Writing
前出 明弘
Photo
Kazuki Watanabe
ハヤシマコ
Hoshina Ogawa
©ハヤシマコ

音楽をこよなく愛する人たちが集まる関西の名物フェス、『たとえばボクが踊ったら、』が3年ぶりに開催されました!当日は最高の天気で、まさにフェス日和。服部緑地の開放的でキモチ良い空間の中、「こんなブッキングはここにしかない!」と言える至極のメンツがGOODな音を奏で、みんなが楽しく自由に踊る。そんな『たとえばボクが踊ったら、』のライブレポートをお届け!アツく盛り上がり、グルーヴしまくりの1日をたっぷりの写真とともにお楽しみください。今回行けなかった人は、次回ぜひ現地で!こんなにも音楽愛にあふれるフェスは他にないんじゃないかって思えるくらい、濃密な1日を心地よく過ごせますから!!

最高のフェス日和がego apartmentで幕を開け、Kan Sanoで踊って揺れて、オーディエンスはKroiワールドに引き込まれてく!

©Kazuki Watanabe
 

2会場展開となる今回の『たとえばボクが踊ったら、』のWELCOME ACTを務めたのは、変幻自在の2ボーカルスタイルで各所で話題の3人組ユニット、ego apartment。日本語と英語をミックスした独特の歌詞、非凡な音楽センスの塊とも言えるDynaのトラック、そして2ボーカルならではのシナジーを巻き起こす歌声に、のっけからオーディエンスは高まりっぱなし。

©Kazuki Watanabe

しかも『NEXT 2 U』や『mayonnaise』、『the wire』、『1998』といったGOODなセトリに加え、1時間というロングステージにエゴアパファンは大興奮状態。アルバム全曲プラスαで15曲も演奏するというego apartmentのオープニングによって、『たとえばボクが踊ったら、』は最高のスタートを切りました。

©ハヤシマコ

そして、場所を移して服部緑地野外音楽堂では、Kan Sanoがバンドセットで登場。ビートミュージックシーンを牽引する彼ならではのスタイルを魅せつつ、トランペットやベース、ドラムとシンクロした音に会場はどんどんグルーヴしていきます。

©️ハヤシマコ

最新アルバム『Tokyo State Of Mind』からは『逃避行レコード』も披露!Kan Sanoとバンドセットが生み出す心地よくてココロを踊らせる楽曲の数々は、まさに音楽の魅力が凝縮。そう誰もが感じるステージに、オーディエンスたちも自然と踊り始めていくのでした。

©️Kazuki Watanabe

続いて服部緑地スポーツ広場A特設ステージに登場したのは、全国各地のフェスやイベントに引っ張りだこのKroi。ロックやソウル、ファンク、ヒップホップ、ジャズ、フュージョンなど、多種多様なジャンルを昇華させた、まさに独自の音楽性を持つ今大注目の5人組です。

©️Kazuki Watanabe

『Balmy Life』から始まり、『Juden』や『熱海』、『Drippin’ Desert』など、圧巻の11曲で構成されたセトリは、Kroiワールド全開!そして、ステージで魅せる彼らそれぞれのパフォーマンスが果てしなくカッコよくて、オーディエンスはあっという間に熱狂の渦へと包まれていきました。

いい音を聴いて踊って、飲んで食べて楽しむ。そして、撮る。持ち帰る思い出が、たっぷりなんです!

©Hoshina Ogawa

この日集まったオーディエンスは2会場を行き来しながらライブを楽しみ、グルメもしっかり味わいながらみんなが『たとえばボクが踊ったら、』を大満喫!MCを務めるFM802のDJ加藤さんのトークも、どんどんテンションが高まっていきます。

©️ハヤシマコ
 
 ©️Hoshina Ogawa

服部緑地スポーツ広場A特設ステージにはアーティストたちのイラストが描かれたフォトブースも設置され、記念写真を撮る姿がたくさん見られました。描いたのはイラストレーターのRUGOSN。当日はRUGOSNによる似顔絵コーナーも用意され、大忙しだった模様です。SPECIAL OTHERSのメンバーも、エントランス前でパチリしてました!!

©️Hoshina Ogawa

グッズコーナーや人気店揃いのフードブースも大盛況!この日だけのグッズはやっぱりマストバイだし、いい音を聴きながら飲んで食べて楽しむって、最高でしかないですよね。

RHYMESTERとSOIL & “PIMP” SESSIONSが極上のセッションを披露!そして、10年ぶりに復活したDOPING PANDAのライブパフォーマンスは、やっぱり圧巻なのです。

©ハヤシマコ
 

ところ変わって服部緑地野外音楽ではRHYMESTERのステージが始まるわけですが、ステージ前にはライムを浴びたいファンがギッシリと集結。会場のボルテージはさらに一段階上がっていきます。

©️ハヤシマコ

「俺たちとソイルをセットにするフェスは、ここしかない(笑)」と宇多丸さんが言うように、『たとえばボクが踊ったら、』ならではのブッキングが組まれていたので、まずは激アツな3曲を披露。『ONCE AGAIN』から『Back & Forth』、『B-BOYイズム』というギア全開の流れは、まさにキング・オブ・ステージそのものでした!

©️ハヤシマコ

そして、RHYMESTERとバトンタッチする形で登場したのがSOIL & “PIMP” SESSIONS。『Todoroki』で会場のボルテージをさらに着火させ、そこから『Meiji-Jingumae ‘Harajuku’』、『Riverflow』、『SUMMER GODDESS』というグルーヴィーすぎるセトリで、オーディエンスも高まりまくっていきます。

©️ハヤシマコ

そこから社長の呼び込みと会場中の大きなクラップに迎えられて、RHYMESTERが再登場!日差しもアツいけど、それ以上にアツいセッションが繰り広げられていきます。

©️ハヤシマコ

『爆発的×Funky Pongi』や『フラッシュバック、夏。』に加えて、ドラマ「初恋の悪魔」の最終章テーマ曲である『初恋の悪魔-Dance with the Devil-』の完成形態をこの日に初披露するという展開に。ソイルのカッコよすぎなトラックとRHYMESTERが放つ怒涛のライムに、誰もが釘付け状態。ラストにはセッションの醍醐味を詰め込んだ『ジャズィ・カンヴァセイション』をブチ上げてくれたので、このステージを観れたオーディエンスはマジでスペシャルな体験を持ち帰れたと思います。

©️Kazuki Watanabe

そんな極上セッションの次は、10年ぶりに活動を再開したDOPING PANDA!服部緑地スポーツ広場A特設ステージにはライブを待ち望んでいたオーディエンスが集結し、新たなフェーズに進んだドーパンの奏でる魅惑のサウンドに、どんどん心酔&熱狂していきます。

©️Kazuki Watanabe

Furukawaさんに「いろんな夏フェスに出たけど、今日が一番暑い」と言わしめた炎天下さえもキモチ良くよく感じさせてくれるパフォーマンス、畳み掛けるセトリが最高。そして、ロック×ダンスミュージックと評されるメロディックでハイテンションなステージを観て、『たとえばボクが踊ったら、』に来てよかったと、みんなが思ったんじゃないでしょうか!

キモチ良すぎなグルーヴを巻き起こしたSPECIAL OTHERSからの、最高にシブすぎるThe Birthday。全てがメインアクトな『たとえばボクが踊ったら、』は、次回も楽しみでしかない!!

©Kazuki Watanabe
 

いい音、いいグルーヴに包まれた今日も、残すところあと2組。服部緑地野外音楽堂のラストを飾ったのは、『たとえばボクが踊ったら、』に第1回目から出演しているSPECIAL OTHERS。

©️ハヤシマコ

ライブが始まると同時に心地よいグルーヴがさらに広がり、青空の下で揺れたり踊ったりしながらお酒を楽しむ、まさにスペアザの醍醐味と言えるキモチ良い空間ができあがっていきます。

©️ハヤシマコ

そんな空間で「音楽って素晴らしい!」とオーディエンスの誰もが改めて実感したところに、『Laurentech』を入れてくるセトリが粋!暑さとか、朝から踊った疲れとか、全部吹っ飛んで、スペアザの音に身を委ねられたと思います。そして、会場内のグルーヴが最高潮のまま、ライブを終えていくのでした。

©️Kazuki Watanabe

大トリを務めるThe Birthdayがステージに登場する頃には、今日の終わりを名残り惜しむようなエモい夕暮れ模様に。しかも、ファンにはたまらないレアな展開でのスタートになり、会場は期待感と一体感が一段と増していきます。

©️Kazuki Watanabe

そこから『12月2日』、『月光』、『ある朝』、『Red Eye』という流れで曲を重ねていくんですが、もうとにかくシブい!チバさんの歌声、バンドとしてのメロウでドープでエモーショナルなサウンドに、オーディエンスみんなが痺れっぱなしでした。

©️Kazuki Watanabe

日が沈んだ頃に演奏した『OH BABY!』なんて、マジで泣けてきます。そして、チバさんが「やろうかね、もう1曲だけ」と、アンコールに披露した最後の曲が『1977』!夏の思い出をくっきりと刻み込むステージに、今年の『たとえばボクが踊ったら、』は最高のフィナーレを迎えるのでした。

©️Kazuki Watanabe
 
©️Hoshina Ogawa

ステージ終了後には、『たとえばボクが踊ったら、』の仕掛け人である夢番地の大野さんも登場。最高の1日を振り返るとともに、今回も会場内や会場間の道中にゴミがひとつも落ちてないフェスにしてくれた意識の高い素晴らしいお客さんたちへ、感謝の想いを伝えていました。それを聞いて、やっぱりアツい音楽愛を持ったオーディエンスが集まるイベントなんだなと実感!全国の“ボク踊”ファンの皆さん、次回の『たとえばボクが踊ったら、』に向けて、それぞれの音楽愛をさらに深めていきましょう!!

©️Hoshina Ogawa

<INFORMATION>

たとえばボクが踊ったら、

9月11日のライブの模様は『たとえばボクが踊ったら、』のSNSなどにもアップされているからそちらもCHECK!次回の情報はもちろん、スピンアウト企画などの情報も発信されているから、ぜひフォローを!!

公式サイト:https://www.t-b-o.jp/
Instagram:@tbo_0fficial
Twitter:@odd_talla

share

TWITTER
FACEBOOK
LINE