今、アニメや漫画は私たちの生活の中でメジャーな存在になりました。過去にはアニメが好きな人々はオタクと呼ばれ特殊なマニアとして生存していましたが、多種多様なネットコミュニティやアニメ文化の発展によってそんな壁はもうありません。

私も美少女アニメや少年漫画が大好きなので、アニメ好きが市民権を得られる時代になってとても嬉しく思っています。

そんな私が思う、アニメカルチャーと切り離せない街が大阪にはあります。
日本橋(にっぽんばし)です。大阪中央区にある難波近くのこの場所は、日本有数の電気街として有名ですが、かなりのディープスポットでもあると思っています。
今回は、日本橋について簡単に説明しようと思います。

まず、日本橋には二つのエリアがあります。PCパーツや電子機器が揃う電気街『でんでんタウン』と、アニメ、ゲームショップが並ぶ『オタロード』です。

電材屋さんが立ち並ぶ『でんでんタウン』には大きなビルから、一本路地に入ると小さな商店まで新旧問わずお店が存在しています。中には開いてるか分からないようなお店もありますが、1歩踏み入れるとジャンク品の宝箱のような場所もあったりして、過去にタイムスリップした様な気持ちになるのです。
特に何を買うわけでも無いですが、おもしろくてつい探ってしまいます。

そして『オタロード』には、アニメグッズ、漫画、レトロゲームやCDのお店、メイド喫茶などがごちゃ混ぜに立ち並んでいます。初めてメイド喫茶に行った時、お店に入った途端「お帰りなさいませ、お嬢様。」と可愛いメイドさんに言われてドキドキしたことを覚えています。 あの時は終始ニヤついてましたね。本当に楽しかったです。

オタロードは、メイド喫茶だけでは無く、アニメグッズや漫画も豊富に揃っています。今でも、目当てのグッズやソフトを探しに行く時は日本橋。行けば何かしら必ずあるので、とても助かっています。たまに目的もなく行くと、つい有り金使い切ってしまうことなんかもしばしばで、とても慎重に買い物をするくらい。

そんなオタロードはアニメ、ゲームファンにとってたまらない場所なんです。
(探してたカードキャプターさくら〝ケロちゃん〟の人形も日本橋でゲット)

こんな様々なお店が立ち並ぶ日本橋ですが、決して街全体が華やかな場所ではないと感じています。でも、マニアにとっては聖地であり憩いの場でもあるのです。
もともと日陰の存在だったアニメや漫画が、今は沢山の人の日常生活の中に組み込まれています。サブカルチャーの中でもアニメ文化はこれからも発展し続けるし、その度に日本橋はこれからも栄えていくのではないかと思います。

文化と街が一緒に発展する場所は関西では日本橋の他にないと思っています。 この街は電気街としての歴史とマニアの熱量で成り立っていて、そうした情熱が今も人を集める魅力になっているのではないでしょうか。

そんな場所にこれからも、取り憑かれたようにそれぞれのマニア達は足を運ぶのでしょう。

次回、オタロードにある目玉スポットの紹介をしたいと思います。それでは!

Blogger

かわうそ

将来の夢は、アーティストと人を繋げるカフェを作ること。アニメはCLANNADが好きです。音楽は幅広く物色中。日々、新しい発見を届けられればと思ってます。

share

TWITTER
FACEBOOK
LINE