Interview & Writing
六車 優花
Photo
中島 真美

大阪・北摂の自宅に併設する「絵本のアトリエ」の本棚には、絵本や児童書をはじめとした書籍がなんと4,000冊以上!広々とした窓からは太陽がさんさんと降り注ぎ、ふんわり本の香りが漂う心地よい空間をやさしく包み込む。今回取材したのは、自身を“絵本のつなぎて”と称し、講師や読み聞かせ、選書など絵本にまつわるさまざまな活動を行う ふわはねさん。大学卒業後は現在と関係のない職種に就いたものの、結婚・出産を機に絵本講師の資格を取得し、興味のあるジャンルを追求することに決めたそう。その温かなまなざしには、親子のコミュニケーションを大切にする気持ちがあふれていました。彼女の活動や“絵本のつなぎて”という言葉に込めた想い、ぜひご一読ください!

子どもに携わる仕事がしたいとずっと考えていて、絵本講師の資格取得をきっかけに活動をスタートしました。

まずは、ふわはねさんの活動について教えていただけますか?

絵本の読み聞かせや絵本講座の講師、選書などに関する文章の執筆を行っています。このような活動は、15年ほど前にスタートしました。ファミリアさんやボーネルンドさんなど、色んな企業とタッグを組んで親子に向けた絵本の読み聞かせイベントをしたり、絵本講師の資格を生かして母親や学校の先生に向けた講座を開いたり。文章の執筆に関しては、絵本の紹介文のほか、絵本ナビさんなどでコラムを任せてもらっています。これだけ!と限定せず、自分にできることは何でも挑戦していますね。

ちなみに“絵本講師”の資格は、どちらで取得されたんですか?

「絵本で子育て」センターというNPO法人の講義を受けると絵本講師の資格を取得できるんですが、私はそこの一期生なんです。資格のための講義があると知って、1年間勉強して取得しました。

そんな資格があるのですね。知らなかったです。日めくりカレンダーも作られていますが、どのような内容のものなんでしょうか?

月の満ち欠けのイラストをメインに、365日それぞれのおすすめの絵本と日々の言葉を添えています。あとは、1日目1円、2日目2円、3日目3円……と365日貯金すると6万円ほどになるので、それが貯金できるよう「今日は何円入れる」みたいなひと言を入れています。数日めくるのを忘れても、金額を合わせやすいように作っているので安心ですよ。忘れても気にしなくていいし、無理せず楽しく貯められるんです。

それはおもしろいですね。貯金が苦手なのでやってみたいです。絵本に関する活動をされる前は、どんなことをしていたんですか?

大学は児童文学科に通っていたのですが、卒業後は総合商社で営業の仕事をしていました。そこではかなり自由にさせてもらっていて、上司に「売りたいものを売っていい」と言われ、自分の好きなものを見つけて仕入れ先に交渉し、小売店などに卸していました。当時から雑貨が好きだったので、かわいい容器や小物を探すのは結構楽しかったです。キティちゃんブームの時にトラベルセットを作ったりしてね。だけど、子どもに携わる仕事がしたいとずっと考えていて、博覧会などのイベントの仕事もしたりと、人と接することは大好きでした。結局そのまま結婚して子どもが生まれたんですが、その子が1歳の時に絵本講師の資格講座を見つけて、これだ!と思い取得することに決めました。

私はフリーランスだから、毎日何かを発信することでファンを増やして付いてきてもらうことが大事だと考えていて。まずは2006年に、絵本の紹介や子育ての話を中心としたYahoo!ブログを始めました。当時はそういう活動をしている人が周りにいなかったので、手探りの状態でしたね。その後はアメブロに移行して、Instagramが主流になって……と、プラットフォームは違いますがずっと発信は続けています。

今はInstagramで毎朝ライブ配信をされてますよね。

ライブ配信は日めくりカレンダーと連動させていて、カレンダーを毎日めくって、その日の絵本の紹介とそこに書かれた言葉を読んでお話をしています。毎週月曜日は必ず絵本の読み聞かせをしていて。月曜日って大人も子どもも憂鬱な日だと思うから、読み聞かせを眺めて楽しい気持ちで始めてもらえたらいいなぁと。バタバタしていて時間を作るのが難しい日もあるんですが、高校生と大学生の娘にも協力してもらいながらがんばっています。毎朝のルーティーンになっていますね。

大学では児童文学を学んでいたとのことですが、絵本にはずっと興味があったんですか?

父がすごく本好きで、今でも毎日何かしら読んでいるような人なんです。父の影響で私も本が好きで身近な存在だったから、何かしら本に関係する仕事ができれば幸せだなぁという気持ちはありました。最初は全く異なる職種に就いていたので、まさか自分がこういう仕事をするなんて思いもよりませんでしたね。自分が積み重ねてきたことって、どこかでつながってくるんだなぁと思います。大学も然りですが、大きなコミュニティの中にいると、どうしても周りと比較して「私なんて……」と考えちゃいますよね。だけど、いざ社会に出るとそれを仕事にする人って意外と少なくて。勇気を出して進んでみてよかったなと思います。

たまらなくかわいい愛犬のブックは、ふわはねさんが大好き。アトリエ内にはブックを描いた北村人さんのイラストも。

子育てって本当に一瞬!手と手をつなぐ代わりに、絵本を通して親子のコミュケーションを。

ふわはねさんが考える絵本の魅力について教えてください。

絵本は、親と子どもの対話につながるコミュニケーションツールだと思っていて。自分の思いを言葉にすることが難しい赤ちゃんも、絵本を介すと表情の変化などが垣間見れるんです。最初は無反応でも、何度も読み聞かせをすることで少しずつ笑うようになったり声を出すようになったり。子どもの成長を一冊の絵本を通して見ることができる。それってすごくすてきなことですよね。

だからといって、私はそれが絵本じゃなくてもいいと思うんです。歌でもいいし、お母さんが料理好きなら料理でもいい。私はそれがたまたま絵本だったけど、それぞれの得意なことや好きなことを、子どもとのコミュニケーションに生かすことが大切なんじゃないのかな。この年齢になると、子育てって本当に一瞬だなと思うんです。当時はできなかったけど、もっとこうしてあげれば良かったって後から思い返すことが本当に多くて。子どもってすぐ大きくなっちゃうから、一緒に過ごせる宝物のような時間を大切にしてほしいですね。

ふわはねさんにとって一番のコミュニケーションツールが、たまたま絵本だったということですね。“絵本のつなぎて”という言葉には、どんな意味が込められているのでしょうか?

先ほど子育ては一瞬というお話をしましたが、子どもと手をつないで過ごせる時間って実は驚くほど短くて。本当はずっと手をつないであげたいけど、そういうわけにもいかないですよね。手と手をつながなくなっても、親子をつないできた絵本が思い出となり心に住み続け、そしてまた次の世代へとつながっていけばいいなぁという思いも込めています。絵本を作る人、読む人、読んでもらう人をつなぎたいという願いもあって。絵本の選書や紹介文を書くことが、その目的につながっていると思うと嬉しくなります。

実際に子育てをしていた頃は、ふわはねさん自身もかなり読み聞かせをされていたんですか?

絵本講師の資格講座に通い始めたのが、長女が1歳になった頃で。勉強も兼ねてかなりたくさん絵本の読み聞かせをしていました。4月から授業が始まって3月に終わったんですが途中で第2子を妊娠して、資格を取得してすぐの4月に出産しました。臨月で卒業したので、最後のレポートを書くのがめちゃくちゃ大変でしたね。子育て期のド真ん中で資格を取ることができて、自分や子どもたちにとっても良かったなと思います。

ちなみに、こちらの「絵本のアトリエ」には何冊くらい本があるのでしょうか?

4,000冊以上ありますね。

すごいですね!まさに圧巻といったところです。すべてふわはねさんが目を通したうえで、いいと思ったものを置かれているんですか?

いただいたものもあるんですが、基本的には自分で集めています。この家を建てたのが去年の2月で、それまではマンションに住んでいたのですが、それはもう本が溢れかえっていて……。床が抜けるかと思いました(笑)。新しい家に引っ越して、アトリエを作ることができて本当に良かったです。

ここ3〜4年はボードゲームにもハマっていて、「HABA」というドイツのメーカーのものが好きで集めています。ボードゲームってコミュニケーションツールとしてすごく優秀で、いいものがたくさんあるんですよ。知らない人同士でもこれさえあれば仲良くなれるし、何より子育てにとってもいいんです。負けたら悔しいとか、勝ったらどうして勝てたか考えるとか、ちょっと相手を出し抜いてみるとか。やっているうちに、自然と色んな感情や思考が生まれるんです。実はカギになるカードを自分が持ってるのに持ってない顔をするとか、一人がゴールしそうになったらみんなで団結して阻止するとかね。学校ではあまり良しとされないことを、ボードゲームだと自然とやらなきゃいけなくなっちゃう。そういうのって社会に出たら結構大事なんですよね。しかもみんな平等なルールで進めていきますし、ボードゲームって“小さな社会”って言われていているんですよ。

(左)アトリエの本棚には絵本や児童文学がたくさん! (右)ボードゲームや雑貨を設置した物販スペース。
本棚の一角にずらりと並んだボードゲーム。少しだけ体験させてもらいましたが、短時間でめちゃくちゃ盛り上がりました。

学校じゃ教えてもらえないことをボードゲームから学べるんですね。アトリエはどのように活用されているんでしょうか?

最初はオープンスペースにする予定で、カフェとして使おうと思っていたんですが、別にカフェをやりたいわけじゃないしなぁと思っちゃって。真剣にカフェをやってる方が他にたくさんいるのに、そうじゃない私がやるのもどうなのかなと。

だったらカフェじゃなく、お茶をゆっくり飲んでもらえる場所にできればいいじゃんと思って、友達のおうちに遊びに来たような気持ちで過ごせる空間を目指しました。絵本もボードゲームもあるし、おままごとセットもあるし、その場で遊んでコミュニケーションを取ってもらいたいなと。最近は幼児教育を学ぶ長女にサポートに入ってもらって、子どもが絵本やままごとで遊んでいる隣で、お母さんたちと真剣にボードゲームをしています。子どもと同じ空間にいながら、それぞれが楽しめる場って意外と少ないんですよね。大人だけで来られることもありますし、とにかくくつろいでもらえるスペースにしたくて。今は予約制にして、貸切で使えるようにもしています。東京の作家さんが来阪した時に寄ってくださることもあって、イベントもさせてもらっています。

ふわはねさん手作りのおやつとコーヒー。こんな風に、アトリエに誰かが来た時は丁寧におもてなしをしているそう。

めちゃくちゃ落ち着く空間ですもんね。絵本を読んでボードゲームで遊んで、何時間でも過ごせてしまいそうです。ふわはねさんは、作家さんとのつながりも結構あるんでしょうか?

東京にはちょこちょこ行っていて、東京は作家さんとの距離感がめちゃくちゃ近いんです。作家さんと出版社さんとのフットサルサークルとかもあって、コロナの前はみんなでフットサルをしてご飯食べて、互いに知り合いを紹介し合うっていうのがよくあったそうです。日頃の活動を通して知り合った作家さんが、アトリエに遊びに来てくれることもありますよ。

少し話の順番が前後しますが、日めくりカレンダーはどういう経緯で作ったんでしょうか?

もともとお気に入りの作家さんの日めくりカレンダーを使っていたんですが、2年前から急に作らなくなっちゃって。来年からどうしようと思っていると、「ふわはねさんが作ってみたら?」とフォロワーさんに言われて。いやいや、そんなに簡単に作れるわけじゃん!って思いました。だけどもし作るなら、その日ごとのおすすめの絵本を入れたいし、月の満ち欠けは必須だし……とかいろいろ考えていて。仲良くしていただいている『ニジノ絵本屋』という絵本屋兼出版社があって、日めくりカレンダーを作りたいっていう話をしたら、「じゃあ作ってみようよ」ということになったんです。それが10月だったんですが、私は4月始まりが良かったから制作もギリギリ間に合って。というのも、子どもがいると年度始めは4月なんです。一枚ずつめくっていくとどんどん少なくなって、もうあとこれだけしかないね……みたいな。そんな風に子どもの成長を感じることがあったので、4月スタートにこだわりました。

イラストは、お月さまの絵本といえばのカワチ・レンさんにお願いしました。今年もカワチ・レンさんに書いていただいてて、来年度は北村人さんにお願いすることになっています。今は、それにちょうど取り掛かるところで。今回は私の描いた言葉に絵をつけていただくので遅くなってもいけないし、365日分……今から間に合うかドキドキですね。

こちらが日めくりカレンダー。「11月20日は私の誕生日なので、レンさんが絵の中の女の子にケーキを持たせてくれました」
明るいベランダにはハンモックがゆらゆら。ここで日向ぼっこしながら絵本を読んだら気持ちいいんだろうなぁ。

私という存在が誰かのアイデアの助けになれば。今後も親子をつなぐコンテンツを発信していきたい。

これからやってみたいことや挑戦したいことはありますか?

これをしたいあれをしたいっていう願望がたくさんあるタイプではないのですが、10月に「ニジノ絵本屋」さん発案の絵本展をやります(現在開催中:〜10月末)。『夜のおたんじょう会へ』という絵本の新装版の出版を記念した企画展になっていて、アトリエとしては初の試みです。私も「ニジノ絵本屋」さんで、月に一度絵本のセレクトなどをさせていただいてまして。絵本屋さんだけでなく、絵本の出版やイベントなどさまざまな活動をしているところがとてもおもしろいんです。

「これをやってほしい」「こういうことってできませんか?」と、自分に求められることに対して応えていきたいという思いがあって。色んなニーズに対してアイデアを出したり、最近は絵本のコンテストの審査員をしてみたり。自分発信でいろいろやるよりも、周りの方のアイデアに私自身が応えていく方が合ってる気がするんです。初めての経験や新しい発見もいろいろあるので、おもしろいなと思います。

ふわはねさんという人に色んな人のアイデアが組み合わさって、おもしろいものが生み出されていくんですね。

一つだけ、今のところ形にはなっていないけど、本屋さんや美術館を巡るような旅本を作りたいなと密かに思っています。私自身が色んな街に出かけて、この本屋さんに寄ってここでおいしいパンを買って……と、私なりの街の楽しみ方を提案できるような本を作りたくて。それを読んで、本屋さんを巡ってもらえたらと思います。

“ふわはねさんぽ”的な感じですね。絵本に関する活動に限らず、ふわはねさん自身のライフスタイルに憧れている方も多いと思うので、すごく良さそうです。

Instagramのリールに載せた、シロツメクサでブレスレットを作る動画やお月見団子の作り方の動画の反応が良くて、フォロワーさんは絵本以外の提案も求めているのかなと感じるんです。絵本と同じように、親子で一緒に楽しめるコンテンツの提案がもっとできたらいいなぁと。今後も、絵本を主軸に親子をつなぐコミュニケーションツールを発信していきたいですね。


<ふわはねさんに聞いたおすすめの絵本>

『えんやら りんごの木』 松谷みよ子 作/遠藤てるよ 絵(偕成社)

赤ちゃんのためのわらべうたの本です。泣いてる赤ちゃんに向けて読むと、不思議と泣き止んでくれるんですよ。わらべうたって基本4分の2拍子で、心拍のリズムと似ているから自然と安心できるんですかね。長く伝わってきているものには、きちんと理由があるんだなと。歌や絵本には本当に力があると思わせてくれる一冊です。
 

『ことばのかたち』 おーなり由子(講談社)

「もしも話すことばが目に見えたらどんな形をしているだろう……」という冒頭で始まる物語。言葉が目に見えたら、その使い方は変わるのでしょうか。私自身も言葉を扱う仕事をしているので、すごく考えさせられました。難しいテーマだけど、やわらかい文体でわかりやすく書かれているので、ぜひ子どもたちとも読み合ってほしいです。
 

『にじ』 新沢としひこ 詞/あべ弘士 絵(アスク・ミュージック)

90年台から歌い継がれている楽曲『にじ』を本文に落とし込み、画家のあべ弘士さんが挿絵を描いた一冊。コロナ禍で医療従事者の方への感謝を伝える“ニジノエール”という活動があり、私もこの絵本を読みながら歌わせていただきました。表紙と背表紙を真っ直ぐに広げると、一本の美しい虹が架かります。
 

『にげてさがして』 ヨシタケシンスケ(赤ちゃんとママ社)

「ひどい人から逃げ、大事な何かをだれかを探す」という、シンプルなテーマだけどとても大切なことを教えてくれる一冊。著者は、今話題のヨシタケシンスケさん。日本人って途中で辞めたり逃げたりすることをあまり良しとしないけど、あなたの足はその場から逃げるためについているんだよと。大人の心にズバッと刺さる本ですね。子どもにもこういう生き方があるんだよと教えてあげたいです。


<イベント情報>

新装版出版記念『夜のおたんじょう会へ』絵本展
会期:〜10月31日(月)
場所:ふわはね「絵本のアトリエ」@大阪・北摂

Profile

ふわはね

大阪・北摂在住、2人の娘を持つ母。絵本講師の資格を有し、絵本に関する活動を通して作り手、読み手、聞き手をつなげる“絵本のつなぎて”。自宅に併設する予約制のアトリエスペースには、4,000冊以上の絵本や児童文学、子育てに関する本のほか、50種類以上のボードゲームをスタンバイ。

https://profu.link/u/fuwahane

share

TWITTER
FACEBOOK
LINE