている。作品はbuggy lab project Official shopにて購入可能。

https://blp.base.shop/

share

TWITTER
FACEBOOK
LINE