Interview & Writing
前出 明弘
Photo
小林 俊史

コロナ禍でイベントやフェス、ライブが開催中止に追い込まれたり、運営サイドの努力とタイミングが重なって幸運にも開催できたり。音楽を愛する人たちにとって一喜一憂を繰り返してきたこの2年間は、仕方のないことだと分かっていても胸の中にはもどかしさが募ってたと思います。でも、いろんなルールを守った上で開催できるようになってきたし、「今年こそは!」と意気込んでる人も多いんじゃないでしょうか。アメ村のミュージックバー『CATS』の吉田サキさんも、そんな想いを持った当事者の一人。18歳の頃からクラブカルチャーにどっぷり浸かり、現在はさまざまなアーティストとの繋がりを生かしながら周囲も驚くアツいイベントをどんどん発信してます。観る側はもちろん、演じる側も最高に楽しめるイベントを企画してる吉田サキさんって、一体どんな人なんだろう?ってことで、クラブカルチャーとの出会いから『CATS』のこと、これからのことなどをいろいろインタビュー!好きなことに全力って、やっぱ最強ですね。

その日にやってるイベントを全部回ってるんじゃないかと思えるくらい、毎日クラブをハシゴしてた。

アメ村は大阪のいろんなカルチャーが生まれてきた街だと思います。中でもサキさんはクラブカルチャーに身を置いてるわけですが、昔からよくアメ村で遊んでたんですか?

地元がわりと近くだったんで、小学生の頃からアメ村には来てましたね。天王寺で遊んでた時期もあったし、進学した中学の最寄りだった布施の方でも遊んでたけど、やっぱりアメ村が遊びの原点だったかも。買い物したり、みんなでブラブラしたりしてましたね。

大阪の都会っ子あるあるですね。ってことは、クラブにもよく通ってました?

高校を卒業してアメ村のルナークラブ(現在は閉店)でバイトしてたんです。だから、クラブに行くというかバイト先だったんでね。ただ、バイト終わりに界隈のクラブには行き倒してましたし、高校時代からライブにもめっちゃ行ってました。

完全に生活の一部になってたと。じゃ、高校を卒業してからはクラブで働く毎日?

いえ、大阪芸大の短大に行ってました。

芸大やったんですね!何を専攻してたんですか?

映像学科です。昔から勉強するのが好きじゃなかったから、高校時代はテストがない科目ばっかり選択してたんですよ。それでふと気づいたら、進学できる大学が限られちゃってて(笑)。先生に「大学はどうする?何が好きなん?」と聞かれて、映画や絵を描くことは大好きだったのでそんな話をしてるうちに「じゃ、芸大に行き!」って感じで。

必然的にやりたいことだけが絞られていった感じですね。でも、当時はクラブも朝まで営業してるところが多かったから、学校に行くのは大変だったのでは?しかも芸大はちょっと遠いし。

マジで毎日クラブをハシゴしてましたね。その日にやってるイベントを全部回ってるんじゃないかと思えるくらい。友だちと集合するけど各自行きたいものがあるから一旦解散して、最後にまた集まる感じ。そりゃ1限目の授業なんか行けるわけないですよね…。単位が足らなくて「留年かも!」っていう瀬戸際をいつも生きてました。なんとかギリギリで卒業はできたんですが、卒業制作が完成したのも卒業式の前日でしたから。

ホントのギリギリですね。ってことは就職は?

してないですね。就活する暇もなかったというか、まぁ自業自得ですけど。そのまま卒業後もクラブでバイトを続けて、昼間の仕事も掛け持ちするような日々でした。

昼間の仕事とは?

映像会社で委託のカメラマンをしてたんです。短大時代に一通りは勉強してたんで、結婚式や幼稚園の行事などを撮影して、編集までやってましたね。

夜と昼で全然違う顔!でも、昼をメインにせずにクラブで働き続けてたのには理由があると思うんですが。

やっぱり音楽が大好きだからかな。パパはレゲエ、ママはユーミンが好きで昔から何かしら音楽はかかってるような家だったし、友達のお兄ちゃんがバンド好きだったし。気づいたら音楽にハマって感じです。

何系の音楽が好きだったんですか?

バンプ・オブ・チキンとかハイスタはめちゃくちゃ好きでした。自分のお金で初めて行ったライブがバンプで、高校1年からコロナで開催中止になるまでサマソニには毎回行ってましたね。夏休みとかには、全国各地のフェスに行くのが生きがいって言えるくらい。

なるほど!やっぱりサキさんは自分の好きなものがいつもそばにあるというか、好きなものの中にいるのかも。昔も今も、それは変わらないのかもしれませんね。

そうかもですね。昔から自分が興味のないものには一切振り向かないけど、その反面、興味のあることにはとことん突き進む性格。好きなこと、楽しいことのためだったら頑張れちゃう。正直、それでしか生きてきてないかもですね。

めちゃくちゃ素敵だと思いますよ。好きなこと、楽しいことのためなら頑張れるパワーって、一番エネルギッシュだし。しかも、今はそれが仕事にもなってますからね。ちょっとクラブのことに話を戻しますが、『ルナークラブ』で働いてから『CIRCUS Osaka』に移ったんですか?

ちょっとややこしいんですけど、『ルナークラブ』でバイトしてる時に、『パッション』で店長してた知り合いから「ちょっと手伝って」と言われたんです。でも、バイトを始めたら一度閉店して、新しいクラブに変わるって聞かされて…。「マジで?」って感じでしたが、それが『CIRCUS Osaka』だったんです。

じゃ、オーナーやクラブは変わっても、そのままスライドできたんですね。

偶然ですけどね。『CIRCUS Osaka』を新たに始めるオーナーのTOYOさんが内見に来た時に、「あの子は残してほしい」と言ってくれたみたいで。TOYOさんは『トライアングル』出身だったんですが、新しい空気感を作るためにもちょうど人を探してたそうなんです。私も暇だったし、バーカウンター担当してたから現場の段取りもすぐできるってこともあり、お互いの思惑がマッチしたんでしょうね。そのまま『CIRCUS Osaka』で働かせてもらうことになったんです。

初めてイベントを企画した時、スタッフの反応は微妙。でも、私の心の中は「知らんやろ?お客さんめっちゃ入るからな!見とけよ!」って。

『CIRCUS Osaka』の誕生から今年で10年!このクラブのいろんな変遷をサキさんは間近で見てきたことにもなりますよね。

もう10年ですよね。スゴイですよね、私は何もしてないけど…(笑)

いやいや、そんなことないでしょ。この場所が好きだからこそだと思うんですが、『CIRCUS Osaka』の魅力って何だと思います?

ブレてないし、やっぱりカッコイイ!正直、カッコイイとしか思ってないんですよ。

中にいても、10年間変わらずカッコイイと思えるって素敵ですよ。やっぱり自分たちがカッコイイと思うものを発信してるからなんでしょうね。だからイベントもそうだし、次から次へとやりたいことも出てくるのかなと。イベントもいろいろ企画してるそうですが、最初に担当したイベントはどんな感じだったんですか?

『CIRCUS Osaka』に入って2年目くらいの頃だったかな。どうしてもHIP HOPのイベントがしたくて企画したんです。DJはもちろん、ダンスショーケースも入れたりして。

周囲はすんなりと受け入れてくれたんですか?

反対とまでは言わなかったけど、「えっ、CIRCUSでHIP HOP?」みたいな反応でしたね。元々ドラムンベースやテクノがメインのクラブだったんで、「ダンスショーケースとか必要?」「そもそもお客さん入るん?」って感じで。だから、「絶対にお客さん入りますから!」って啖呵きりました。言葉には出さなかったけど、「知らんやろ?めっちゃ入るからな!見とけよ!」と心の中で思ってましたからね。

それだけの自信はあったと?

私自身はメロコアとかエレクトロが好きだったんですけど、夜な夜なアメ村界隈のクラブで行われてるイベントをハシゴしてたから、その時にHIP HOPとも出会ったんです。今まで全然聴いてなかったんですが、HIP HOPの人たちはいつも優しくてね。人間性を知れば知るほど、曲の良さにも気づけて、「HIP HOPって、めちゃくちゃカッコイイ!」なと。これはCIRCUSでもやるべきだと思ったんです。

人の内面の部分から魅力を感じると、想いもより強くなりますよね。とは言え、ブッキングとかも大変だったんじゃないですか?

そこはアメ村で遊んできた経験が力になりましたね。知り合いやその繋がりのある方たちに出てもらったので、夜な夜な遊んできた時間は無駄じゃなかったなと。そりゃ毎晩いろんなイベントに顔出してると、自然と知り合いも増えますからね(笑)

趣味と実益を兼ねるってわけじゃないですけど、好きなことに没頭してきた結果ですよね。それに人としての部分も好きになって繋がってるから、フランクな関係だけど強固な感じもする。ちなみに最初のイベントの成果はどうだったんですか?

お客さんもたくさん来てくれて、赤字なることは回避できましたね!それをきっかけに「HIP HOP CIRCUS」というイベントも定期的に開催するようになり、今では大御所から若手までいろんなアーティストさんのライブまでするようになりましたから。

してやったりですね、それは!サキさんは『CIRCUS Osaka』でもイベントを仕掛けつつ、現在は姉妹店の『CATS』を任されてますが、どんな経緯だったんですか?

『CATS』は誕生してちょうど5周年を迎えました!元々『CIRCUS Osaka』の上の階には美容室が入ってたんですが、イベントの振動とかが伝わりやすかったようで…。テナントが入っては出てしまう状況が続き、上の階も借りた方がいいかもねってことで最初はただの物置部屋にしてたんです。でも、やっぱりもったいないじゃないですか?だからTOYOさんに「物置だけにしてるのもったいないー!!私、バーやりたいー!!」って伝えました。

そんなノリで?

はい、そんなノリで(笑)じゃTOYOさんは「やりたないなら、やる…?」って言ってくれて、トントン拍子ですぐオープンしたんです。

TOYOさん、めっちゃええ人(笑)。そもそも、何でバーだったんですか?『CIRCUS Osaka』ではバーカウンターも担当してたのに。

私、すぐ外に遊びに行っちゃうんですよ(笑)。イベント中でもある程度落ち着いたらバイトの子にバーカウンターを任せて、「今週はあのイベントやってるからちょっと見に行こうかな」って。で、全然帰ってこない(笑)

華麗なる職場放棄!でも、それ故にいろんな繋がりも生まれる(笑)

さぼり癖ってわけじゃないんですけど……CIRCUSにいると任せられる子もいるから、ついつい外に出ちゃうんですよね。だから、もっと責任感を持つことも必要だなと思って。

それでスタートしたのが『CATS』だったと。

そうですね。名前は、TOYOさんが『CATS』にするって決めました。「え、何で?」って思いましたけど(笑)。多分、単数形じゃなくて複数形にしたのも、夜な夜ないろんな人たちが集まってきたらいいかなーみたいな。ホント、そんな感じだと思います。

ノリで言ったことがすぐ実現して、急展開で店を任せられる立場になったわけですけど、戸惑いとかはなかったんですか?

戸惑いよりも、どんな場所にしていくかはすごく考えましたね。店としてはバーですが、毎週イベント組むべきか、ドリンクはどうするかとか。TOYOさんと話し合いしながら、5年走り続けてきてようやくカタチになってきたかなって思います。途中の2年間はコロナもありましたし。

バーカウンターに立つのと、店を運営するとでは全然違いますもんね。

お酒1杯の価格設定もアメ村ってシビアですからね。若い子が多いからそもそも500円のお酒じゃないと飲まなかったりもするし、600円のものとかは普通に値切ってきますもん。「500円にしてや!」って。そりゃワンコインの方が飲みやすいし、払いやすいのも分かるけど…「しゃーないやん!」って感じですよ。まぁ当初は500円の時期もありましたけど、さすがに原価も上がってるので最近ちょっとだけ値上げさせてもらいましたね。

『CATS』がサキさんにとって楽しい場所だからこそ、商売としても成立させないとダメですからね。

TOYOさんは好きにやっていいと言ってくれてるけど、そこはね。まぁ、逆に好きにできてなかったらめっちゃ文句言ってるかもしれませんが(笑)。『CATS』を任せてもらってる責任感はあるので、集客や売上は以前よりもリアルに考えるようになったと思います。もちろん思いっきり楽しむことは、大前提ですけどね。

自分がカッコイイと思う人しか呼びたくない。そこは絶対的に守ってること。

『CIRCUS Osaka』はもちろん、『CATS』でもいろんなイベントをされてますが、サキさんが企画する時に一番こだわることって何ですか?

自分がイイと思う人、カッコイイと思う人しか呼びたくない。イベントを提案されても、自分が納得できないものはしない。そこは絶対的に守ってるし、ブレてない理由なのかもしれませんね。

簡単そうで、それを貫き通すのはめちゃくちゃ難しい。

そんな考えって、ホントはダメかもしれないんですけどね。自分の感覚をブラしてまでやりたくはないなと。でも、私自身の好きなものの振り幅はめっちゃ広いので、モーニング娘。とかつんくプロデュースオンリー、TK(小室哲哉)オンリーのイベントもやってますよ。さすがに夜だと店の雰囲気と合わないから、昼からバー営業までの時間限定ですけど(笑)

スゴイ振り幅ですよね。それはそれで、めっちゃおもしろそう!

モーニング娘。もTKも大好きだし、DJしてる人たちのことも心からカッコイイと思ってますから!自分の好きなものとしての軸はあるけど、偏りすぎてないからそれぞれを生かし合えてるのかなって。だいぶ異質で楽しい空間に仕上がってますよ!

好きなものには徹底的にこだわる。そんなサキさんの熱量やブレないことを、アーティストの方やDJの方も絶対に感じてるでしょうね。

そうだとうれしいですね。ブッキングの際には自分の感覚も大切にしてますが、出演していただく方々の気持ちもめっちゃ考えます。例えば、誰と出演すると楽しいか、誰と出演したいと思ってるかなど、これまでの関係性で生まれた会話を思い出したりしながら声をかけるようにしてるんです。それプラス、CIRCUSっぽい雰囲気もMIXできれば最高かなと。

いろんな繋がりを築いてきたサキさんだからできることだし、演じる側も絶対に楽しめる!やっぱり演じる側が楽しんでるステージって、お客さんにも伝わるし、最高のグルーヴ感が生まれますもんね。でも、こんなご時世だし、イベントを企画する側としては、コロナ禍によって開催を断念せざるを得ないこともあったと思います。そんな時の心境も聞かせてもらえれば。

ちょうど『CATS』が3周年の時に、東京の『STUDIO COAST』でイベントを企画してたんです。こんな大きなハコでできる機会なんて滅多にないし、簡単に押さえられるハコでもない。私もかなり力を入れてて、第一弾の出演アーティストまでは発表してたんですが、やっぱりできなくなってしまって…。イベントを組んでは途中で断念するってことが何度も続くと、もうハンパない挫折感を味わいましたね。

「できそう!」「いや、やっぱできない…」が繰り返される状況でしたしね。イベントを楽しみにしてるお客さんよりも、主催者さん側の心労やツラさは想像を超えるものだったと思います。

世の中的に仕方のないことだし、アーティストのみんなも理解してくれてますけど、わざわざ予定を合わしてくれてるから申し訳なさでいっぱいで…。「さすがにイベントを組む気力もなくなるわー」って感じでした。最近はようやく緩和され、感染対策や人数制限を守れば実現できるようになってるのでホッとしてますが、あんなにもツライ経験はもう二度とゴメンですね。今回5周年のイベントも無事に開催できて、ホント良かったです!!

音楽とは一生の付き合いだと思ってる。若い子とかに「あの人誰なん?」って言われながらも、フロアの最前列でずっと手を振っていたいかな。

これまでいろんなイベントを企画されてきましたが、サキさんが特に印象に残ってるものってありますか?選べないかもしれませんけど…。

ホントいろいろやってきましたからね。ただ、私自身イベントを組む度に思ってるのは、「絶対に前回のイベントよりも最高にする!」ってこと。お客さんにたくさん入ってもらうことはもちろんだけど、楽しんでる顔を見るとやっぱりうれしいんですよね。「そやろ!めっちゃいいやろ?」「このラッパーもこの曲も、このDJもカッコイイやろ?」みたいな。毎回ね、「どや!?」って気持ちでフロアを見てますね(笑)

1つ1つのイベントに熱量と想いを込めて企画してるからこそ、お客さんが楽しんでる姿を見た時の気持ちは分かるような気がします!

それがこの仕事の醍醐味でもありますからね。だから、自分としては毎回が最高のイベントにしてるつもりだから選ぶのは難しいけど、ちょっと趣向を凝らしたものだと<RIZE>のKenKenさんの時と、<変態紳士クラブ>の時ですかね。

それ気になります。どんなイベントだったんですか?

KenKenさんの時は、お客さん100人限定のイベントでした。でもね、そもそも『CATS』に100人も入れるのか謎の状態で…。フロアのテーブルやイスを全部どけて、お客さんを入れ替えしながらなんとかやり遂げましたね。<変態紳士クラブ>のみんなにはゲストDJをしてもらいつつ、ゲストバーテンダーとしてお客さんにお酒も振る舞ってもらいました。私自身も「めっちゃ楽しいー!ありがとー!!」って叫んでたかな(笑)

どっちもスゴイ盛り上がったでしょうね!<変態紳士クラブ>さんは大阪で結成されてるし、昔から知ってたんですか?

TAKA(WILYWNKA)が、上の階の『一二三屋』で働いてたのでその頃から。仕事終わりに飲みに来たり、仕事終わってCIRCUSでライブして、また飲みに来たり。なんか、「このビルだけでお金動いてるやん!」みたいな時期もけっこうあって、楽しかったですね。

この中西ビルは、入ってるテナントのラインナップもそうだし、楽しさが相当濃いですね。先ほど、お客さんの楽しんでる姿を見るとうれしいと言ってましたが、サキさん自身の楽しい瞬間ってどんな時ですか?

やっぱりライブの時とかの一体感かな。みんなで「イェーイ!」ってなってる時はたまらなく楽しい。基本、イベント中はフロアに出るタイプなんでね。それまではめちゃくちゃ頑張るから、当日だけはお願いだから遊ばせてくださいと…(笑)

イベントを企画してる人が一番楽しんじゃうんですね(笑)。最高だと思います、それ!

CIRCUSも含めて、スタッフみんなおかげだと思ってます。いつも感謝しかないですね。そうじゃないと、私は遊ばれへんし。

ってことは、後輩も順調に育ってきてるんですね!

どーなんでしょうね。『CATS』では基本的には1人だし、超忙しい時はサポートしてくれる子もいますけど、すぐに外に出て全然帰ってこないから…。ぶっ飛んでる子なんですよねー。

いやいや、それ昔のサキさんと同じですよ(笑)。ある意味、順調に育ってるってことじゃないですか?

あ!でも、変なところだけ育ってしまってる……(笑)

いつか実を結ぶはずですよ!!第二、第三のサキさんが生まれてくる感じで。そうなると、さらに『CATS』も『CIRCUS Osaka』もおもしろくなりそうですね。まぁ、育てるって言うとおこがましいかもしれませんが、スタッフだけじゃなく、クラブとしては若手のアーティストさんをフックアップする役目もあると思います。最近の推しの方がいれば、教えてもらえますか?

<YAMATO HAZE>ですね。沖縄出身のレゲエDeejayで抜群にカッコイイ!ちょうど沖縄に行ってた時、みんなで“ゆるい曲を流そう選手権”をしてて、唾奇に「サキちゃん好きだと思うよ」って教えてもらったんです。聞いた瞬間、めっちゃいいなと。しかも海を見ながらだったから、「コレ!コレー!!」って感じでしたね。『CATS』の5周年イベントにも出てくれたんで、ぜひぜひチェックしてもらえれば!

<YAMATO HAZE>早速聴いておきます!沖縄はよく行ってますよね?

半年に1回くらいですかね。出張CATSという名目でイベントしつつ、みんなで遊んでます(笑)

めっちゃ理想的じゃないですか!

やっぱ最高なんですよねー。これからは沖縄だけじゃなくて、いろんな場所でもしたいなって思ってます。北海道とか名古屋とか全国各地を大好きなアーティストとキャラバンして、現地でイベントもしつつ、おいしいごはんを食べて遊ぶ!もう考えるだけ楽しい。

いいですねー。やっぱ楽しいことをしてると、次々と楽しいことが生まれますよねー。

まだまだやりたいことはいっぱいありますからね。他にも、みんなでビルを買って、それぞれができることをするとか。私はバーをして、友だちがレコードショップしたり、美容室したり、レストランしたり…。全てをまかなえるから「最強やん!」って、よく話してますね。

音楽が大好きだったからこそクラブで働き続け、今ではできること、やりたいこともどんどん増えてる。スゴイ漠然とした質問ですけど、サキさんにとって音楽とは?クラブとは?

何やろ、正直考えたことないですね、ホントに。ただ、音楽とは一生の付き合いだと思ってるし、死ぬまでフロアにいたい。早く後輩を育ててバーカウンターからは退き、現役は引退しつつも、フロアではずっと現役でいたいんですよ!若い子とかに「あの人誰なん?」って言われながら、フロアの最前列でずっと手を振って盛り上がってる感じ。それが、私の目指す理想の姿かなって思いますね。


<吉田サキさんがお気に入りのお店>

なんやかんや(大阪市浪速区幸町)
ザ・町中華で、カウンターだけのアジのあるお店。おすすめは野菜たっぷりでヘルシーな、トマトピリ辛ラーメン。

Candyrim(大阪市西区南堀江)
よく行くセレクトショップで、気になるアイテムが発売されたらいつも取り置きしてもらってます。

Cauliflower(大阪市中央区西心斎橋)
アメ村にあるバー&クラブ。知り合いがDJしてる時もあり、週末のイベント終わりに遊びに行ってます。

Profile

吉田サキ

アメ村のミュージックバー『CATS』の店主。18歳の頃からライフワークの如く夜のクラブ活動を続け、そこで培ったアーティストたちとの繋がりを生かしながら、HIP HOPをはじめさまざまなイベントを企画している。周囲からは「いつもスゴイ人をイベントに呼んでくる!」と言われるほどのブッキング力を持つが、本人は好きなものに対してただ真っ直ぐなだけ。これからの大阪のクラブカルチャーを支えるキーマンの一人。

Shop Data

CATS

大阪府大阪市中央区西心斎橋1-8-16 中西ビル3F
TEL/06-6241-3822
営業時間/21:00~(イベント時は異なります)
定休日/不定休

https://circus-osaka.com/cats/

share

TWITTER
FACEBOOK
LINE